Paradigm novels 巨乳ファンタジー外伝 下巻


5月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったのでレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

4月に発売済みの上巻のレビューはこちらからどうぞ
巨乳ファンタジー外伝 上巻

ざっくり説明すると上巻は、主人公の治める国「エーデルラント」と隣国の「リンゴバルト」からの刺客や「バカチン教国」からの妨害などをのらりくらりとマイペースに対処した主人公のお話です(汗)
…大体、間違ってないと思う(汗)

隣国リンゴバルトとバカチン教国との問題は一応の決着を見せた中、エーデルラントがリンゴバルトを併合した事から、問題が起こる事になります。
それは、リンゴバルトと接する大国「フロンス王国」の存在。
リンゴバルトを併合した事で、隣国となったエーデルラントをフロンス王国は危険視し、事態はきな臭い事に…という展開です。

登場するヒロインは、上巻同様の面々です。
一応上巻の紹介を一部修正して掲載(汗)

グラディスは、王国の元帥でもあり主人公の妻です。
国内でも並ぶもののいない程の強さを誇っています。
かつては主人公とは敵対する関係でしたが、主人公が彼女を負かした事で主人公にゾッコンです。

ロクサーヌも主人公の妻です。
元々は辺境の地の人間でしたが、騎士の頃に主人公と出会い、惹かれる事に。
母性的な外見と物腰で包容力を感じさせるキャラクターです。

ルセリアも同じく主人公の妻です。
元々は、前国王の娘でもあります。
普段はおしとやかですが、Hの時にはかなり淫乱に(汗)

シャムシェルも主人公の妻です。
正体は人間ではなく、サキュバスです。
ずっと主人公と一緒に出会ってから支えてきた関係です。
法を改正させ、悪魔とも結婚できる様にしたために妻となっています。

アイシスは、主人公の騎士学校からの同期です。
当時は主人公を歯牙にもかけていなかったのですが、徐々に出世していく主人公に危機を救われたのをきっかけに好意を持つ様に。
主人公とは結婚してませんが、Hには参加しています。

エメラリアは、王国の宰相です。
かつては、主人公の命を狙っていた過去がありますが、主人公の器にこちらもまた惹かれていく事に。
彼女も結婚はしていませんが、Hには参加しています。

ネリスは、リンゴバルト王国から主人公への貢物として送られてきました。
乳を飲ませる「乳係」としてです(汗)

アフロディアは、フロンス王国の女王です。
フロンス王国は大陸でも大国です。
戦争には否定的な考えをもっています。


展開的には、今作ではフロンス王国に絞った流れとなります。
上巻ではリンゴバルト、バカチン教国との陰謀話がメインであり、フロンス王国側の一部のキャラクターが裏で暗躍していましたが、今作ではリンゴバルト、バカチンの問題が一応片付いた事で、フロンス王国との直接対決となります。

まぁ、対決と言っても直接なバトルなどは基本ないので、あくまでも政治の上での駆け引きが主ですけども。
でも、そっちの方が主人公の魅力が発揮できる舞台なので、問題ないですね。
自然体な主人公の言動は今作でも相変わらずですしね。

エーデルライトの輸出品をフロンス王国側が止めるという経済制裁など、現実にありそうな国のやり方が印象的ですね。
でも、エーデルライトの主力商品がブラジャーなのが、らしいと言うか(汗)

フロンス王国は中でもブラジャーの輸入をしている大国であり、そこから得られる外貨は決してエーデルライトにとっても馬鹿にならない収入源となっています。
それをフロンス側が輸入に制限を行なった事で、エーデルライトに経済的ダメージを与え、弱ったところにフロンス側が有利な条件で交渉を始めるというやり方は中々手ごわいやり方をとってきます。

こういう展開はファンタジーでも何でも殆どないだけに新鮮であり、面白いですねぇ。
決して剣持って戦う派手な戦闘だけがバトルではないと思い知らされますね。

そういった状況を主人公の機転などでうまくかいくぐるのがまた爽快なんですよね。

残念なのは、特定のキャラクターが出番が少ない事でしょうか。
舞台が大体フロンスという事もあり、政治に関係薄いロクサーヌ、ルセリア、エメラリア、ネリスはあまり出番がないですね。
とは言え、最低一度はHシーンがあるので我慢ですかね(汗)
ネリスだけ例外的に乳係シーンのみでHはなかったですけども…。
それ以外のヒロインはHシーンがあるので、ご安心を。

やはり今作の注目はフロンス王国の女王である「アフロディア」ですね。
前作では登場するヒロインの中で唯一Hシーンはなかったので、下巻で満を持してですね。
全ヒロインの中でも2番目のサイズの爆乳は迫力満点ですね♪

でも、女王という立場もあってか、性経験はありませんが、感度がよくとても感じやすくHな姿を見せてくれます。
パイズリで両手で押さえなくても、しっかり肉棒を谷間で密着できるというのは凄いな…(汗)
他のヒロインでは、もう味わえない初々しさがありますが、すぐにHに目覚めてしまうので一瞬の事でしたね(汗)

後は、グラディスとのHシーンも結構ボリュームがあって好印象♪
パイズリなどが多い作品ですが、しっかりHもしていたりするのが良かったですね。
まぁ、メインはパイズリや乳弄りでしょうけども(汗)

やはりメインヒロインはシャムシェルにグラディスの二強ですかねぇ。

ちょっと気になったのは、意外に最後あっさり終わったかなという印象があった事でしょうか。
ここら辺は外伝ぽいのかなとも思ったのですが、あとがきを見てみると結構オリジナルで別物らしいですね。
私、原作してないので違いは分かりませんが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】巨乳ファンタジ-外伝(下巻)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【独占】巨乳ファンタジー外伝

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
巨乳ファンタジー外伝 下巻

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ