二次元ドリーム文庫 マヴカレ魔法少女!

マヴカレ魔法少女! (二次元ドリーム文庫)
コトキ ケイ しなの ゆら
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 11880

主人公は男の中の男を目指しているものの、女子と見間違う容姿のせいでその道は前途多難な状況。
そんな主人公の母親は何と現役の魔法少女(!?)だったのです(汗)
更に母に代わって、魔法少女に仕立て上げられた主人公は性別すらも女性となってしまい…、未知の身体に悦びを得ていく事になるという展開です。

…すごい設定ですねぇ(汗)

結構古めな作品なんですが、一時期は妙に人気があったのか何だったのか、アマゾンでも高値で販売されてたりとレアな?作品だったので、興味は持ってたもののそこまでして買うのもなぁと思ってた作品でした。
でも、近所で売っているのを見つけたので喜んで買った後に、DMMの電子書籍で発売されていつでも買えるのを知って涙目な私です(汗)
その後、アマゾンでも普通に買える様に…。

ヒロインは、主人公の母親「はるか」に、幼なじみの「カナ」がいます。
まぁ、ある意味メインヒロインは他でもない主人公の「心」(こころ)ですけどね(汗)

はるかは、主人公の母であり、現役魔法少女でもあります。
さすがに主人公という子を持っていて、「少女」ってのは無理がある気はしますが(汗)
そんな肩書きですが、三十路前の艶っぽさも加わり、妙な色気がありますね。

カナは、主人公の幼なじみです。
冷静沈着な性格をしており、主人公にもクールな物言いをします。
でも、可愛いものに目がなかったりと、男らしいより可愛らしいという主人公の事を気に入っています。

他にも、主人公のケンカ仲間の男友達やクラスの委員長などが登場しますが、このメンバーも後々えらい事になってたりします(汗)

基本的な展開は、主人公が女性化してしまい、はるかの跡を継いで魔法少女になり、別の世界から現れる「妖精」から世界を守るというものなのですが、読んだ印象としては、色々な要素が混在している作風ですねぇ。
序盤はコミカルであり、中盤の妖精とのバトルなどは二次元ドリームノベルズみたいな雰囲気でしたし、それが解決した後はまたコミカルとギャップがある作りとも言えますね。

意外に妖精らとの展開は、グロと言うほどではないですが、中々描写がぬめっているというか…。
ノベルズの様な展開といえば分かりやすいのかな。
こういう作風はドリーム文庫の結構初期作品って事も関係あるんでしょうかね?
最近のドリーム文庫では見られない展開ですね。

Hシーン的には、主人公がはるかとの初体験を強制的に行なわれ、結果女の身体になってしまいます。
あっさり近親相姦シーンになる訳ですが、もう少し量が欲しかったかなぁ。
フェラされ、口内発射後に膣内射精と盛りだくさんではあったのですが、はるかは結構好みなキャラデザインだったのでもう少し見たかったなぁと。
終盤にまたHシーンはありますが、複数ヒロインとのH中だったので、1対1で見たかったなぁ(汗)

他には幼なじみのカナには何故か、主人公の肉棒が転移しており、自分のモノで破瓜するという経験をする羽目に(汗)
でも、そんな事お構いなしに、感じまくってしまい、ドンドン女性化に抵抗がなくなっていってしまう事に…。
カナも未知の快感に普段のクールさからは、程遠い表情で主人公の膣内を突きまくり濃厚な精液を迸らせている場面はいやらしいですね。

他にも、妖精に陵辱されてしまうなど、濃いプレイが満載です(汗)
この作品の妖精は結構残酷なので、ついイメージする妖精とはまた違うんですが、読まないとピンとこないなぁ(汗)

基本的に、真っ当なHはないですね、この作品は(汗)
何かしらおかしいところがあるので。
でも、エロさはかなりあると思いますので、個人的にはかなり楽しめました♪

まぁ、展開のノリについてこれるかでだいぶ評価も変わるとは思うんですが、何か言いようのないパワーみたいなのはある作品だとは思います。

挿絵も「しなのゆら」さんで、クオリティーには問題なしですね♪
最近、挿絵で見なくなっているから、そのうちまたやってくれないかなぁ(汗)

今で言うと、あとみっく文庫っぽさのある作品って感じですかね?

マヴカレ魔法少女! マヴカレ魔法少女! マヴカレ魔法少女!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
マヴカレ魔法少女!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事