美少女文庫 お嫁な生徒会長

お嫁な生徒会長(美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院

7月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、道で何とウエディングドレスを着た女性と出会い頭に衝突し、気絶してしまう事に(汗)
更に驚くべき事に、ウエディングドレスの女性は自分のよく知るクラスメートで生徒会長である「桜庭 梨果」(さくらば りか)でした。
しかし、事態はそれだけに終わらず、倒れた主人公を介抱しようとする彼女は、たった今納得できない結婚から逃げ出してきたと言う映画の様な状況。
そんな彼女を当然追いかけてきた両親や婚約者やらも現れ、あろう事か主人公を本当に好きな相手だと勘違い(汗)

気絶から立ち直った主人公は、何故か梨果の恋人であり、結婚をする相手である事にされていると言う状況に…。
こうして主人公と梨果の奇妙な偽装新婚生活が始まるという展開です。

登場するヒロインは、梨果のみです。

梨果は、主人公のクラスメートであり、生徒会長でもあります。
明るい性格で生徒の人気も高いです。
成績優秀ですが、反面体育が苦手でドジな面もあり、それが逆に親しみやすい人気の一因となっています。

展開的には、梨果と恋人であると彼女の両親に勘違いされた主人公の家に梨果が転がり込んでくる事になり、一緒に生活をするという流れです。
しかし、勘違いしすぎでしょ、両親たち(汗)
ここまでくると、最初からこの縁談をご破算にしたかったのではないかとすら、感じさせる程の解釈ですねぇ。

そして今作品でも、主人公の勘違い、思い込みは健在でしたね(汗)
まぁ、今回は主人公が気絶している間に勝手に話がまとまってしまい、気づいたら何故か梨果と結婚する相手に仕立てられた経緯があるので、困惑しているのは仕方ないんですけどね(汗)
更に結婚するつもりだっただけに、初めてじゃないんだ、などと勝手に解釈をしてしまうなどお馴染みの流れとなっていきますね。
ダメ押しに、彼女がおめでたであると両親と主人公が勘違いするから、またややこしい事に(汗)

でも、意外に早くこの誤解は解ける事になるので、そんなに気にならないとは思いますし、こういう会話の掛け違いが物語を面白くするので嫌いではないんですけどねぇ。
…まぁ、限度はありますけども(汗)

ヒロインがおしかけ物って言うと、何か裏があっての行動である可能性が往々にしてあるんですが、今作の彼女の場合は彼女すら想像していなかった経緯なだけにそれはないですね。
…逆にこうなる様に計算してたら、恐ろしすぎる(汗)

誤解が解決された後は、素直にラブラブな展開になっていきます。
元々ふたりには、ある繋がりがある事もあり、一気に関係は親密になっていく事になります。

Hシーンは、新婚初夜を含めて学校内など意外に豊富です。
まぁ、初夜のシーンでは梨果が挿入された感覚に大きな違和感を感じ、快感どころではないので彼女が感じる様になるのはその後のHシーンとなります。
ここでも、主人公は相変わらず彼女が経験あると思い込んでいる+童貞喪失の快感、興奮で彼女の様子には気づきません(汗)

その後は、学校内の生徒会室などでの行為があります。
生徒会長って設定はこういう特別な部屋が使える事もあるんですかね?
実は、私も学生時代は生徒会に所属してた過去がありますが、会長は男子でしたからどーでもいいんですけどね(汗)

行為的にはフェラや顔射、パイズリなど一通りこなしています。
それ程、過激さはないのですが想いのある行為なので、またエロさとは違う興奮がありますね。
挿絵もあって、フェラシーンは中々お気に入りのシーンでしたし、それ程、物足りなさは感じないでしょう。

定番になっている小道具を使ったプレイは今作でも健在です。
裸エプロンで更にローターを挿入しての、外出など(汗)
あ、勿論上にコートは羽織ってますよ(汗)
でも、十分変態チックですけども…。

アナルセックスも終盤あったりと、しっかり押さえる所は押さえています。
アナルへの挿入に梨果が涙流して悶える様に主人公は大興奮するなど、やはりSっ気たっぷりな性格をしております(汗)

真面目な生徒会長である梨果ですけど、実際は必死にそうあろうと振舞っているんですね。
主人公に色々な事を吐露して、気分がすっきりした事で今までのイメージとは違う、素の彼女の顔を見れる様になるのがドンドン距離が近づいているのが味わえていいですね。
また、そんな顔を見せるのは自分だけだという独占している優越感も起こる訳ですね。
それがアナルまで自分の物にしたいと繋がる訳でしょうかね(汗)

終盤では、物語が大きく動き出すんですが、それ以外は比較的穏やかな印象でしょうか。
まぁ、最初の勘違い辺りが十分超展開ですので、それと比べれば大体が普通になるんでしょうけども(汗)

挿絵は「きみづか葵」さんが手がけています。
あまり作家さんとかにうとい私でもこの人は知っている程の有名な方ですよね。
黒髪な梨果のキャラクターは、挿絵で映えますね♪
クオリティーは問題ないですが、表紙絵のカラーよりもモノクロは絵柄がさっぱりしている様な印象はあるかな?
まぁ、これはカラーでないのでまたモノクロだと感じが違うものなので、好みの範疇でしょうね。
個人的には、ウエディングドレス姿の梨果がよかったですねぇ♪

今作に限った事ではないですが、平凡だった主人公が、ヒロインとつりあう様にと成長していく姿が何とも爽やかですね。
大体、ラストとかでそういう変化の起こった主人公に対して「格好良くなったよね」とか言う女子たちがいるんですよね(汗)
お約束なんでしょうが、やはり悪い気はしませんなぁ♪
そういうものを含めた読後感の良さはさすがですね♪

きみづか葵画集「FRI-FRI」 (Sofgare books)
きみづか 葵
ソフトガレージ
売り上げランキング: 334312


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】お嫁な生徒会長

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嫁な生徒会長

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事