リアルドリーム文庫 散らされた純潔2 制服に隠された甘い柔肌

散らされた純潔2 ――制服に隠された甘い柔肌―― (リアルドリーム文庫 84)
御前零士
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1232

4月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

さて、今作では「2」とされているので、お分かりな通り、過去に発売済みな「散らされた純潔」の続編となっています。
どうやら前作は、結構人気作だった様ですので、それを受けての続編なんですかね?
なので、今作には前作の主人公兼ヒロインである祐理もいる訳ですね。

前作のレビューはこちらからどうぞ
リアルドリーム文庫 散らされた純潔 女子高生淫夢の放課後 レビュー

主人公兼ヒロインの「南條 楓香」(なんじょう ふうか)は、活発な性格と健康的な容姿で人気の存在です。
そんな彼女にはある秘密があり、実は学校の教師である「田坂」と最近交際をし始めたばかり。
幸せな時間を送っている彼女でしたが、ある日出会った男によって彼女の人生は歪んでいく事になる展開です。

登場するヒロインは、楓香に、大学生の「佐倉 祐理」(さくら ゆり)のふたりです。

楓香は、17歳の高校二年生です。
部活動ではチアリーディング部に所属しています。
教師である田坂と秘密裏に交際をしています。

祐理は、19歳の女子大生です。
前作の「散らされた純潔」の主人公兼ヒロインです。


展開的には、楓香が田坂との秘密の交際をし始めた最中に、彼女の実家である動きが起こる事になるのが、物語の始まりです。
楓香の家は、中小ながら不動産業を営んでいるんですね。
そこの株が買占めに遭い、役員がやって来る事になります。

そして、ある日、楓香を、役員である「相澤」が呼び止め、楓香は相澤と話をします。
話自体は、特に問題もなく進んでいたのですが、最後に相澤から聞かされた内容に楓香は驚かされる事に…。

それは、楓香と教師の田坂の関係を知っているというもの。
ふたりの関係を知られてしまい、楓香は田坂と別れさせられてしまうと思わず涙ぐんでしまいます。
しかし、相澤の話は、ふたりを別れさせるといった趣旨の発言でなく、ふたりを応援するといったものだったんですね。
更に相澤曰く、法律の事を少しは学んでいた方がいいとアドバイスをする事になり、楓香は相澤の知り合いである弁護士に会いにいく事になります。

ですが、弁護士という相手は真っ赤の嘘で、正体は山城組の若頭補佐という「塚越」だったのです。
楓香は塚越、相澤らの卑劣な罠にかかってしまう事になります…。

何とかこの状況から逃げ出したい楓香でしたが、結局は田坂との関係をネタに脅され、その身体を凌辱されてしまう事になります。

まぁ、前作もですが、今回も弱みを握られてしまって、そこから相手の言いなりになる事になってしまうのは同様ですね。。
分かりやすくていいか(汗)

ここから、楓香は塚越に気に入れられてしまった事で、事あるごとに彼女の都合などお構いなしで呼び出され、その身体を好き勝手に扱われる事になります。
度重なる行為に、彼女の気持ちもさすがに折れかけてしまいますが、何とか田坂への気持ちで抗おうとする気持ちを奮い立たせる事になります。
それでも、家族、友人、そして田坂にまで呼び出しの度に言い訳をする事に強く罪悪感を覚える事になりますが…。

そんな彼女に思わぬ転機が。
それは、塚越に連れて行かれた組の事務所で出会った「祐理」の存在。
彼女と話し、楓香は彼女もかつて自分と似た境遇に遭い、現在も彼女をこの世界に引きずり込んだ「染田」の情婦である事を知ります。
楓香は、祐理と出会った事で彼女の協力があれば、この状況から逃れられるのではないかと思い立ち、彼女に協力を求め、作戦を立てる事になる展開です。


Hシーンでは、楓香と祐理のHシーンがあります。

行為的には、フェラ、アナルセックス、緊縛、小道具を使った行為があるくらいでしょうか。

フェラも意外に終盤までなかったりと、それ程行為のバリエーションは豊富ではないかもしれませんが、1回1回の行為がねっとりと描かれているので、物足りなさは感じないと思います。
変に行為が多くないのも、ある意味リアルっちゃあリアルかな。

行為には加えませんでしたが、楓香の汗かいて蒸れた腋の臭いを嗅いだり、腋を舐めたり、アナルを舐めたりといった行為はあれてはいるんですけどね。
これはこれでかなりいやらしい光景ではありますよねぇ。
実際、楓香はチアリーディングをしている事もあり、その帰りに呼び出されてはチア活動で汗ばんでしまった身体を堪能されてしまう事になったりしますね(汗)

後は、男たちに口内を舌で蹂躙されて、男の唾液を飲まされてしまったり、楓香の唾液を味わられてしまう展開は、やはり生々しいですね(汗)
個人的には下手な凌辱よりも、こっちの方が精神的に嫌ですなぁ(汗)

メインヒロインはあくまでも楓香ですので、祐理はサブヒロインという扱いでしょうか。
とは言え、前作時よりも成長して女子大生となっているだけに、その色気、艶気はより増していますね。
まぁ、前作から今まで行為をみっちりと叩き込まれてきた訳ですからねぇ…。

終盤では、祐理のHシーンもしっかり描かれていますし、楓香とのレズシーンも含まれているので、中々見所が多いですね♪


挿絵は「猫丸」さんが手がけています。
そこは前作同様なので、違和感は感じないと思います。
祐理は、前作に比べるとやはり女として成熟した印象がありますねぇ。
今作では、楓香の健康的な魅力と祐理の色気の対比もあって、そういう点でも楽しめますね。

何となく姉妹にも見えなくはないかな?
…もしかしたら、こういう連中を引き付けてしまう様な共通した要素を持っているのかもなぁ(汗)


全体的には、前作の続編という事なので、やはり前作の要素は祐理など含め、多々ありましたけど、ここから読んでも特に問題はないかな?
勿論、前作を読んでいれば、祐理のその後の状態などが分かるだけに、前作からに越した事はないですけどね。

田坂という彼氏持ちなだけに、こういう展開だと寝取られの要素を期待する人もいるかもしれませんが、正直そういったシーンはないです。
それに彼氏とのHシーンも一切ないので、寝取られな要素はかなり薄いと言えますね。
まぁ、祐理の卒業まではと、キス止まりなプラトニックな関係だったしなぁ(汗)

今作では、ストーリー展開がかなり先が気になる様な展開で中々楽しめましたね。
前作以上の組の組内抗争の人間関係などの描写は中々力入っている感じを受けました。
まぁ、こんな鉄砲玉の襲撃とか起こる様な中では、教師の田坂などもはや存在感がなくて当然でもありますけどね(汗)

じっくりと身体を淫らにされていく過程がねっとりと描かれているので、そういうのが好きな人にはおすすめです。

散らされた純潔2 制服に隠された甘い柔肌 散らされた純潔2 制服に隠された甘い柔肌

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
散らされた純潔 2 ―制服に隠された甘い柔肌―

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ