Paradigm novels 超昂天使エスカレイヤー 上巻

超昂天使エスカレイヤー 上巻 (パラダイムノベルス 177)
雑賀 匡
パラダイム
売り上げランキング: 651857

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

この夏、主人公の住む閂(かんぬき)市は、宇宙より到来した異星人「ダイラスト」は地球侵攻の足掛かりとして、襲われる事になります。
しかし、実際はダイラストの戦闘員が度々現れる事になるものの、死者の出る事は今の所なく、迷惑行為に留まっています(汗)
そんな事に市民が慣れつつある中、主人公は戦闘員と戦っている女性を目撃する事に。
自身を「エスカレイヤー」と名乗った彼女の姿が主人公には見覚えが…。
かつての幼なじみの「高円寺 沙由香」(こうえんじ さゆか)がエスカレイヤーだと知った主人公は、彼女の協力者として共に戦う事になると言う展開です。


登場するヒロインは、沙由香に沙由香の妹としてサポートしている「高円寺 マドカ」がいます。

沙由香は、主人公の幼なじみの少女です。
最近10年ぶりに海外から帰国しています。
ダイラストに連れ去られた父の意思を継ぎ、エスカレイヤーとして戦っています。
超昂天使エスカレイヤー

マドカは、沙由香の妹として一緒に住んでいるサポートロイドです。
主人公に沙由香への協力を頼みます。
超昂天使エスカレイヤー


展開的には、主人公はダイラストと戦っている沙由香(エスカレイヤー)に協力する事になる流れです。

主人公にとっては、この日は色々と起こりまくる一日ですね(汗)
10年ぶりに幼なじみの沙由香と再会するも、この時の沙由香の態度はそっけないものだったんですね。
久しぶりの幼なじみに「あなた、誰ですか?」とか言われたらへこむわぁ…(汗)

そんなまるで初対面の様に振舞う彼女の態度が気になって、彼女の後を追ってた中でダイラストの襲撃があり、そこで沙由香がエスカレイヤーに変身する光景を目撃した訳ですね。

その後、主人公は彼女の家の前でマドカと会う事になります。
沙由香には妹などいない事を知ってた主人公は、マドカから自身が人間ではなくアンドロイドであり、また沙由香も意識だけ戦闘用のボディであるエスカレイヤーへ移植されていると知る事になります。
移植の際に、記憶障害が起きたために幼なじみである主人公の事も殆ど覚えてなかったって訳ですね。

そして、マドカからエスカレイヤーに協力を頼まれる事になりますが、それは思っても見ない内容で、でした、

何と、エスカレイヤーに変身し、戦うエネルギーは性的な興奮によって得られる物であり、主人公には沙由香とHをする事でエネルギーを補給させるという役目を与えられる訳です(汗)
まぁ、それだけではなくて、主人公がいる事でやはり幼なじみのせいか、エスカレイヤーのパワーも増している事もありますけどね。

最初は幼なじみ相手にHする事に困惑していますが、沙由香からも頼まれる事で彼女との行為を行う事になり、こうして主人公の戦いとHな日々が始まる事になります。


Hシーンでは、沙由香(エスカレイヤー)の行為が描かれています。
マドカとの行為は、現時点ではないですね。

行為的には、フェラや手コキなどがあります。
基本的には本番だけな展開が多いですね。
まぁ、補給って観点ではそうなるんでしょうね(汗)

Hでエネルギー補給という設定的に、至る所でHな行為があるのは、良いですねぇ♪
補充のためだとちょっと言えば、元々大人しめな沙由香は何だかんだ言って行為を受け入れてくれますしね。
超昂天使エスカレイヤー 超昂天使エスカレイヤー

ですが、そんなエネルギー事情もあり、沙由香は初めてはありません。
これはマドカとの行為でバイブで破瓜したみたいですね(汗)
と言うか、このボディはそんな所まで再現しているのでしょうかね…。

様々な場所で行われる行為には、ファミレスのウエイトレスのバイト中の行為や海水浴に行っての行為やラブホテルに行っての行為などがありますね。

上記のファミレスでのウエイトレスでもある様に、コスプレ色も含まれている展開が割と多いですね。
ウエイトレス姿に、水着、セーラー服にエスカレイヤーの格好のままでの行為と盛り沢山ですね♪
いずれも展開が短いのが残念でしたが(汗)

こういう作品なので、敵の怪人との戦いでHな目に遭うってのも、お約束のひとつですよね。
一応、エスカレイヤーが戦闘で敵に拘束されて触手などで身体を弄られるみたいなシーンもあるにはあるんですが、これまた短めですし、そこまで過激な行為ではなかったですね。
超昂天使エスカレイヤー

…全体的にライトですね、行為自体が(汗)
まぁ、そもそもダイラストの面子もいきなり首都とか狙わないで何故地方の閂市に来たのかって話ですしね(汗)
そのせいか怪人辺りは、結構性格が突っ込み所ある奴が多いんですよねぇ、間違った日本文化を愛してたりと(汗)
超昂天使エスカレイヤー

挿絵は、パラダイムノベルスなので、原作版の画像を使っているって言いたいですが、今作は珍しく挿絵が原作版の画像ではなく手描きになっています。
挿絵を担当しているのは、「みけおう」さんです。
ライトノベルなどの挿絵も手がけていますね。
このブログだと、美少女文庫の「捨てメイド拾いました」もですね。

この手の作品では珍しく、表紙絵も「みけおう」さんの絵によるものなんですよねぇ。
大概、表紙絵は原作版ので、中身は別人ってパターンが多いんですけどね。

原作版に比べると、線が細く繊細さがより強調されている印象ですね。
個人的には、これだとややエロさが薄いので、もう少し濃くても良かったかなぁ。
可愛さよりも柔らかな色気がありますね。


全体的には、上巻であるので序章って感じな展開でしたね。
ダイラストの侵攻にエスカレイヤーが現れ、形勢が逆転し、敵側に新たな大物が登場みたいな展開で、今後に続くって流れですな。
なので、主要キャラの顔見せでストーリー的な進行はそこまでないかな。

しかし、このペースでは話間に合わないのではないかと思ってましたが、今作は3部作なんですね(汗)
挿絵の事といい、色々珍しい作品ですね(汗)

もう少しH度があれば、かなりいいと思うんですが、ちょっと上巻に限っては弱いかなぁ…。
シチュエーションを下手に増やすよりも、個々のシーンを濃いめするだけでもかなり違うとは思うんですけどね。
次に期待って…、そんな急変化しないだろうな(汗)

原作PC版
超昂天使 エスカレイヤー 廉価版
アリスソフト (2006-05-26)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
超昂天使エスカレイヤー

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
超昂天使エスカレイヤー 上巻

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事