Paradigm novels 巨乳ファンタジー2 貴乳争乱篇


9月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

前巻までのあらすじ、では…

主人公は、王立修道院を卒業した、いわばエリートとも言える存在…ではなく、そこを最下位の成績で卒業したという存在です(汗)
結果、そんな彼は左遷の地「ボインバラ」へと飛ばされてしまう事になります。
そこで主人公は守備隊長という立場につくのですが、着任早々地元を荒らす盗賊団を捕まえる任務を与えられる事になり、それを皮切りに出世していく展開でした。



前巻のレビューはこちらからどうぞ
Paradigm novels 巨乳ファンタジー2 魔乳辺境篇 レビュー

今作では…
左遷されたボインバラの守備隊長からトントン拍子で出世を重ねる主人公。
ですが、そんな主人公の存在を面白く思わない連中も出てくる事になり、主人公はそいつらの罠にはめられてしまう事になり、命の危機に…。
そんな状況でも、いつも通りな主人公は単身、命を狙う相手の元に向かう事になる展開です。


登場するヒロインは、ダークエルフの「ゼビア」、人魚族の「ローレリア」、サキュバスの「シャハル」、エルフの「エシュリア」、国王の従妹の「ナディーヌ」がいます。

ゼビアは、ボインバラを襲っている盗賊団の用心棒をしていたダークエルフでした。
用心棒をしているだけあり、かなりの腕前の持ち主です。
主人公と出会った事で、付き従う事になります。
巨乳ファンタジー2

ローレリアは、人魚族の族長の娘です。
天真爛漫な性格で一途でもあります。
パイズリが得意です。
巨乳ファンタジー2

シャハルは、サキュバスであり、サキュバラ城の城主でもある大貴族です。
過去にエルフ軍を撃退した功績があり、特別な扱いを受けてもいます。
国王にも対等に接せる存在でもあります。
巨乳ファンタジー2

エシュリアは、大貴族であるシャハルに仕えているエルフの剣士です。
凛々しく美しい容姿ですが、騎士としてもかなりの腕前でもあります。
シャハルの命により主人公の護衛をする事になります。
巨乳ファンタジー2

ナディーヌは、国王の従妹に当たる女性です。
婚姻関係はないものの、宮殿内では妃殿下と呼ばれています。
巨乳ファンタジー2


展開的には、主人公が出世しすぎたゆえにその存在を面白く思わない連中が主人公を亡き者にしようと仕掛けてくる事になる流れですね。

まぁ、そう思われるのも確かな程の出世ぶりですからね。
成績最下位で左遷されて、守備隊長⇒城主⇒州長官って、どこのエリートだって話ですからねぇ(汗)

そして出世し、居場所が変わっても、毎回の様にろくでもない連中は事欠きませんね。
毎回の様に主人公は、そういう連中に疎まれる訳ですが、今回もそれは同様な訳です。
まぁ、主人公は出世しても相変わらずな飄々とした態度な訳ですけども、言う所は言うので、自分たちが美味しい所を頂こうとしている連中には邪魔で仕方ない存在なんですよねぇ。

口じゃ勝てないし、脅しにも屈しないし、お金にも執着しないし、悪党どもには付け入る隙がないですな(汗)
…巨乳くらいですかね、心が動くのは(汗)

そのために連中は、主人公を実力行使で排除しようとします。
それが、凶暴な盗賊に主人公が自身の兄の仇だと思いこませ、殺させようとするいやらしいもの。
連中としては、殺されればそれで良し、恐れをなして逃げ出せばそれも良しという算段だったのでしょうけども、主人公は馬鹿正直に盗賊の元へ単身向かう事になる訳ですね。

勿論、その後も主人公には様々なよろしくない出来事が続く事になりますが、持ち前のキャラクターで切り抜けていくのは、分かっていますが面白いですね。
確かに、これだけの才覚の持ち主な訳ですから、相手にしたらそれは驚異以外の何物でもないですよねぇ(汗)
敵に回したくない存在なのも分かります。

あの特徴的な相手をぐうの音も出ない程にする会話は勿論、今作でも健在ですね。
ってか、これがないと巨乳ファンタジーじゃない気がしますしね。
大抵、主人公と二、三言交わすとやり込められてしまう事が往々にしてあるんですけども、今作ではかなり言ってくるキャラクターも登場しており、そのキャラとの言葉の応酬はかなりの見所ですね♪

どのキャラクターも個性的な面々であり、魅力的ですね。

個人的には、主人公のライバル的な存在である王立修道院時代の同期たち「ハイネス」と「ゼミナリオ」のキャラはある意味、印象的でしたね。
ハイネスのキャラは、スカした感じで前作の巨乳ファンタジーのモテールを彷彿とさせましたけども、彼よりはしつこく骨のあるキャラでしたね(汗)
反面、ゼミナリオは何とも良い所なしだったのがなぁ…。
前巻で最初見た印象は、結構切れ者なのかと思っただけに、終盤の彼の情けなさはかなりのものでしたね(汗)

まぁ、こういうキャラがいるから主人公の優秀さが引き立つ訳ですから、重要な噛ませ犬ですね♪
嫌いなキャラがいないのも、このシリーズの魅力ですね。
悪人でも、どこか憎めない所があるんですよねぇ。
そのせいか、そこまで殺伐としないのは個人的には好きですね♪


Hシーンでは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、ひたすらパイズリ三昧ですね。

正直、本番行為などオマケみたいなものであり、ひたすらパイズリによる行為を繰り広げているのも特徴ですね。
勿論、パイズリだけに留まらず、しっかり胸揉みや吸ったり舐めたり、母乳を飲んだりと胸尽くしの内容となっています♪

全ヒロインとも行為はしていますけども、やはり前巻で行為の無かったシャハルやナディーヌとの行為がしっかり描かれていましたね。

個人的には、シャハルとの行為のシーンが印象深いですね。
彼女は、それまでイメージとして落ち着いていて冷静な感じだと思ってたんですけども、意外?と行為中はちょっと子供っぽさがあるというか可愛らしい感じでビックリでしたね。

この感じは、前作の巨乳ファンタジーのシャムシェルを彷彿とさせましたねぇ。
台詞に♪マークが付くなど、普段の感じとはまた違う甘さがあって良かったですね♪
まぁ、パイズリは気持ちよさそうですけども、あんなに連射させられてしまうのは勘弁ですが(汗)

ナディーヌは、結構今作終盤近くまで主人公との接点がないんですね。
なので、最初は主人公に対してどんな男なのかと思っているんですけども、やはり他のヒロイン同様に主人公の本質を垣間見て認識を改めていき、惚れてしまう事になりますね。

巨乳ファンタジー2 巨乳ファンタジー2

これは、エルフのエリュシアも主人公の事をドンドン大事な存在に想っていく描写があり、それらは見所ですね。
やはり惚れていく描写を見るってのは、ニヤニヤしちゃいますよねぇ♪

おっぱいに対する想いは、見れば分かると思いますので、ここで書く必要はないでしょう(汗)
お腹一杯な程堪能できると思います♪
巨乳ファンタジー2 巨乳ファンタジー2

挿絵は原作版の画像を使っていますので、違和感などはないでしょう。
絵柄も前巻が問題ないならば、同じなので問題ないですね。

見開き丸々使っての挿絵もいくつかあり、見応えがありますね♪
カラーだったら尚魅力的だったんだろうけども、それは贅沢ですかね(汗)

個人的には、物語の途中にちょっとだけ登場する侍女の挿絵が軽く気になりました(汗)
顔は隠れているんだけど、何気に彼女も良い胸していましたねぇ。


全体的には、物語の後半部の展開などは読み応えがあって面白かったですね。
単純な国王の後継者問題の話だけではなく、他国も絡んでの展開はテンポも良く単純に先が気になって一気に読んでしまいました。

結末もこれまた前作を彷彿とさせる感じで、ニヤニヤしちゃいますねぇ♪

どうやらあとがきを見ると、Hシーン以外は書き下ろしだそうですね。
こういう試みは嬉しい配慮ですね。
なので、原作版をプレイしている人でも、ちょっと新鮮な感じで読めるのではないでしょうか?


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】巨乳ファンタジー2 貴乳争乱編 [ WAFFLE ]

原作PC版
巨乳ファンタジー2
巨乳ファンタジー2
posted with amazlet at 12.10.02
WAFFLE (2012-05-25)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
巨乳ファンタジー2

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
巨乳ファンタジー2 貴乳争乱篇

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ