Paradigm novels 禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録


10月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、神無病院で精神科医として勤務している医師です。
ですが主人公には裏の顔があり、自身の持つ特殊な能力などを駆使して、「特殊精神科」の医師として何人もの患者を欲望の餌食にしてきました。
そんな主人公の前に、理事会から招集された医師が赴任して来ます。
理事会はふたりを競わせ、成果を挙げた方を雇用すると告げてくる事に…と言う展開です。

登場するヒロインは、
主人公の助手の「岩瀬 冬乃」(いわせ ふゆの)
同じく助手の「桂 輪廻」(かつら りんね)
主人公の先輩医師の「遠野 円」(とおの まどか)
担当患者の「上泉 紗良」(かみいずみ さら)
「高寺 百合花」(たかでら ゆりか)
「剣崎 レイナ」(けんざき)
「潮見 あずみ」(しおみ)の7人がいます。

冬乃は、主人公の助手として働く看護師です。
輪廻とは対象的に、寡黙で人間味が乏しい印象を抱かせるキャラクターです。
とは言え、冷酷な性格ではなく、繊細で優しいです。

輪廻も、冬乃同様に主人公の助手として働く看護師です。
冬乃とは違い、言葉数が多く主人公をからかってくる言動もチラホラ…。
しかし、時折謎めいた表情を見せる事も。
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録

円は、主人公のよりも先に病院に勤めて先輩医師です。
グラマラスな体型をしてますが、意外に口調はさばけたもので男性的な言動をする姉御的な所があります。
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録

紗良は、主人公の担当する患者です。
お嬢様学校に通う生粋のお嬢様でもあります。
極度の男性恐怖症ですが、反面、性への好奇心はかなりあるという相反する面も。
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録

百合花も主人公の担当する患者です。
しかし、本来はライバルの担当する患者だったのですが、主人公が彼女を庇った事から主人公が担当する事になった経緯があります。
内向的で自分の容姿を異常なまでに過小評価している面があります。
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録

レイナも主人公の担当する患者です。
ゲーム関係などのオタク系のアイドルとして活躍しています。
社交性があり、人当たりも良いのですが、実態はかなり高慢な所があるという二面性を持っています。
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録

あずみも主人公の担当する患者です。
人妻で子供もいますが、最近では夫との関係に悩んでいます。
セックスレスであり、自分の身体に問題があるではと思い込んでいます。
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録


展開的には、主人公は理事会からの勝負の提案を受ける事になります。
そもそも主人公の勤める病院は、裏では様々な表沙汰にできない違法医療行為などを行っています。
主人公も、裏では自分の持つ特殊能力を使って、「特殊医師」として患者に「治療」を行ってきた経緯があります。
今回の別な医師が招集された事で、理事会としては双方を競わせ、より良い成果を出した方を重用するという狙いがあります。
相手は薬物を使った治療を得意としており、主人公とは別な治療法な訳ですね。

主人公の治療法は、彼のみが使える特殊な能力「シークレット=デザイア」と言う物で、女性の持つ禁忌感を解放させ、欲望に忠実にさせるという効果があります。
正直、このネーミングはどうかと思いますが(汗)
この効果は女性に対しては強烈な効果を発揮するものの、主人公の能力ゆえに大量の患者をさばけないというデメリットがあります。
そこで理事会としては、薬物による治療を施すことによるメリットを考慮している側面もあります。

主人公は、理事会の意向に従いつつ、女性患者の治療をこなしていく流れになっています。

精神科なので、主人公の担当する患者はいずれも心に問題を大なり小なり抱えているキャラクターばかりです。
主人公は、それらの問題をシークレット=デザイアによって開放し、解き放つ様に持っていく訳ですね。
まぁ、こう言っては身も蓋もないですが、うまい具合にHな行為でどうこうできる悩みばかりの患者ですね(汗)
なので、ほぼ全編Hが絡んでいる展開になっているので、そういう点ではH度は高めかなとは思います。

Hシーン的には、治療シーンがメインとなります。
治療と言っても、彼女たちが思っている悩みを様々なシチュエーションでの行為で解消させていく事になります。
分かりやすいのは、男性恐怖症な紗良やセックスレスなあずみなどがいい例ですね。

主人公の肉棒を見せつけ、それをフェラさせて射精させる様な行為があります。
男性恐怖症な彼女に、男性の象徴とも言える肉棒を射精に導く事で男性への恐怖心を取り除く事に繋がるというある意味屁理屈とも思える言い分ですらも通るのが、主人公の能力の効果な訳ですね。
このフェラのやり方を一から教えてる展開は、治療行為とは思えない光景ですね(汗)

しかし、この治療行為から紗良の態度もかなり軟化していき、そのまま彼女の初めてを奪う事になります。
とは言え、彼女もそれ程強い拒絶はなく、能力によってかなり強い好奇心を刺激させられたため、主人公との行為を最終的には受け入れる事に…。
破瓜の痛みも能力で殆ど感じさせないという万能っぷりです(汗)

セックスレスのあずみも、その原因が自らの身体の魅力がなくなったせいではないかと悩んでいるんですね。
そこを主人公が彼女に自分に自信を持たせる様にさせていく訳です。

中でも個人的に良かったのは、オタ系アイドルのレイナですね。
彼女は、アイドルの顔と普段の顔があまりにも極端な性格をしているんですね。
実際、アイドルは多少は多かれ少なかれそういう場合はあるでしょうが、彼女はかなり極端なのがまずいレベルに(汗)
まぁ、握手会の後で汚い、汚いと言いながら手を消毒してたら、ファンも離れるのは確実ですね(汗)
なので、彼女自身が治療を望むというよりもむしろマネージャーなどの会社側からの方針な訳ですね、この治療に至る経緯は。

何故こんなにも嫌悪するかと言うと、彼女は実は汚いものに対して、嫌悪する一方で妙な興奮をする性癖があるんですね。
なので、彼女は嫌悪するオタクたちに対して欲情する面があり、それを否定する事で過剰な攻撃性を生み出していた事に繋がる訳です。
まぁ、現実でも足のにおいが好きとか言うアイドルとかいるけど、さすがに公園とかのきったない便器の臭いで興奮するのは、確かに変態ですな(汗)

更に一番ギャップがあるのもレイナなんですね。
この手のキャラは、攻撃性で自分の弱さを覆っているので、それを取り外された彼女の素直さや弱々しさはか弱さを感じさせて可愛らしさがあります♪
急に主人公に全幅の信頼をする様になって、身体を委ねる彼女の変化はやはり一番振り幅が大きいと思いますね。
その後は、公衆便所内に顔を見せない様に露出させた下半身だけをオタクたちに提供し、下半身を自由に性欲処理に使ってもらうというシチュエーションはかなり興奮しました♪

思えば基本的には、主人公以外の相手とのHシーンというのはこの時だけですね。
後は、複数ヒロインによる乱交気味な展開などが用意されています。

行為的には、フェラやアナルセックスなどがありますが、基本的に目新しい行為はそんなになかったかな?
それでも、ふたなりのヒロインもいるので、そこは良かったですね。
出番が少なかったのは、ちょっと残念ですけども…。

病院ものですが、病院の医療器具を使った様なプレイはないので、それを過度に期待するのは危険ですね(汗)
まぁ、主人公は精神科医な訳ですから、あまりそういう特殊な器具は使わないかな。


挿絵は、原作版の画像を使用していますので、申し分ないクオリティーです。
特に画像はかなりの美麗さなのが挿絵のモノクロでも十分分かりますね。
柔らかそうな胸が好みです♪

キャラクターでは、個人的に妙に気になるのはセックスレスで悩みのあずみですね。
彼女はプールのインストラクターもしているんですが、身体付きが妙にそそるんですよね。
若い娘の様な華奢ではなく、がっちりさも感じさせる身体付きの中にむっちりとした肉感があって、人妻のいやらしさみたいなのが表現されていると思いますねぇ♪

全体的には、タイトルのイメージではもっと重苦しい作品なのかなと期待したのですが、どうにも緊迫感などに乏しい印象で終わりましたね。
もっと裏の理事会などの闇の存在を強く感じさせてほしかったかなぁ。
これではスリルなどは感じませんね。
主人公のライバルである男も、最初と最後くらいに多少出番がある程度で終わり、ライバルどころか噛ませ犬にもなっていないのはなぁ(汗)

主人公も個人的には感情移入しにくいタイプでしたね、妙に淡々としているというか…。
それに彼の使う能力「シークレット=デザイア」もぶっちゃけ催眠術と大差ないですしね、効能的には。
もっと催眠術とは違う要素、特性を持たせて欲しかったですね。

個人的には、微妙な作品というのが正直な感想ですね、好きな人には申し訳ないですが(汗)
キャラクターデザインなどは好みなんだけどなぁ…、話や設定があっさりしていて、それを活かしきれていない気がします。
ノベル版になる事で原作の本来の面白さが薄れたのかもしれませんが、少なくてもノベル版に関しては、この禁断の病棟と言うタイトルは不相応に見えますねぇ。


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】禁断の病棟

原作PC版
禁断の病棟~特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録~
アトリエかぐや(TEAM HEARTBEAT) (2011-07-29)


DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
禁断の病棟 特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ