Paradigm novels 三射面談 美しき母娘の転落


8月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲーム原作のノベライズ作品です。

主人公は、学生でありながら年上の女性を屈服させる事に快感を見出すという歪んだ嗜好の持ち主。
学生という立場で最も接点があるのが、女教師であり、主人公は何人もの教師を陵辱しており、また新たな女性に目をつける事になります。
いつもの様に教師を陵辱する事に成功した主人公は、自分の奴隷にするために陵辱を繰り返していたのですが、まだ完全には墜ちていなかった彼女の機転により、主人公は学園にいられなくなり、転校する事になってしまいます。
新たな学園に転校した先で学園長である「上条 美冬」(かみじょう みふゆ)を見て、その美貌に主人公は新たなターゲットとして彼女を狙う事に。
しかし、接点の薄い学園長である彼女に近づく方法を考える最中、学園長の娘である「真璃香」(まりか)の秘密を知り、それをネタに美冬の身体を手に入れようとする展開です。

登場するのは、美冬と真璃香の2人です。

美冬は、学園の学園長であり、真璃香の母親でもあります。
年頃の真璃香という娘がいるにも関わらず、それを感じさせない美貌を持っています。
学園長ながら、偉ぶったところがない温厚な性格です。
最近は、娘の真璃香との関係に悩んでいます。

真璃香は、学園の風紀委員長であり、美冬の娘です。
気が強い性格で主人公には、最初から厳しい接し方をしてきます。
母である美冬にも、頑なな態度を見せる事も。
三射面談~連鎖する恥辱・調教の学園~


展開的には、主人公は美冬をターゲットに決める中で、彼女を悩ませている娘の真璃香の秘密と美冬との不仲の理由を真璃香の様子を探るうちに知る事になります。
主人公は、この理由をネタにして美冬を脅迫し、自分の好きに彼女を手に入れようと画策する流れとなっています。

前回レビューした「花開く淫欲の姉妹」の方と基本設定は同じで、登場人物が異なる感じですね、今作は。
花開く淫欲の姉妹では、こっちの学園に主人公を転校させる事になる、女教師の妹がおり、そちらもターゲットになるという展開でしたが、今作ではこの学園にいるはずですが、登場はしないです。
あくまでも、今作は上条親娘のストーリーな訳ですね。

基本的には、主人公の元々のターゲットは学園長の美冬なのですが、サブヒロインとして娘の真璃香となっています。
主人公は、どちらかと言うと年上の女性を屈服させる事に悦びを見出すというろくでもない奴なんですよねぇ(汗)
まぁ、美冬の攻略の足がかりとして、真璃香を利用しようという事ですね。

そして、それはまんまと成功し、真璃香の弱みを目撃した主人公はそれをネタにし、美冬の身体を陵辱する事になります。
真璃香は、母親の美冬を素直に接せない理由があるんですが、母としたら娘を案じている訳で真璃香を守るためにその身を差し出す事になります。
そんな麗しき親娘愛など主人公にとっては、何の価値もないのですがね(汗)

娘の前で自慰をさせて、真璃香に豊かな胸を吸わせるなど、あえて真璃香を参加させる事で彼女の性感を高めさせます。
勿論、そんな行為だけで済ませる主人公ではなく、挿入後に嫌がる彼女にお構いなしでたっぷりと中出しをします。
更にそれに満足しない主人公は、真璃香にも結局陵辱される事に…。
結局、親子仲良く中出しされてしまう事になります。
まぁ、この手の性格の主人公が義理堅く約束守る訳がないですからねぇ(汗)

結局、ふたりとも陵辱されて精液まみれになっている所をまた写真に撮られてしまい、新たな脅迫のネタを提供してしまう結果に…。
こうなってしまっては、抜け出せずにずるずると深みにはまっていく事になります。

その後、主人公は美冬に隠れて真璃香への調教を進める事になります。
手始めに、真璃香と図書室内で周りに隠れてのフェラの指導を行う事に。
いくら勝気な彼女と言えども、周囲に人がいる状況でこんな行為を行なっている事に抵抗こそしますがどうしても腰が引けてしまっているのは仕方ないですね(汗)
そのため、主人公の言う通りに口を動かして早く射精させようとします。

彼女は風紀委員という事もありますが、性に関してはこの年頃特有の汚らわしいと嫌悪する心と興味を併せ持っているんですよね。
そんな逡巡する気持ちが彼女の表情や行動などに表れていますね。
それに一度、主人公に強引とは言え、行為を経験した事で嫌悪感を遥かに上回る興味が湧いてきています。
特に精液に対して、過敏な反応を示すようになっています。

勿論、真璃香のみでなく、当初の目的である美冬に対しても主人公は行動を開始し、陵辱行為を行ないます。
美冬に対しては、度々制服や体操服などに着替えさせての行為を行なうなどコスプレ色があるのが特徴的ですね。
これは「姉妹編」でもあった要素ですが、本来年齢的に着ないであろう彼女が着ている姿は興奮ものです♪
特に制服は、娘である真璃香の物を着ており、熟れた肉感的な身体付きの彼女にはムチムチ感が強調されていやらしいですねぇ。
見た目もかなり若々しさが出ていて、いつもの彼女とはまた違う魅力があるのが良かったなぁ。

対する真璃香は、スクール水着着用での行為が用意されています。
美冬程ではないにせよ、出るところは十分出ている彼女なので、むっちり感は出ていますね。
度重なる行為に確実に彼女の心は快楽に染まっていく事になります。
更に、メイド服のコスチュームでの行為もあり、この行為が彼女に決定的なダメ押しをする事に繋がるんですね。
メイドだから、いつもの自分と違い、ご主人様に従うというメイドの考えになりきっていく事になり、一気に主人公へ傾倒していく事になる訳です。

まぁ、経験の無さもあって、一気に快楽に染まりましたねぇ(汗)
そうなってしまってからは、ある意味デレ状態になっており、主人公の前に出る前に髪型をチェックする気の入れ様に変化する姿はかなり印象的でしたね。
可愛らしい面もあるじゃないかと主人公ならずも思うシーンですね♪

終盤は、墜ちた真璃香も使っての美冬の陵辱がメインですね。
さすがに学園長でもあり、成人である彼女の心を屈服させるのは中々骨な訳ですが、娘の真璃香の効果もあり、美冬も次第に…。
三射面談~連鎖する恥辱・調教の学園~

行為的には、それ程過激なプレイなどはないですが、中々そそるシチュエーションがあるので、それ程不満はないかな。


挿絵は、前回同様原作の画像を使っています。
やはりアヘ顔は、舌を突き出して眼が寄っている表情でインパクトがありますね(汗)
でも、数は殆どないので苦手な人でも大丈夫かな?

残念なのは、前回でも殆ど存在のなかった主人公の義理の姉だった「高津 成美」(たかつ なるみ)も、未登場のヒロインも一切名前もなかった事でしょうか(汗)
まぁ、必要ないのでしょうが可愛そうな扱いですねぇ。
原作版で会ってくださいという事なのかな(汗)

内容的には登場するヒロインが違う程度なものなので、好みで選べばいいのではないでしょうか。
まぁ、ある意味やる事は変わらないですしね(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】三射面談美しき母娘の転落

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
三射面談~連鎖する恥辱・調教の学園~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ