Paradigm novels Mてぃーちゃー


8月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、いきなり不幸のどん底にいます(汗)
それは、教員免許を取ったにも関わらず、どこも働き口が見つからず、それに愛想をつかした4年付き合ってた彼女にもフラれてしまいます。
更に問題なのは、主人公の双子の姉である「美鳥」(みどり)が暴力団から借金をして行方をくらました事です(汗)
幼い頃に両親を亡くして、姉に助けられていた主人公は彼女に変わって、借金を返済する事に。
しかし、問題は働き口がない主人公でしたが、実は美鳥は教師として就職先が決まっていた学園があり、主人公は姉と似た容姿を活かして美鳥として学園の教師として赴任する事になるという展開です。

登場するヒロインは、美鳥が借金をした皐月組の組長の娘の「皐月 芽依」(さつき めい)、主人公が担任する事になるクラスの委員長「及川 智子」(おいかわ ともこ)、同じくクラスの「萩原 香凛」(はぎわら かりん)、同僚教師で主人公の元カノの「梅宮 小枝子」(うめみや さえこ)、写真同好会員の「赤井 遊飛」(あかい ゆうひ)がいます。

こちらが美鳥の格好に女装中の主人公(汗)
Mてぃーちゃー彼女♂の悩み多き教育事情

芽依は、主人公の姉「美鳥」が借金をした皐月組の組長の娘です。
学生ながら組員を率いており、借金の取立てなどを行なっています。
主人公の借金返済のためという名目ですが、面白半分で彼に女装させて協力をしています。
Hな行為が好きなのか、主人公にはSな責めをしてくる事も(汗)

智子は、主人公が担任をする事になるクラスの委員長です。
結構言動がきついですが、面倒見は良く、何だかんだと手を貸してくれます。
プライドが高く、人に弱みを見せるのを良しとしません。
親友の香凛には逆らえなく、彼女の所属する写真同好会に所属しています。
何故か、出会った時から主人公に対し、気に食わない所があり…。
Mてぃーちゃー彼女♂の悩み多き教育事情

香凛は、智子の親友で、同じクラスです。
明るく素直な性格であり、写真好きで写真同好会を立ち上げた張本人でもあります。
自分の性格を子供っぽいと思っている節があります。
Mてぃーちゃー彼女♂の悩み多き教育事情

小枝子は、主人公の元カノであり、新人の教師として働く主人公の同僚です(汗)
ヘタレな主人公に愛想をつかして別れた経緯があります。
教師らしく真面目で清楚ですが、負けず嫌いな面もあり、そのせいで生徒と対等に張り合おうとする事も。
主人公の正体には気づいておらず、働きぶりに憧れを持っています(汗)
Mてぃーちゃー彼女♂の悩み多き教育事情

遊飛は、写真同好会のメンバーです。
写真が好きではなく、逆らえない事情がある様で智子によって強制的に参加させられています。
何故か、いつも男子の制服を着ています。

この他にも、キャラクター紹介には載っていませんが、生徒会長の妹で風紀委員長をしている「宮田 靖葉」(みやた やすは)がいます。
風紀委員長らしく風紀を守る強い正義感があるのですが、そのためにはちょっと強引な手段も辞さない面があります。
主人公の女装に対し、疑いの目を向ける事に…。


展開的には、主人公は姉「美鳥」に代わって、美鳥として学園の教師を行なう事になります。
勿論、ずっとそんな事をする訳ではなく、彼女が見つかったらすぐに入れ替われる様に、主人公は美鳥になりきって教師をする訳ですね。
そんなせいか、主人公はすっかり生徒達の人気者になってしまいます。
主人公としては、あまり注目を浴びて、正体がばれるリスクを増やしたくないのですけどね(汗)

しかし、その日はあっけなく訪れる事になってしまいます。

主人公の元に現れたのは、芽衣の姿。
彼女もまた同じ学園の生徒であり、主人公の女装姿に役立つと精巧な胸パッドを持参してきます。
手触りも、付けた見た目も凄く本物とは見分けがつかない程の完成度♪
手触りなど確かめていた主人公は思わずリアルな感覚に興奮し…、面白がった芽衣に手コキで射精させられてしまいます(汗)
その後、部屋を出て行った芽衣が訪ねてきたかと思った主人公は確認もせず、開けてしまいます。
そこにいたのは芽衣ではなく、主人公に対し変な態度をする智子の姿であり、主人公は彼女に正体を気づかれてしまう事になります(汗)

主人公は、もう教師として終わったと落ち込む事になるのですが、智子はそれを明かす事はしません。
実は、彼女は本物である美鳥とはちょっと繋がりがあるんですね。
なので、美鳥になりきっている主人公が自分の事を初対面だと言う事に引っかかりを覚えてたんですね。
智子は、主人公の正体を明かすのを止める代わりに主人公を自分の所属する写真同好会の顧問に誘う事になります。
ここから、智子との奇妙な繋がりが生まれる事になる訳ですねぇ。

こういう説明で分かるかもしれませんが、今作のノベル版ではメインヒロインは智子になります。
今後、彼女との展開を中心として描かれる事になります。

こうして写真同好会の顧問になった主人公ですが、若干暴走気味に行動を取る智子と度々意見がぶつかる事に。
まぁ、実際は主人公は弱みがあるし、生来気弱な面があるのであまり強くは出れないのですが(汗)
それでも、彼女の強い言動に対して、彼女の事を気遣っての助言にもまたやり返してくる事に主人公はやりきれない気持ちを抱いてしまいます。
その一方で、主人公のいない所で一生懸命になる主人公の事を内心複雑な思いをまた彼女も抱いています。

言動のきつい彼女ですが、悪い娘ではないんですよねぇ。
どちらかと言えばツンデレな面もありますし、仲が深まる事で彼女の可愛らしさが徐々に明らかになってきます。
今後増えてくる事になる、照れたりして彼女の眉尻が下がっている表情の可愛さはかなりの物です♪
個人的にこの表情にやられましたね(汗)

そんな仲になるきっかけが、これまた芽依の存在です(汗)
ここでは彼女のキャラクターが存分に発揮されている名(迷?)シーンですねぇ。
さすがの智子も組長の娘の芽依にはタジタジで終始押されますが、それでも所々で応戦するなど彼女の強さも垣間見る事ができます。
原作では、芽依の話もあるらしいですが、どんな感じなんだろう?
きっと主人公は押されっぱなしなのでしょうが(汗)

この事をきっかけに主人公は何故か智子に逆に襲われてしまいます(汗)
まぁ、彼女は主人公が助けに入る時に恥ずかしいところを見られた事もあっての照れ隠しみたいなものなんでしょうけども。
そんな訳で身動き取れない主人公の上にまたがっての初体験による処女喪失という事態になります。
破瓜の痛みの中でも強気な発言を言う彼女は彼女らしいですねぇ。
まぁ、破瓜の痛みで涙流しながら言われても可愛らしいだけなのですが(汗)
ですがHしちゃったものの、二人の関係はすぐさま深まる訳ではないですが着実に距離感は近づいていますね。

決定的になるのは、その後であり、まさかの本物の美鳥が登場してからの事になります。
そこで彼女のイタズラ心によって、主人公の気持ちが智子に筒抜けになってしまう事に(汗)
これによって、ふたりの仲は急接近し、恋人関係になります。
ここでの智子のツンデレな台詞での告白はいいですねぇ♪
告白と言っても間接的な言い回しなのですが、それがまた彼女らしいですね。

Hシーンは、基本的には智子のみですが、手コキなどでは芽依も少しそういうシーンがあります。
まぁ、彼女の場合は愛情によるものではなく、単なる遊びなのですが(汗)
Hシーンに関しては、主人公は元彼女(小枝子)がいたので経験はあるんですよね。
なので、ある程度主人公がH時ではリードしているかな?
でも、生来の気の強さでそのうち智子が主導権持っている様に感じますけども(汗)

行為的には、本番以外ではパイズリとフェラくらいと比較的おとなしめな内容ですね。
でも、パイズリシーンでは水着を着用したままでの行為で、ちょっとフェチ的な要素があって個人的には結構好みでした♪


挿絵は、原作版の画像を使っています。
主人公含めて、わりと童顔なキャラクターが多いかな?
どこか肉感的なデザインで健康的な色気があると思います。
何気に女装している主人公も可愛らしいですな(汗)

ストーリー終盤では、靖葉の登場により主人公の正体が疑われるという、この手の正体を隠している作品ではお約束な展開になっていきます。
でも、靖葉の登場がやや唐突だった感があるかな?
それまで登場していなかったので、ちょっとでも登場していればよかったですし、何故主人公を疑っているのかが描かれていなかっただけにもう少し疑うきっかけなどがあれば良かったかなとは思いましたね。

とにかくキャラクターが魅力的でしたね、この作品は。
特に智子のキャラは良かったです♪
そういう意味では、彼女がメインヒロインでよかったかなと思います。
読む前の印象では、まさかここまで男前と言うか格好いいヒロインとは思わなかったです(汗)
言葉使いも「おまい」とか使うヒロインはあまりいないのではないかな?
「おまい」とか「あんた」だったのが、終盤で先生って呼んでくれたのが印象的でした。
まぁ、結局その1回だけでしたが(汗)

主人公の性格も弱気で、ちょっとMっ気のある感じだったりと頼りがいがあまりない印象もありますが、言う所は言うし、中々好感の持てるキャラクターでしたね。
それに普段の女装のせいか、その弱気な感じが結果的に女性っぽい感じにハマって見えてくる不思議さもありますね(汗)

ラストのエピローグでの、彼女の可愛さはかなりのものでした♪
あの何とも言えない照れが混ざった表情が挿絵の効果もあって、かなりツボでしたね。
ツンデレ系が好みなら、結構楽しめるのではないでしょうか?


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】Mてぃーちゃー彼女♂の悩み多き教育事情

DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
Mてぃーちゃー彼女♂の悩み多き教育事情

原作PC版


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ