ぷちぱら文庫 フリフレ 着信アリ エッチときどき恋。


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

今作のノベル版は、原作で発売している1作目と2作目をまとめた物になっています。
なので、前半の第一部が「フリフレ」、後半の第二部が「フリフレ2」となっています。
それぞれヒロインと主人公は別であり、別個のストーリーとなっています。

第一部 フリフレ


主人公は、学校の教師をしています。
教師としての勤務態度には問題はないものの、生徒たちとは距離を置いて接している彼はある日、暇つぶしとして学校で話題となっていたネットの掲示板「FreeFriends」にアクセスする事に。

そこで主人公が掲示板で目を惹いた文章がありました。
それは、他のどの書き込みとは違い、真面目で丁寧な文章であり、ある意味異質な存在でもありました。
気になった主人公は、その書き込みの主と連絡を取る事にし、待ち合わせをするのですが、そこで主人公を待っていたのは、主人公の学校の生徒である「倉橋 結依」(くらはし ゆい)であったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、結依のみです。

結依は主人公の学校の生徒です。
お嬢様であり、学校では品行方正な模範的な生徒です。
基本的には大人しく、世間知らずな性格をしています。
フリフレ

ストーリー展開


展開的には、主人公がアクセスした掲示板「FreeFriends」内で、連絡を取った相手が生徒である結依だったという流れですね。

このFreeFriendsという掲示板は、現状出会い系サイトとして使われている存在なんですね。
ここには自らの身体を売る女と、それを買う男たちで溢れている訳ですね。
それは、主人公の学校でも同様であり、最近はこのサイトなどを利用している女生徒が出てきているという話を耳にする様になっています。

そんなタイミングでの主人公のアクセスは、教師として生徒の動向をチェックという理由ではなく、単なる暇つぶしでした。
彼にとって、管轄外の学校外の生徒の動向など知った事ではないんですね。
そんな中、見つけたのがあの特徴的な書き込みだったんですね。

そして、それが生徒である結依だった訳ですが、実はこの時点で結依本人はこのサイトに書き込みをするという事がどういう意味を持つのかは理解していないんですけどね(汗)
掲示板の事は、知り合いから教えてもらっただけであり、彼女は本当に話相手になってもらおうというくらいの感覚だった訳ですね。

そんな事など知らない主人公は彼女を伴い、ホテルに向かい、ようやく事態を呑みこめた結依を半ば強引に…。
これをきっかけにして、主人公は結依の身体を味わう事にハマり、結依を幾度となく呼び出し、関係を持つ事になっていきます。

Hシーン


Hシーンは、結依との行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがあります。
他にも一部、バイブやローターなどの小道具を使う展開も用意されています。
フリフレ フリフレ

序盤は、嫌がる彼女を相手に半ば強引な行為が多い訳ですが、度重なる行為を経て、確実に彼女の身体は反応をする様になっていきます。
そして、ついに絶頂をしてしまう様になった辺りから、結依の様子にも若干の変化が起こる様になります。
彼女の中で、事態を受け入れつつある過程の描写は見所のひとつですね。

勿論、彼女は最初は未経験の処女だった訳ですが、そんな彼女の変化は最初からと比べると大分出来上がっていく事になるのが分かりますね。

主人公は、どちらかと言うとってか、完全にSっ気たっぷりな性格なので、彼女の嫌がる様を見て、極度に興奮したりする一面がありますね(汗)
でも、ある意味でこの時の主人公は大分熱っぽくなっているのも印象的でしたねぇ。
普段は全てにおいてかなり冷めた感じがある主人公ですが、結依との関係は彼にとっても変化をもたらした様ですね。
…それが結依にとっては幸せなのかは、また別の問題ですがね(汗)
フリフレ フリフレ

第二部 フリフレ2


主人公は、教育実習生です。
そんな彼は、たまにネットの掲示板で女性と一夜を共にする事を繰り返していました。
そして、この日も掲示板「FreeFriends」で知り合った相手と待ち合わせをする事に。
ですが、相手は主人公が教育実習で来ている学校の生徒「篠崎 菫」(しのざき すみれ)でした。
主人公は彼女を連れ、ホテルへ向かい、菫と関係を持つ事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、菫のみです。

菫は、主人公が教育実習にやって来た学校の生徒です。
基本的には、明るく小悪魔的な所があります。
しかし、家庭の事情により、金銭的に困窮しており、「FreeFriends」で自らの身体を売る事を決意しています。
フリフレ2

ストーリー展開


展開的には、主人公が生徒である菫を買う形になり、関係を持つ事になる流れですね。
前作の結依とはケースが違いますが、結果関係を持つ事になりますね。

しかし、前作との大きな違いは、流れる雰囲気でしょうか。
決してコミカルなだけの話ではなく、むしろ結構重くなりそうな要素も含んでいるんですが。それがそれ程きつくない塩梅になっており、読みやすいですね。
前作とは違い、向こうが凌辱ならば今作は純愛的な方向で描かれております。

まぁ、原作版にはこの作品も両方の結末があるみたいですけども、ノベル版はって事ですね、今回は。

主人公の性格も、前作よりかはまだまともかな(汗)
あれは大分出来上がってただけに、まだマシですねぇ。
とは言え、今作の主人公も、あまり教育実習とか受けているのに、同じ学校の生徒と関係持つとかおかしいけども(汗)

しかし、事態はこの後急展開を迎える事になります。
そこにはある事が原因となっていますが、これは軽くネタバレになるので伏せときます(汗)
私の予想とはちょっと違ってましたねぇ…。

しかし、それでも作品の雰囲気は、そこまで深刻さはなかったかな。
個人的には、変に重苦しくなくて丁度良かったから問題なかったですけどね。

甘い雰囲気と、それなりにシリアスな部分のバランスが中々良かったです。

Hシーン


Hシーンは、菫との行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、自慰などがあります。
フリフレ2

前作の結依とかとの行為と比べると、かなり甘さの強い印象ですね。
なので、凌辱的な乱暴な要素はありません。
フリフレ2

最初は彼女も未経験の処女である菫ですが、行為を経るに従って、徐々に慣れて積極的になったりする姿は可愛らしく魅力的ですね。
積極的になってきたりと、普段の小悪魔的な所も垣間見えますね。
そういうイチャイチャ感も味わえるのは良いですね♪
フリフレ2 フリフレ2

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用していますので、問題はありませんね。
原画担当の「珈琲貴族」さんの絵柄は素晴らしいですね♪

他の作品は「CURE GIRL」やぷちぱら文庫の「それでも水着は脱がさない!」の挿絵もそうですね。

繊細で儚げな印象の強い絵柄は、この作品の持つ独特の雰囲気との相性が抜群ですね。
キャラクターが決して明るいだけではない世界観などを邪魔する事なく引き立たせています。
パッと見、派手さはないかもしれませんが、そんなの必要ないですね。

総評


全体的に、どちらのヒロインも事情は異なりますが、それぞれ悩みを持っているんですよね。
そんな彼女たちがこれまた動機は違うものの、「FreeFriends」にアクセスする事になり、そこから各主人公と出会う事になる訳ですね。
何とも奇妙な偶然というか、縁とでも言うのか(汗)

これからも、FreeFriendsを経由し、新たな出会いが生まれるんでしょうねぇ。
ある意味、何作でも作れそうですな(汗)

そのために似た展開というか、ストーリーで始まる訳ですけども、またそれぞれのヒロインなどもあって当然印象は異なってきます。
ノベル版では、それぞれ結末はひとつですが、原作版では純愛、凌辱と2種類の結末があるみたいですね。

今作では、凌辱は結依、純愛は菫という構成になっています。
個人的には、やはり純愛な菫のストーリーが良かったですね。
結依にも幸せになって欲しかったけども、あんな形だっただけに、どう幸せな方向に持っていくのか気になります(汗)
まぁ、今作での彼女はあれはあれで幸せなのかもしれませんけども。


フリフレ
フリフレ
posted with amazlet at 13.01.03
Noesis (2009-04-03)

フリフレ2
フリフレ2
posted with amazlet at 13.01.03
Noesis (2011-12-22)


DMM 原作PC版 ダウンロードはこちらからどうぞ
フリフレ
フリフレ2【萌えゲーアワード2012 ロープライス賞 金賞受賞】

楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 079【1000円以上送料無料】フリフレ 着信アリ-エッチときどき恋。/緒莉/Noesis

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ