ヴァージン文庫 嗜虐少女と絶頂少年 僕、先輩にイかされちゃうぅっ!


7月発売のヴァージン文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、自分の姉で生徒会長でもある「萬里」(まり)に対し、好意を持っています。
その強い思いは、彼に萬里の制服を身にまとい、女装をさせてしまう程…。
その日も主人公は、放課後の空き教室で姉の制服を身にまとった事で興奮し、自慰を始めてしまいます。
そんな光景を目撃し、見入られてしまう人影が…。
姉、萬里を敵視している存在である「佐土・ベラジー・流音」(さど・ベラジー・るね)に目撃されてしまった主人公は彼女に弱みを握られてしまい、流音に調教されてしまう事になってしまうという展開です。

登場するヒロインは、主人公の姉の萬里に流音、学校の校医である「栗之花 薫」(くりのはな かおる)がいます。

萬里は、主人公の姉で学園の生徒会長です。
生徒たちからの人気も高く、慕われています。

流音は、学園の理事長代理として学園を我が物顔でいるキャラクターです。
生徒会長である萬里に対して、対抗心を持っています。
性格は、かなり自分勝手な面がありますが、それを自覚している面もあります。

薫は、学園の校医です。
流音の懐刀として、彼女のサポートをしています。
意外に口調はさばさばとしており、他人事の様な話し方をします。
しかし、凄い名前だ(汗)

展開的には、主人公は姉の服を着て女装して自慰を行なおうとしていた所を流音に目撃されてしまいます。
そんな主人公に見入ってた彼女は、主人公に対しある感情が芽生える事になります。
流音は、そんな感情を抱かせる主人公の姉が萬里だと知り、更に主人公を自分の支配下に置こうと考え、調教していく流れですね。

この主人公、かなり女装する事にのめり込んでいると言うか、自分は女になりたいとまで考えている所があります。
そして、自分の女装姿を自分で撮影し、それをサイトに投稿して写真を売っている程(汗)
最初からここまで乗り気でやっているのは、あまりない気がしますねぇ。
しかし、そんな女性願望を持っている反面、男として姉である萬里とHをする事を望んでいる面もあり、相反する思いを持ち合わせています。

そんな主人公は流音に調教されてしまい、ドンドンいやらしくなってしまう事になります。

これで分かる様に、今作の主人公はひたすら受け身側となっています。
そのため、Mな展開が大半を占めるので、そういった作風が好みでなければご注意下さい(汗)

元々ドSな流音は、苛められて女の子みたいに瞳を潤ませる主人公に対して、強い嗜虐心などをくすぐられる事になります。
対立している萬里の弟を自分が支配化に置いている事にも満足感を覚えもします。
そこには、姉を性の対象として見ている主人公が自分の身体にも興奮を覚える事も彼女の優越感を刺激していますねぇ。

そして、主人公もまた流音に辱められてしまい、惨めな思いをしつつも、股間の肉棒ははちきれんばかりに隆起している事を指摘され、気づかされる事になります。
まぁ、元々そういう素質はあったんでしょうねぇ(汗)

Hシーン的には、前述した様に主人公がひたすら流音に弄られてしまう展開が大半です。
足コキに始まり、アナルを穿られて前立腺を刺激されての発射、流音の装着したペニスバンドでアナルを貫かれたりとされるがままです(汗)
基本的にご奉仕的な行為は、流音はしてこないですね。
フェラも校医の薫くらいしかなかったような。
男で珍しいのは、三角木馬に乗せられた所でしょうか(汗)
女性もきついでしょうが、男も…きついなぁ…(涙)
更に意外に少ない蝋燭責めなども一瞬あり、そっち方向の行為は多めですね。

そして、流音の矛先は主人公だけではなく、ふたりの関係に気づいた姉、萬里にも向く事になります。
今までの心中穏やかでない思いがあるだけに、萬里に対してもより強い仕打ちを行ないます(汗)
主人公を盾にとっての陵辱行為など、悪役一直線ですねぇ(汗)

萬里のアナルすらも、またも流音のペニスバンドによって奪われたりするのは、姉弟揃って何とも言えませんね…。
そうなると流音は何もしないのかって思うでしょうが、彼女ともHシーンはあります。
まぁ、萬里の前で主人公の童貞を奪うってシチュエーションってのが彼女らしいですけども(汗)
彼女自身も初めてで破瓜するんですが、それすらも萬里にショックを与える材料にしているのがさすがですね。

その後は、姉弟ともに流音の奴隷化していく事になります。

後、注意なのは多少ですが、男キャラ同士によるHシーンが含まれている事ですね。
これは、正確には主人公が絡んだシーンではなく、主人公同様な男の娘を相手に男が抱いている展開です。
まぁ、それ程嫌悪感はないでしょうが、気にする人は注意ですね。

挿絵は「emily」さんが手がけています。
表紙絵を見れば分かるとは思いますが、かなり幼さを感じさせる絵柄ですね。
この絵柄のために、かなりねちっこい行為の数々をされてても比較的マイルドな仕上がりになっています。
なので、だいぶ嫌悪感は少なめだと思いますね。
そうじゃなかったら、ドSな流音の迫力に負けたでしょうから個人的には助かります(汗)
主人公の容姿もまさしく男の娘なので、違和感なく見れるとは思います。

可愛らしい絵柄なので正直H度はそれ程高くはないかもしれませんが、文章の過激さで補っているので、いいバランスかな?

本編ラストには、描きおろしコミックがあるのは嬉しいですね。
ここでは、本編の続きがコミックで描かれています。
8Pと意外にページがあり、Hシーンもあるので普通にHなコミック感覚で読めるのでいい試みですねぇ♪

読んでみた印象として最後までひたすら主導権を取られ続ける主人公が嫌いだとやや厳しい可能性はありますね。
最終的に奮起して逆襲するという展開は一切ないので、期待しないように(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】嗜虐少女と絶頂少年僕、先輩にイかされちゃうぅっ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ