二次元ドリーム文庫 お嬢さまとお姉ちゃんと幼馴染みに告白されてヤキモチ修羅場な件

お嬢さまとお姉ちゃんと幼馴染みに告白されてヤキモチ修羅場な件 (二次元ドリーム文庫 215)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 528

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
…タイトル長いです(汗)

この日は、主人公の誕生日。
主人公は学校の屋上で信じられない体験をする事になる所から物語が始まります。
それは、同じクラスのお嬢様である「月ヶ瀬 怜奈」(つきがせ れな)から高圧的ながら告白をされる事に。
まさかそんな風に思われていたかとひとり信じられない思いでいる所に、幼なじみの「花咲 みゆり」(はなさき)にも告白をされてしまう事に(汗)
更に、主人公の義理の姉である「新堂 桃香」(しんどう ももか)にも告白をされてしまうという展開に…。

しかし、彼女たちは主人公が自分たちの告白をOKしたと思っており、主人公は図らずも彼女たちの彼氏となってしまい、実質3股状態に陥ってしまう事になってしまうと言う展開です。

登場するヒロインは、上記の怜奈、みゆり、桃香の3人です。

怜奈は、主人公のクラスメートです。
月ヶ瀬グループ創業家の娘でもあるお嬢様です。
いつもツンとした言動をしていますが、実際は優しく素直な面があります。

みゆりは、主人公の幼なじみです。
一つ年下であり、主人公の事を「お兄ちゃん」と呼び慕っています。
基本的には恥ずかしがり屋で大人しい性格ですが、主人公が絡むと過激な言動が出る事も。

桃香は、主人公の義理の姉です。
前生徒会長で極度のブラコンでもあります。
おっとりした性格でマイペースな所があります。


展開的には、主人公が図らずも同じ日にほぼ同時に告白をされてしまい、結果3股状態に陥ってしまう流れで始まります。
まぁ、上手い具合に告白されたもんですねぇ(汗)
ヒロインが入れ替わり立ち代わりに現れて、告白する流れは全員見ていたのではないかと思う程です。

3股状態になった主人公ですが、困った事にどの娘にも彼は好意を持っているんですね。
それが余計に主人公には、罪悪感を刺激する事になる訳です。

実際、何とか誤解を解こうとしますが、想いが通じたと思い込んでいる幸せそうな表情の彼女たちを見ると、とても勘違いですとは言えないですよね(汗)
なので、相変わらず彼女たちは、それぞれ主人公にべったりな態度を取る事になります。
正に主人公としては、引くも地獄、進むも地獄ですな(汗)

個人的には、おとなしいはずのみゆりは、所属している園芸部の剪定中にもし浮気なんてしたら…なんて過程の話をしながら、枝を剪定バサミでバチン、バチンと意味深に切り落とす光景は予想外でした(汗)
…ヤンデレ?(汗)

その後も、それぞれのヒロインたちとは何とか誤解を解きたかったものの、それも叶わず、主人公は騙し騙しヒロインたちとの付き合いを続ける事になります。
そして、ある日主人公は怜奈とのデートの際に、道で他の女性たちの姿を発見する事に。
何とか見つからない様にと隠れた場所がラブホテルだったと言うオチとなっております(汗)

ここで主人公は結果的に怜奈とホテルに入り、ついに理性が吹っ飛んだ主人公は彼女とHをしてしまう事になります。
ここから、ヒロインたちとの行為はHな方向に発展していく事になりますね。


Hシーンでは、それぞれタイプの違う3人との行為が描かれています。
ツンデレな怜奈、お姉ちゃんの桃香にヤンデレみゆり(汗)と個性的ですね(汗)

やはり破壊力が高めなのは、普段とのギャップの強い怜奈あたりでしょうか。
H中だけにしか見せない表情などはやはり破壊力がありますねぇ♪

甘々な桃香も良いんですが、基本普段の甘さの延長線上な感もありますので、ギャップという点では弱めかなと思います。
まぁ、元々が甘々で破壊力あるだけにこれで十分ですけどね(汗)

ヤンデレな面もあるみゆりは、嫉妬に燃えていない場合は普通の可愛い娘なだけに、Hシーンではその要素はないですね。
だってラブラブな訳だからHしている訳ですしね、嫉妬する要素はないですな。
まぁ、Hの最中にうっかり他のヒロインの事を口走ってしまったなどしたら…、別でしょうが(汗)

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。
終盤では、この手のお約束な展開の誰が主人公の彼女かをHで争うと言う展開もあります(汗)
ここで全ヒロインたちと一緒の行為となる訳ですね。

3人揃ってのトリプルフェラに始まり、まさかのメイド服のコスチュームでの展開にも…。
ちゃんとそれぞれカチューシャの形状が違っているのは細かいですねぇ。
ちなみに怜奈が猫耳、桃香がウサギ耳、みゆりが犬耳となっています。
どうもコスチューム色も違うんですが、モノクロの挿絵では分からないですな(汗)

これだけでは、ただの格好だけになるんですが、途中で主人公にその動物らしくと言われて、怜奈が「にゃんにゃん」言い出すのには興奮しましたね♪
普段の彼女なら絶対にやらないだけに、この光景は見所ですね。
これに対抗して、みゆりも「ワンワン」と犬言葉を使う中で、桃香だけがウサギ言葉が分からずうろたえる姿は可愛かったです。
…確かに鳴き声分かんないな、ウサギって(汗)

唯一不満なのは、1ページそこらでプレイが終わった事ですねぇ、もっと見たかった…。

挿絵は「カズナリ」さんが手がけています。
カバー裏のコメントで「初めまして」ってあるので、挿絵は初めてなんでしょうかね?
スラっとしたスタイルながらも、出る所がしっかり出ている絵柄ですねぇ。

どの娘も可愛らしいんですが、黒髪の映えるみゆりが結構好みでしたね。
中には、瞳のハイライトがなくなっているヤンデレ状態の挿絵もありましたが(汗)

怜奈が主人公のアナルを舐めているシーンも挿絵があるんですが、最初私は背後からお尻に抱きついてアナルを舐めているってよりも、正面から抱きついて乳首舐めているのかと思ってしまいました(汗)


全体的には、修羅場といってもそこまで過激なものではないのは分かっていると思いますので問題ないですね。
それこそビンタされて「この泥棒猫!」とか罵られるみたいな昼ドラ展開になっても困りますし(汗)
コミカルタッチに描かれているので、読みやすいと思います。

お嬢さまとお姉ちゃんと幼馴染みに告白されてヤキモチ修羅場な件 お嬢さまとお姉ちゃんと幼馴染みに告白されてヤキモチ修羅場な件

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】お嬢さまとお姉ちゃんと幼馴染みに告白されてヤキモチ修羅場な件

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢さまとお姉ちゃんと幼馴染みに告白されてヤキモチ修羅場な件

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事