二次元ドリーム文庫 双子づくり!

双子づくり! (二次元ドリーム文庫 216)
大熊狸喜
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 668

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、大富豪の家の息子です。
今現在は、家を出て一人暮らしをしており、幼なじみの「葉桜 唯」(はざくら ゆい)の家がやっている道場で修業をしています。
そんな主人公は道でナンパ男たちに絡まれて、困っている唯の姿を見つける事に。
道場の娘である彼女ならば余裕でどうにでもできるはずとは思いつつも、彼女を助ける主人公でしたが、実は彼女は唯ではなく、彼女の双子の妹である「」(あい)である事が判明。
更に唯と藍がまさかの自分の許嫁であると教えられた主人公は、双子たちからのアプローチを受ける事になると言う展開です。

登場するヒロインは、姉の唯と妹の藍のふたりです。

唯は、主人公の幼なじみです。
主人公の通っている格闘技道場の娘でもあります。
彼女自身もそのため、中々の腕前を持っています。
活発で勝ち気な性格ですが、中々素直にはなれずに主人公には手が出る事もあります。
幼い頃から主人公の姉の様な態度を取っています。

藍は、唯の双子の妹です。
幼い頃は主人公とも遊んでいたのですが、今までは母親について海外で過ごしていたのですが、今回の件で帰国してきました。
向こうで育ったせいなのか、明るく能天気な性格をしており、感情表現が豊かです。


展開的には、主人公の許嫁として藍が帰国した事で、主人公はなし崩し的に唯と藍のどちらかを許嫁にするか選ぶ羽目になる流れです。

そもそも何故こんな許嫁という事になっているかと言うと、元々は主人公の父親と唯たちの父親との間で、勝手に当人たちがノリでお互いの子を婚約者として決めた経緯があるんですね。
実に軽いノリですねぇ、主人公は全く今まで知らされていなかったというのが雑です(汗)
対して、唯たちはそれを知っているので、この話に困惑しているのは主人公のみというおかしな状況に…。

こうして主人公は姉妹と許嫁関係となった訳で主人公としては戸惑うのですが、早速、行動的な藍によるアプローチを受ける事になります。
姉の唯と同じ顔ながらも、唯では絶対しない様なスキンシップに、主人公はドキドキ…。
彼女からキスを迫られてしまう主人公は、ついその誘惑に負けそうになると姉の唯の乱入を受ける事になります(汗)
なので、てっきりこのままこの場は終了し、後で個別に話が展開されるというパターンになるかと思ったのですが、意外にもここでは何故かお互い張り合ってのキスのし合いになるという展開に(汗)

更にふたりのキスで興奮した主人公の股間はパンパンになっており、それを悟られた事で勃起した股間を見られてしまう事になります。
ふたりとも初めてみた肉棒に驚きつつも、藍が積極的に肉棒に口づけし、いきなりフェラに(汗)
姉の唯があまりの光景に戸惑っている中での妹からのフェラってシチュエーションは中々興奮しますねぇ。
そのせいか、あっさり射精してしまい、藍の顔を精液まみれにしてしまいます。
ここでこの場は終了する事になり、結果として奥手な唯は結局妹に先手を取られた形になってしまいましたね(汗)

まぁ、ツンデレなヒロインは、後ってのはお約束ですよねぇ。

その後は、やはりその法則?に則ってか、藍との展開となります。
主人公も道場で鍛えている唯とそこまで鍛えていない藍とでは、どうしても彼女を優先してしまう傾向がある訳ですね。
そこが分かってはいるけど、唯には面白くない訳ですよね(汗)
んで、ますます主人公に手が出たり、言葉がきつくなったりという悪循環になるのは王道な展開ながらいいですね。
そんな中で唯が考えた作戦は双子ならではの、アイディアでしたね。


Hシーンは、序盤から上記にある様にフェラがあったりと中々H度は高めだと思います。
その後も、パイズリ、フェラや素股などの行為があるのは良かったですね♪

それ以外だと、殆どは本番行為となっていますね。
これは、序盤は何となくその場の流れで中出しとなってたのが、途中から両者と関係を持った事で、どちらが先に主人公の子供を身ごもるかという展開になり、中出し行為が増える事になります。
確かに今作のタイトルは「双子づくり」ですからね(汗)

終盤では、ふたり同時のハーレム的行為などがあるのもお約束ですね。

コスプレ色も若干あり、藍の裸エプロンでの行為や唯のタンクトップ姿や一緒の道着を着用した姉妹との行為もあるのは、中々嬉しいですね。
残念なのは、裸エプロン、タンクトップ姿の行為のシーンは比較的描写が軽く、更にそのシーンの挿絵もない事ですね(汗)

個人的に「おっ?」と思ったのは、挿入した状態の描写で「肉詰め」って表現を見た事ですね。
私も結構読んでいると思ってますが、意外にこの表現って見た記憶がないかなと。
何かこういう表現は、官能小説的でエロいですねぇ♪

挿絵は「緑木邑」さんが手がけています。
最近では、二次元ドリームノベルズの「換身の騎士アルベルト 淫靡な魔女と入れ替わった肉体」が記憶に新しいですね。
アルベルト~のレビュー記事にも書きましたが、この方は二次元ドリーム文庫の挿絵はかなり久しぶりなんですよね。
でも、やはり可愛らしくHな絵柄は魅力的なだけにもっと見たい気はしますけどねぇ。

今作でも、可愛らしい姉妹を描いている訳ですが、ふたりとも胸が大きくてかなりの迫力ですね♪
なのでパイズリも余裕な訳ですけどねぇ。
意外にこういうのって、片側のヒロインは小さ目みたいな事もありますが、どちらも巨乳ですね。
巨乳好きには嬉しいのではないでしょうか?

個人的には、この人の挿絵はそんな外れがないと思っていますが、その通りなクオリティーで魅力的だと思います♪
表紙絵を気に入る人なら、十分楽しめるのではないかなと思いますよ。


全体的には、この著者さんの作品らしい強引な設定、展開で始まった作品でしたね(汗)
まぁ、そこをどう思うかで評価も変わってくるとは思いますが、個人的には突っ込み所はありますが、それなりに楽しめましたね。
可愛らしいふたりのキャラで読ませたって感じかな(汗)

特に波乱もなく、緩めな展開に終始するラブコメ系な作品だけにマンネリと取る人もいるでしょうけどね。
私はそんなにこの作品にドラマチックな展開を期待して購入した訳ではないので、特に不満はないですが(汗)

まぁ、主人公の大富豪の家柄設定とかいらないとか思いましたけどね。
それを言ったら、修行している意味合いもそんなにないんですけどね(汗)
てっきり後で序盤のナンパ男らが復讐に来たりして、またヒロインらを守るとか思ったけど、出もしなかったなぁ…。

後、ミスなのか一部、制服が「性服」になっている箇所がありました(汗)
学校の性服…、いったいどんな破廉恥な服になっているのだろうか(汗)

双子づくり! 双子づくり!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】双子づくり!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
双子づくり!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事