美少女文庫 SPメイドはエロエロです


11月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、名門一族の家に生まれたお坊ちゃまです。
彼には、護衛兼メイドの「戌角 美遥」(いぬずみ みはる)が幼い頃から付いてお世話をしています。
そんな美遙は、主人公にはとても大きな存在であり、好意を抱いていますが、彼女には取り合ってもらえていないのが現状です。
しかし、両親から突然告げられた縁談の話をきっかけに、ふたりの関係に変化が起こる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、美遙のみです。

美遙は、主人公の護衛(SP)兼メイドという存在です。
主人公が小さい頃からの付き合いであり、ある意味家族の様な関係でもあります。
沈着冷静な性格で、あまり表情を変える事はありません。
SPとしての能力は一級品ですが、家事などの能力はあまり優れてはいない不器用な面も。
容姿など自己評価を妙に低く考える所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公の縁談話をきっかけに、美遙との関係に変化が起こる流れですね。

この縁談云々の話に関しては、主人公も美遙も完全に予想外な話だったんですね。
そもそも主人公自身は、美遙にぞっこんであり、他の女性など考えられない訳ですが、それを肝心の彼女には伝えきれていません。

それらしい言葉を出しても、まともに取り合ってはもらえないってのもあり、主人公は今は無理でも大学に合格したら気持ちを…と思ってた訳ですが、今回の事で計算が狂ってしまいましたね(汗)
しかし、主人公以上にこの話に動揺しているのは、他でもない美遙なんですけどねぇ。

もっとも彼女はそんな主人公への気持ちを抱きつつも、メイドとしての距離感で接する事になります。
まぁ、主人公のいない時の美遙の行動は中々ギャップのあるものになっていますけどね(汗)

そんな美遙の姿に主人公も付き合いの長い事で美遙の様子が違うのが何となく理解できる様にはなっているんですね。
なので、彼女の様子がおかしいのが、縁談の話によるものだと察する事になり、主人公としては何とかこの状況を利用して、美遙の真意を知れるのではないかと期待する訳ですね。

実際、その後にふたりの関係は少しづつ変化を見せる事になりますね。
まぁ、その発端はかなり強引っちゃ強引でしたけども(汗)
会話の流れから、密着されて興奮勃起してしまった事で、美遙からの手コキやフェラで射精させられちゃうという(汗)

しかし、こんな行為をされても、表面上は大きな展開に至らなかった両者ですが、思わぬ所で進展が起こる事になります。
その中で、主人公は勢いもあって、告白をしてしまう事になるんですが、表面上の反応、態度は芳しくはなかった事に主人公は焦る事に。

また以前の様に有耶無耶にされてしまうのを恐れた主人公は、ひたすら押しまくる事に(汗)
ここで、美遙を逃してしまったらもう次はないと思えばこそですねぇ。

そんな主人公の必死な行動に美遙も確実に心を動かされるのですが、彼女の中には葛藤があり、悩む事に。
主人公の告白を嬉しく思い、受け入れたい気持ちとそれを自制する感情があるんですね。
そんな相反する感情の争いに彼女なりの出した結論は、何と主人公の性欲処理専用メイドという立場で主人公の物になるという妥協?案だった訳ですね(汗)

とは言え、性欲処理メイドという事で、これ以降は美遙との行為が行われる様になる訳ですね。
まぁ、形こそそんな肉奴隷的な扱いみたいな立場ですけども、実際の所は美遙だって形こそアレですけども、満更ではないですから甘さがありますね♪

最初から、ふたりが両思いなのが丸わかりなだけに、この遠回りな展開はじれったくもニヤニヤしてしまいますねぇ♪
そういうのをニヤニヤしつつ、楽しむのが好きな人にはたまりませんね。


Hシーン


Hシーンでは、美遙との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラくらいでしょうか。
ですが、美遙の魅力も相まって、これだけでも十分いやらしさは堪能できるので、物足りなさはないと思います。

他の要素では、若干主人公が腋フェチの節があり、彼女の腋をペロペロとかするマニアックなシーンも(汗)
面白かったのは、疑似ボテ腹プレイとでもいう展開でしょうか。
疑似ってある様に、妊娠とかボテ腹になっている訳ではないんですが、お腹の所に詰め物をして、ボテ腹に見せているんですね。

まぁ、こんな事をしているのはある理由があるんですけども、この状態でのHってのは面白いですねぇ。
あんまり疑似ってのも見ないので新鮮に映りましたね。
挿絵で見る分には、普通ボテ腹に見えますしね♪

個人的に好きだったシーンは、かつて主人公の初射精に導いた思い出を手コキしながら思い出している所ですね。
うっとりしながらも主人公の肉棒の成長をその手に嬉しく感じながらの手コキというのは、妙ないやらしさを感じさせるシーンでしたね。
そんな事もされてたら、主人公もそりゃ好きにもなりますわな(汗)

挿絵


挿絵は「有末つかさ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね♪

今回もクール系ながらも可愛らしい年上のヒロインを見事に描いていますね。
同著者さんとの作品では「ツンツンメイドはエロエロです」などありますけども、同じメイドさんなんですけども、またタイプの違うヒロイン像ですね。

そもそも美遙は、ツンツンしている訳ではないですからね、あまり表情の変化はないですけども(汗)
メイドとしてずっとこれまで来ている事もあり、かなり優しいですし、そういうのが滲み出ていると思いますね。
お姉さん的な要素も併せ持っていますね♪

後、やはり今回もツンツンメイド~の様にマスコットキャラというか動物の存在が♪
前回はハリネズミでしたが、今回は犬であり、美遙とのコンビもいい味出してますね。
今後もヒロインと動物の組み合わせは続くのですかね?


総評


全体的には、ツンツンメイド~の様なテンションの高い掛け合いは控え目ですが、心地よい雰囲気で読みやすかったですね。
最近の著者作品では、かなりお気に入りなヒロイン、作品になりました♪

元々美遙は、ツンデレとかとは違うんですけども、途中から主人公への気持ちに素直に出してくる様になると、またそれまでの甘さとは違った甘さが出てくる事になり、また一層魅力的になりますね♪
まぁ、美遙の自分の自己評価が妙に低く考える性格は、人によっては嫌かもしれませんけども、別に個人的には特に不快には感じなかったですけどね。

主人公がそんなだと嫌なんですけどね、前作の「姉ウエイトレス! 姉の姉による弟のための洋菓子店」みたいなのだと(汗)
ヒロインだとそんなに感じないんだけどなぁ…。

ヒロインの毒もそんなにないレベルなので、より万人向けで楽しめる作品だと思います。


後、帯にありましたけども、同著者の作品である「ツンツンメイドはエロエロです」がアニメ化されるとの事です。
まさか、この作品がアニメ化とは…(汗)

あの作品がどんな感じに再現されるのか、気になりますね。
購入する予定なので、不安半分で待ちたいと思います(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事