リアルドリーム文庫 剥かれた女子高生姉妹 卑劣な淫ら罠

剥かれた女子高生姉妹 卑劣な淫ら罠 (リアルドリーム文庫 81)
草飼晃
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2514

2月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインである「佐倉 咲花」(さくら さきか)は、妹の「愛良」(あいら)は、ごく平穏に暮らす女子高生姉妹です。
しかし、そんな平穏は突如、愛良が暴行の常習犯である男たちに凌辱された事で一変する事となります。
その後、男たちは逮捕されたものの、刑期を終えた男たちが再び愛良の前に…。
咲花も男たちの手にかかってしまい、姉妹は抵抗むなしく快楽に堕ちていく事になる展開です。

登場するヒロインは、咲花に愛良です。

咲花は、勝ち気で真っ直ぐな性格の少女です。
剣道部に所属しており、その腕前はかなりのものです。
同級生の男子と交際中ですが、現在はまだ身体を許してはいません。

愛良は、咲花の妹です。
姉の咲花とは違い、大人しく引っ込み思案な性格です。
男子とは中々うまく話せない程です。
姉の様な運動能力はないです。


展開的には、愛良が暴行の常習犯である兄弟によって学校帰りに捕まり、凌辱されてしまう事になる所から物語が始まります。
この日、彼女は普段通らない人気の少ない道を選んだのが、こういう結果になってしまう事になりましたね…。
勿論、男性経験のない彼女は、男たちに初めてを奪われてしまう事になってしまいます。

男共は、愛良の凌辱を知った家族の通報で逮捕され、愛良の心の傷は未だ治りきってはいないものの、時は流れる事に…。

しかし、事件から10か月後にまたも姉妹に男たちの魔の手が襲い掛かる事になります。
姉妹の前に現れたのは、あの兄弟…。
あっさり出所していた男は、愛良だけではなく、咲花にもその手を伸ばす事になる訳ですね。

しかし、愛良以外にも20件以上もの暴行をしておいて、10か月程度なんですねぇ(汗)
まぁ、姑息に凌辱した相手に脅しをかける事で動きを制し、今まで捕まった事がなかった相手というとんでもない連中です。
こんな凶悪犯を放置していないで、警察仕事しろ(汗)

愛良は同じ奴らにまたも凌辱される事になってしまいます。
しかも奴らは何と大胆にも学校の中まで侵入してくるんですね。
どうしてそんな真似が出来たかと言うと、協力者の存在があります。
実はそこに愛良を誘導したのは、学校の女生徒だったんですね。

女生徒は暴行兄弟の妹という、まさかの展開(汗)

愛良の危機を知った咲花が駆けつけるも、既に凌辱は行われており、男たちの標的は咲花へと移っていく事になります。
愛良とは違い、腕の立つ彼女ですが、それもいつまでも続く訳はなく…。
それに愛良の凌辱行為は全て撮られているだけに、どちらにせよ咲花に抵抗できる術は無くなる事になります。

ここから咲花は連中の好き勝手にされる事になる訳ですが、この時点では最悪の状況からは抜け出す事が幸い出来、九死に一生を得ます。
しかし、この場は何とか切り抜けたものの、状況は変わらず不利なまま…。
咲花は何とかこの状況を打開しようと行動を起こす事になりますが、それは新たな地獄に足を突っ込む事になる訳ですね。


Hシーンでは、当然ふたりの凌辱シーンばかりです。
読んでて意外だったのは、思ったよりも凌辱シーンの描写が控え目だった事でしょうか。
それは別にHが物足りないって意味ではなく、結構暴行兄弟の妹である「明日香」の存在が効いているんですね。

愛良、咲花のふたりを彼女が女の身体を知り尽くしているだけに、執拗に責めたてていく描写のシーンが多いんです。
特に咲花への行為は、彼女が折れるまでイカせ続けるというかなりの執拗さを見せつける事となり、意思の強い咲花をも耐えれない所まで追い込んでいく姿は恐ろしいです(汗)
このシーンは結構なページを割いて描かれており、かなり見応えがあります。

勿論、男共に凌辱されてしまう展開もあり、何度も膣内に精液を注がれる事になりますが、前述の明日香のシーンの迫力に比べると、こちらがあっさりした行為として感じられれますね(汗)

行為的には、フェラやアナルセックスくらいとそれ程バリエーションはないですが、行為のひとつひとつが迫力があるので、物足りなさはないでしょう。
個人的には、不良生徒たちをフェラ抜きさせられる展開が良かったですね。
大人相手ではなく、生徒が相手って所がまた違う凌辱感があって良かったです。

この手の作品ではお約束な恋人の前で…ってシーンや、別の相手と行為を行うといった展開もしっかり入っていますね。
まぁ、この手の作品の恋人は幸せにはなれませんねぇ(汗)

挿絵は「猫丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、「散らされた純潔」や「痴漢学園」などの凌辱作品でお馴染みですね。
この人の絵柄は、肉感がしっかり描かれていながら、妙な生々しさを感じさせない清潔感もあるんですよねぇ。
なので、嫌悪感なく見れるのは個人的には助かります(汗)


全体的には、しっかり凌辱というか快楽責めな展開を描いているのですが、反面、その後の凌辱展開をあっさりと流して終わらせてしまっている箇所が多々見受けられたのは残念でしたね。
その分、ねっちりとした展開も描けているのでしょうが、ここは評価が分かれそうですねぇ。

読んでて珍しいと思ったのは、外国人までもが登場してた事ですね。
まぁ、伏字になる様な発言はどうかと思いましたが(汗)
しかし、この地域はこんな外国人とか暴行犯とか物騒極まりない(汗)

ねちっこい展開は一見の価値があると思いますので、この手の作品が好みならば楽しめると思います。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】 剥かれた女子高生姉妹 卑劣な淫ら罠 リアルドリーム文庫 / 草飼晃 【文庫】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ