リアルドリーム文庫 蜜肌で教えてあげる 恋人の美姉の誘惑


8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、中学時代から付き合っている彼女「三上 由希子」(みかみ ゆきこ)がいます。
付き合って1年程経過した今、ようやく彼女との初体験を迎える事になったのです。
しかし、意気込んだもののお互い初めて同士であった事もあり、初体験は失敗してしまう事に…。
初体験に失敗し、落ち込む主人公を見かねた由希子の姉である「清香」(さやか)に相談に乗ってもらう内に、彼女から性の手ほどきを受ける事になってしまうという展開です。


登場するヒロインは、由希子、清香のふたりの姉妹です。

由希子は、主人公の中学時代からの付き合っている恋人です。
学校ではクラス委員長を務めており、同い年である主人公にも敬語で接するなど真面目な性格をしています。
そのせいか、性に関しては消極的な態度を見せる面も。

清香は、由希子の姉であり、大学生です。
大人しい由希子とは違い、明るく快活な性格で主人公の相談に乗ってくれる面倒見の良さがあります。
グラマラスなスタイルの持ち主であり、性経験が豊富です。


展開的には、主人公が由希子との初体験に失敗し、落ち込んでいる所を清香に見つかり、彼女に相談をする中で結果として清香から性の手ほどきを受ける事になる流れですね。

まぁ、最初は単なる相談だった訳ですけども、話の流れから清香が自らの身体を使った性のレッスンとなる訳ですね。
いくら可愛い妹のためとは言え、姉が文字通りひと肌脱ぐことになるのも凄い話ですけどねぇ(汗)

不慣れな主人公をリードしつつ、女性の扱い方を身体を使って教えてくれる事になる訳ですね。
そのまま主人公は、清香と初体験をする事になりますが、入れて即発射してしまうのはお約束ですかね(汗)
でも、初めて+相手は恋人の姉なんて特殊なシチュエーションだった事を考えれば、仕方ないかもしれませんけどね。

しかし、清香との初体験を済ませても、これで手ほどきが終わったという訳ではなく、Hなレッスンはまだ続く事に…。

主人公は清香との行為で男としての自信を深めた一方で、肝心の恋人である由希子との関係は何ともぎこちないまま。
そんな主人公は、彼女がクラスの男子と会話していいるだけでも嫉妬する事に。
まぁ、そこには彼女との交際は学校では秘密であるってのも影響しているんですけどね。
(学校では、名前ではなく名字呼びをしています)

そんなイライラが増々主人公を良くない考えへ考えへと駆り立ててしまい、心を乱してしまう事になるのは若さを見せますねぇ。
そんな主人公を見かねて、またも清香も心配し、厳しくも愛のあるお叱りを受ける事になり、またも清香とのレッスンをする事になります。

なので、前半部は主に清香との展開が大半を占める感じでしょうか。
中盤になって、ようやく由希子との関係も何とか改善し、ぎこちなさや疑心暗鬼も解決する事になり、ここで彼女との初めてを経験する事になりますね。
ここまで長かったなぁ(汗)

しかし、主人公が由希子と上手くいく一方で、姉妹の関係にも動きが出る様になり…。


Hシーンは、由希子、清香の姉妹との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。

由希子は、経験がないだけにどうしても大人しめになりがちなんですけども、その点を経験豊富な清香が補っていますね。
まぁ、由希子も終盤にかけて、かなり頑張ってくれますけども、やはり安定感が違うかな。

清香との行為はやはりレッスンというだけあって、基本的に彼女が主導権を持つ事になりますね。
当然、最初は未知の快感により、されるがままですが、経験を重ねる内に次第に清香を感じさせる様になります。
年下でからかっていた主人公にイカされる事になって、垣間見せる何とも言えない表情は中々可愛らしいものがありますねぇ。

逆に恋人である由希子との行為は、彼女が初めてであるゆえに主人公がリードする流れが多いかな。
まぁ、そのために清香とのレッスンを積んだ訳ですしね(汗)
それでも由希子も主人公との初体験の失敗を気にしており、雑誌などで奉仕の仕方などを勉強したりと可愛らしい面を見せてくれます。

終盤近くになると姉妹揃っての3Pへと発展する様にも…。
意外だったのは、大体この手の作品ではラストの章辺りにようやく起こって、そのままエピローグへと繋がる形が多い気がするんですけども、今作はそこまで終盤になる前にこの展開があるのも特徴ですね。

やはり姉妹といっても、性格やスタイルは全く違うだけにふたり一緒での行為は中々見所だと思います。
姉妹でのキスシーンは、主人公ならずもいやらしく目が離せないですね♪

個人的には、由希子にフェラされながら、背後から清香にアナルを舌で舐められ、ほじられるシーンがお気に入りですね。
そんな姉妹の淫らなコンビネーション攻撃にあっさりと屈した主人公は、恋人の口内に大量に射精する事になるんですが、それを口移しで清香が由希子から主人公の精液を飲み下す描写は中々のいやらしさだと思います♪


挿絵は「ズッキーニ」さんが手がけています。
成年コミックなども描かれているみたいですね。

表紙絵を見ても分かると思いますが、結構描き込んだ絵柄が印象的ですね。
なので、可愛さよりも色気、艶気の方が強いですかね。
その分、Hシーンではかなりガツンとくるので、由希子もですけども、Hなお姉さんである清香との相性はより良いかと思います。

しかし、気になったのはキャラクターと絵柄の違和感かな。
私は読む前の表紙絵で由希子のキャラを活発なキャラだと思い込んでたんですね(汗)
だって、あんな歯を覗かせての笑みを見せているのが活発な元気娘っぽく感じただけに、中見れば同い年の恋人である主人公に君付けで終始敬語ですよ?(汗)
イメージと全然違ってビックリしたんですよね、私は…。

主人公の身体も若干違和感があったかな、何かバランスが…。
結構、女性陣の身体も胸など誇張したバランスになっている事もあってか、若干独特かもしれませんね。
まぁ、それを引いてもかなり色気のある出来栄えなので、結構エロいと思いますけどね。


全体的には、姉の清香の存在感が若干恋人の由希子よりも強かった様な気もしますね(汗)
まぁ、清香は良いキャラクターなだけに、別にいいっちゃいいんですけども、そうなると由希子の立場がなぁ…。
せめてもの救いは、由希子の初体験が中盤であった事ですね。
これで終盤までお預けだったら、完全に姉に寝取られてましたな、主人公を(汗)

ラストの展開は、少しはっきりしない感じで終わってしまいましたね。
一応、本命は由希子って分かってはいますけども、何とも未練がありそうな感じがまた何とも(汗)
まぁ、こんな良い女性なんだから、未練があって当然ではありますけどねぇ。

蜜肌で教えてあげる 恋人の美姉の誘惑 蜜肌で教えてあげる 恋人の美姉の誘惑

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
蜜肌で教えてあげる 恋人の美姉の誘惑

ズッキーニさんの作品
相姦マニュアル (MUJIN COMICS)
ズッキーニ
ティーアイネット (2012-02-03)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事