ぷちぱら文庫 ミニミニな後輩は妄想が大好き



8月発売のぷちぱら文庫 Creativeの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

野々宮 乃愛」(ののみや のあ)は、同じ部活の先輩である主人公の事が大好きでたまりません。
そんな彼女は、主人公の事が好きすぎて、主人公の事を考えては日夜自慰を繰り返す日々を送っています。
しかし、日増しに頭の中の妄想はエスカレートするばかり。
そんな状態に、乃愛は主人公へ告白を決意する事になるという展開です。


登場するヒロインは、乃愛だけです。

乃愛は、主人公と同じバスケ部所属の後輩にあたります。
小柄で幼く可愛らしい容姿ながら、意外に肉付きの良い体型をしています。
妄想癖があり、ちょっとした際に妄想に耽ってしまう面があります。


展開的には、主人公の事を好きでたまらない乃愛が主人公に告白しようとする流れです。

まぁ、それだけだと普通の純愛ものって感じですけども、そこに乃愛が妄想好きって要素が加わる訳ですね。
これによって、あら不思議。
一気にHなイチャラブものに変化するという化学反応(?)を見せる事になります(汗)

当初は、乃愛が一方的に主人公を想っている状態なんですけども、肝心の主人公は乃愛の事は可愛い妹的な存在として扱っている状況と両者の認識には大きく隔たりがあるんですね。
なので、序盤は主人公は乃愛の事を女性としては意識してはいませんので、普通に自分の家に上がらせたりしています。
朝、乃愛に起こしてもらったり、食事の準備をしてもらったりと、まるでギャルゲーの幼なじみ状態ですね(汗)

主人公がそれらの行為をごく普通に思っている中でも、乃愛は乃愛で妄想を展開する事になっていますけども(汗)
ってか、主人公を起こす前に部屋のゴミ箱をチェックして自慰をしたかを確認するとか、既に妄想関係ないし(汗)
まぁ、更にその使用済みティッシュを使って、妄想を飛躍させる事になる訳ですけども。

そんな中、主人公は乃愛からマッサージを頼まれる事になり、これが今後のふたりに影響を与える事になります。

このマッサージをする事で、結果として主人公は乃愛を急速に意識する事になるんですね。
今までは妹みたいな存在とした、異性とした見方は殆どなかったんですけども、ここで改めて彼女が可愛らしい女の娘だと再認識する訳です。
意識してしまえば、マッサージで触れる彼女の小柄ながら肉付きの良い身体に興奮をする様に…。

そして、主人公同様に乃愛もまた主人公に身体を触れられている事に感じてしまう様になり、いつしかマッサージとは言えなくなる様な卑猥なものへと昇華していく事になります。
とは言え、ここでは直接的な性行為はなく、マッサージは終了するんですが、確実に両者の関係は大きく動き出していますね。

乃愛にしても、この状態は好機でもありました。
マッサージで主人公が自分の身体に触れて、興奮しているのは分かっており、しっかり勃起も確認済み(汗)
自分の身体で興奮してくれたという事実などが彼女に思い切りを持たせ、乃愛は主人公に想いを告白する事になり、ふたりは恋人関係に♪

まぁ、告白の流れでいきなり主人公を押し倒したりするのは、何とも初々しさに欠ける行動ではありますけどもね(汗)
ここらで主人公も乃愛が妄想好きだという事を理解する事になりますね。
主人公はHな女の娘好きみたいです(汗)

こうして、初Hをする事になったふたりですが、行為を経験した事でますます乃愛の妄想が加速する事になる流れですね。
そりゃ、妄想に耽れる素材は今回大量に手に入れた訳ですしね、妄想には事欠かないでしょうなぁ。


個人的に印象的だったのは、全体として乃愛視点、主人公視点からの描写がそれぞれ描かれていたって所ですね。
なので、それぞれがどういう事を思っているのかなどがしっかり分かる様になっているのは見所です。
Hシーンでも、各視点で描かれており、より感情移入できる様になっていますね。


Hシーンでは、乃愛との行為が描かれています。

行為的には、自慰やフェラ、パイズリ、などがあります。
パイズリなんて乃愛は小柄なのに、胸は立派な巨乳だからこそ出来る行為ですね♪

妄想好きという設定でHな女の娘なだけに、乃愛の乱れ様はかなりのものですねぇ。
度重なる行為で感じやすくなっているせいもあり、相当なイキっぷりも見せてくれますね。
これは、今までの主人公を想って繰り返してた自慰の成果?ですかね(汗)

他には、コスプレ要素も多少ありますね。
体操服だったり浴衣、水着姿などでの行為もあり、違った魅力を感じさせてくれます♪
個人的には、水着姿の乃愛が可愛かったですけども、残念ながらバックからの体勢だけで正面からの姿が描かれてなかったのが勿体なかったですね(汗)

前述の通り、行為中も彼女や主人公視点での描写もあるので、より興奮できるのではないでしょうかね。
乃愛の妄想っぷりもしっかり分かりますねぇ。

挿絵は「しらたま」さんが手がけています。
同人活動もされている様ですね。
可愛らしい絵柄で乃愛の可愛さを引き立てていますね♪

柔らかい絵柄なんですけども、しっかりHなのがまた魅力的ですね。
なので、物足りなさは感じにくいと思います。
まぁ、結構顔立ちが幼く感じるだけに苦手な人もいるかもしれませんけども、それが気にならなければ問題ないのではないかな。

巻頭カラーには、猫耳姿の乃愛やメイド姿もあるんですけども、本編にはなかったのが残念(汗)
あるかと期待したのですが…。


全体的には、正直これといったストーリー展開はなかったですけども、その分H(イチャラブ)に特化していたかなという印象ですね。

妄想好きってヒロインは、色々な作品で見る事ができますが、今作の乃愛はまだ可愛らしいレベルかな?
もっと他作品では、一癖も二癖もある妄想好きなヒロインは珍しくはないですけども、最近のはもう本当にぶっ飛んでいるだけに、逆に読んでて引いちゃう所があるんですよねぇ(汗)

それに比べれば、今作の乃愛の方が可愛げがあって読みやすいですね♪
主人公との掛け合いもテンポがよく、勢いがありますね。
まぁ、終盤になると乃愛も若干暴走気味な所がありましたけども(汗)

個人的には、全編このノリだったのが、ちょっとお腹一杯だったかな(汗)
もう少し落ち着ける所があっても良かったかなぁ、とは思いましたけども。
そういう所があると、よりイチャイチャ感が引き立つのかな、と。

とは言え、ひたすらイチャラブなノリが好みならば楽しめると思います。
乃愛、可愛らしいですし♪


楽天はこちらからどうぞ
 ミニミニな後輩は妄想が大好き (ぷちぱら文庫creative) (文庫) / 愛内なの/著

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ