Paradigm novels はらハラしちゃう! 朝霧姉妹編


9月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の学生です。
ある日授業終わりに帰宅しようとした主人公の机に見慣れぬ手紙が入っていた事から物語が始まる事になります。
手紙に書かれていた場所で主人公を持ち受けていたのは、学園内で絶大な人気を誇る先輩の「朝霧 琴子」(あさぎり ことこ)の姿。
そして主人公は琴子に告白をされてしまい、何と彼女と付き合う事に。
しかし、その矢先に主人公の父親が再婚を決める事になり、何とその相手が琴子の母親(汗)
ふたりの再婚によって、主人公と琴子は義理の姉弟の関係になってしまう事に…。
琴子の提案で正式な姉弟になるまでに、Hをして子供を作る事で既成事実を作り、結婚を認めさせてしまおうという無茶苦茶な行動に。
こうして、主人公と琴子は両親、琴子の妹の「深結」(みゆ)に隠れて、中出しHを繰り返す事になる展開です。


登場するヒロインは、琴子、彼女の妹の深結、琴子の友人の「甘原 出雲」(あまはら いずも)がいます。

琴子は、主人公と付き合う事になった恋人でもあり、両親の再婚によって義姉にもなっています。
学園内で絶大な人気を誇る存在でもあります。
基本おっとりした性格ですが、実は思い込みの激しいところがあり、独占欲の強さも垣間見せます。
部活は演劇部に所属しています。
はらハラしちゃう!DL版 ~親にはナイショの子作り性活~―朝霧姉妹編―

深結は、琴子の妹で主人公の義妹になった下級生です。
冷めた素っ気無い態度で接したり、Sっ気がありますが、実は寂しがり屋な面も。
部活は新体操部に所属しています。
はらハラしちゃう!DL版 ~親にはナイショの子作り性活~―朝霧姉妹編―

出雲は、琴子の友人でもあり、演劇部の部長として部活仲間でもあります。
クールで知的なイメージがあり、学園でも琴子に並んでの有名人ですが、琴子とは真逆な雰囲気が人を遠ざけてしまっています。
しかし、実際は気さくな性格でイタズラ好きという面もあります。
唯一、琴子と主人公の関係を知っています。


展開的には、主人公との関係を諦めたくなかった琴子の提案で彼女とHをし、子づくりを行なう事になる流れです。
かなり強引な感は否めませんが、付き合ってばかりでこれでは焦るのも分からなくはないですけどね(汗)
主人公が言い出した訳ではなく、琴子からの提案ってのが、よほど主人公の事を好きなんですねぇ。

その後、彼女の家族と一緒に主人公の家で生活する事になります。
ですが、その後しばらくして両親は新婚旅行に行く事になり、琴子、深結の2人だけで生活する事になります。
主人公たちにとっては、この両親が帰ってくるまでの期間が勝負なんですね。
それまでに中出ししまくって、子づくりをする訳です(汗)

しかし、意外に主人公はすぐ行動に移さないんですね。
どうやら主人公の中には、恋人として彼女の誕生日とか記念になる時に流れでHに行きたかったみたいです(汗)
確かにいきなり子づくりって色々すっ飛ばしているだけに、戸惑うのも分からなくはないかな。
まぁ、結局そんな記念日じゃなくても主人公となら何でもいいと言ってくれる、琴子の魅力にやられてHに至る事になるんですけどね(汗)

一度Hしてしまえば、もう一緒に暮らしているだけに深結がテレビに見入っている間にお風呂場でHしちゃったり止まりません。
他にも学校帰りの公園内で行為に及んだりと性欲が暴走していますね(汗)
更に学校内でも体操着姿の彼女にパイズリなどしてもらい、口内発射してしまうなどH度は中々ですねぇ♪
ここでは、珍しく口内発射で中出しとはなりませんが、中出しばかりでも飽きるからアリですね。

中でも結構インパクトがあったのは、空き教室での行為なのですが、両隣のクラスは授業中という(汗)
こんなところでHしたら、周りに聞こえるだろうと思いつつも、それがまた刺激になるという…。

琴子のキャラクターもいい具合におっとりしており、更に結構Hに積極的なのはいいですね。
でも、たまに変に思い込んでしまって暴走気味になるけど(汗)
意外に出雲にからかわれている主人公を見て、出雲にドキッとしてたと咎めるなど独占欲を見せる事もあって、ただおっとりしているだけではないのが印象的でした。

順調に琴子とのHを繰り返す主人公でしたが、それが深結にばれてしまう事になってしまいます。
仕方なく家族で出会う前から琴子と恋人同士であった事など経緯を説明するも、琴子の弱みでも握ったのだろうと全く信じてくれません(汗)
そして、何故か琴子を守るために自分が主人公の相手をするという無茶苦茶な取引?をする事に…。
…姉妹揃って凄い提案をしてきますねぇ(汗)

それからは、琴子と家でいちゃつくのも深結に邪魔されてしまう事になります。
更に深結に半ば強制的に肉棒を露わにさせられて、脚コキで射精させられたりした事でますます琴子に打ち明ける事ができません。

ここからは、しばらく深結を中心としたストーリー展開になります。
琴子同様に深結も場所を問わず、Hな誘惑をしてくるのですが、どこか緊張している感じがあるんですよね。
それがまたある意味脅されている状況にも関わらず、彼女が可愛く見えますねぇ。
明らかに経験がないのに、虚勢を張る深結は琴子とはまた違った魅力があります♪

主人公も何だかんだそんな深結の姿に微笑ましさを覚えて、Hをしてしまう事になります。
まぁ、深結はあくまでも姉の身代わりという名目で抱かれていると言い張るのですが…。
勿論、彼女にもHは中出しが基本です。

しかし、このままの関係が続くのはまずいと深結を拒絶するのですが、ここで深結の態度が豹変し、一気に深結の態度が可愛らしくなります(汗)
呼び方も「お義兄ちゃん」となり、急にデレたのには、ちょっと唐突さは否めないかなとは思いますが、一応彼女が主人公を好きになった理由などが描かれていますので、まぁ、許容範囲かなと。
どうやら、あとがきによるとこの理由はノベル化に当たっての新規設定みたいですね。
メーカーもOKしているので、一応公認設定になるのかな?
どうも、原作版ではそこら辺がなくいきなりデレるらしいですねぇ(汗)

結局、深結とHする理由が変わっただけでむしろ深結も主人公に好意を持っている事が明らかになって、事態は悪化しているだけに思いますが(汗)

Hシーンは、作品のテーマ的に中出しHがメインとなります。
一応前述したフェラ、パイズリや脚コキなどはありますが、あまり数は多くないですね。
後は、意外にコスプレ色がある事でしょうか。
琴子は学校指定の水着(スク水ではないです)、深結は所属している新体操部のレオタードでのHがあります。
個人的にかなり興奮ものでした♪
胸のサイズでは深結は分が悪いですが、またスリムというかスレンダーな体型がまた別の魅力を感じさせます。
華奢な感じがまた良いですねぇ♪
勿論、琴子の包み込むような豊かな胸なども魅力的ですけどね。
終盤では、琴子、深結、ふたり一緒にHする事になります。

ちなみに出雲とはHシーンありませんので、ご注意を(汗)


全体的には、ストーリー性はさほどなかったかな?
終盤の展開では、若干琴子と深結による主人公をめぐる修羅場があったりしますけども(汗)
その分、Hシーンは多めなので、ストーリーにこだわらなければ十分楽しめる作りだとは思います。
まぁ、事のきっかけがアレな作品なので、そんな複雑なストーリーではないであろう事は最初から分かってましたし(汗)
それが分かっていれば、特に不満はないのではないかと思います。
ヒロインたちも魅力的だったし、個人的には中々楽しめました♪

ちなみに、結構存在感があった琴子の友人の出雲ですが、原作版で今後「はらハラしちゃう!~親にはナイショの子作り性活~ -甘原出雲編-」が発売されるみたいですね。
そういや、パラダイムノベルスで「~編」って付いているのはヒロインごとに発売されるとは思ってましたが、どうやら今後の発売予定で「出雲編」はパラダイムノベルスではなくて、ぷちぱら文庫で発売されるみたいです。
…何でぷちぱらなんだろ?(汗)


*ぷちぱら文庫の甘原出雲編のレビューはこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 はらハラしちゃう!! 甘原出雲編 レビュー

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】はらハラしちゃう!(朝霧姉妹編)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
はらハラしちゃう!DL版 ~親にはナイショの子作り性活~―朝霧姉妹編―

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
*今作と甘原出雲編がセットになった「はらハラしちゃう TWINパック」も追加されました♪
パックなら2本セットで954円お得!
はらハラしちゃう TWINパック

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事