リアルドリーム文庫 女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹


7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、内気な性格の高校生です。
そんな彼は、学園で上級生である「神崎 加奈子」(かんざき かなこ)に一目惚れする事に。
しかし、学園で人気者な彼女は高嶺の花であり、主人公とは接点がなかったのですが、ある出来事をきっかけにして、加奈子と知り合う事に。
実は彼女は、下着デザイナーへの夢を持っており、有名な下着デザイナーである主人公の母に憧れていると知ります。
主人公は、そんな彼女をサポートする事にになると言う展開です。


登場するヒロインは、加奈子の他に加奈子の姉である「神崎 詩織」(かんざき しおり)、主人公の母親である「若松 玲子」(わかまつ れいこ)がいます。

加奈子は、主人公の学校の上級生です。
成績優秀で真面目で控え目な性格をしています。
スタイルの良さで男子からの人気が高いです。
ランジェリーデザイナーになりたい夢があります。

詩織は、加奈子の姉であり、大学生です。
妹同様にこちらもスタイルが抜群でもあります。
明るい性格をしており、大胆な行動を取る事もしばしばです。

玲子は、主人公の母親です。
加奈子が目標としているランジェリーショップの経営者兼デザイナーでもあります。


展開的には、主人公は加奈子に一目惚れし、その後彼女と知り合いになります。
彼女は主人公の事を何故か知っているんですね、面識がないのに。
実は、加奈子はランジェリーデザイナーになりたいという夢を持っており、主人公の母親の玲子に憧れているんですね。
そのせいもあって、主人公の事を知っていた経緯があるんですね。

加奈子は自分がデザインしたものを玲子に見て欲しくて、主人公に声をかけてきたという訳です。
それを聞き入れた主人公は加奈子の事を玲子に話し、会う約束を付け、主人公も加奈子に同行する事に。

加奈子は自身がデザインした下着を玲子に見てもらうのですが、ここでの玲子の的確な指摘を受ける事になります。
その際、玲子から「ランジェリーは女性が身に着けるものだけども、異性への事も考える必要がある」と言われるんですね。

ここには、加奈子は男性が苦手という面があり、そういった意識をデザインに反映させていなかったという事がある訳です。
それを玲子は指摘した訳ですね、男性が興奮する下着だからこそ、女性が身に着けてくれるという。

そんな最中に、主人公は無意識に興奮をしており、股間を大きくしてしまったのを加奈子に知られてしまう事に(汗)
まぁ、ここには上記の指摘を玲子が自身の身に着けている下着を見せて説明する様を加奈子が興奮しているかのように熱っぽい吐息を漏らしていた事に反応してしまった訳ですけどね。

しかし、男性に苦手意識がある加奈子には、それは衝撃的な事だった訳で、顔を真っ赤にして逃げ出してしまう事に…。
この後の主人公は、自分のやらかした行為にへこんで、生きる屍状態になってしまいますが(汗)
まぁ、憧れた相手にそんな事やらかしたら、そりゃ心折れますよねぇ…。

そんな主人公の元に現れたのは、加奈子の姉である詩織であり、妹の態度を謝罪に来たんですね。
更に彼女から加奈子の男性嫌いの克服とランジェリーについて協力して欲しいと頼まれる事になります。

その一環で主人公は加奈子とデートなどをするんですが、この時点ではあくまでも「友達」であり、「協力者」なんですね。
恋人ではない、微妙な関係なんですよね。
主人公も、この間の失態があっただけに、これでも十分だと思ってはいるんですけどね。
まぁ、確かに本来ならば、あれでアウトだったろうしなぁ(汗)


Hシーンは、加奈子、詩織との行為があります。
まぁ、さすがに母親である玲子との行為はなかったですね(汗)
何か「ママ」って呼んだりと、甘い感じがあったので、最初あるのか?と思ってしまいましたね…。

行為的には、自慰に手コキ、フェラなどがあります。

序盤から中盤までは、本番行為はなく、手コキやフェラなどで射精するという展開が基本ですね。
本番行為は、結構後になりますし、特に加奈子とはかなり終盤までお預けになります。
まぁ、そこまでの行為でも十分興奮はできるとは思いますので、問題はないでしょう。

本番行為は終盤でしたけども、加奈子とはあの一件があった事で彼女との行為はかなり話が進まないとないのかなと思っていましたが、意外にすぐ行為に発展しましたね。

まぁ、彼女も性に対して元々潔癖過ぎるってキャラクターではないんですよね。
ただ恥ずかしがり屋で自分の身体にコンプレックスを抱いていたってだけで、Hな事には興味だって持っていますし、自慰もしていますしね。

なので、意外に積極的に行為へと発展する事にも繋がっていきます、
デザインのために必要だと言う、言い訳をして迫ってくる彼女は可愛らしくHですねぇ♪

主人公と加奈子は、自分に自信を持てないコンプレックスが根底にあるせいか、そういう形での親近感などはあるんですよね。
その親近感が、回を重ねる事で親密さに拍車がかかる結果になりますね。

結構彼女はフェラ好きというか、フェラしてくれる展開が多かったのは個人的に嬉しかったですね。
しっかり口内に発射された精液をゴクゴク飲んでくれますし♪

終盤では、姉妹揃っての行為も描かれており、W手コキやWフェラなどもありますね。
どちらかと言うと、姉の詩織はS系で妹の加奈子のM系であり、タイプが違う彼女たちの差も見所ですね。

挿絵は、「相田麻希」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、「いたずらな女子大生従妹」や「夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ」がありますね。

柔らかい絵柄が印象的であり、余計ヒロインたちの可愛らしさが強調されていますね。
またランジェリーという妖しい雰囲気が強くなりそうな要素も、高校生、大学生というキャラクターを活かしているだけに、妖しさはそこまでないのですが、その分、爽やかさを感じさせてくれますね。


全体的には、女子高生にランジェリーという要素で、どうなるのかと思いましたが、一応?まとまってましたね。
まぁ、途中それを理由に強引にHに至ってて、目的見失ってないかと思いましたけど(汗)

やはりランジェリーが重要な要素だったので、Hに至る過程などでの下着の描写は他の作品以上にしっかりしてた様な感じがありましたね。

その分、あっさり脱いで行為に至らないだけに読み手としては若干焦らされる感覚もありましたね。
下着を脱ぐような描写があっさり流してHだけみたいな作品も多々あるだけに、しっかりそこら辺が描かれているのはランジェリーに拘っているからですね。
まぁ、そこまで異常に、ここの文章量が多いって訳ではないだけに、期待しすぎてもアレですけどもね(汗)

女子校生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 女子校生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
女子校生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事