Paradigm novels お姉さん中出し痴漢列車

お姉さん中出し痴漢列車 (パラダイムノベルス 254) (Paradigm novels (254))
布施 はるか
パラダイム
売り上げランキング: 541031

*中古のみです

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の大学生です。
しかし、彼は通学途中の列車内で痴漢に間違われてしまう事に…。
駅員に突き出される事になる主人公でしたが、駅員から語られた内容は、まさかの「女をモノにする痴漢」についての方法だったという展開です。

登場するヒロインは…
主人公の憧れの存在の「芙蓉 さくら」(ふよう)
大学の事務員の「朝日 彩乃」(あさひ あやの)
大学の茶道部顧問の「白鳥 綾芽」(しらとり あやめ)
大学の附属病院の看護士の「大隈 遙香」(おおくま はるか)
保育園の保育士の「谷川 悠」(たにがわ ゆう)
大学生でグラビアアイドルの「児玉 希美」(こだま のぞみ)がいます。

さくらは、主人公の通う大学の教授です。
若く美しい事もあり、学生からの人気が高いです。
落ち着いた雰囲気の大人の女性です。

彩乃は、大学事務局の教務課窓口担当の女性です。
普段は、無愛想など地味な性格をしていますが、実は駅員の知り合いであり、主人公に自分の身体を使って痴漢の練習をさせてくるコーチでもあります。

綾芽は、大学で茶道を教えている特別顧問です。
家柄が良く、清楚で物静かな性格の持ち主です。

遙香は、大学付属病院の看護士の女性です。
仕事が出来、優秀なのですが、それゆえなのか、かなり手厳しい所がある性格をしています。

悠は、大学に付属する保育園(託児所)で働いている女性です。
性格は温厚で優しいのんびりとしています。

希美は、大学生ですが、グラビアアイドルとしても活動している女性です。
ちょっと強気な面がありますが、何にでも関心を持つ好奇心旺盛な性格をしています。


展開的には、主人公が何故か駅員から痴漢を学ぶ事になり、そのテクニックで憧れの女性である「さくら」をモノにしようとする流れですね。

かなりぶっ飛んだ設定で始まりますねぇ(汗)
まぁ、この手の痴漢ってどっかぶっ飛んでるキャラ多いですし、こんなものなのかもしれませんけども(汗)

さて、何故こんな展開になったかと言えば、そもそもは主人公が痴漢と間違われ、駅員に引き渡された事が原因な訳ですね。
ですが、ここにはある秘密が…。
主人公は冤罪と言い張っていましたが、実は故意で触ってしまってたんですね(汗)

それを駅員に見事に見抜かれてしまっていたんですね。
ですが、駅員はそれを見逃してくれる事になります。
実は、この駅員は駅員であるのにも関わらず、痴漢の手段を主人公に教えてくれる事になるんですね、筋がよさそうとか言って。

これには主人公も半信半疑なのですけども、その時に駅員から言われた「女をモノにする痴漢」という言葉に反応する事に…。
主人公は、大学の教授であるさくらに好意を抱いている訳ですけども、主人公は彼女にとって生徒でしかない訳ですね。
接点は限りなく薄い現状、付き合う以前の話なだけに、この駅員の言葉に揺れます。

結局、主人公は痴漢のテクニックを駅員から紹介された彩乃を練習相手に腕を磨く事になります。
その後、彩乃で腕を磨いた主人公は、他の出会う事になる女性陣にも、その腕を使っていく訳ですね。
…突っ込み所のある展開ですけども、今に始まった事ではないですしねぇ(汗)


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナル舐めなどがあります。

基本的な行程としては、最初の痴漢行為では軽いお触り程度に終始して、2回目の行為で本番行為に至るって感じですね。

やはり痴漢という設定なので、どうしても列車内での行為が多くなりますね。
ってか、列車内で終始します。
なので、落ち着いて部屋とかで行為になる訳ではないので、それらが気になる人は薦めにくいでしょうかね。
まぁ、痴漢列車ってタイトルにあるのは誰でも分かると思いますので、今作を読む人は痴漢系が好きな人が大半でしょうけどね(汗)

ある意味、部屋でやっているかの様な自由に行為をしていますけどね(汗)
ほぼ全裸は当たり前ですし、スペースを使っての行為もあり、とても忍ぶ様な痴漢行為ではないですな。
まぁ、そこはファンタジーって事で(汗)

しかし、この主人公は何気にハートが強いというか…。
最初の痴漢で突き出されても、シラを切る辺りからも、それは垣間見れますねぇ(汗)
この時点では主人公は童貞なんですけども、痴漢行為にも普通に対応してやっているので、全く童貞らしさもなければ、痴漢行為にもこれといった動揺が見られなかったのが気になりましたね。

そのせいか、淡々と物語や行為が進行していく感じになっているのが勿体なかったですねぇ。
童貞だからって、終始、挙動不審でいる必要はないんですけども、これならば最初から童貞設定はなしで女性経験有りな設定で良かったんじゃないの?とは思いましたけどね。

個人的に、印象的なヒロインは綾芽ですかね。
彼女は和服の似合う奥ゆかしいタイプな訳ですけども、それゆえに行為にあっと言う間にハマって行く感じが強かった娘でしたね。
こういう娘は、火が付くと一気にのめり込んじゃう感じですかね?
自分から、主人公を待っていたりと、もうすっかり期待しているし(汗)

一部、コスプレ要素もありますかね。
上記の和服もですが、看護士である遙香にその格好で列車に乗らせての行為もありますね。
列車内で白衣の天使はかなり違和感あって目立ちますねぇ(汗)
それでも、お構いなしで行為をする訳ですけども、もうAVとかの世界ですな(汗)


挿絵は、原作版の画像を使っているので問題ないでしょう。
相変わらず「望月望」さんの絵柄がいいですねぇ♪

残念なのは、この人の描くヒロインは基本巨乳なだけに、行為にもパイズリみたいなのがあれば良かったかな。
まぁ、痴漢してる列車内でパイズリは難しいか、やれそうだけども(汗)


全体的には、どこかあっさりした印象の残る内容でしたね。

まぁ、これだけの人数のヒロインを捌くので、どうしても個々のヒロインの描写があっさりするのは仕方ない事ですけどね。
更にキャラ紹介にはないですけども、他にも駅員からの痴漢試験のターゲットとして登場する女子高生が2人いるんですね。
ちゃんと名前や挿絵まである扱いなんですけども、ただのH要員だったので、これが必要だったかどうか…(汗)

どのヒロインも自身のパートが終わると全く登場する事もないのも、このあっさりした感じに繋がっているんでしょうけどねぇ。
まぁ、ノベル化にあたって、ヒロイン数を絞るなどしても良かったのかもしれませんね。

当たり前ですけども痴漢は犯罪なので、あくまでもゲームとかだけにしましょう(汗)


原作PC版


DVD-PG版
お姉さん中出し痴漢電車DVDPG
ビデオメーカー (2008-12-18)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事