二次元ドリーム文庫 マゾってはいけない変態女子寮

マゾってはいけない変態女子寮 (二次元ドリーム文庫 224)
千夜詠
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1034

5月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公はこれと言って特に特徴もない普通の学生です。
性格としては、人の頼みを断れないというお人よしな所があります。
そんな彼に突如、従姉にあたる女性が主人公にあるアルバイトを持ちかけてくる事になるのが物語の始まりです。

彼女に頼まれたのは、何と学園の女子寮の管理人(汗)
当然、困惑し断ろうとしますが、従姉に弱みを握られている事もあり、主人公にそれを断る事は出来ずになし崩し的に管理人として女子寮内に住みこむ事になる展開です。


登場するヒロインは、生徒会長の「東十条 彩」(ひがしじゅうじょう あや)、主人公の幼なじみの「上中里 美琴」(かみなかざと みこと)、下級生の「与野 乃愛」(よの のあ)の3人がいます。

彩は、学園の生徒会長です。
クールで格好いいと男女問わず憧れの存在として名高く、カリスマ性を持ち合わせています。

美琴は、主人公のクラスメートで委員長であり、幼なじみでもあります。
幼い頃から主人公に対して、口うるさくおせっかいを焼く所があります。
生真面目でパッと見地味な印象がありますが、大きな胸が目立っています。

乃愛は、下級生です。
スポーツ万能であり、その腕前は度々部活動の助っ人して呼ばれる程です。
性格は勝ち気で、攻撃性の強い面があり、すぐ手を出す所があります(汗)


展開的には、主人公が女子寮の管理人となり、住み込む事で寮内の女性陣と色々起こる流れですね(汗)

そもそも、よく生徒である主人公が寮の管理人として認められたなと思いますけどね(汗)
それも女子寮に男子とか…。
まぁ、それを言い出したら、お話にならないですからねぇ(汗)

従妹曰く、今までの主人公の頼まれたら嫌と言えない性格ゆえに、信頼が厚かったなどの理由はある様で、理事長も即OKだったとか(汗)
随分と緩い学園ですなぁ…、それだけ信頼されているのだろうか。

これで否応なしに女子寮に住みこむ事になった主人公ですが、そこの寮に現在の入寮者は3人と知ります。
まぁ、それが上記で紹介した女性陣となる訳ですねぇ。

しかし、気になるのは女子寮としてはかなり少ない入寮者数となる訳ですが、ここに実はある秘密があるんですね。
この寮の名称は「北帝学園特育女子寮」と言い、この「特育」ってのが、重要なんですね。

生活し出すと、少しづつ女性陣との距離が近づく事になります。
まぁ、同じ場所で生活していますしねぇ、物理的にも近いですし(汗)
しかし、それと同時に女性陣の秘密も少しづつ見えてくる事にもなるんですね。

そして、主人公はその秘密を知る事に…。
まぁ、きっかけは主人公がその秘密を抱えた彩の言動を勘違いした事からなんですね。
直後に主人公も自分の勘違いを悟るんですが、彩にはそんな事を分からないので、秘密を受け入れてもらったと嬉しがるんですよね(汗)
こうして主人公は今更勘違いでしたと言い出せぬまま、彼女の秘密に付き合う事に…。

まぁ、確かに凛々しい生徒会長である彼女のこんな面を見たら、そりゃ戸惑うのも仕方ないのですが(汗)
これだけの落差はそうはないですしねぇ…、詳細は伏せますが。
戸惑いつつも、その現実感のない状況に主人公は少しづつ、妖しい世界に踏み込んでいく事になります。

他の2人も何かしらの秘密を抱えている訳ですが良かったのは、それぞれどうしてそういう秘密を持つ様になったかという事がしっかり描かれていた所ですね。
やはり突飛な秘密であればある程に、それ相応の理由が必要となる訳ですから、これはしっかり理由付けがされていてキャラクターの心情が伝わりやすかったですね。
こういうのをしっかりしていないとただの変態ヒロインたちで終わってしまいますしね(汗)
…まぁ、それが分かっても変態、かな?(汗)


Hシーンでは、勿論彩、美琴、乃愛ら、3人との展開が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

今作は、マニアックな行為が多いのも特徴ですね。
赤ちゃんプレイや露出などがあります(汗)
こういった要素は、二次元ドリーム文庫では割と珍しい方になるかな?

全員Mっ気があるのも特徴でしょうかね?
まぁ、これらをMって表現するのは個人的にはピンと来ない所もありますけども、確かに括りとしてはMかな…。

終盤では、お約束の全員一緒のハーレム展開になります。

気になったのは、序盤から中盤くらいでは本番行為はない所でしょうか。
それまでは、他の行為で射精するって展開が主で本番行為は終盤に近くならないとないですね。
まぁ、序盤からの行為も十分あるので物足りなさは薄いかなと思いますが、やはり本番行為はエロいだけではなく、恋愛要素を引き出す事にも繋がるだけにもう少し早くても良かったかなとは思いましたけどね(汗)

実際序盤は、恋愛色よりも主人公が女性陣の秘密に何とかついて行こうとする様な展開なので、それどころではないですけども(汗)

挿絵は「saxasa」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「ぱい×3! 幼なじみは巨乳三姉妹」などがありますね。

相変わらず、肌の弾力感が感じられそうなパツパツ感がいいんですよねぇ♪
キャラとしては、ツンデレ要素の強い乃愛のキャラデザインが特にハマって見えますね。
勿論、他のヒロインも可愛らしくHでいいですよ♪

でも、幼なじみの美琴がストーリー上、出番が遅いのであまり印象がなかったのは勿体なかったかな。
あれだけの胸を持っているだけに、もう少し挿絵で見たかったかなと(汗)


全体的には、特殊な性癖を持つ女性陣を相手に主人公が何とかしようと奔走するものの…でしたね(汗)
思ったよりもストーリー性があった事もあり、中々見所も多い作りだったかなと思います。
急展開が多々あったり…。
正直もっとぶっ飛んでいるかと思ってたんですよね、私…、タイトル見た時は(汗)

でも、良く考えるとあまりこのタイトルはストーリーに合っているかと言うと微妙な感じもしましたけどね(汗)
ただあの某タイトルを意識しただけでしょう、これ(汗)

まぁ、変態というキーワードのせいで、敷居が高いかと思うかもしれませんが、そこまで過激(エグイ)って感じではないと思うので、割と人を選ばず読めるかなとは思います。
でも、万人向けではないか(汗)
Mっ気のあるヒロインらが好みならば、問題ないでしょうけどね。

マゾってはいけない変態女子寮 マゾってはいけない変態女子寮

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】マゾってはいけない変態女子寮

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
マゾってはいけない変態女子寮

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事