Paradigm novels ワルキューレ調教(上)


ザーメンタンクの戦乙女10姉妹 精子を欲する女神の復讐のはじまり


ワルキューレ姉妹の末妹であるグリムゲルデ。敵将フェンリル率いるヘルヘイムの侵攻が激化する最中、彼女の元を訪れた神官の手により、封印されていた記憶が甦ってきた。
それによると、グリムゲルデはもともと男で、幼なじみをワルキューレに殺されていたのだ。
憎しみがわき上がるグリムゲルデは、ワルキューレへの復讐を誓う。手始めにプライドの高いゲルヒルデと、彼女を慕っているヘルムヴィーゲを凌辱のターゲットに定めて…。

Paradigm novels ワルキューレ調教(下)


ザーメンタンクの戦乙女10姉妹 精子を欲する女神の解き放たれる鍵



上下巻まとめてのレビューです。
まぁ、長いサブタイトル(汗)
内容は、ひょんな事から主人公は一緒に過ごしていたワルキューレ姉妹の誰かに幼馴染を殺されていた事を思い出す事に。
その復讐することを決意するというストーリー。
主人公は男だったのに、現在は女の体(ワルキューレ)でいるのは斬新でしたが。

ワルキューレたちと敵対するフェンリルらの襲撃などを巧みに利用し、姉妹であるワルキューレを陵辱していく主人公の復讐の行くつく先は?

・・微妙です、全体的に(汗)
まぁ、私自身が調教ものにあまり関心がないのもありますが、敵対しているフェンリルなどがあまりにも悪役ぽくなく見えるんですよね。
三流にしか見えない(汗)

これでは、こういう北欧神話の良さがまったく生かされていないのではないかと。
緊迫感はほとんど感じないですね。
調教もキャラ数が多いためか、初回のみそれなりの描写がされてますが、後はあっさりした物です。
タイトルに惹かれた人には肩透かしかも・・・。
ワルキューレもほとんど見せ場もなく、もっと少人数に絞るべきだったのではないかと思います。
ラストもこれで終わり?っていう何ともな感じで、綺麗にまとまって終わっているけど・・・、色々気になるままだったのが残念です。

原作PC版
ワルキューレ調教・ザーメンタンクの戦乙女10人姉妹 ~精子を欲する女神の子宮~
MBS TRUTH-DeepBlue- (2009-03-27)
おすすめ度の平均: 2.0
2 調教ものとしては駄作です


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ワルキューレ調教(上)
【送料無料】ワルキューレ調教(下)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ワルキューレ調教 上 復讐のはじまり
ワルキューレ調教 下 解き放たれる鍵

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事