ぷちぱら文庫 魔王さまと妖精さんは勇者にはデレない!?


10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、どこにでもいそうな極々普通の少年です。
そんな彼ですが、いきなり怪物に出会い、襲われる事になってしまうというとんでもない状況に(汗)
その絶体絶命のピンチに現れた存在「ネネ」によって、この危機を脱した主人公は、ネネから自分が異世界を救う勇者であると言われる事になるという展開です。


登場ヒロイン


登場するヒロインは、ネネの他に、主人公のいる世界とは違う異世界を征服している魔王の「アイラ」がいます。

ネネは、主人公の元にやって来た妖精です。
主人公を勇者と見込み、魔王を討伐を頼んできます。
口調は丁寧なのですが、言っている事は結構毒があったりする事も(汗)

アイラは、異世界を征服している魔王です。
魔王なのですが、見た目は普通に美少女です。
絶大な力を持っていますが、反面素直で子供っぽい性格をしています。


ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界を救う勇者として魔王を倒す事になる流れですね。

そもそも、何故にわざわざネネたちの世界の事に、別の世界の人間である主人公が勇者として駆り出される羽目になったかという事がありますね。

それは、彼女たちの世界の人間たちでは魔王アイラに傷ひとつ与える事が出来なかったためなんですね。
となると、なら別世界の人間の手を借りようとなった訳ですね、ざっくり言うと(汗)

しかし、魔王アイラに対抗する手段は武器とか魔法といった類いではありません。
と言うか、戦うっていう感じではないですけどね(汗)
その方法とは、ズバリH!

ネネ曰く、主人公の股間の聖剣(肉棒)でアイラをメロメロにしてしまおうって事なんですね(汗)
Hで魔王を懐柔する事で、無力化しようという訳ですね。
どうも、魔王は倒せてもいずれまた後から新たな魔王が現れるらしいので、この方法がいいみたいなんですね(汗)

まぁ、Hで魔王をどうにかするってのは、この時点では主人公は知らされておらず、ただ単に力を貸してくれとだけネネは語っているんですね。
勿論、これまでごく普通に生きてきた主人公。
こんな魔王を倒す勇者的な扱いや展開に戸惑う訳ですが、ネネの説得やこの事が自分を変えるチャンスになるのではないかと考えて、了承する事になり、この段階でHの事を切り出される事となります(汗)

更に戸惑う主人公ですが、ネネはそんな主人公を余所に積極的に迫り、関係を持つ事に。
まぁ、彼女の言い分では、本当に魔王を倒せる肉棒なのかという確認の意味も込められているんですけどね。
結果、勇者として認められた主人公は、異世界「ステラス」へと行く事になり、魔王アイラと対峙する事になります。

しかし、普通に考えれば主人公側がHに持ち込みたいといくら思ってても、肝心の魔王側がそれに応じなければ成立はしないですよね?(汗)
アイラが、聞く耳持たず実力行使してくれば、あっという間に終了な訳で(汗)

ですが、ネネの巧み?な誘導により、アイラは主人公に対して食い付く事となり、結果Hをする事ができる様になる流れとなっています。

これで分かる様に、アイラはかなり素直と言うか乗せやすい性格な所があるんですよねぇ。
見た目も魔王らしさはなく、普通に可愛らしい女性な訳ですし。
そんな見た目で、「ふはははは」とか言われても可愛いだけですな(汗)


Hシーン


Hシーンは、ネネとアイラとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、自慰などがあります。
他には、一部触手が出てくる様な行為もありますね。

とにかく、H三昧って感じの展開なので、読んでてお腹一杯です(汗)
なので、物足りなさはあまり感じないのではないでしょうか。

どちらのヒロインも、かなり積極的に行為をする事もあり、性格が似ている印象もありましたね。
実際、ふたり何だかんだ言って仲結構良いんじゃないの?って感じる事もあるだけに納得と言えば納得なんですけどね。
ただの意地の張り合いになってしまっていますけどねぇ、最初から(汗)

特徴的なのは、Hシーンだけではないのですが、展開ごとにそれぞれの視点での描写がある事ですね。
Hシーンでも、彼女たちのヒロイン側の視点から見る事ができるので、よりヒロインの思っている事などが分かるのはいいですね。

終盤は、かなりヒロインたちががっついている感があって、かなりの迫力がありましたね。
こう書くと肉欲重視なのかと思いますが、根底には愛情があるので問題ないと思います。
まぁ、お互いきっかけがきっかけなだけに単純に甘いだけにはならないでしょうしねぇ(汗)


挿絵


挿絵は、「冷凍きゃべつ」さんが手がけています。
同人活動などもされているみたいですね。

表紙絵で分かる様に、可愛らしい絵柄が特徴ですねぇ。
パッと見、とても片方が魔王で片方が妖精とは思えませんね(汗)

触手も一部ありましたけども、これの触手はまだ見れる方かな。
あっさりめだったので、一安心(汗)


総評


全体的には、ひたすらHって感じで展開されるので、結構話としては、緩い感じですね。
やはり魔王をHで籠絡するって話ですので、総じてHシーンのボリューム感はかなりのものがありますし。

反面、気になったのはあまりストーリー性がない事ですかね(汗)
まぁ、それはHをして~という設定ゆえにどうしても、H方面に傾くのは分かるんですけどね。
それでも、個人的にはあまりファンタジー感がなかったのが残念でしたね。

まずアイラが魔王っぽくないわ、ネネは妖精ですがサイズは人間と大差ないサイズだったりと、らしさは皆無(汗)
異世界でも、他の人間や街などは登場せず、いきなりアイラとご対面だったりとかなりあっさりしていますしねぇ。
敵も最初に主人公を襲ったガーゴイルとアイラの従者的なスライムだけと若干寂しい顔ぶれなのもなぁ…。

なので、過度にファンタジー要素を期待するとがっかりするかもしれませんね(汗)

ヒロインたちに関しては、タイトルこそ「デレない」ってありますけども、彼女たちの視点を見れば主人公に対して好意を抱いていく様子は丸わかりですし、それがなかったとしても分かるレベルですけどね(汗)
それが醸し出す、何ともゆるーい感じが味というか(汗)

そういう雰囲気が好みであれば、楽しめるのではないでしょうか。

Amazon版 電子書籍
魔王さまと妖精さんは勇者にはデレない!? (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
魔王さまと妖精さんは勇者にはデレない!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事