二次元ドリーム文庫 妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの!

妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの! (二次元ドリーム文庫 196)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1531

9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、同じ専門学校に通っている「三原 柚」(みはら ゆず)に密かに想いを寄せています。
しかし、女性と接するのがやや苦手な主人公は中々告白をする勇気がなく、ずるずると時間が経ってしまっています。
その日、主人公は覚悟を決めて告白しようとするものの、直前で男は怖いなどと女友達に話している柚を目撃(汗)
ショックな主人公に更に追い討ちをかけるのが、妹である「千佳」(ちか)の存在。
何故か彼女に主人公は早漏だと指摘されてしまい、これまた何故か千佳が主人公の早漏を治すという名目で主人公のモノを口でしてあげると誘惑してくるという展開です。

登場するヒロインは、妹の千佳に想い人の柚の二人です。

千佳は、主人公の妹です。
両親の再婚で兄妹となった、義理の妹でもあります。
幼い頃はお兄ちゃん、お兄ちゃんとべったりだったものの、年頃真っ只中の今は小生意気になり、主人公に対してきつい言動をしてきます。
胸は比較的ペタンコです(汗)

柚は、主人公と同じ専門学校に通っています。
物静かで大人しい印象であり、あまり男子とは話さない節があります。
女友達が羨むほどの巨乳の持ち主でもあります。


展開的には、主人公は千佳に自分が早漏であると何故かばれてしまっており、彼女からそんな事では彼女なんか出来なくて、すぐ振られるなどの忠告?をされる事に。
そして、彼女が言い出した案は、自分が主人公の早漏を治してあげるというとんでもない内容な訳ですね(汗)
当初は、手でしてあげると言い出す彼女に主人公は、千佳の綺麗な手に汚らわしい肉棒を触らせるのは申し訳がないと断るのですが…。
それを手では不満と解釈したのか、何と口でしてあげる事になってしまいます(汗)
…ナニコレ、凄い展開ですねぇ(汗)

そもそも何故に主人公が早漏なのか知っているのかも、アレなんですけどね(汗)
色々と怖い妹だ…。

勿論こんな事態になる事に主人公は激しく動揺する事になりますが、お構いなしに千佳の話は進み、ためらいも無く主人公の股間に妹の顔が近づき…、熱くぬめる千佳の舌で舐めあげられて一瞬で発射する不始末(汗)
まぁ、確かに早漏ですな(汗)
でも、異常な状況下での行為にありえない程の感覚になる気持ちは分からなくはないですが…。

その後も、妹による淫らなレッスンは続くのですが…、残念ながらわざわざタイムを計っての数値は下がる一方(汗)
ってか、射精までのタイム計られるとか、どんな羞恥プレイだよ(汗)
これは逆に主人公の男としての自信を根こそぎ削いでいるのではないかな。
上がっていればいいけど、下がりっぱなしではねぇ(汗)

更に、妹とそんな行為をしている事は想い人である、柚を目の前にすると大きく罪悪感などで押し潰されそうになってしまいます。
まぁ、想い人に告白しないで妹とこんな行為ばっかりしていたら、後ろめたくて更に平常心ではいられないことでしょう(汗)
しかし、毎日の様にそんな行為で射精を繰り返している内に、主人公の中で確実にこの状況に慣れてきてしまっています。

そんな中で、柚とも少しづつ親しくなっていく事になるのですが、何か引っかかるものが…。

Hシーンは、タイトルや紹介文である程度分かる様にフェラがメイン行為ですね。
とにかく、フェラシーンが多いのでフェラ好きには嬉しい構成だと思います。
その分、その他の行為は控えめになっており、本番行為はあまりないですね。
一応、少しだけパイズリや手コキ、素股などでの行為はありますが、あくまでもメインはフェラという事ですね。

それゆえにフェラ描写はかなりしっかり描かれていると思いますが、感覚として行為のバリエーションは控えめな感じを受けましたね。
結構似た感じの流れと言うか、繰り返し感があるかな?
まぁ、これもそれだけフェラ行為が多かった事の裏返しとは思いますけども(汗)
コスプレしている状態もあるのは、いいんですけどね。

挿絵は「彩葉」さんが手がけています。
大概、作品のカバー裏のコメントで初めての人って初めまして的な文があるのですが、この方無かったので他の作品も手がけてたのかなと調べたんですが、初めてみたいですね(汗)
まぁ、絶対コメントに書く必要はないだろうしなぁ(汗)

絵柄は繊細さのある描線でほのかに色気を感じるものがありますね。
千佳の特徴的な髪型のツインテールで小悪魔的な要素がしっかり描かれていると思います。
いかにも何か企んでいる一癖ありそうな感じが出ていますね(汗)

ちょっと気になったのは、やや挿絵によってキャラクターの表情がまちまちで統一感があまりないところでしょうか(汗)
アングルとかによって、表情の感じが違って見えるのかな?
これが勿体無いですねぇ、絵柄が安定すれば結構いい感じだと思うだけに…。

後は、全体的に淡いトーンで描かれているせいか、ややのっぺりした印象があります。
そのせいか、結構Hシーンもあっさり目な感じに見えるんですよねぇ。
個人的には、もう少し濃い目でもいいかなぁ。
精液描写ももう少し描き込んであると嬉しかったですね、私は。
白い水とまでは言いませんが、もっと粘っこい感じだといやらしさが増すかな。

何気にお気に入りなのは、名前も無い柚の友人の名も無き女友達が結構好みでした(汗)
ショートカットで可愛かったなぁ…。

終盤は、千佳と柚を相手にする展開になるんですが、終盤の千佳の設定というかあの要素は必要だったのかなぁ(汗)
個人的にはなくて良かったなぁ…。
そのせいで、変な感じで終わった感もあり、個人的にはすっきりというか微妙な感覚でしたねぇ。
こういう感じなら、いっその事、妹の千佳ひとりのメインヒロイン作品でよかったのではないかな?
変に柚を絡めたせいか、こんな感じになっている気がします(汗)

フェラを中心とした展開など見所はあるだけに、色々惜しい作品でした(汗)

ちょっとだけですが同著者作品の某ヒロインが登場しているのは、いいですねぇ。
まぁ、直接的な絡みがある訳ではないので、本当にちょっとだけでしたが(汗)


妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの! 妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事