リアルドリーム文庫 恥じらい薄着検診 女子高生入院ダイアリー

恥じらい薄着検診 女子高生入院ダイアリー (リアルドリーム文庫 73)
草飼晃
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2395

10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

物語は、主人公の幼なじみで恋人である「入江 愛香」(いりえ あいか)が入院したと聞きつけ、駆け付ける所から始まります。
しかし、当の愛香はそんなに体調が悪そうな感じはしなく、妙に甘える態度を見せてくる事に。
そんな中、主人公に新薬実験のアルバイトを誘ってくる女医とナースの存在が…と言う展開です。

登場するヒロインは、愛香の他に女医の「梅 麻友美」(うめ まゆみ)、ナースの「木之下 なつ」(きのした)がいます。

愛香は、主人公の恋人で幼なじみです。
主人公とは相思相愛な関係ですが、Hには至っておらず、主人公のはっきりしない態度にやきもきしています。
喜怒哀楽のはっきりとした性格をしています。
入院しているものの、どう見ても元気そうに見えます(汗)

麻友美は、愛香の入院している病院に勤務している女医です。
長身な事もあり、クールで理知的な印象を与えます。
主人公を新薬のアルバイトに誘ってきます。

なつは、病院に勤務するナースです。
小柄で童顔ですが、胸はかなりの巨乳という体型をしています。
アルバイトでは麻友美の助手を務めています。
おっとりした見た目ですが、テンション高めな性格をしています。


展開的には、話の流れで主人公は半ば強引に彼女の入院する病院で新薬実験のアルバイトをする事になります。
その気になる内容は、まさかの精液採取(汗)
麻友美の話によれば、避妊薬の効果を調べるために精液が必要との事ですが、主人公は別室でコップか何かに自分で射精させてそれを提出すればいいのだろうと考えていたのですが、そこはリアルドリーム文庫なので、そんな訳はありませんね(汗)

早速主人公は、健康状態のチェックという名目で裸にされてしまう事に…。
その後は、肉棒の非勃起時のサイズの計測に始まり、最大勃起時のサイズの計測に至り、更には手コキにパイズリまでされてしまいます。
明らかにチェックの度を越えている行為の数々ですが、主人公は自分以外の人間による生じる未知の快感に翻弄されてしまいます。
まぁ、愛香とは恋人関係ですが、まだキスもしていない程の清い交際しかしていなかっただけにこれは衝撃的な快感でしょうねぇ。

しかも、そんな行為をされている所を心配になった愛香が見に来るのだから、たまらない状況に(汗)
とは言え、愛香の抗議も麻友美らには大した効果もなく、彼女の前で主人公は精液を迸らせてしまう事になります。
幸い、この日はそれで終了になるのですが、この事をきっかけにして、愛香の行動が本格化する事に…。

愛香としたら、今回の入院の件を気に主人公との関係を一気に進められればという思惑があったと思うのですが、麻友美たちの存在で進展どころか主人公の貞操が奪われかねないという危機感を感じているんでしょうねぇ。
そもそも今回の入院の件は、おかしいものだったですしね(汗)
まぁ、麻友美によると彼女はとある精神疾患だと言われてますが、なるほど…、そうとも言えるか。

そんな愛香に促される形で、主人公は愛香を相手にHな行為になります。
何だかんだ理由をつけて、主人公にHな行為をさせようとする愛香が可愛らしいですね。
まぁ、肝心の主人公は愛香の女心に疎いので、強引にそう仕向ける愛香の言動に困惑しますが(汗)
ここでは初めてフェラをしてもらい、彼女の口の中で発射してしまいます。
初めて精液を口内に放たれて、ちょっとつらそうにしながらも主人公が気持ちよくなったのであればと気にする愛香の様子が初々しさがありますね。

その後、ようやく愛香と初Hをする事に成功しますが、時間かかりましたねぇ、ここまで。
この主人公のへたれというか腰の重さには、愛香がここまでしなければいけない訳が分かりますね(汗)
今回の入院がなければ数年清い交際のままだったかも…(汗)

そんな紆余曲折を経て、結ばれる事にはなったふたりですが、まだ愛香は恥ずかしいのか全ての本心を伝えきってないですし、主人公もはっきり飲み込めていない感じが残るなどまだ完全に何の不安もなくなったという事ではないですね。
愛香のツンデレというのか、この性格は鈍感な主人公には分かりにくいのでしょうねぇ、難儀なふたりだ(汗)

大概、そういう関係でも初Hにまで行けば、だいぶ距離が近づいて積極的になったりなど物事がスムーズになる傾向が多いのですが、このふたりはやや前進って感じですかね(汗)
まぁ、この主人公が急に性欲に目覚めても違和感あるのですけども、結構全編に渡ってそんなに変わらない主人公だった印象がありますね。

しかし、この状況に変化が起きる事になりますが、そこにはまたしても麻友美らの存在が…。
何と麻友美たちの提案で愛香も新薬実験のアルバイトに参加するはめに。
あまりいい顔をしない彼女ですが、麻友美から参加する代わりに主人公の相手を愛香に任せる事にすると言われ、承諾する事になります。

彼女としたら、恋人である主人公を麻友美たちに好き勝手されてしまうのは嫌なだけに受け入れざるを得ない条件ですねぇ。
その後は、愛香を交えての実験となっていく事になります。

Hシーンでは、基本的には愛香がメインとなっています。
何となくこの作品、ハーレム系なのかというイメージだったのですが、実際は他の麻友美やなつはあまり直接的なHシーンは少な目でしたね。
なので、比較的純愛系に近いかな?

それでも麻友美たちともHシーンはありますが、序盤は手コキやパイズリなどで挿入までするのは終盤までないのは残念だったなぁ。
あくまでも彼女たちは、愛香と主人公の仲を取り持つというか面白がっているという立ち位置なので、あまりHシーンはなかったですね。

数少ない中では、愛香となつとのWフェラに加えての麻友美の足の指舐めが印象的でしたね。
足の指を一本一本舐めしゃぶりつく女医ってのも中々そそるものがありますねぇ。
直接的なエロさは薄いかもしれませんが、こういうシチュエーションもいいですね♪

病院内での行為なので、一部クスコならぬ新型の膣鏡で愛香の膣の中をモニターで観察するという愛香にとっては羞恥プレイもあります。

主人公と初体験を済ました後だったので、膣内の処女膜のなごりなどを鮮明な画像で麻友美らに指摘されている展開は愛香もですが、主人公もたまらない辱めですよねぇ(汗)
他にもデジタル膣圧計など器具が登場しますが、そのくらいかな?
もう少し病院内らしいプレイもあっても良かったかもしれませんね。

個人的には精液採取の展開でもっと手コキとかあるかなと思ってただけに、ちょっと物足りなさがあったかな(汗)
終盤では、3人含めての行為になり、全員に中出しする事になります。


挿絵は「ズンダレぽん」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫ではお馴染みですね。
相変わらず、肉感的でむっちりとした身体付きが印象的ですねぇ。
麻友美らのキャラクターのデザインも特徴的ですが、個人的には愛香の巨乳っぷりがかなりインパクトがありましたね。
まぁ、どのヒロインも巨乳ですけどねぇ(汗)
挿絵数が少ないのはやはり残念…。

もっとハーレム感があるかと思いきや、あくまでも愛香以外はあまりサポートに回ってた感があって今ひとつ物足りなさがありましたね。
ちょっと展開がじれったいというかスローテンポさがあったかな?
個人的には、なつの性格がちょっと馴染めなかったなぁ、変に明るくて(汗)
見た目は結構好きなんだけど…。

個人的には、期待していた展開だったりではなかったのもあって、正直今ひとつな印象が否めませんでした(汗)
もう少し展開のテンポがあるとまた印象が違ったかなとも思うんですけどね。
女医たちにもう少し恋愛色があれば、かなり変わりそうだけどなぁ。

恥らい薄着検診 女子校生入院ダイアリー 恥らい薄着検診 女子校生入院ダイアリー

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】恥じらい薄着検診

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
恥らい薄着検診 女子校生入院ダイアリー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事