美少女文庫 サムライガール 決戦はパリで!

サムライガール―決戦はパリで! (美少女文庫)
みかづき 紅月
フランス書院
売り上げランキング: 166731
おすすめ度の平均: 4.0
4 愛に飢えている人にお勧め
4 え、まだ終わってなかったの?

ありがとう、殿…めくるめくラブ調教にFカップのカラダをとろけさせる最強の恋人・刹那。勇気をもらって、いざ決戦!敵は生き別れの姉にして最兇の騎士・サクラ。果たして刹那は姉の凍った心を救えるのか?セーヌ川で露出エッチ、舞踏会でチョコプレイ…サムライガール、ここに完結。

表紙見た時の第一印象は、「うわ・・、やらかしたなぁ・・」でした(汗)
何か狙っている感が・・。
完結というので、どう物語は終着を迎えるのか気になり購入。

序盤でいきなり前作でお気に入りだったヒロインの出番が序盤のみという仕打ちから物語は進行(汗)
最終巻で敵キャラ4人登場という展開は、大丈夫かと思いつつ見ると、ある程度は書き分けられているとは思います。

敵の中には上記の説明文にある、腹違いの姉が・・・。
敵対した理由の中には目のオッドアイも関係があるというのは、ようやくオッドアイが意味をなしたかと。
1作目にそんな記述が合ったときから何かあるのでは思いつつも、これといった説明もなかっただけにすっきりしましたが、伏線長すぎ(汗)

決戦以外は、敵も味方もカップル同士でH三昧。
国外に出てもやる事は変わりませんね(汗)

そして、決戦はそんなに緊迫感も感じず、微妙(汗)
正直、舞台を海外に移す必要性も薄かったと思ってしまいます。

まぁ、ラストは今までと違った手法で描かれているのはこれで最後かと思わせるに足るかな。
余韻を持たせる終わり方が好きです。

まぁ、個人的なツボを微妙にかわし続けられた作品でしたが、基本的には楽しめました。
今後、このシリーズ終わってどうなるんだろと思いきや、サムライメイドなる作品を書いていたりします(汗)
サムライから離れないのね・・・。

楽天はこちらからどうぞ
サムライガール

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
サムライガール 決戦はパリで!
関連記事