11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、(エロ)漫画家志望の学生です。
その割には、ストーリーはまだしも彼の画力は酷いものがあり、漫画家の道は果てしなく遠い状態です(汗)

ある日、生徒会室に用があった主人公は、そこで密かに憧れる存在である生徒会長の「薫坂 桜夢」(かおるざか さくら)が何かを書いているのを見つける事に。
それは何と漫画であり、更に内容が過激なエロ漫画だったのです。
しかし、彼女の描いた作品はリアリティーの薄いものであり、主人公は咄嗟に自分が原作を考えると申し出る事となり、主人公は桜夢と一緒に作品を描く事になる展開です。


登場ヒロイン


登場するヒロインは、桜夢の他に洋裁部部長の「霧嶋 椛」(きりしま もみじ)がいます。

桜夢は、2年生で学園の生徒会長です。
品行方正、成績優秀、容姿端麗、運動神経抜群という完璧な存在です。
そのため、生徒からの支持も圧倒的です。
普段は、落ち着いた態度であまり表情を変えません。

椛は、3年生で洋裁部の部長です。
コスプレが趣味であり、洋裁部でコスプレの衣装を制作しています。
イベントなどにも参加しており、ネット界では結構な有名人でもあります。
勝ち気な性格の持ち主であり、負けん気が強いですが、意外にドジな面も…。


ストーリー展開


展開的には、主人公が桜夢の漫画執筆を目撃した事から、彼女と一緒に漫画を描く事になる流れですね。
…中々突っ込み所のある展開ですけども、気にしない(汗)

憧れの存在である桜夢がそんな漫画を描いてた事に、主人公は驚く訳ですけども、同じエロ漫画を愛する同士と知り、嬉しくなります。
更に好きな作家も同じだったりと、話も合っていますしね。
騙っている内容こそエロ漫画ですけども、憧れの相手と共通の会話で盛り上がれるってのはかなり嬉しい事ですから、彼が舞い上がるのも分かりますね。

その際に主人公は、桜夢の描いた作品を見るのですが、絵は上手いものの、何か物足りなさを感じる事に。
ぶっちゃけると、この作品はそんなにエロく感じないんですね。
特に、キャラの行為中の所作に違和感を感じています。

聞くと、桜夢は実際に性経験はないので、どうしてもリアリティーが出ないと悩んでいるんですね。
そこで、画力はさっぱりですが、ストーリーを考えるのは得意な主人公が彼女に原作を担当すると言い出し、協力する事になる訳ですね。
半ば勢いで押し切った感はありますけども(汗)

その後、彼女の元に原作を持っていき、打ち合わせる事になるんですが、それをきっかけにして展開し、最終的には主人公は桜夢と関係を持つ事になります。
まぁ、この手の展開ってリアリティーの追及になると、必然的にHするしかないですからね(汗)

その後も、桜夢とHな行為を続けながら、原稿を進めていく事になるふたりですが、ふたりの前に洋裁部部長の椛が現れる事で、主人公を取り巻く状況は更に賑やかでHなものへと変化する流れになっていますね。


Hシーン


Hシーンは、桜夢と椛との行為が描かれています。

行為的には、自慰、パイズリ、フェラ、足コキなどがあります。

構成としては、中盤頃から椛が登場するので、そこら辺は椛が中心の展開ですかね。
それまで桜夢とのシーン、一色なのでかなりアピールして頑張らないとねぇ(汗)

どちらも結構性に関して貪欲というか積極的ですね。
まぁ、桜夢はエロ漫画描いているくらいですしね、そりゃそうですわな(汗)

それぞれのヒロインが性格が結構違うので、また違う魅力がありますね。
桜夢は、主人公と同じ2年生ながらも、大人びた物腰というか雰囲気が言葉からも伝わるんですね。
なので、あんまり同学年っぽくない感じがありましたね、先輩的な。
主人公もしばらくは会長であるゆえに、敬語だったし。

対して、椛は3年生で先輩であるんですが、逆にドジっ娘で子供っぽさを感じさせる言動もチラホラで、桜夢と逆ですね(汗)
ツインテールでツンデレ系なのも、それに拍車をかけていますね。
ワガママも言ったりで、また桜夢と違う可愛らしさがありますね。

椛はコスプレもしているのもあり、コスプレ衣装での行為もあります。
変身少女ものな作品のヒロインの衣装ですが、小柄な体格などが椛に合っていますね♪
そのままでの行為は、ある意味見所ではないでしょうか。
(まぁ、この時の行為は彼女との初行為だったので、そっち方面の描写はあまりなかったですけども)

終盤は、2人一緒での行為となっていきます。


挿絵


挿絵は「生煮え」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫の「俺と幼なじみと妹の仲を生徒会長が邪魔をする」、「俺と幼なじみの仲を妹が邪魔をする」の挿絵でもお馴染みですね。

桜夢と椛という異なるタイプのヒロインを魅力的に描いていますね♪

個人的にこの人の絵柄は、行為中のヒロインの表情が印象的ですね。
何と言うか、瞳に特徴があって、とろんとしているというか、惚けているというか(汗)
あれでこの人の絵だなぁって思いながら見てしまいますね。

桜夢って、文章だと結構クールっぽさがありますけども、意外に挿絵だとそれより柔らかいというか幼さもありますかね。
いわゆるイメージする様なクールビューティ―的な感じではないかなと。
そんな外見で、ああいう話し方ってのもちょっとギャップがあっていいですねぇ♪

まぁ、実際されたら冷たくされていると勘違いしそうですが(汗)


総評


全体的には、タイトル通りに板挟みになっている展開でしたねぇ。
まぁ、そんな修羅場らしい修羅場は全くないので、ご安心を。

あえて言うならば、正直椛の存在は必要だったのかなとは感じましたけどもね(汗)
彼女がいなくても、問題なく展開できただろうからなぁ。
それを言っちゃうと、椛の立場はないですけども(汗)

もう少し彼女がいるからこそ、出来る様な展開があれば尚の事良かったかなとは思いましたね。
もっとコスプレ要素があってもよかったですね。

Amazon版 電子書籍
えろどう! 会長と俺と先輩の、同人&コスプレ生活! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
えろどう! 会長と俺と先輩の、同人&コスプレ生活!

楽天はこちらからどうぞ
 えろどう! 会長と俺と先輩の、同人&コスプレ生活! (ぷちぱら文庫creative) (文庫) / 桃野衿/著

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ