えすかれ美少女文庫 僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない


2月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、生来の目つきの悪さで友達が少ない男子です。
そんな彼は、ある日の放課後の教室で幼なじみの「永森 小夜」(ながもり さや)の姿を見つける事に。
しかし、様子のおかしい小夜は真っ赤になって気絶してしまう事に(汗)
気絶している彼女の身体につい目が行ってしまいます。
そんな状況で目が覚めてしまった小夜とその場の流れでHをしてしまいます。
後日、Hをきっかけに再び距離を縮める事になりますが、小夜は「リア充部」なる部を立ち上げようとします(汗)
学園で人気者の「凛堂 シャノン」(りんどう)がそこに現れ、入部を希望する…と言う展開です。

登場するヒロインは、小夜にシャノンのふたりです。

小夜は、主人公の幼なじみです。
ですが、最近は疎遠な関係となっていました。
かなりの小柄な体格ながら、結構口が悪い面も(汗)
彼女も主人公同様に、目つきが悪く友達は少ないです。
性癖的にはS寄りです。

シャノンは、金髪碧眼で帰国子女という事もあり、学園で知らぬ者のいない程の有名人です。
またその日本人離れした容姿で人気者なのですが、高嶺の花という事で本当に親しい友人はいない状況です。
小柄な体格な小夜には、胸のサイズの事で「ホルス」(ホルスタイン)と呼ばれる始末です(汗)
性癖的にはMです。


展開的には、主人公が小夜を放課後の教室で目撃したのが、そもそもの始まりです。
そこで小夜は開始すぐにお漏らしをしてしまう事になります(汗)

彼女は生まれつき、尿道が緩いらしくすぐお漏らしをしてしまうんですね。
そのため小夜は笑ったりくしゃみをしたりすると、すぐチビってしまうので、結果無反応で無愛想な態度になっている訳なんですね。
それで他人との壁があると勘違いされて、友達が出来ないってのは深刻な悩みですね(汗)

更に小夜は、幼い頃に学校でお漏らししてしまい、恥ずかしい思いをした過去があります。
でも、それと同時にお漏らしした事による気持ちよさも覚える結果となってしまい、性癖になってしまっている訳です。
この日は、放課後の教室でお漏らししてしまった後につい自慰を行ってしまったんですね。
そこに間が悪い事に、主人公が来ちゃったと(汗)

恥ずかしさで気絶した小夜を主人公は部室に連れ帰ったものの、彼女の姿から目が離せなくなってしまう事に。
目覚めた彼女に勃起している事を気づかれた主人公は、結果的に彼女とHをする事になります。
まぁ、この時点では挿入ではなく、素股行為だけですが。

後日、主人公の部室で小夜と主人公は揉める事になります。
それは小夜が主人公の部室を勝手に別な部に作り替えてしまったからなんですね(汗)
その名も「リア充部」…!(汗)
そんな中で学園でも有名人なシャノンが現れた事で、話はまたおかしな方向へと進んでいく事になります。

実は彼女も有名人過ぎるあまり、親しい友人が出来なかった訳ですね。
そこにリア充部なる存在を見つけた事で、入部を希望する事にしたのですが、何故か彼女と小夜を交えてのHな行為になっていく事になります。


Hシーンでは、序盤は本番行為はありません。
前述の小夜との素股やシャノンのパイズリどまりとなっていますね。

その後も、水着で主人公にアピールという事で、小夜がスク水にシャノンが白スク水という格好になっての何故かレズ行為に発展することになります(汗)
実はシャノンは、アナル弄りが大好きという性癖を持っているので、お漏らし娘とアナル好き娘の夢の対決がここに実現するという事ですね(汗)
…夢なのかは分かりませんが(汗)

そんなふたりの絡みを見て主人公が興奮しない訳もなく、主人公を交えての行為となりますが、ここでもふたりの股間を合わせて、その間に挿入という、これまた素股状態での行為で終わります。

この後に、個別のパートになり、それぞれのヒロインとの初体験が描かれる事になっています。
思ったよりかは初体験になるまで時間がかかったかな?とも思いましたが、それ以前にああいう素股行為などがあるので、焦らされた感はないと思いますけどね。

小夜パートでは、普段強気な言動な彼女の繊細な女心が描かれており、感情移入しちゃいますねぇ。
ツンデレな性格なだけに、弱い部分とのギャップがいいんですよね。
主人公も小夜もお互い、幼なじみの関係性ゆえに進展していいものかどうかなどで戸惑っている所があるんですね。
そんな彼女が勇気を出して、主人公の部屋に夜這いに来てHに至る流れは、Hってよりも愛情の強さがにじみ出ていると感じられてホッコリしますなぁ。

シャノンパートでは、彼女はこれまでの行為によって、主人公だけではなく、小夜にも好意を抱いているんですね。
まぁ、性的な意味もあるでしょうが、言い合えたりできる仲の娘ができたっていう友情って意味合いが強いでしょうが。
そのせいでレズっぽい展開が割とあるんですよねぇ。
主人公と小夜、両方ともシャノンにとっては代えがたい存在となっています。
なので、初体験でも小夜がいる状態での行為となっているのが印象的でしたね。

全体的なシチュエーションとしては、やはりお漏らし関係が多いですね。
小夜はおしっこで、シャノンはアナルという違いはありますが、話が進むとその差は無くなっていく事になります。
小夜もあっという間にアナルの気持ちよさにはまってしまう事になるからなんですね(汗)

しかし、ふたりのヒロインがアナルビーズ、アナルに突っ込んでいるって凄いですね、改めて考えると(汗)
他にも電車内でアナルビーズ挿入した状態で、まさかのイチジク浣腸を注入という鬼畜プレイもあり、見所のシーンと言えますね。
読んでて、いつブバッと溜め込んでいたものをぶちまけるのかと気が気でなかったです(汗)
更にそんな状況で、興奮した主人公はシャノンのアナルに肉棒を突っ込むという行動に…。
結果、シャノンは2種類の浣腸をされてしまった訳ですね(汗)

でも、思ったよりもアナルセックスはなかったですね。
シャノンの1回だけだったし、もっとあるかと思ってたけど十分ですかね(汗)

相変わらずの臭い立つ様な描写は健在です。
お漏らしや愛液などのこびりついた表現描写は他の追従を許さないですねぇ。
さぞ大惨事な事だろうなぁ…(汗)

終盤では、フェラやお尻ペンペン、そしておむつが登場します。
ここまで登場していなかったので、ないのかなと思ってた中での登場でした(汗)
でも、あんだけアナルだ、お漏らしだ、とか平気なのにどちらもおむつを着用する事に最初難色を示す所は面白かったですねぇ。
…彼女たちにも譲れぬ一線があるんだろうか(汗)

挿絵は「シロガネヒナ」さんが手がけています。
どうやら一般ライトノベルの挿絵や成年コミックなども描いているみたいですね。
表紙絵でも分かると思いますが、柔らかく繊細な描線が特徴的ですね。
なので、今作の臭い立つ描写を良い具合に中和していると思います。

ヒロインたちも行為の濃さとは裏腹に可愛らしく綺麗なので、生々しさや嫌悪感は抱かないで読めると思います。
この著者さんの作品は濃いですからねぇ(汗)


読んだ印象としては、正直主人公の存在が微妙だったかなぁ(汗)
そこには、ヒロインたちの関係が親密過ぎてしまった事も影響しているかもしれませんね。
レズシーンは大概主人公がいない時に起こって、その最中に主人公が現れて一緒になって、ってパターンが多かったですし。
あまり主人公を必要としていない感じがありましたね、ちょっと蚊帳の外というか…。

リア充って要素もあまり機能していなかった気がしますねぇ。
最初の行動のきっかけ作りなだけに見えてしまったのは、やはりヒロインたちの親密さが影響しているんだろうなぁ(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】 僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない 美少女文庫 / 遠野渚 【文庫】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事