二次元ドリームノベルズ 新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド


もうすぐ新刊で新装版IIが発売されるという事で、今頃購入してみました(汗)

新装版とある様に、この作品は過去に発売されていた作品のリバイバル作品です。
私は過去作品を読んでいないのですが、4作くらいシリーズ化されているんですね。
これは、その1作目のリバイバルって事なのでしょうか?
今後発売予定のIIと2作目のサブタイトルが同じなので、そうなんでしょうね。
…って事は、4冊出るの?(汗)


主人公兼ヒロインの「羽連 悠美」(はむら ゆみ)は、実は聖少女ユミエルとして人に仇なす異形の存在「エクリプス」と戦い続けています。
数えきれない程のエクリプスを倒してきた彼女ですが、今回悠美はエクリプスを追い、ある学園に潜入する事になります。
しかし、悠美は敵の手に落ち、凌辱されてしまうと言う展開です。

登場するヒロインは、悠美の他に学園で知り合った女生徒の「一之瀬 恵理子」(いちのせ えりこ)、「新野 瞳」(しんの ひとみ)がいます。

悠美は、エクリプスと戦い続ける少女です。
しかし、内向的で純情な性格ゆえにその戦いで苦しむ事もありますが、持ち前の正義感で頑張っています。

恵理子は、悠美が学園にやってきた時に知り合う事になる生徒です。
風紀委員長を務めており、学園内の揉め事に目を光らせています。
活発な性格で悠美といきなり友人になります。

瞳は、恵理子のクラスメートです。
言葉数が少なく、冷静沈着な雰囲気を持つ才女です。
恵理子とは、仲が良いらしく彼女の明るさに好ましさを感じてもいます。


展開的には、悠美はエクリプスを追って学園に転入する事になり、恵理子たちと知り合う事になります。
今まで一人きりでエクリプスとの孤独な戦いを繰り広げていた彼女にとっては、恵理子たちとの交流は戦いに疲れていた悠美の心に沁みこむんですね。
過去には助けた相手にまで、恐怖の目を向けられたりと感謝される事のなかっただけに、彼女たちと過ごす時間は心地よいものな訳です。
まぁ、それゆえに恵理子のピンチに対して、見捨てる様な事は出来ず、悠美は敵の凌辱を受ける事になるのは皮肉な話ですね。
でも、仮に恵理子でなくても見捨てれる真似が出来ない彼女だったでしょうが。

恵理子を助けるために、悠美は凌辱されながらも何とか危機を脱する事ができますが、結果恵理子にユミエルであるという事を知られてしまう事となります。
悠美としては、正体がバレる事も覚悟で助けに来たのですが、恵理子は悠美を怖がる事はせずに受け入れてくれます。
ベタなシーンではありますけど、こういう所をしっかりと描いているのは好印象ですね♪

この後で悠美は恵理子に正体の事や、エクリプスなどの事について語る事になります。
正直、読み手もここまで何故悠美がユミエルとして戦い続ける必要があるかなどは、断片的にのみしか描かれてなかったんですね。
なので、ここで読み手も詳しい状況を知る事となる訳です。

彼女の語るエクリプスの事や悠美に聖天使の役目を託した母親の事などが語られる事になり、恵理子は悠美の背負った過酷な運命を知る事になります。
それを聞いても、ますます恵理子の悠美に対する気持ちは変わる事がなく、ふたりの繋がりは増す事になるんですが、その気持ちのままキスを交わす事になったのはちょっとびっくり。
…何だろ、別な意味で仲良くなってきた感も(汗)

しかし、この幸せな時間も長続きはせず、恵理子は学園を支配しているエクリプスの手に落ちてしまいます。
悠美は、恵理子を助けるため、エクリプスとの決着を付けるために向こうの誘いに乗る事になります。
ですが、悠美はある事情で戦えなくなってしまい、凌辱される事に…。

Hシーンは、ユミエルこと悠美だけではなく、恵理子にもあります。
恵理子に関しては、序盤に不良学生に強引にフェラをさせられて顔射されてしまう展開があります。
個人的には、恵理子のキャラクターは好きなだけに結構興奮できるシーンでした♪

後、印象に残っているシーンは、敵の能力により恵理子が敵の操られている場面ですね。
なので、普通ならば口にしないいやらしい発言などを平気で言う訳ですが、そこで悠美は男子生徒たちの性処理をするはめになってしまいます。

個人的に、こういう正義のヒロインが本来は守るはずの存在である一般人から凌辱されてしまうってシチュエーションが好みなんですね。
なので、それが入ってたのが嬉しかったですね♪
また親友である恵理子から、男子たちを抜いてあげなさいとか言われるのは、悠美にはたまらない責めですし、彼女を人質に取られているのと同じですからね(汗)

男子たちの肉棒をたどたどしい手つきながらも、手コキで射精に導いていく彼女の姿にまた男たちの興奮は高まるばかり…。
勿論、手だけでは済む訳もなく口での行為もしながら男子たちを射精させる事になります。

その後は、本番もありますが敵に凌辱されているので初めてではないみたいですね(汗)
でもそんな描写あったかなぁ…。
一応人間相手のHは初めてではありますが、処女ではないので挿入されてすぐに感じてしまう事になりますね。

勿論、人間以外のエクリプスに凌辱される展開もありますが、個人的にはあまり人間離れした奴に凌辱されるのは好みではないですが(汗)
でも、この時では悠美はユミエルに変身しているので、その格好での行為なのは良かったですけどね。
男子相手でもその格好のままでHシーンあっても良かったけど、男子の時はスク水なのでどっちも捨てがたい…。
それにエクリプス相手にスク水ではさすがに格好がつきませんしね(汗)

挿絵は「白ぅ~凪ぃ」さんが手がけています。
成年コミックなどもやられているだけに、いやらしさは文句なしですね♪
かなり描きこまれた絵柄で、迫力などが二次元ドリームノベルズの相性抜群ですね。
H度はかなり高いと思います。
肉棒の描き方が成年コミックな感じですねぇ、あの先端部の凶悪さとか(汗)

後は、終盤のヒロインたちの目が光がなかったから、ちょっと怖かったですね(汗)

全体的には、変身ヒロインの王道な展開だったかなと思いますね。
しっかりキャラクターが描かれており、見応えがありましたので個人的には結構満足ですね。
でも、このラストの展開でどう今後に繋がるのかが、続編を見ていない私には謎(汗)
4まであるんでしょ? このシリーズ…。

とりあえず今月発売される新装版の続編を待ちたいと思います(汗)
でも、4まで続くのかと思うと今後どうするかな…。
新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】聖天使ユミエル新装版

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
新装版 聖天使ユミエル シャドークルセイド

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事