リアルドリーム文庫 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後

幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 (リアルドリーム文庫 72)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 532

10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、アパートに一人暮らしをしていますが、主人公が帰宅してみるとアパートは大騒ぎに…。
何とアパートに車が突っ込み、主人公の部屋の壁が崩壊しているという状態に(汗)
そこで主人公は幼なじみでもある「瀬川 夏美」(せがわ なつみ)の家に居候する事になります。
すっかり女らしくなった夏美のドキドキする主人公は、夏美始め女性たちの誘惑にさらされる事に…と言う展開です。

登場するヒロインは、夏美以外に主人公の憧れの先輩の「稲垣 莉奈」(いながき りな)、主人公の前のアパートの大家の「村口 君江」(むらぐち きみえ)がいます。

夏美は、主人公の幼なじみのクラスメートです。
勝ち気で活発な性格をしており、新体操部に所属しています。
主人公に好意を抱いてますが、中々素直になれません。

莉奈は、主人公の所属する美術部の先輩で憧れの存在です。
お嬢様で学園の男子からは、マドンナ扱いをされています。

君江は、主人公の住むアパートの大家であり、学園の非常勤の保健師です。
また夏美の叔母でもあります。
人妻ですが、現在夫の浮気に悩んでいます。


展開的には、主人公のアパートが破壊された事で、主人公は君江の口添えで夏美の家で居候をする事になります。
しかし、主人公は綺麗に成長している夏美たちと一緒に住む事にやや戸惑いもあります。
それは見た目は良くなっても、彼女のきつい性格には子供の頃からいじめられており、苦手意識があるんですね。
なので、主人公はあまり夏美には頭が上がらない訳です。

ですが夏美たちの家に移る前日の夜に主人公は君江の手料理をごちそうして貰う中で、お酒のペースが加速する君江との会話はおかしな方向へ…。
学校で見せる姿とは、違うアルコールによって赤らんだ表情に主人公もドキドキしてしまいます。
そして、彼女と会話で夫が浮気しているとの問題発言を聞いてしまう事に(汗)
そうなるとお約束の彼女はいるのか、経験はあるのかと言うやり取りになっていく事になり、主人公は君江にHな行為をされてしまう事になります。

ここで主人公は、君江から手コキで発射させられるのを始まりに、フェラで口内発射をされて、童貞を卒業する事になります。
まぁ、どうやらその後ももう1回戦あったようですが、搾り取られたとしか描写がなかったです(汗)
随分、溜め込んでいたんでしょうねぇ、彼女も夫に放っておかれてたし、結構若い頃遊んでたみたいですしね(汗)

そんな強烈な体験をしてから、翌日に夏美の家に行く事になるのだから、主人公も夏美の健康的な肉体美を意識してしまうきっかけにもなっていますね。
そんな夏美との共同生活(母親もいますが)では、やはり突発的なお風呂場でのアクシデントが起こります♪
ここで結果的に主人公は、夏美に手コキされてしまい、射精してしまう事になります。

でも、その後も相変わらず態度は変わらない夏美の姿に主人公はますます訳が分からなく困惑する事になります。
とは言え、お風呂場での行為などで主人公は夏美をかなり意識する事になるのですが、そこは男の悲しい性…、またも別な女性に気を取られる事になります(汗)

その相手は、主人公の所属する美術部の先輩である「莉奈」の存在。
偶然、彼女の着替えや秘密を目撃してしまう事に(汗)
学園では清楚でお嬢様なイメージで定着してただけにこの行動には主人公も動揺の色を隠せませんが、お約束で覗いてた事がばれてしまい、主人公は彼女からの「お願い」を聞かざる得ない状況に追い込まれます。

こうして主人公の思い描いていた展開とは全く違う流れではありますが、莉奈と接点をこれまで以上に持つ事が出来た主人公ですが、そんな状況を夏美は面白くなくますます風当たりが強くなっていくという悪循環に…。

Hシーンは、3人の女性陣との行為が描かれています。
タイトルだと幼なじみと学園のアイドルと言う事で夏美と莉奈がメイン所だと思ってたんですが、意外に君江の存在感もありましたね。

最初に人妻キャラで、いかにも主人公の筆おろしの相手役だろうなとは想像しやすいのですが、その後もHシーンが用意されていたりと出番が比較的多かったですね。
個人的には、色気があって年齢の近いヒロインたちとはまた違う魅力のあるヒロインなだけに好みではありますが、彼女の出番で他のヒロインがやや見せ場が減った印象もありますね(汗)
まぁ、H担当な感は否めないですねぇ。

莉奈は、主人公に秘密を目撃された事からHな関係になっていく事になりますが、主人公の股間を観察させてもらうというシチュエーションは美術部の彼女らしいですね。
勿論、非勃起時での観察から始まりましたが、途中でこの特異なシチュエーションでフル勃起してしまうのはお約束(汗)
その後、勢いで主人公は彼女とのHも体験する事になります。

夏美とは、お風呂場での手コキ事件?があった他にも、主人公の隠し事を聞き出すために主人公を縛って、白状するまで手コキで寸止めし続ける拷問プレイが印象的ですね(汗)
口でも勝てないのに、こんな事されたら頭上がりませんねぇ(汗)
個人的に残念だったのは、彼女とのHシーンではコスプレ色がなかった事ですね。
てっきり、彼女は新体操している設定があっただけにそのコスチュームでのHを個人的には期待していたんですよねぇ(汗)
作中でもレオタードを着ているシーンがあっただけに期待が高まってただけに残念です…。

挿絵は「翔丸」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では「湯けむり下宿の艶尻お姉さんたち」も挿絵を手掛けていますね。
可愛らしい絵柄と爽やかな雰囲気は今作の作風に合っていますね♪
特にこの表紙絵の出来栄えには惹かれた人は多いのではないでしょうか?

胸の柔らかさや少し巨乳ゆえに重力に逆らえ切れてなさを感じさせる様な胸の描き方が秀逸ですね♪
個人的には、ラストの挿絵である夏美のHシーンが好みでした。
胸の描写や初Hシーンでの涙を浮かべた感極まった表情などがツボでしたね。

勿論どのキャラクターも可愛らしさと色っぽさを兼ね備えているので、文句なしですねぇ。
まぁ、しいて言うならやはりリアルドリーム文庫の挿絵数の少なさですね(汗)


全体的に、メインヒロインは夏美で残念ながらアイドルである莉奈との関わりが薄かったですね。
H自体はしたものの、それは恋愛感情からの行為ではなかったのも大きいですね。
勿論、人妻である君江も恋愛感情ではないだけに、タイトルでイメージするハーレム的な作品とは大分違ってましたね(汗)
なので、散々Hしていて純愛系?なのかは分かりませんが、メインヒロインはひとりなのでご注意ください。

もう少し各ヒロインとのバランスが良かったら、かなりの良作だったのだろうけど、ちょっと勿体ない作品だったかなというのが個人的な感想ですね(汗)
君江はまだしも、莉奈のキャラはもう少し恋愛色が欲しかったなぁ。

正直、君江よりもインパクトがなくて、莉奈はいなくても問題ないレベルなんですよねぇ…。
他のヒロインたちとは基本的に繋がりが弱いし、もっと掘り下げていれば変わったのかなと思うと惜しいキャラクターですね(汗)

幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後 幼馴染みと学園のアイドル 女子高生たちの恥じらいの放課後

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】幼馴染みと学園のアイドル

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
幼馴染みと学園のアイドル 女子校生たちの恥じらいの放課後

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ