Paradigm novels 鬼ごっこ!

鬼ごっこ! (パラダイムノベルス 508) (PARADIGM NOVELS 508)
天草 白
パラダイム
売り上げランキング: 12924

6月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、学生としての顔だけでなく裏の顔があります。
それは、鬼の末裔と言われる怪盗「温羅」(うら)の三代目としての顔。
魔力を持つアイテム「秘宝」を狙い、活動をしています。
そんな中、美夜島にある秘宝を盗むという温羅からの予告状が届く事に。
しかし、それは主人公が出したものではなく、偽者が出した予告状。
主人公は偽者を捕まえるために、妹の「葵」(あおい)と共に美夜島の学園に転入してくる事にという展開です。

登場するのは、妹の葵の他に、島の御三家トップの家柄の娘の「吉備津宮 灯」(きびつみや あかり)、御三家の「坂上 加奈」(さかがみ かな)、御三家の「西園寺 乙女」(さいおんじ おとめ)、学園の敷地内の遺跡を管理する遺跡管理委員の「住吉 暮羽」(すみよし くれは)がいます。

葵は、主人公の妹です。
温羅のパートナーで「小温羅」として一緒に行動しています。
主人公に好意を寄せています。

灯は、この美夜島にある御三家のひとつの「吉備津宮家」の娘です。
凛とした雰囲気を漂わせていますが、意外に抜けている面も。
また褒められると妙に照れてしまう可愛らしいところもあります。
鬼ごっこ!

加奈も御三家のひとつである「坂上家」の娘です。
この若さにして現当主としての顔も持っていますが、普段は控えめでおとなしいです。
年下の様に見えますが、主人公と同じ年です。
鬼ごっこ!

乙女も御三家である「西園寺家」の娘です。
主人公たちの先輩であり、遺跡管理委員の会長でもあります。
おっとりとした性格をしています。
鬼ごっこ!

暮羽は、遺跡管理委員のメンバーです。
個人行動を好み、いつも単独でいる事が多いです。
結構毒舌なところがあり、主人公には特にきついです。
鬼ごっこ!

展開的には、主人公は温羅を語る偽者を捕まえるために行動する中で、本来対立関係にある御三家の娘らと親しくなっていく流れですね。
原作版では、どうやら灯、加奈、乙女、暮羽がそれぞれメインの話がある様ですが、今作のノベル版ではメインヒロインは灯となっており、彼女に沿ったストーリーが展開されています。

灯は、他の御三家の面子よりも温羅に対して過剰なまでに捕まえる事に拘っています。
それには彼女の家族に関係がある事であり、そのために強い想いがある訳ですね。
本物の温羅である、主人公にとっては彼女含め御三家と事を構えるのは避けたいところ。
主人公は正体を隠しながら、友人として彼女たち、特に色々抱え込んでいる灯の事が危なっかしくて気になってしまいます。

そして、灯自身も臆面もなく可愛いなどと素直な感情を見せる主人公に対し、好意を抱く様になってきます。
灯は相当、異性への免疫がないんですね…。
唯一の島の男性悪友キャラは、異性扱いどころか人間扱いも微妙な感じですしね(汗)
しょっちゅう、主人公の何気ない一言などで真っ赤になって照れまくる姿は愛らしいですね♪

中盤あたりまでは、主人公は正体を隠して、灯らと共に偽温羅を捕まえるために行動を起こす事になり、徐々に距離が近づいていく事になります。
ここらでほぼ恋人状態になるんですが、Hやはっきりとした告白などはまだなんですよね。
なので、キス止まりかと思えば、興奮したのかシックスナインでのお互いを愛撫する大胆な展開に(汗)

偽温羅との問題が解決した後は、灯の対象は本物である主人公の温羅に向けられる事になる一方で、主人公はそれと同時に灯の抱えている問題をどうにかしようとする事になります。

Hシーンは、灯のみですね。
まぁ、純愛系なのでもっともな話かなとは思います。
妹の葵が主人公を異性として意識している事もあり、ひょっとしたら葵とも1回くらいHシーンがあるのかなとか期待したんですが、そういった事は残念ながら?なかったですね(汗)

純愛系なので、比較的行為はおとなしめなのが多いですが、それでも灯の可愛らしさもあって中々悪くないと思います。
でも、やはりストーリー重視な事もあってか、回数などのボリュームはやや少なめかなという印象がありますね。
そこに目をつぶれば悪くは無いかな。
結構、境遇的に灯は甘えん坊というか寂しがりやな面があるので、抱っこされたりぎゅっとされたりするのが好きなんですよね♪
キスでとろ~んと惚けてしまう表情なんかは愛らしいです♪

個人的には、温羅を捕らえるための訓練で気配を察知するトレーニングの一環で目隠しをさせて感覚を研ぎ澄ませている中での主人公のいやらしい視線に反応してモジモジしてしまうシーンがお気に入りですね。
勿論、興奮しちゃったふたりは、その後Hしちゃうのはお約束ですね(汗)

灯がメインという事もあり、他のヒロインがあまり存在感なかったのはちょっと残念でしたね。
特に御三家でも乙女に関しては、かなり存在感が薄かったのは気になったかな。
まぁ、他の灯、加奈のふたりは温羅を捕まえようとしてたのもあったからなぁ。
キャラデザインは結構好みだっただけに、もう少し見たかったですね。
鬼ごっこ!

基本的に明るく作風なので、読みやすいと思います。
序盤は結構ちょこちょこ小ネタがあったりと、ノリが軽いところがありますけど、中盤から灯に沿った展開になるので少しづつシリアスさが出てくるかな。
でも、そんなにかっちりした話ではないので、サクサク読めますね。
まさに鬼ごっこって感じがピッタリですね。
最初はてっきり某三世みたいな話かと思ったけど、だいぶ違いましたな(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】鬼ごっこ!

原作PC版
鬼ごっこ!
鬼ごっこ!
posted with amazlet at 11.06.23
Alcot (2011-03-31)


DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
鬼ごっこ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ