二次元ゲーム文庫 ワルキューレ ロマンツェ [スィーリアの恋物語]

ワルキューレ ロマンツェ[スィーリアの恋物語] (二次元ゲーム文庫 11)
空蝉
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 699

5月発売の二次元ゲーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

久しぶりの二次元ゲーム文庫ですね(汗)
正直、もう出ないかと思ってました…。

今作品は同名ゲームのノベライズ作品なんですが、このノベル版は今作のヒロインである「スィーリア」と恋人同士になってからの後を描いたオリジナルのエピソードみたいですね。
なので、原作版をプレイしていても問題なく楽しめる様になっている様です。
私は未プレイですが(汗)

主人公は、子供の頃に「ジョスト」と呼ばれる馬上での槍を用いた競技にて自国では敵無しとされた程の逸材でした。
しかし、ジョストを学ぶために留学した先で、怪我をした事でジョストから引退をする事になったという苦い過去があります。
それから時は流れ、主人公は学園でジョストの騎士を支えるサポートとしての職「ベグライター」を専攻しています。

そんな主人公が支える相手は、最強のジョストの「スィーリア・クマーニ・エイントリー」(以下スィーリア)であり、また恋人という関係でもあります。
ベグライター、恋人として彼女を支える主人公とスィーリアとの甘い恋人生活が描かれているという展開です。


登場するヒロインは、スィーリア以外に学園の生徒では「希咲 美桜」(きさき みお)、「ノエル・マーレス・アスコット」、「リサ・エオストレ」、「龍造寺 茜」(りゅうぞうじ あかね)、「玲奈・F・エイヴァリー」、「ベルティーユ・アルチュセール」がいます。
他に主人公の従姉の「柊木 綾子」(ひいらぎ あやこ)がいます。

スィーリアは、学生会会長でもあり、ジョストでも天才的な才能を持っています。
更に容姿端麗で成績優秀なのだから、非の打ちどころがないのですが、真面目な性格ゆえにやや世間とはズレた発言もままあります(汗)
くまのぬいぐるみ集めが趣味と言う可愛らしい面も。
ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

美桜は、主人公の子供の頃からの知り合いです。
おっとりした家庭的な性格で、主人公の世話を焼く事もしばしば。
少しドジな面もあります。
ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

ノエルは、侯爵家のお嬢様です。
明るく人懐こい性格をしていますが、貴族らしい仕草や言動のため、年齢以上にどこか大人びた所があります。
ジョストの腕前は一流です。
ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

リサは、下級生ながら類まれなジョストの才能を持った少女です。
普段から無愛想で無口な所があり、人付き合いが下手な所も。
ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

茜は、主人公のクラスメートです。
美桜とは親友の関係でもあります。
真面目で負けず嫌いで頑固な面があるものの、反面恋愛などには疎い面があります。
スィーリアを尊敬しています。

玲奈は、学生会の副会長です。
学生会会長でもあるスィーリアとは、親友でもあります。

ベルティーユは、名家の家柄のお嬢様です。
そのためか、自信家で高飛車な所がありますが、どこか憎めません。
目立つのが大好きです(汗)

綾子は、主人公の従姉です。
主人公の理解者でもあり、現在の学園を紹介し、住居を提供しています。
また学園では保険医として活動する傍ら、古本屋兼喫茶店の店主でもあります。

この他にもリサの友人でもある「フィオナ・ベックフォード」なども少しだけ登場していますが、キャラ紹介ページには名前がないですね(汗)

展開的には、上記でもある様に主人公はジョストを若くに引退し、現在はスィーリアのベグライターとしてだけでなく、恋人としても彼女をサポートしていると言うイチャイチャラブラブな流れですね。


なので、そこまで大きなストーリー展開がある訳ではなく、スィーリアとの甘い時間を堪能するという展開を味わうものになっています。
一応、彼女や友人たちと一緒に出掛けたりとかして賑やかに楽しむといった流れもありますけどね。

プロローグでは、スィーリアの回想?から始まり、彼女が見てた当時の主人公の関係などが描かれています。
ここで主人公がジョストを引退する事になった経緯などが明らかになっているので、原作を見ていなくてもある程度流れが分かる様にはなっていますので。ご安心を。

でもジョストとかの設定というか世界観が若干分かりにくかったかな、最初は(汗)
ジョストというのは、中世時代からのスポーツらしいですね。
それが現在でも行われているという事で、主人公らは競技者な訳ですかね?

その時代からって事だからか、甲冑着込んで馬上で槍での戦いってのは中々にハードな競技ですなぁ(汗)
それも出てくる分には女性たちがやっているのだから、それは大変そうですね。
主人公とかもやってた訳ですから、別に女性だけって訳ではないんだろうけど、そんなのやらなそうな印象に見えた美桜らもしているってが最初はちょっと意外でしたね。
と思ったら作中に、一時期だけ騎士として訓練してたみたいな美桜の描写があったから、何か理由があったのかな?
まぁ、そこら辺の事情は原作やれって事ですな(汗)

凛々しく格好よさすら感じさせるスィーリアですが、ちょっとした所で主人公への気持ちが顔を出すのが良いですねぇ♪
他の女性陣とアクシデントで抱きついたりした後に、スィーリアの張り付いた笑みで別室に連れて行かれる主人公の心境や如何に(汗)
まぁ、その後はふたりきりになった彼女に熱烈に迫られる事になる訳ですけどねぇ。


普段が颯爽とした格好よさが強いだけに、恋人の主人公にだけ見せる表情がとても柔らかいものになっているのがまた魅力的ですね。
何と言うか…、主人公もだけどどのキャラクターも格好いいですねぇ(汗)
見た目だけでなくて、性格や生き方というか。
そんな主人公らが愛をささやいているんだから、読んでて何ともくすぐったい気持ちになるのは私だけでしょうか?(汗)


Hシーンは、当然スィーリアとの行為が用意されています。
勿論、他のヒロインたちとの行為はないですよ、念のため(汗)

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

マニアックな行為では、彼女の自慢の金髪で肉棒を扱く髪コキなどが印象的でしたね。
この時は、髪コキに加え、パイズリにフェラのコンボで彼女の口内に発射してしまうのですが、綺麗な金髪に射精するってのもアリだったかなぁ。
でも、黒髪の方がより精液の白さが映えるか(汗)

他にも感じすぎて思わずスィーリアがお漏らししてしまう場面がありましたが、どうも前もあったらしいですね。
…意外とお漏らしキャラなの、彼女?(汗)
まぁ、その尿をゴクゴク飲み干す主人公も何気に変態入ってますな(汗)

意外と、と言うのはあれですが、結構この作品のHシーンってかなり力入っているんですね。
割と濃いめだったりするので、普段とのヒロインとは少しギャップが感じられて、興奮を誘いますねぇ♪
フェラの描写なども中々迫力があって、いやらしいのは嬉しいですね。

水着やメイド服姿の彼女との行為もあったりと、コスプレ要素も少しはありますね。
終盤では、ボテ腹状態での行為も用意されており、見所は多いと思います♪

こういう純愛系だとHシーンが弱いというか大人しい作品も多々ありますけど、思えば同メーカーの作品だった「プリンセスラバー」のノベルも結構Hシーンが濃かったなぁ。

挿絵は「緑木邑」さんが手がけています。
可愛らしいのに、Hなヒロインを描ける人なので、ピッタリなのではないでしょうか。

一応、表紙絵の担当は原作の「こもりけい」さんによる描き下ろしのイラストになっていますので、注意を。
私は原作をしていませんが、大分原作絵に近い絵柄だと思うので、馴染みやすいのではないかなと思いますね。
原作していない私には、十分過ぎる程のクオリティーですね♪

あんなスラッとした見た目なのに、かなりの巨乳なのがまた罪な女性ですね、スィーリアは(汗)
メイド服状態な彼女との行為もあったりしますが、さすが外国の女性なのでメイド姿が良く似合っていますね♪
上記のボテ腹シーンもしっかり挿絵があるので、必見です。

ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語 ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

全体的には、原作のその後を描いたという事で、イチャイチャした雰囲気を堪能できる作りになっていますね。
やはり、話としてはそれ程大きな展開はさほどないので、比較的まったりした感じがありましたね。

ここら辺は、原作をプレイ済みかでも少し印象が異なるかもしれませんね。
原作でのエンディングを見ている人が読めば、より感慨深いものがあると思いますしね。

あとがきを見ると、もしかしたら2もあるかもしれないとか…。
更に、他の美桜、ノエル、リサの話も出るかもしれないみたいな感じですので、これは期待できそうですね♪
プリンセスラバーもメインヒロイン分は出てたし。

…って、あれ? 茜ってメインヒロインの扱いじゃないの? ちょっと気になる存在なのに(汗)
原作版のパッケージに茜だけいない…、この娘サブヒロインなの?
キャラ紹介ページに美桜ら4人と茜だけ立ち絵があったから、てっきりメイン格なのかと思い込んでましたね…。
公式HP見てきたけど、グッズも茜以外の4人のばかりですな…、これで茜がメインのひとりだったら逆に泣くわ、この扱いに(汗)

ワルキューレ ロマンツェ [スィーリアの恋物語] ワルキューレ ロマンツェ [スィーリアの恋物語]

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ワルキューレロマンツェ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ワルキューレ ロマンツェ スィーリアの恋物語

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

原作PC版




ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ