えすかれ美少女文庫 僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!


9月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は幼なじみで生徒会長の「秋山 風華」(あきやま ふうか)からは、奴隷の様な扱いで雑用などをこなす日々を送っています。
この状況をどうにかしたいと思うものの、具体的な解決策など見当たりません。
しかし、ある日主人公の前に現れたのは、謎の猫みたいな存在の「キュゥ太郎」(汗)
キュゥ太郎は人の言葉を話し、更に自分と契約をして、催眠術士になってよ!と持ちかけてくる事に…。
半信半疑な主人公でしたが、その力を風華に使ってみると…という展開です。

登場するヒロインは、風華のみです。

風華は、主人公の幼なじみであり、学校の生徒会長でもあります。
成績優秀、運動神経もよく、生徒への対応など完璧であり、スタイルなども英国人の血のゆえかブロンド髪など魅力的な要素満載です。
ですが、主人公の前では妙に厳しい態度をしてきます。


展開的には、主人公はキュゥ太郎から手に入れた催眠の力を利用して、風華へと使う事になる流れです。
…私はキュゥ太郎って頭に毛が3本のアレしか浮かびませんでしたが(汗)

主人公もいきなり現れた謎の猫?を不審がりますが、催眠術を使えればなぁとそれまで考えていたところなだけに正に計ったかの様なタイミングでの出現に主人公は気になってしまう訳です。
それで手に入れた力を、風華に試すことになる訳ですが、いきなりした事が「おしっこができなくなる」ってのがこの著者さんらしいですね(汗)
目の前でそんな事を言われた風華も、言った当人の主人公も半信半疑な中でその効果は確実に作用し、授業中に風華は終始身体をもじもじさせる事に。
そんな様子を後ろの席から目撃していた主人公は効果を確信し、力を行使していく事になります。

そんな中、限界に達しつつある彼女ですが、心の中では主人公によってもたらされる、この苦痛を嬉しがっている側面もあるんですね。
何より、主人公に手を出してきてほしい願望がある訳です、彼女には。
今まではそれができなかった主人公ですが、催眠術を手に入れた事で主人公のSっ気が目覚めだしていく事になります。
まぁ、彼女にとってはそれはある意味で願ったり叶ったりな面もあるのでいいのかもしれませんが(汗)

更に主人公の催眠はエスカレートしていき、フェラや結果的に皆がいるクラス内で自慰をさせちゃったりと過激に…。
まぁ、クラスで自慰は主人公の意図した事ではなかったのですけどね。
(考えている事が我慢できなくなるという内容でした)
でも、ただ自慰ってだけではなくて、教室の机の角を使った行為ってのは中々新鮮でしたし、妙ないやらしさを感じますね(汗)
これ催眠で他の生徒には知覚されていないのですが、かかってなかったらえらい事になりますねぇ。
まぁ、それを逆手にとっての風華への羞恥プレイみたいになるので、うまく状況を利用して彼女を高める要素になっています。

ここでは挿入はなしで、素股での行為となりますが、風華のショーツが愛液などによって、泡立つほどの濃さになっている状態でのショーツ越しでの素股ってのもかなりフェチな感じで十分Hですねぇ♪
相変わらず臭い立ちそうな描写が興奮度を高めてくれます。

このあたりから、風華も催眠術の存在を信じてくる事になります。
それでも、かけられるものならかけてみろと挑発してくるのが、それをだしに主人公とHな行為を淡く期待している彼女らしいというか…。
その後、屋上で初体験をする事になり、いつの間にか挿入の快感に潮吹きだけでは済まず、放尿までしてしまう事になります。

しかし、Hをしても彼女のツンデレ加減は相変わらずで本心でもない発言をしてしまい、主人公を気落ちさせてしまう結果になるのは、読み手としてはじれったいくらいですね(汗)
風華としては、催眠術を使っているから強気になっている事よりも、素の状態でも強引に迫ってきてほしいという気持ちがあるからなんですが、中々それをうまく伝えられないのが何ともやきもきしますねぇ。

そんな事をキュゥ太郎に指摘された主人公は、彼?の言う通りに電車内で催眠術を使わずに風華に痴漢行為を働く事に…。
こういう時、催眠術は便利ですねぇ、乗客をどうにでもできる訳ですから。
ここでの風華の反応が良かったですね。
主人公でないと思い込んでいるだけに、主人公以外の男に身体を弄られているのに感じてしまう心境が描写されていて中々見所だと思います。
その後の相手が主人公だと分かった後のいつもの反応とのギャップがあって、楽しめますね。
ホッとしてお漏らしするのがまた彼女らしい(汗)

その後、車内でアナルセックスで腸内射精をされて絶頂しちゃったりとここがどこかを忘れたかの様な行為も(汗)
更に腸内に精液を収めたまま、学園に行って授業を受けるという展開は中々スリルがありますね。

Hシーンでは、前述のアナルセックスや結果的に精液浣腸状態(排泄まではないですが)だったり、意外にアナル関係がありますが、それはこの場面程度で全編に渡ってある訳ではないですね。
まぁ、それでも精液をこぼさないようにアナルビーズによる栓をしたりと中々な濃さですが(汗)
結構、外での行為も多めで露出的な要素もあるかな? それも催眠で周囲を気にせず堂々と行なえるからこそでもあるのでしょうが。

個人的には、催眠によって人格が幼くなってしまう展開が中々の破壊力でしたね。
幼くなった事で、スムーズに?おしっこやお漏らしなどの展開を使え、オムツも装着して学校登校するなどの流れが秀逸ですね♪
でも、頭の中では普通の状態の彼女が残っており、そんな行動を取る自分に悲鳴を上げているのが何とも(汗)
挿絵もあり、ちょっとSDチックな風華が悲鳴を上げるシーンが可愛らしくて印象的ですね♪


挿絵は「熊虎たつみ」さんが手がけています。
同著者作品では、「隣の姉妹を○○メイドにしてみた」でも御馴染みですね。
この作品でも、ツンデレな風華を魅力的に描いていますねぇ。
繊細な絵柄なので、濃いストーリーでもエグくなりすぎずに見れるのは個人的には助かります(汗)

終盤では、ようやく素直になったふたりのイチャイチャもあり、エロだけでないのもいいですね。
個人的には、もう少し早く気持ちに素直になって欲しかったかなとは思いますけどね、ちょっと焦らされたかな(汗)
…しかし、キュゥ太郎の正体がああなっていたとは(汗)

毎回、この人の作品って妙にいい話みたいな終わり方をしますねぇ。
まぁ、個人的にはそれがあるので信じて読めるみたいな所もありますけども(汗)
えすかれレーベルは、とにかくHならOKみたいなノリがあるので、こうしっかりと読後感良く描かれているのはありがたいです。
…途中は、お漏らしとかオムツとかがあるのは、やはりえすかれらしいけども(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事