二次元ドリーム文庫 ハーレムキャッスル4

ハーレムキャッスル4 (二次元ドリーム文庫 195)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 462

7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

ハーレムシリーズも何作も出ていますが、その中でもキャッスルは4まで出るとは人気なんですねぇ。

今作の舞台は、主人公のイシュタール王国ではなく、彼の叔母であたる「クシャナ」がいるとされるダリシン王国となります。
きっかけは、クシャナがダリシン王国の王太子の妻であり、彼女の義父である国王が亡くなった事で王太子が即位する事になった事があります。
そこで親戚関係でもある主人公が即位式にイシュタールの代表として参列する事になる展開です。

登場するヒロインは、4作目という事で人数が多くなりすぎているので、ここでは新キャラに絞っての紹介とさせて頂きます(汗)
主人公の叔母にあたる「クシャナ」とダリシン王国の姫である「インテグラ」がいます。

クシャナは、主人公の叔母であり、ダリシン王国の王妃となった女性です。
豪胆な性格をしており、気持ちの強いキャラクターです。
主人公とは親戚の関係ですが、直接面識はありません。

インテグラは、ダリシン王国の亡き国王の弟の娘であり、主人公とのお妃候補としてイシュタールにやってきています。
今回のクシャナたちの即位式のために、主人公たちと共に同行しています。
殆ど表情を変えない所があり、物静かで大人しい性格です。
武術も中々の腕前であり、スカートにナイフを忍ばせている物騒な所も(汗)

展開的には、主人公たちは叔母のクシャナの即位式のためにダリシン王国へと向かい、そこでもH三昧な日々を過ごすというお約束な流れですね(汗)

主人公と一緒に向かう同行者は、ウルスラ、シャクティ、サーシャにインテグラとなります。
残りのヒロインは、王国でお留守番ですね。

とは言え、やはり今作のメインヒロインはクシャナにインテグラですね。
その他に残りのメンバーがいるって感じですねぇ。

特に主人公の義母の女王である「グロリアーナ」に匹敵するキャラクターなクシャナが存在感を前面に出していますね。
実際、人を使うって事には立場上、長けているってのもあるんでしょうけどね。
そんな彼女に指導される形でのインテグラとのHシーンは最たるものではないでしょうか。
…親戚の叔母に見られながらのHって、想像すると相当やりずらいものがありますねぇ(汗)

ここでのインテグラとのHシーンでは、彼女の今まで見えなかった一面が明らかになって急に可愛らしさが発揮されますね。
今まであまり無表情と言うか、笑顔などもあまり見た記憶もなかっただけに彼女の素というか人間味が見えたのがとても印象的でした。
彼女のキスを嫌がっていた理由だったりが可愛らしいなぁ♪
このHシーン後は、常にではないですが徐々に表情を結構変化させたりするので、少しづつ年相応の顔を見せてくれます。

そもそも、実は彼女とは前作の3でH済みなんですよね。
前作のラストは、主人公のお妃になろうと諸外国から送り込まれた姫などを相手に大乱交するんですよね(汗)
そこでどうやら彼女ともHして、初めてを奪ったらしいのですがその事は主人公も覚えていない有様…。
なので、実質今回の行為が初めてみたいな所がありますね。
淡々としている様でも、やはり主人公の肉棒を恐る恐る触ったりなど経験の少なさは分かりますし。

それでも、主人公を喜ばそうと不器用ながらも一生懸命フェラをしたりする姿が愛らしいですねぇ。
指導により、主人公のアナル舐めやパイズリもしたりと盛り沢山です。
彼女も大量にいるお妃候補のひとりなだけに主人公の気持ちを少しでも掴みたいってのはあるんでしょうね。
まぁ、主人公はいつも通り、誰とでもな節操なしですが(汗)

勿論、他の一緒に同行してきたヒロインたちともHシーンはあります。
中でもやはり、主人公の最愛の人であるウルスラは扱いがいいですねぇ。
他のシャクティ、サーシャはとりあえず1回Hって感じだったのは残念かな(汗)
まぁ、新キャラが優先なのは仕方ない所ですけどね。

ウルスラとのHシーンではインテグラも参加しての行為となり、主人公と彼女、一緒になってのウルスラ弄りされちゃう展開は中々見所ですね♪
主人公とインテグラによる同時、左右の乳首吸いに悶絶する姿はいやらしい…。
インテグラの様な性格のキャラとウルスラとの絡みは中々新鮮に感じましたね。
普段どういう会話しているか全く浮かばないし、このふたり(汗)

個人的にはウルスラと主人公がHしている姿を見て、内心嫉妬しているインテグラが行為中の主人公のアナルを舐めるシーンは興奮ものですね♪
クシャナの指導を活かした、玉袋揉みも同時にするなど勉強の成果を発揮されては、主人公はあっけなく射精に至る事に…。

その後、ストーリー的に大きな出来事が起こり、シリアスさが増してくる展開になります。
まぁ、意外にあっけなく事態が収拾する事もあり、あまりシリアスさは持続しませんけども(汗)

その事を経て、ついに叔母でもあるクシャナとのHシーンがあります。
早漏と言われ、内心傷ついていた主人公が年上の彼女の言動に翻弄されるのは何とも小気味良いですね。
義母であるグロリアーナは、クシャナの事をかなり毛嫌いしているんですが、お互い雰囲気などよく似ている所があるだけに同族嫌悪とかなんでしょうかね?(汗)

そんな余裕、貫禄のある彼女もHではさすがに彼女の余裕もなくなってしまいます(汗)
早漏でも回数でカバーなHには、彼女には酷でしょうねぇ…。
更に彼女も経験していないアナルセックスでの行為もあり、すっかり余裕のなくなった彼女の姿がまたいやらしいなぁ。
ちゃっかり他のヒロインもちょっかい出していますが、ここでもインテグラの仕事ぶりが光ります(汗)
絶頂を迎えたばかりのクシャナの膣内に射精された主人公の精液を口づけて吸引する場面は中々の嫉妬深さを感じさせますね。
ウルスラの時もそうだったけど結構根に持つのかな、彼女は(汗)

終盤は、王国に戻っての他のお留守番メンバーを中心としたHシーンが展開される事になります。
主要キャラ以外はザッと流した描写だけだったのは残念ですねぇ(汗)

挿絵は、これまでのキャッスルシリーズ同様に「Hiviki N」さんが手がけています。
なので、クオリティーは問題なしと言いたい所ですが、一部の挿絵が若干ラフなものとなっていますね(汗)
それ以外はそれ程、仕上げが悪いと言う程ではないと思いますので、それ程気にならないかな?
まぁ、見た時こういう絵柄だったっけ?とちょっと感じが違う様な印象を覚えたけども、久しぶりのキャッスルだったのでそう感じたのかな(汗)

しかし、このキャッスルシリーズはいつまで続くのやら…。
キャラ増えすぎて、サブヒロイン的なキャラクターが覚えられなくなってきた(汗)

ハーレムキャッスル4 ハーレムキャッスル4

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ハーレムキャッスル(4)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ハーレムキャッスル4

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事