二次元ドリーム文庫 おっぱいサムライ娘としてみませんか?


7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく平凡な学生ですが、剣術師範を父に持っています。
そんな彼は剣道部に所属していますが、そんな部室にある存在が現れた事から物語は動き出す事になります。
その存在は、転校してきたばかりで剣道部に入部を希望してきたという美少女「早乙女 朔耶」(さおとめ さくや)だったのです。

男ばかりでまったりと活動してた部員たちは大盛り上がり。
しかし、向こうから手合せを頼まれるものの部長も彼女には全く歯が立ちません。
ふがいなさに呆れる朔耶でしたが、ある日主人公は彼女と戦う事になってしまうのですが、突破口を見出した彼は勝負に勝ってしまいます。
それをきっかけに主人公は、朔耶の師匠をする事になってしまうという展開です。


登場するヒロインは、朔耶です。

朔耶は、主人公のクラスに転校してきた少女です。
武家の娘であり、父親から英才教育を受けており、その腕前はかなりのものです。
自身も剣の道を究めようとしており、それゆえか話し言葉などが古風だったりします。
武士の様に真っ直ぐな性格をしており、はっきりと物を言います。


展開的には、主人公が朔耶との勝負に偶然勝利してしまった事で、なし崩し的に彼女の師匠になるという流れですね。

元々は、彼女が持ち前の正義感で見かけた不良とのいざこざが原因なんですね。
そこで朔耶は、余裕で不良たちをあしらってた訳ですが、胸への一撃を受けてから一気に劣勢になってしまったのです(汗)
そこを主人公が救った事で、一気に彼女の評価が上がり、また話の流れで彼女と手合せをする事に。

手合せしてみると、やはり彼女の腕前は伊達ではなく、主人公は防戦一方。
何とか活路を見い出そうとする主人公は、先ほどの胸への攻撃を試してみると、一気に状況は逆転する結果に終わり、何と勝ってしまう事に。
この結果に、主人公は朔耶から師匠として朔耶を鍛える事になるという経緯があった訳です(汗)

まぁ、主人公からしたら勝ったのはまぐれみたいなものであり、朔耶には技術面で教える必要もないレベルなので困惑する訳ですけども、断れない訳ですねぇ。

とりあえず彼女との稽古を行う事になるのですが、他の部分では完璧なのに胸に関してはガードが甘くなるという悪癖があるんですね(汗)
彼女の反応などから、胸が過敏過ぎて感じてしまうのではという結論に至った事で、話は胸を鍛えるというおかしな方向に進む訳ですな。
鍛えるって言っても、筋肉を鍛えるとはまた別な話ですしねぇ、これは(汗)

ここからお約束でHな展開へとシフトしていく事になる訳ですね。
当然、この主人公からおっぱい揉むなんて真似が出来る訳もなく、ハプニング的な要素をきっかけにしての行為になりますね。


Hシーンは、朔耶との行為が描かれています。

行為的には、パイズリや自慰、フェラ、軽めの緊縛要素などがあります。

やはり朔耶は胸がとても敏感という事で、それをどうにかするために鍛錬という名目での行為が前半部では主ですね。
あの手この手で、彼女の胸を刺激する事になる訳ですね。

中では、ローターなどの小道具を使って、乳首などを刺激する事になるなどの展開もあります。
…余計、過敏になりそうですけどねぇ(汗)

とにかく朔耶は、胸の刺激にめっぽう弱いんですよねぇ。
試合でも胸への一撃でも痛みと同様に疼きを感じるくらいですから、そりゃ直接触られたり舐められたりしたら、もう普段の凛々しい剣士としての顔ではなくなってしまうギャップがまた興奮させますね♪


師弟の関係という始まり方ですけども、勿論愛情もしっかりありますので、そこは安心ですね。
もっとも最初から、朔耶の主人公への好感度は彼女の危機を助けた頃から決して好ましくないものではなかったですしね。
それが鍛錬という行為を経て、自分の気持ちを確信していくって流れになっていますね。

まぁ、彼女は剣一筋な生き方をしてて、横文字すら今ひとつ分かっていないだけに恋愛など未経験でしょうし、初めて感じる感情の高ぶりをどうしたらいいのか困惑する姿は可愛らしいですねぇ♪
パシリやバスケットまでも平仮名だったから、意味も知らないみたいですな(汗)
どんだけ山奥で育ったのか(汗)

新鮮だったのは、剣士娘である彼女とフェンシングも行った事ですね。
意外な感じもしますけども、ある意味では胸を狙う動きでは突きのフェンシングの方が確かに相性はいいのかも。
それに普段とは違った格好な朔耶の姿もまた新鮮であり、新たな魅力を感じさせてくれますね♪

まぁ、残念ながら?フェンシングでも正式な格好ではなくて、制服でフルーレを使うという状況でしたね。
…そう考えれば、別に剣術娘でなくとも、フェンシング娘がヒロインでも良かった訳か(汗)


挿絵は「もふりる」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「生徒会長ブリーダー お嬢様の飼育日記」や「マゾらぶ! 幼なじみは性奴隷」がありますね。

凛々しいんだけど可愛らしい朔耶の姿をばっちり描いていますねぇ♪
挿絵を担当された上記の作品のヒロインは、M要素のあるヒロインだった訳ですけども、朔耶もその傾向はややありましたね。
そういう点でもそういったキャラと相性がいいのかもしれませんね。

実際、感じてしまっている朔耶の表情はかなり蕩けており、その快感がはっきり分かりますね。
涙を浮かべてトロンとした姿が印象的です。


全体的には、いわゆるサムライ少女ものの展開でしたねぇ。
王道な設定なので、それらが好きな人にはすんなり入れると思います。

それゆえに意外性が殆どないので、インパクトはさほどないかもしれませんけども、安定感はありますね。
まぁ、実際にこんな娘いたらそりゃ凄いインパクトですけども(汗)

剣一筋だった少女が主人公に恋してデレデレになる過程は、何だかんだ言ってもたまらないですね♪

おっぱいサムライ娘としてみませんか? おっぱいサムライ娘としてみませんか?

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】おっぱいサムライ娘としてみませんか? [ 089タロー ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
おっぱいサムライ娘としてみませんか?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事