Pumpkin novels こころナビ

こころナビ (パンプキンノベルズ)
茉森 晶 Q‐X
イーグルパブリシング

*中古のみです

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ネットの世界にハマり込み、人と接するのを避ける様になっている学生です。
そんな彼の元にとあるメールが届いたのが、物語の始まりとなります。
メールに添付されていたファイルが勝手に開くと、気づけば主人公は自室ではなく、見知らぬ場所に…という展開です。


登場するヒロインは、
主人公の妹の「今関 凜子」(いまざき りんこ)
幼なじみの「倉持 小春」(くらもち こはる)
クラスメートの「仲手川 夢」(なかてがわ ゆめ)
関西訛りの巫女さんの「初瀬 みまり」(はせ)
フィンランド人の少女の「アイノ=ペコネン
主人公に何故か親しい態度の少女「ルファナ」がいます。


凜子は、主人公の妹です。
クールで弱みを見せません。
成績が良く、パソコンにも精通していますが、人嫌いです。
主人公以上にネット世界にどっぷり浸かっており、引きこもりに近い所もあります。

小春は、主人公の幼なじみです。
家が隣という事もあり、主人公が毎朝起こしに行ってます。
明るく活発な性格であり、主人公にとっては男友達の様な関係でもありますが、小春自身は主人公に淡い好意を抱いています。

みまりは、いつも眠そうな巫女さんです。
関西訛りでおっとりした口調ながら、何気に手厳しい事も口にします。

夢は、主人公のクラスメートです。
彼女自身は、不良を自称していますが、動物好きな飼育部所属と全く不良らしさはありません(汗)

アイノは、フィンランド人の少女です。
人見知りがちであり、偶然主人公と知り合う事になります。

ルファナは、主人公がネット上で出会う事になる謎の少女です。
無邪気で明るい性格をしており、何故か主人公に出会った当初から親しく接してきます。

他には、ネット上で出会うキャラがおり…。
サイト「宝石少女」の管理人「ラミュー
サイト「おもいで図書館」の管理人「舞耶」(まいや)
サイト「Stressful Angel」の管理人「蘭煌」(ランファン)がいます。


展開的には、主人公が自身に届いたメールに添付されていたファイルによって、体験した事のない状況になってしまう流れですね。
まぁ、上記の説明では、肝心な所を書いてないので、これだけだと分からないでしょうけども(汗)

そもそもは、主人公たちの世界ではネットが普及しており、ネット上のバーチャル世界である「IRIS」の存在が大きく影響を与えています。
これによって、ネット上でのコミュニケーションを手軽に取る事ができ、その世界にハマる人間が続出している訳ですね。
そして、主人公や妹の凜子もその世界にハマっているひとりなんですね。

そのため、主人公は現実で他人と関わるのを面倒に感じている所があります。
まぁ、そこには現実世界で進学校に通う中で成績社会である学校のクラスメートたちに嫌気がさしているなどの要因がありますが。
それもあってか、ネットに入り浸りになる事に繋がっている訳です。

そんな中、メールで届いた謎のファイルによって、気づけば主人公はネット上の世界の中に入り込む事になります。
そこで出会うのは、この現象を起こしているとされるブラウザの「こころナビ」のナビゲーターの「コナ」という妖精。

こうして、こころナビによって、今までのバーチャルなネット世界以上に生身の様な現実感を味わえる様になった主人公は、苦手な対人関係のリハビリを兼ねて、ネット上で他人と接する様になり、そこから女性陣と関係を深めていく事になる展開ですね。

ネット上のキャラクターに触れたら、ちゃんと相手の温もりなどを感じたりするってのはどういう仕組みだか分かりませんけども凄いですねぇ。
…良からぬ考えを持つような人間だったら、悪用し放題ですな(汗)

何人ものネット上の住人とは言え、会話を交える事で確実に主人公の中で何かが変わりつつあるのが次第に垣間見える様になっていくのがいいですねぇ。
現実では、人と極力関わらなかった主人公も少しづつ積極性が出てきていますね。
とは言え、それはまだまだ小さなレベルなのですが、主人公にとっては大きな一歩ですね。

まぁ、今更ですけども、ネット上で知り合うキャラは現実で主人公に関わりがある訳です。

ちょっと意外だったのは、この手のネットで知り合う相手は現実世界の身近な人間だったりで、そこから親しくなったりするきっかけになる事が多いと思うんですね。
ですが、主人公はネット上で知り合う相手は誰なのかは結局分からず終いだったのは珍しく感じましたねぇ。
勿論、読み手には分かりますので、ご安心を(汗)


Hシーンは、凜子、小春、ルファナとの行為が描かれています。

まぁ、主人公が絡むのはルファナのみですけども。
それ以外は、夢オチだったり、主人公の関わらない所で展開されているだけですね。

行為的には、フェラに軽いアナル弄り、自慰くらいでしょうか。
純愛系な作品なだけがあって、行為のバリエーションが殆どなく、本番行為だけで基本完結していますね。

主人公は、ルファナとのみ行為があるのですけども、彼女とそういう関係になるのが遅めな事があり、回数も少ないですねぇ。
作風を考えるとやむを得ない感もありますけども、やはり物足りないと思ってしまうのは、過激な作品に慣れたゆえかな(汗)


挿絵は、ちょっと判断つきにくいんですけども、原作版の画像かな?
淡い色味で仕上げられており、画像ではない様にも見えるかな…。

まぁ、どちらにしても原作版の原画をされている「亜方 逸樹」さんによるものでしょうから、問題はないはずです。
全体的に幼さをどこか残したキャラデザインで、柔らかく丸みを感じさせる絵柄は今作の雰囲気にあっていると思いますね。


全体的には、タイトル通り、心をナビして、導いていく的なものを感じさせる作品でしたね。

この「こころナビ」、話を読み進めていくと分かるんですが、主人公だけが手に入れたものではないんですね。
ネット上で関わるヒロインたちは、ほぼこころナビを手に入れている事が分かります。
そのため主人公、ヒロインたちを含めたキャラクターたちが、これを通じてそれぞれが成長をする事に繋がっているのも特徴のひとつでしょうね。

心の成長とでも言うのか、皆それぞれ何かしらの問題に対して、向き合っていく姿が見れるのは何ともまぶしいですねぇ。

反面、みまり、アイノなどのヒロインとは殆ど出番がなかったのは残念でした。
何回か登場する程度で特に本筋に絡まないなら、最初から端折っても良かったかなぁ(汗)
無理に参加させた感が切ない…。


良くある設定の切り口でしたけども、読んでみると所々新鮮に感じるものもあったりと、色々思わせる作品でしたね。
まぁ、こころナビが半ば何でもアリな感じになっているのはご都合主義的な感もありますけども(汗)
今作の持つじんわりとする感覚は悪くないんですけども、ガッツリしたH展開や物語の起伏を求める人にはちょっとパンチが弱いかもしれませんね。

楽天はこちらからどうぞ
【中古】afb こころナビ パンプキンノベルズv.42/茉森晶(著者)

原作PC版


他にはこんなのも…。
凛〜COCORO NAVI Another View〜
しんやそうきち
芳文社

レビューを読むに原作版の妹の凜子ルートをコミック化しているみたいですね。
*中古のみです。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ