リアルドリーム文庫 魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係

魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係 (リアルドリーム文庫 78)
庵乃音人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3400

1月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、夏休みも間近となった日に密かに憧れている先輩の「敷島 祈里」(いきしま いのり)から、夏休みに彼女の田舎でアルバイトに誘われる事になります。
しかし、詳しいアルバイトの詳細は祈里には教えてもらえないまま、彼女の田舎である「宇麗尻」村(うれじり)へやって来ます。
そこで主人公に告げられたアルバイトの内容は、祈里の友人である「宮森 志摩子」(みやもり しまこ)の縁談を断るために彼氏のふりをする事に…。
ふりであるつもりが、志摩子へ気持ちが入っていく主人公でしたが、そこに志摩子の妹まで関わり…と言う展開です。

登場するヒロインは、祈里、志摩子、志摩子の妹の「夏海」(なつみ)3人です。

祈里は、主人公の大学の先輩です。
文武両道な大和撫子として大学でも人気の存在です。
実は、宇麗尻では代々村長を務める名家のお嬢様でもあります。

志摩子は、祈里の友人でもあり、姉の様な存在の女性です。
清楚で母性の強い性格であり、保育士をしています。
望まぬ縁談を断るために主人公に協力を求める事になります。

夏海は、志摩子の妹です。
母性の強い志摩子とはタイプが異なり、活発ではっきりと物を言う所があります。
何故か主人公には初対面ながら、きつい態度を…。


展開的には、主人公は密かに憧れている祈里からの頼みで田舎に訪れ、志摩子の縁談を断るために彼氏のふりをする事になる流れです。
それを聞くまで、主人公は祈里から何も詳しい話は教えてもらえなかっただけにこの話には驚きと戸惑いがあります。
まぁ、祈里の事を好きなだけに、その親友の志摩子の彼氏役をするってのは中々へこみますしね(汗)

一応、主人公は1年程前に志摩子とは祈里を介して出会ってはいますので、全く見ず知らずの相手ではない訳ですが、それでも1回会っただけです。
志摩子としては、そんな主人公にこんな役目を頼む事に申し訳なさを感じていますが、彼女自身も望まぬ相手との婚約はありえない訳です。

また、この宇麗尻村の一部では、とある風習があるのも、大きな理由となっています。
それは「お試し婚」というもので、性交渉はないものの、お互いの相性を確認するために一定期間同居をするという、風習があるんですね。
志摩子からしたら、何も気持ちの無い相手と一緒に生活をするなんてのは、拷問ですからね(汗)

そこで、主人公を彼氏として縁談を進めている祖父に交際宣言をする事で今回の縁談を白紙にしてもらおうという訳です。

志摩子の祖父との挨拶の場で、バレないかと冷や冷やものな主人公でしたが、何とか彼氏という事を信じてもらう事に成功する事に。
これで後は、お互い遠距離だから自然消滅したとでもする段取りだった訳ですが、祖父からは志摩子とお試し婚をする様にと迫られてしまい、状況は主人公が考えていた流れと変わっていく事になります。

あれよあれよと言う間に、主人公と志摩子はお試し婚として、一緒に同居をするはめになるんですね。
そこで主人公は、実は志摩子が以前会った時から好意を持っていたと告白をし、主人公はその想いの強さに流されていく事になります。
意中の人は祈里な訳ですが、恋愛経験にも乏しい主人公がこの状況で志摩子を拒絶できるはずはありませんね(汗)
志摩子も中々の策士ですね、それだけ夢中って事なんでしょうけども。

なので、入浴中の主人公の所に自分も一緒にと入ってきて、身体を抱きしめるなどかなり積極的に行動を起こされては、主人公の理性もすぐに吹き飛んでしまい、性交渉は禁止であるお試し婚でHな関係になってしまう事になります。
まぁ、女性から「お試し婚以上の事をされても構わない」とか言われたら、たまりませんね(汗)

そんな事で、志摩子と関係を持ってしまうと、主人公は増々祈里の事で思い悩む事になりますが、更に志摩子の妹の夏海まで登場する事で関係はややこしい事になっていく訳ですね(汗)

Hシーンでは、祈里、志摩子、夏海の3人分が用意されています。
それぞれタイプの異なる女性たちなだけに、見応えがありますねぇ♪
年齢的には、志摩子と祈里が年上で、夏海が年下ですね。

特に印象的なのは、タイトルにもある様に「お尻」を意識したシーンが多々ある事ですね。
主人公自体もお尻が好きな様で、彼女たちのお尻に興奮する場面が度々垣間見えます。
主人公の顔の上に大きな尻を乗せてくる顔面騎乗なシーンなどは、そうする事で彼女たちのアナルだけではなく、尻毛まで描写されているのは生々しさを感じさせますね。
更に尻毛をクイっと引っ張る描写までされており、マニアックさがありますねぇ。
やはりこういう要素は、リアルドリーム文庫ならではって感じでしょうか。

勿論、他のフェラやパイズリ、手コキなどの行為もしっかり入っていますので、ご安心を。
特に序盤での志摩子との入浴中に背後から胸を押し当てられての手コキで射精に導かれるシーンは中々興奮度が高かったですね。
終盤では、3人同時のパイズリなどのハーレム的な行為まであります。

田舎ならではと言えるかは微妙ですが、公衆便所での覗きからのHな展開があるんですが、いかにもな汲み取り式な便所で用を足そうとする姿が何とも淫靡ではありましたね。
こういう便所は、本当に小汚いだけに汚れなど描写は臭いが感じられそうな程ですね(汗)
そんな場所の和式をまたいでいるってシチュは中々そそるものがあるのではないでしょうか。

志摩子、祈里の2人の年上に押される夏海ですが、スク水着用でアピールしたりと頑張っていますね。
とは言え、どうしても2人の存在感には押されるのも仕方ない所がありますけどね(汗)

挿絵は「ロッコ」さんが手がけています。
見おぼえない感じだったので、調べたけど見つからなかったので、この作品だけなのかな?
色っぽい感じの絵柄で、年上のヒロインたちとは相性がいいと思います。
あ、勿論、夏海も可愛いですよ(汗)

個人的には、志摩子のデザインが好みでしたねぇ。
母性が強いって感じが伝わってくる見た目が彼女にピッタリですね。

相変わらず挿絵数が少ないので、あまり堪能できなかったのが残念でしたが、要所要所で利いてきますね。


読んだ感じだと、正直妹の夏海は必要だったのかなと思ってしまいました(汗)
普通に主人公、志摩子、祈里の三角関係で良かった気がするんですけどねぇ。
まぁ、夏海のツンデレ気味な面や若い真っ直ぐな性格は魅力的ではありますし、悪くはないんですが、そこまで本筋に関わるかと言うと微妙だったかなと。
もう少し見せ場が欲しかったかな、欲を言えば。

全体的には、雰囲気もよく楽しめました♪
これだけが近所で売り切れていたのも、少し納得かなぁ。
まぁ、単純に入荷数が少なかっただけかもしれませんが(汗)
こういう田舎な地方の雰囲気漂う舞台での作品って結構良作多い気がしますね。リアルドリーム文庫は。

魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係 魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】魅惑の桃尻温泉郷

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事