ぷちぱら文庫 おた☆こい ver.2 声の天使と同棲生活


4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は友人の影響でかなりのオタクになっています。
この日、彼はアニメソングのライブイベントに参加する事に。
そんな主人公でしたが、参加前にある人と待ち合わせをしています。
その相手は、ネット上で交友があった人物であり、その日主人公は初めて会う事になる訳です。

待合い場所で待つ主人公の前に現れたのは、綺麗な美少女の姿…。
主人公は、一緒にイベントに参加する事になった「小早川 沙希」(こばやかわ さき)に一目惚れをしてしまう事になり、彼女の様な女性と恋人になりたいと思う様になる展開です。


登場するヒロインは、沙希に彼女の先輩にあたる女性声優が数人います。

沙希は、主人公とネット上でアニメや声優などについて語っていた存在です。
特に声優に憧れており、声優になりたいと活動をしています。
明るく素直な性格をしています。

他の先輩に関しては、出番などはまちまちなのですが、中でもかなり存在感があるのは、主人公がずっとファンである「堀川ゆかり」というヒロインですね。
アイドル声優として活動しており、可愛らしい容姿などで人気の高さは健在です。
主人公と沙希の仲を応援しています。


展開的には、主人公がアニメソングのイベントに参加する際に、沙希と初めて出会った事で彼女に一目惚れをし、彼女の様なオタクに理解のある彼女を作りたいと思う流れですね。

そもそも主人公が、何故彼女と出会う事になったのかと言うと、それはたまたま偶然からなんですね。
元々は、主人公は同じオタクである男友達と参加しようとして、競争倍率の高い中で何とかチケットを手に入れたんですね。
ですが、直前になって向こうがドタキャンをした訳です。
友人がどれだけこのイベントを楽しみにしてたかは、主人公が一番分かってましたし、何より主人公をこの道に引きずり込んできたのは友人なんですね。

主人公は、そんな友人に彼女が出来たと知る事に…。
真面目に就職し、彼女を作った事で彼はオタクを卒業する決意を固め、ライブイベントも彼女を優先したという訳です。

そんな中で、無駄になったチケットをネット上で付き合いのある沙希に売り、一緒に参加する事になった経緯がある訳ですね。
ここで主人公は、オタクにも理解のある沙希と付き合えたらなと、考える事になります。

主人公はその後も何とか彼女との距離を少しづつ縮める事には、上手く行っているのではないかという手ごたえはあるものの、決定的な行動を取る事は出来ずにいるんですね。
しかし、勇気を出して想いを伝えなければいけないと、決心を固める事になった主人公でしたが、その想いとは裏腹に事態は大きく動き出す事になります。

それは彼女の進路に関わる話が関係して来る事になります。
その結果、彼女は主人公の家に上がり込む事となり、同棲生活が始まる事になるという急展開に(汗)

この後に、沙希は自らの夢である声優への道を進み、ついに夢を叶える事になり、主人公も声優という、ある意味理想な彼女を作る事に成功する事になります。
主人公も彼女に触発されて、彼女にふさわしい人間になろうと、努力を始める事になっていく訳ですね。


Hシーンでは、沙希との甘い行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、足コキなどが用意されています。
他では、やはり声優という要素なので、それっぽいシチュエーションがありますね。

定番であろう、艶っぽさを出すためという名目でのHなプレイや、養成所でフェラ音の練習をしたと知って、実際にフェラをさせてその音を録音するという若干マニアックな行為も(汗)

でも、印象としてはそれ程、声優さを前面に出した様な行為はなかったかな?

今までも、声優という要素を使った作品は多々ありましたけど、難しいんですよねぇ、声という要素を文章で感じさせるのって(汗)
なので、大体Hな隠語などを話させたりみたいな行為などが多く見られるんですが、今作はそこまでそういう感じのはなかったですね。
あくまでも声優の沙希ではなくて、彼女としての沙希との行為を描いていますね。

まぁ、声優という要素がなくても、沙希の可愛らしさがかなり強く出ているので、十分な破壊力だと思います♪
個人的には、ちょっとコスプレ要素みたいなのがあれば、尚良かったですけどね(汗)
一応、高校生の制服姿での行為もありますけどね。

実は、沙希だけではなくて、先輩であるゆかりともHなシーンがあるんですね。
まぁ、あくまでヒロインは沙希なのですが、彼女の存在も魅力的ですね。
本当に若いな…、見た目(汗)

ちなみに、帯の内側に沙希とゆかりのWフェラのイラストがあったりするので、てっきりそんな展開あるの?と期待したのですが、本編にはありませんでした(汗)
まぁ、作風的にはハーレム展開にはならないのですけども、そういう展開もちょっと見たかったかも(汗)

挿絵は「NAOMI」さんが手がけています。
どうやら、この方は小説の挿絵は初めてだそうですね。
でも、どこかで見た様な印象もあるけど、私が何かと勘違いしてるのかな(汗)

可愛らしさの中にも、色気を感じさせる絵柄は、作品の雰囲気にも合っていると思います♪
沙希の瞳に、たまに☆マークやハートマークが現れたりするのが、可愛いですねぇ。

かと思いきや、とある重要なシーンでの沙希の表情は、こちらの心をギュッとする様な表情を見せたりと、ただ可愛らしいだけではないのも好印象でした。
だからこそ、余計両方の要素が際立つんでしょうねぇ。


全体的には、かなり楽しめる作品でしたね。
テーマがオタクである事で、マニアックな要素があると楽しめないと思う人もいるかもしれませんが、オタク要素はそれ程強くはないと思います。
まぁ、どっかで聞いた様な作品名だったりは登場しますが、それくらいでしょうし(汗)

むしろ、夢に向かって進む沙希に触発されて成長していく主人公などの描写もあり、普通に読みやすく、読後感の良いものになっていますね。
かなり生活の描写なども、住まいを選んだりとかの描写もしっかりしてたり、変にはしょる事もないので、丁寧に描かれている印象がありました。

アイドルと秘密の交際関係の定番である、スキャンダルな展開などもしっかり入っており、完成度は高いのではないかなと思います。

前作よりも、今作の方がかなりストーリー性があがったと思いますので、前作も良かったですが、ややストーリー性が弱かっただけに今作は個人的には楽しめましたね。


後、関係ないんですが、今作のヒロインの小早川沙希って名前、読んでてどこかで見た様な気がするなぁと思ってたんですが、二次元ドリーム文庫の「妹はグラビアアイドル」のヒロインのひとりである「小早川咲希」と似ているんですね(汗)
読みは全く同じで、沙が咲の違いなんですね、惜しいですなぁ。

Amazon版 電子書籍
おた☆こい ver.2~声の天使と同棲生活~ (ぷちぱら文庫Creative)

DMM版 電子書籍
おた☆こい ver.2〜声の天使と同棲生活〜

楽天はこちらからどうぞ
おた☆こい2 ぷちぱら文庫クリエイティブ / 箕崎准 【文庫】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ