二次元ドリーム文庫 このたび男装女子と寮でルームメイトになりました

このたび男装女子と寮でルームメイトになりました (二次元ドリーム文庫 209)
舞麗辞
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 339

12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、現在ある悩みを抱えています。
それは自分のいる男子寮の相部屋の相手の「神崎 歩」(かんざき あゆむ)の事。
歩は、他の男子の様なむさ苦しさどころか、可愛らしいと思ってしまう様な見た目の持ち主であり、主人公は友人として付き合う中でいつしか歩を意識してしまっている事に気づきます。
しかし、相手は可愛らしいとは言え、男…。
自分はノーマルな女好きと思っていた主人公は、その事にショックを受けながらも、日々歩への気持ちが抑えられなくなっていく事になります。
そして、意を決した主人公はBL覚悟とばかりに歩に告白する事に…。
ですが、歩から告げられた言葉は自分が女だというものだったと言う展開です。

登場するヒロインは、歩のみです。
歩は、女性ながらも男子として男子校である主人公の学園にやってきました。
歩(あゆむ)は、男子時の名前であり、実際は歩(あゆみ)といいます。
ボーイッシュな外見通りに、飾らぬさっぱりとした性格の持ち主です。


展開的には、主人公が男である事を理解しても、想いを伝えた相手である歩は実は女性だったと言う流れです。
まぁ、これはタイトルで分かりきっている事なのでネタバレではないですけどね(汗)
しかし、面白いのはすぐ男女の仲に発展しない事ですね。

どういう事かと言うと、主人公は男性である歩に告白した事で、男性が好きなのだと思っているんですね、歩の中では。
なので、この時点では歩の中では、主人公は男が好きな同性愛者だと勘違いしている事に(汗)
更にそんな秘密を明かしたと勘違いしている彼女からは、実は主人公の事を異性として気にかけていたなんて聞いてしまう事になります。
喜びたい所ですが、また告白する勇気は出ない主人公は彼女に変な誤解をさせたまま今まで通りの生活を送る事に…。

とは言え、全く告白前と同じではなくなった点も…。
それは歩が主人公が同性愛者であると勘違いし、外見こそ男でも中身は女の感覚であるという考えから、自分の正体を女である事を告白した事で、気持ちが開放されたせいで今まで隠れて着替えていた行為などを主人公の目を気にせず行う様になった事があります(汗)
彼女にとっては、同性の前で着替えをする様な感覚なのでしょうが、普通の人である主人公には生殺しですね(汗)
更に好意を持っている相手がそんな無防備な恰好でうろついたりする訳ですからねぇ。

しかし、この歩の気を抜いた行動が問題になる事に…。
寮の男子に歩を不審がる連中が出てくるんですね。
元々親密な付き合い(男と思って)があったりで主人公たちの仲は変な誤解をされてはいましたが、歩がもしかしたら女なんじゃないのかという疑いを持つ奴らが現れてきた訳です。

この手の作品ではお約束ですけどね、正体を隠す存在に対してそれを暴こうとする存在って構図は。
そして、これまたお約束でそのピンチを助ける事で主人公との関係が飛躍的に近づく事になるってのも同様です。
…まぁ、主人公はその代償として本物の同性愛者とのレッテルを張られる事になりますが、彼女の愛を手に入れられるのであれば仕方ないですね(汗)

この件をきっかけに、主人公はようやく誤解を解く事ができ、歩と恋人関係へと発展する事になります。
まぁ、そうなったらそうなったで、相変わらず彼女の正体を他の生徒にばれない様にしながらのいちゃつきをする訳ですね♪

Hシーンでは、歩が普段は男性の格好をしているので、ボーイッシュな彼女との行為が主です。
何せ同じ寮で相部屋ですからねぇ、やりたい放題なシチュエーションですし。
まぁ、恋人関係になるのは中盤なので、Hシーンはそれ以降となります。
一応Hなシーンは序盤からもありますが、本格的なのはお預けって事ですね。

Hシーンですが、彼女は勿論経験がないのですが、Hな事には人並みに興味があるのである程度の知識はあります。
とは言え、直接肉棒に触れたりするのは初めてですから、その感触などに戸惑う姿は可愛らしいですね。
所々、男っぽい言葉使いですが、恥らったりする仕草が妙ないやらしさがありますね♪

男みたいな女性でも、やはりそこは女性なので、行為中も主人公を受け止める母性的な面は垣間見えます。
結構尽くすタイプですねぇ、彼女は一途というか。
ボーイッシュと言っても、別に貧乳ではなく、サラシで押さえつけているので結構胸のサイズは豊かです♪

個人的に良かったのは、結構コスプレ色が強いHシーンが多々あった事でしょうか。
中でもあまりないコスプレとしては、法被(はっぴ)姿にふんどしという格好でしょう(汗)
これを着るに至った経緯は、男だと思われているので祭りに参加させられる事になり、男はこの衣装だという訳です。
法被の後ろの「日本男児」の文字が皮肉ですね(汗)

更に主人公は歩を軽くいじめるのが好きなので、ふんどしだと男性に比べて股間の盛り上がりにかけるとか意味不明な理由をつけてのローターを股間に仕込んでみせたりします(汗)
他の衣装では、体操着にブルマを着用してのHやこの季節にぴったりなミニスカサンタコスチュームでの行為があります。
ブルマも彼女の立派なサイズのお尻が強調されてて、またいやらしさが際立っています♪

行為としては、フェラや小道具を使ったプレイ、アナルセックスなどがあります。
小道具は前述のローターの他に、アナルビーズなどがあります。
結構アナルへの行為描写が多めでしたね、この作品は。

それはブルマコスプレでのお尻を強調したプレイの一環から目立っていましたね。
主人公にアナルを弄られるだけでなく、あっさり主人公が抵抗もなく歩のアナルを舐めたり(汗)
これには彼女も相当な衝撃を受けていますね(汗)
しかし、その内アナルセックスやビーズを受け入れて感じてしまう痴態を見せてくれますけどね。

挿絵は「しまちよ」さんが手がけています。
あとみっく文庫では「宇宙海賊学園ブラックキャット」がありますね。
まぁ、男装女子なんですけど普通に可愛らしい女性に見えるのは、気にしない(汗)
この人の絵柄はぱっちりとした瞳が特徴的なんですよねぇ。
よくこの顔で男子として転入できたな(汗)

1回序盤に正体を怪しまれるピンチがありましたが、終盤辺りにでもまたあるかなと思ってただけにちょっと肩透かしだったかな(汗)
なので、その分バレそうなスリルを味わうというよりも、男装っ娘とのいちゃいちゃを楽しむに重きを置いているので、そう考えれば問題なく楽しめるでしょう。

このたび男装女子と寮でルームメイトになりました このたび男装女子と寮でルームメイトになりました

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】このたび男装女子と寮でルームメイトになりました

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
このたび男装女子と寮でルームメイトになりました

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事