二次元ドリームノベルズ 私立探偵高須賀エリカの事件簿 羞恥に昂る危険なボディ

私立探偵高須賀エリカの事件簿 羞恥に昂る危険なボディ (二次元ドリームノベルズ288)
神楽陽子
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 379314

主人公兼ヒロインの「高須賀 エリカ」(たかすが)は、私立探偵として活躍している女性です。
そんな彼女が取り掛かる件は、電車内での痴漢の犯人を捜索するというものでした。
自らの容姿を囮として使った、囮捜査で痴漢を炙り出そうとする中で、彼女の身体は痴漢の行為に反応してしまうと言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、エリカの他に助手の「永沢 ユイ」(ながさわ)、エリカの元同僚の「神宮寺 怜美子」(じんぐうじ れみこ)がいます。

エリカは、高須賀探偵事務所の所長兼探偵です。
探偵の前は、婦警でした。
容姿端麗かつ知性を併せ持った女性です。

ユイは、高須賀探偵事務所の助手です。
と言っても、本来彼女は名門校に通う女学生であり、エリカに憧れて助手になったという経緯があります。
明るく行動的なお嬢様ですが、性的な知識などには疎いです。

怜美子は、エリカが婦警時代の同僚です。
目付きが鋭いらしく、エリカからは「ヘビ子」と呼ばれています(汗)
率直で物怖じのしない言動など、かなりの迫力があります。

ストーリー展開


展開的には、エリカが探偵の仕事で痴漢の捜索をする事になり、自らの身体を囮として使い、痴漢をおびき出そうとする流れですね。

鉄道会社からの依頼によると、帰宅ラッシュの混雑のピーク時の快速急行の決まった場所で必ず乗車した女性が悪質な痴漢に遭うという話なんですね。
そこでエリカは、囮となってそこに乗り込む事にする訳ですね。

彼女の容姿は、特に男女問わずに人目を引くだけに、囮の効果は抜群ですねぇ。
更にエリカの着用しているのは、ボディラインがくっきりと分かるライダースーツなのだから、その効果も倍増ですね。

そんな彼女が乗り込んで来た訳ですから、程なくして彼女の周りには怪しい動きをする男が…。
かかった、と内心ほくそ笑むエリカでしたが、少しづつ事態は彼女が思うよりも深刻であると認識させられていく事になります。

身体を触れられている内に、彼女の身体に異変が起こるんですね。
痴漢の手の動きに、思わず声が漏れる様に身体が反応してしまう事に…。
動揺するエリカですが、いつの間にか痴漢をしてくる男は、その数を増しており、身動きが取れなくなっていきます。

とは言え、この場は何とか耐えて…と考えるエリカは、痴漢たちの様子などに違和感を覚える事になります。
それは、彼女が今まで捕まえてきた痴漢とは異なる異様とも言える態度なんですね、虚ろでゾンビの様なと言うか(汗)
そんな様子に、さしもの彼女も恐怖を感じるのも無理はないですよねぇ、何を言っても無反応でひたすら触ってくるんだから。

更に痴漢たちの行為はエスカレートしていき、ついには挿入までされてしまう事に。
名前も知らぬ痴漢に、無理やりに犯されているのにも関わらず、エリカの身体はそれまでの何人もの手や舌などで弄られていたので、むしろその肉棒を歓迎するかの様に受け入れてしまい、彼女自身も感情とは相反して感じ、絶頂に追いやられてしまう事になります。

まぁ、この後に何とかこの窮地から脱する事は結果として出来ますが、この後もエリカとユイは痴漢の件とはまた別の事件に関わる事になっていく流れですね。


私はてっきりこの作品が痴漢ものだと何故か勘違いしていました(汗)
なので、あくまでも痴漢行為はひとつのエピソードなんですね。
…何で勘違いしてたんだろう、痴漢なんてタイトルにもなかったのに(汗)

Hシーン


Hシーンはエリカ、ユイの行為が描かれています。
怜美子は残念?ながらありません(汗)

行為的には、自慰や放尿、浣腸、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

今作は全体的に衆人の前での辱め、露出関係みたいな事が多い印象がありますね。
それは勿論、前述の痴漢行為もそれに当たりますね。

でも、衆人にも種類があって、大半行為に参加してたりする連中は基本あまり言葉数が少なかったりと異様さはあるものの、ヒロインたちの羞恥心をそこまで煽る存在ではないですね。
その一方で、そんな連中から離れると、いわゆる一般人らに目撃されてしまう事になったりで彼らからは軽蔑などの視線を向けられてしまう事になるのが、大きな違いでしょうか。
まぁ、この手の行為に汚されたヒロインを更に痛めつける様な言葉を浴びせる観客は必須の様なものですからね。


ユイは性的知識や経験もない清い身体なだけに、いきなり外で衆人の目が向けられている状態での凌辱ってのは、かなりのインパクトがありますね。
普通の女子の様な彼女ですけども、そこはやはり育ちが良いんでしょうねぇ。
初めて味わう快感の強さに戸惑いつつも、確実に身体は反応してしまう姿は中々ですねぇ♪

更に彼女は、浣腸だけではなく、あんなものをアナルに突っ込まれてしまっているのが、またとんでもない姿になっていますね(汗)
初めて見たかも、こういう使い方するのを(汗)
しかし、こんな辱めにあっても、数日で立ち直る辺り、憧れている婦警の職は向いているのかもしれませんねぇ。

経験豊富そうなエリカは経験こそありますけども、肉棒を咥えるってのに嫌悪感を持っているために、フェラが苦手というのはちょっと意外でしたね。
もっと数が見たかったんだけどなぁ。

結構、衆人の中、行為が行われる訳ですけども、そんなに絡みがあるのは数人程度なんですよね、実際は。
残りは、そんな彼女たちの淫らな姿を見ながら、自慰をして、精液をぶちまけるのがパターンになっており、そんなに集団からの凌辱感は薄めかもしれませんね。

挿絵


挿絵は、「ばくちん」さんが手がけています。
他の二次元ドリームノベルズでは「淫辱の魔法捜査官 羞恥陵辱24時」もあるみたいです。
成年コミックなども描かれているんですねぇ。

細めの線で描きこまれた繊細な絵柄が特徴ですね。
ですが、色気も可愛さもしっかりあり、かなりのいやらしさですね。

やはり成年コミックも描かれているせいか、単純にクオリティーが高いですね♪
描きこまれた肉棒などの描写は、個人的に好きな絵柄ですね。

ヒロインの表情に関しては、通常時の方が若干堅い様な気がするくらいですかね、気になるのは。
逆に行為時の顔を上気させて、赤らめている表情はかなりのいやらしさを感じさせるんですけどねぇ。

ヒロインであるエリカは、結構ライダースーツでの登場も多く、その格好での行為があるのは良かったですね♪
スーツの独特の質感と、身体のラインがはっきりと出ている姿は、肌を露出させていなくても、十分いやらしく見えますね。
一部ですが、通常のスーツ姿もあり、スーツ姿の女性が好みな人には嬉しいのではないですかね。

終盤では、ユイもライダースーツを着用している姿も見る事ができます。
まぁ、彼女は身長も低く、それに比例してか胸もあまりないスレンダーな体型なんですけども、そんな彼女のスーツ姿はまたエリカのとは違う魅力がありますね♪

総評


全体的には、何だろう、読む前のイメージと色々違ってた作品でしたね(汗)
シリアスな展開で緊張感のあるストーリーなのかと思いきや、要所要所でコミカルな要素が垣間見えたりしているのが意外でした。

あまりハードな展開すぎても、ちょっと読んでてしんどくなるので、たまにそういう要素がある分にはいいんですが、シリアスで良い場面でコミカルな要素はなくても良かったんじゃないかな(汗)
ユイがコミカル要素をかなり補っていますねぇ、怜美子もかなりのもんでしたけども(汗)

ぶっちゃけ、今作での事件の真相、犯人などに関しては正直、拍子抜けというか…(汗)
序盤の痴漢に至る展開など雰囲気が結構シリアスさがあって、期待値が高くなってただけに、この真相にはガッカリ…。

まぁ、作品のノリと言うか、展開に好みは分かれるかもしれませんけども、気軽に読めるのではないでしょうか。
何だかんだそれぞれのキャラクターが個性的でキャラが立っているだけに、悪くはないとは思います。


ちなみに、今作の続編?らしい「私立探偵高須賀エリカの事件簿II 痴情派AV撮影24時」が来年1月に発売予定となっています。
これも注目ですねぇ。

でも、挿絵が「高浜太郎」さんになっているみたいですが…。
今作の「ばくちん」さんではないのは、残念ですねぇ、普通は続編ものでは挿絵が変わるのは稀ですが、事情があったのかな?
まぁ、発売してから4年近く経過しているからなぁ。

表紙絵はまだ確認できませんが、高浜さんバージョンのエリカたちに期待ですね。

私立探偵高須賀エリカの事件簿 羞恥に昂る危険なボディ

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】私立探偵高須賀エリカの事件簿 [ 神楽陽子 ]

Amazon版 電子書籍
私立探偵高須賀エリカの事件簿 羞恥に昂る危険なボディ 私立探偵高須賀エリカの事件簿シリーズ (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
私立探偵高須賀エリカの事件簿 羞恥に昂る危険なボディ

挿絵担当の「ばくちん」さんの作品
ANALyzeGIRL ANALyzeGIRL ANALyzeGIRL 

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ANALyzeGIRL

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事