リアルドリーム文庫 熟母略奪 息子の前で犯されて

熟母略奪 息子の前で犯されて (リアルドリーム文庫82)
筑摩十幸
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1489

3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「水野 遥」(みずの はるか)は、喫茶店「オアシス」の女店主です。
夫とは5年前に死別し、現在は女手ひとつで息子の「シンジ」と共に店を切り盛りしています。
そんな彼女は、息子の悪友である「タケル」によって少しづつ平和な日常が崩れていく事になる展開です。

登場するヒロインは、遥のみです。

遥は、喫茶店の女店主です。
彼女の人柄、容姿の美しさもあり、男性客の人気はかなり高いです。
母親想いで成績優秀な息子のシンジを溺愛しています。


展開的には、ある日、家に息子のシンジが悪友のタケルを連れてきた事がきっかけとなっています。
タケルの父親は、不動産を経営しており、遥に度々ここの土地を売れとしつこく言ってきています。
しかし、母親がいなく父親も仕事で多忙なだけに遥はタケルには優しく接する事に。

そんな中、この日はシンジが家にタケルを連れてきて、今夜泊めてと言ってくるんですね。
シンジが楽しそうな事もあり、遥も承諾し、タケルは泊る事に。
そして、その夜に遥たちを取り巻く状況が一変する事になるとも知らずに…。

夜、子供たちを寝かしつけ、遥自身も眠りに落ちる頃に彼女の部屋を訪ねる存在が。
それは、既に寝てたはずのタケル。
どうしたのかと思う遥にタケルは、怖い夢を見てしまったので、しばらく一緒にいていいかと彼女を訪ねた訳ですね。
相手が息子と同じ年齢の子供である事に、警戒心もなくタケルを部屋に招き入れる遥ですが、そこでタケルに異変が。
何事かと慌てる彼女にタケルは股間を勃起させてしまい、痛むと言ってくる事に(汗)

何とかしてと股間をむき出しにして、遥に助けを求めるタケルに遥は、動揺しつつもタケルに言われるがまま、肉棒の包皮を剥こうとする事になります。
それは結果として手コキをしているかの様な状況となっている訳ですね。
しかし、その行為はタケルの行動によって中断する事に。
タケルは、いきなり行為を止めると遥の口にいきり立った肉棒を突き立てる暴挙に出ます。

いきなりそれまでの子供らしさが鳴りを潜め、およそ子供らしくない下品な笑みを張り付かせたタケルがそこにはいるんですね。
まさかの展開に驚きに動揺する遥をよそ目に、タケルは彼女の口内を激しく蹂躙し、精液をまき散らす事に…。

更にタケルの態度は射精後も変化なく、遥を追いつめる事になります。
いつの間にか用意していたビデオカメラでこの場の状況を撮影していたタケルによって、彼女はそれを脅迫に使われてしまう事になってしまい、息子と同い年の子供に好き勝手に扱われてしまう事になる訳です。

…具体的な年齢は書いてませんが、股間の毛が生えていないとか聞くと、この年でとんでもない悪魔みたいな子供ですね(汗)
しかし、股間のモノは子供離れしており、シンジは勿論夫よりも…と思う程のモノを持っている様です。

さっそくタケルは、学校をさぼってまでも遥の家までやってきて、行為を要求して来る事に。
こいつはまた、子供らしくないねちっこい感じが何とも言えませんねぇ(汗)
じっくりと遥の膣内を観察し、ニヤニヤと感想を口にする様な態度は中年オヤジのそれと変わりませんね(汗)

それからも続くタケルからの誘いに、確実に夫を亡くしてから湧かなかった女としての欲が目覚め始めてくる事で、遥を悩ませる事になる描写がベタなんですが、そこがいいですねぇ。
しかも、その性を目覚めさせているのが息子と同い年の少年なのだから彼女の苦悩はどれだけのものか(汗)

まぁ、そんな気持ちも行為が進むに従って、ドンドン母親としての顔は女に塗り替えられてしまう訳ですが…。
しかし、一方では母親の顔も真っ当ではない相当歪な形としてはしっかり残ってしまうんですけどね(汗)


行為的には、剃毛やバイブ、フェラ、パイズリ、浣腸、アナルセックスなどがあります。

マニアックな行為も多々あり、中でも耳を始め、ヘソ、乳首などにピアスされたりなどはインパクトがありましたね。
読んでて痛々しくなるので、個人的には苦手ですけどね(汗)

遥の相手になる存在のメインが、まだ若いタケルという事がそもそも異様な状況という事もあり、独特の雰囲気を感じさせますね・
でも、読んでいると途中タケルが子供には見えなくなるけど(汗)
母親でもないのに「ママ、ママ」言ってくるので子供らしさは、ある…のか…な。

最初は、てっきりママを恋しがってみたいなのは、彼女を罠にはめる様な言い分なのかと思ってましたが、実際に母親を求めてたんですよねぇ。
まぁ、こいつの場合は単純な母親を求めているのとは、また違う屈折した情が根底にある訳ですが。

他にも、タケルの父親も登場するのですが、父親との行為は1パートくらいでしたね。
もっと登場するかと思ってただけに、ちょっと意外でしたけど、あくまでも子供のタケルがメインという事なんですね。
まぁ、この父親もアナルセックスにしか興味のないという、この親にして子ありという認識ですが。

後は、タケルの友人たちである少年が複数人出てきて行為に参加しますが、フェラ止まりかな。
ですが、彼らの包茎肉棒を剥いて、その臭いに興奮する気持ちも芽生えてしまう遥の描写が印象深かったです。
個人的には、ちょっとした痴女の様な面も感じられて中々良かったですね。
フェラだけで射精させるので、欲を言えば童貞を頂くというシチュもあれば良かったかなと思いますが、タケルがそこは独占なのでなかったのは残念。

終盤の遥は、もう堕ちかけているだけに性格だけでなく、容姿までも大きく様変わりしています。
こういう姿になるのはどうかなぁと個人的には感じますが、より堕ちていった感が強く読み手に印象付けてくる効果はありますけどね。
もはや序盤の爽やかな彼女の姿は微塵もありませんねぇ…。

挿絵は「asagiri」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。
相変わらずド迫力な現実離れした身体付きはインパクト大ですねぇ。

正直、胸とか文章よりもデカい気がしますが…。
この爆乳で少年の肉棒を挟むとか埋もれそうなものですけどねぇ(汗)

終盤での遥の姿もモノクロの挿絵でもかなりの迫力なんですが、ここがカラーであったらより遥の変化が分かって相当なものになってただろうなぁ…。


全体的には、子供に堕とされていく展開がメインなので、そういう展開が好みでなければあまり楽しめないのかもしれませんね。
大人相手の行為は殆どないですし。
まぁ、タケルは中年顔負けな、ねちっこさがあるので、それ程子供な感じはないですけどね。

殆どが少年相手なだけに、万人向けではないとは思いますが年上の女性が子供くらいな少年に調教されていく展開が好みならば楽しめると思います。

個人的には、童貞の少年たちに積極的に迫る展開も欲しかったなぁ。
近い展開はありましたが、どの少年も好感などない有様な連中だったので、こういう事に抵抗する様なまともな少年を妖しく迫っていく様な展開が見たかったんですよね。
それにタケルしか基本挿入はなかったし。

熟母略奪 息子の前で犯されて 熟母略奪 息子の前で犯されて

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
熟母略奪 息子の前で犯されて

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ