Paradigm novels 巨乳ファンタジー2 魔乳辺境篇


8月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、王立修道院を卒業した、いわばエリートとも言える存在…ではなく、そこを最下位の成績で卒業したという存在です(汗)
結果、そんな彼は左遷の地「ボインバラ」へと飛ばされてしまう事になります。
そこで主人公は守備隊長という立場につくのですが、着任早々地元を荒らす盗賊団を捕まえる任務を与えられる事になるという展開です。


登場するヒロインは、ダークエルフの「ゼビア」、人魚族の「ローレリア」、サキュバスの「シャハル」、エルフの「エシュリア」、国王の従妹の「ナディーヌ」がいます。

ゼビアは、ボインバラを襲っている盗賊団の用心棒をしているダークエルフです。
契約上、彼女が用心棒の間は女子供を襲わないという事になっています。
用心棒をしているだけあり、かなりの腕前の持ち主です。
巨乳ファンタジー2

ローレリアは、人魚族の族長の娘です。
天真爛漫な性格で一途でもあります。
パイズリが得意です。
巨乳ファンタジー2

シャハルは、サキュバスであり、サキュバラ城の城主でもある大貴族です。
過去にエルフ軍を撃退した功績があり、特別な扱いを受けてもいます。
国王にも対等に接せる存在でもあります。
巨乳ファンタジー2

エシュリアは、大貴族であるシャハルに仕えているエルフの剣士です。
凛々しく美しい容姿ですが、騎士としてもかなりの腕前でもあります。
シャハルの命により主人公の護衛をする事になります。
巨乳ファンタジー2

ナディーヌは、国王の従妹に当たる女性です。
婚姻関係はないものの、宮殿内では妃殿下と呼ばれています。
巨乳ファンタジー2


展開的には、主人公が成績最下位でボインバラへと飛ばされた先で色々と騒動が起こる流れですね。

この始まり方って、1作目である「巨乳ファンタジー」と似ていますねぇ。
成績最下位で左遷されられた先で事件を結果的に解決していくって流れはまさしくと言えますね。
これは、あえてこういう構成にしているんでしょうねぇ。

ちなみに今作の時代は、1作目の巨乳ファンタジーよりも遥か昔の時代みたいですね。

まぁ、そんな主人公なので、やはり今作でも成績最下位とは思えない程の活躍を結果的にしていく事になりますね。
それによって、結果立場がトントン拍子に出世していく事になる、成り上がりっぷりは今作でも同様ですね。
これがこのシリーズの面白い所だと思うので、読んでて嬉しかったですねぇ♪

まぁ、相変わらずのスピード出世でしたけどねぇ(汗)
これ普通のエリートコースよりも何年も飛ばしてますなぁ。

今作の主人公も戦いよりも頭の回るタイプであり、状況を優位に進めていきますねぇ。
敵対する存在との会話でのやり取りの応酬は、スカッとしますね。
それぞれの企みというか思惑を持っている奴らを相手に、ぐうの音も出ない様な会話の持って行きかたはやはり爽快ですね。
またそんな光景にヒロインたちが相手の反応を見てニヤニヤしたりするのが良いですねぇ。

本来主人公とは無関係なはずの国王の跡継ぎ問題などの要素も関わっており、舞台裏での暗躍も見所ですね。
しかし、毎回こういう悪い事を企む輩が出てきますねぇ(汗)


Hシーンでは、ゼビア、エシュリア、ローレリアとの行為がそれぞれ描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリなどがありますね。

やはり今作は巨乳ファンタジーなのですから、胸に関しての描写が多いのがメインとなっていますね。
当然、パイズリもしっかりあるんですけども、それ以上に胸弄りの描写が多いですねぇ。
乳首を指で扱いたり、引っ張ったり、舌で転がし、舐め、吸ったりと胸への描写はかなりのものですね。

本番行為もありますけども、このシリーズではあくまでおまけに近いかもしれませんねぇ(汗)

また上記の全員とも本番行為などがある訳ではないですけども、それでも問題ないとは思いますね。
ローレリアは、基本パイズリしかなかったしなぁ(汗)
ヒロインによっては、母乳を噴いたりと見所があります。

行為が多かったのは、ゼビアですね。
彼女が今作ではメインヒロイン的な存在なんですかね?
ゼビアは、キャラ紹介でもある様に敵対する間柄だったんですよね、最初は。
なので、最初の行為では、主人公に胸を良い様にされて感じまくりながらも「殺す」連呼だった訳ですけども(汗)
巨乳ファンタジー2

その後、主人公の元についてもたまに殺す発言があったものの、これは照れ隠しという感じですから、だいぶ印象が変わりますね。
主人公に胸を触って貰いたいって思っている姿は、普段の凛々しい彼女とはギャップがあって可愛らしいです♪


挿絵は原作版の画像を使っています。
なので、違和感などはないでしょう。

今作の絵柄は前作とは違った印象がありましたけども、同じ原画家さんなんですね。
絵柄が変わったのかな? 個人的には前のが好みだったのだけど(汗)

今作はより表情にあどけなさというか幼さがある感じが増してますね。
まぁ、見慣れればこれはこれでアリですけども、一番最初に見た時は違う人なのかなって思っちゃいました(汗)


全体的には、上巻って事もあり、ある程度物語が進んだ辺りで終わってますね。
いよいよこれから、国王の後継者問題などに深く関わりだす事になるんでしょうねぇ。
良い所で終わってて、続きが気になる所ではありますけども、我慢ですね(汗)

今回では、ナディーヌたちは登場しているものの、一瞬だったり会話程度だけだったりなので、彼女たちの出番は次回って事ですね。
主人公とどういう絡みをするのか楽しみですね。

あとがきを見ると、原作版とはいろいろ変わっているみたいですね。
原作にはいないサブキャラなどを出したりなど、変化がある様なので原作版をプレイしてみた人はそういった所を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】巨乳ファンタジー2 魔乳辺境篇 [ 鏡 裕之 ]

PC原作版
巨乳ファンタジー2
巨乳ファンタジー2
posted with amazlet at 12.08.12
WAFFLE (2012-05-25)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
巨乳ファンタジー2

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
巨乳ファンタジー2 魔乳辺境篇

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ