二次元ドリーム文庫 お嬢さまはベロちゅーLOVE!

お嬢さまはベロちゅーLOVE! (二次元ドリーム文庫 245)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション

12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、クラスメートの「富永 有菜」(とみなが ありな)に好意を抱いています。
ある日、主人公は友人たちとの話の流れから、有菜に告白をするはめになってしまいます。
勝算のない行動だったのですが、何と有菜の返事はOKであり、付き合い始める事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、有菜のみです。

有菜は、主人公のクラスメートです。
お嬢様であり、育ちの良さゆえかいつもおっとり、穏やかな性格をしています。
天然も入っていますが、甲斐甲斐しく尽くす可愛らしい女性です。

ストーリー展開


展開的には、有菜に主人公がダメ元の告白をして、まさかのOKを貰った事で彼女と付き合う事になる流れですね。

元々は、主人公は有菜に告白する気はなかったんですね。
でも、友人たちとの話の流れで、告白する羽目になった訳です。
勿論、主人公も友人も誰もが、この告白が成功するとは思ってもしないという(汗)

しかし、蓋を開けてみれば結果は真逆であり、OKを貰った主人公は有菜と付き合う事になるんですね。
これには主人公も友人、学園中が驚く事に(汗)

それだけ有菜と不釣り合い感が半端なかったんでしょうねぇ。
お嬢様で今まで他の男子からの告白を受け入れたとはなかっただけに、普通の主人公が相手ではね(汗)

とは言え、付き合いだし、彼女と恋人になったのは紛れもない事実であり、時間が経つにつれて主人公もようやく実感して来る事になります。
そんなある日、彼女の手作り弁当を食べ、更に食後には膝枕までされる始末で主人公は幸せを噛みしめながら、ついうとうとと…。

そんな主人公に有菜が取った行動はキスをしてくるという驚くべきものだったのです。
この行為には、主人公もすぐさま意識を覚醒させるのですが、有菜の行為は更に激しさを増し、舌までもオズオズとながら突き出してきます。
結局、主人公もこれに火がついて、彼女とのキスを堪能しまくり、更に興奮ではち切れんばかりの勃起した肉棒を手コキしてもらう事になります。

この事があってから、主人公と有菜は学園中のいたる所でキスをする様になっていく事になります。
それまでが、ふたりの付き合い方が初々しい程の付き合い方だけだっただけに、一気に加速した感じがありますね♪
とは言え、まだこの時点では意外や意外にデートっぽい行為もなかったりと、色々すっ飛ばしている感じもあるかな(汗)

甘々イチャイチャなふたりの順調な関係でしたが、ある事をきっかけに少しふたりの関係に変化が起こる事になる流れになっていきます。

Hシーン


Hシーンは、有菜との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラなどがあります。

でも、やはり一番印象的なのはタイトルにもなっている「ベロちゅー」ですよね♪
そのため、当然キスの描写がだいぶ多めとなっていますし、中々濃厚です。

有菜のキャラクターも好感が持てますね。
可愛らしくお嬢様らしく、丁寧な言葉使いなんだけども、しっかりHという出来過ぎた存在ですな、ある意味(汗)
若干天然というか、早とちりというか、勘違いをする所もありますけども、そこは愛嬌の範疇でしょうし。
普通に男心にグッと来る様な台詞も口にしたりする辺り、たまりませんね♪

まぁ、行為自体はキス描写の濃さを引くと、純愛系なのでそれ程インパクトのある行為などはありませんね。
そもそもこのタイトルですから、ある程度内容の傾向は想像付くと思いますし、それ程ガッカリとかはないかな。
そりゃ、色々あるに越した事はないですけどもね(汗)

挿絵


挿絵は「草上明」さんが手がけています。
同二次元ドリーム文庫では「妹とラブる!」や「お嬢様はヒミツのアイドル!」などの挿絵もそうですね。

絵柄も有菜のしっとりとした可愛らしさなどが表現されており、魅力的ですね♪
凄い明るいって感じではなく、ホンワカしたくらいの控え目な所の雰囲気もよく出てますね。

個人的には、とあるシーンで有菜のポニーテールの髪型に**姿ってのがあるんですが、それが普段の彼女の格好とはまた違ってて良かったですね♪
ポニーテールの髪型も大人しいイメージの強かった彼女なだけに、活発そうに見えるのが魅力的でした。

行為では、キス描写が多いので、個人的には主人公の顔があると感情移入しずらくなる方ですが、今作では主人公の目は描かれていないので、私の様に主人公の顔があると…という人も問題ないはずです。

総評


全体的には、キスしまくりのイチャラブ展開でしたねぇ。
イチャイチャラブラブな前半に、中盤では少しふたりの関係に動きが出るんですが…。
大体オチが見えるだけに、ちょっと引っ張り過ぎかもしれませんね(汗)

まぁ、単に有菜がニコニコ可愛らしいだけの娘ではなく、普通に嫉妬したり機嫌を悪くしたりという完璧ではない普通の娘らしい面は見れたのは良かったとは思いますけどね。
それでもかなり出来た娘ですけどね、彼女は(汗)

個人的にずっと気になってた、何故に有菜は主人公の告白を受け入れたのかが、ラストもラストで分かったのは良かったですね。
でも、あれをもっと早く伝えてたら、途中の展開は起こらなかっただろうに(汗)

お嬢さまはベロちゅーLOVE! お嬢さまはベロちゅーLOVE!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】お嬢さまはベロちゅーLOVE! [ 高岡智空 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢さまはベロちゅーLOVE!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事