Paradigm novels アネカノ


5月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公には3人の姉がおり、それぞれ形は違うものの愛情を受けています。
可愛い、可愛いと可愛がられる日々に男心に複雑なものもありつつも、満ち足りた日々を送る中で、主人公は姉が自分の部屋で自分を想って自慰をしている場面を目撃してしまいます。
この事がきっかけとなり、姉たちを急激に意識してしまう様になっていき…。
その後、姉の下着を見つけてしまった主人公はそれを使って自慰をしてしまい…、その最中をあろう事か姉に目撃されてしまった事で姉との関係が大きく変わっていく事になるという展開です。

登場するヒロインは、長女の「野山 椿」(のやま つばき)、次女の「」(さくら)、三女の「」(かえで)、主人公のクラスメートの「浅海 小鹿」(あさみ こじか)がいます。


椿は、主人公の長女であり、主人公の学校の担任の教師でもあります。
基本的におっとりとした性格で生徒たちの人気も高いが、怒ると怖い面も。
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

桜も主人公の姉で次女です。
主人公と同じ学園に通っており、学生会長を務めています。
それでも分かる様にしっかり者なんですが、主人公にはすこぶる甘いという困った面も。
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

楓も主人公の姉で三女です。
三人の中でも、最も行動的であり、さっぱりとした姉御肌な性格をしています。
そのためか主人公には手が出る事も。
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

小鹿は、主人公のクラスメートです。
明るく人懐こい性格をしており、主人公に淡い好意を持っています。


展開的には、主人公が姉のひとりとHしちゃった事を引き金にドンドンエスカレートしていく流れですね。
なので、分かりやすいハーレム系なタイプとも言えます。

この主人公、挿絵を見ると分かるんですが、かなり女の娘ぽい顔立ちをしているんですね。
そういうのもあってか、可愛がられているのかなという感じですね。
まぁ、主人公自体は可愛いと表現される事を何とも複雑な思いなんですけども(汗)
でも、この可愛さ…、猫可愛がりするのも分からなくはないですなぁ。

さて、主人公は長女である椿の下着を見つけ、自慰に使ってた所をばっちり目撃されてしまった事でHな関係を持つ事になるんですが、彼女のキャラクターは第一印象とは違ってたなぁ、私は(汗)
おっとり系な感じかと思ってたんですが、思ったよりかは押しが強かった印象でしょうかね。
まぁ、押しに弱いタイプの主人公なので、実に良く扱いが分かってらっしゃる(汗)

椿とずるずるとHな関係を続ける事になるんですが、この時点では椿が主人公を独占状態な事もあり、色々無茶もやっています。
何気にこの長女が一番こういう場面では積極性がありますねぇ。
朝からパイズリ、フェラでご挨拶や学園の女子トイレの中での行為もありますが、個人的に良かったシチュエーションは主人公をメイド服に着替えさせてのプレイですね。
さすが女顔な事もあり、メイド衣装が良く似合ってますね♪
しっかりメイド服だけなく黒のオーバーニーソックスなどまで小物も完備しているのも高評価(?)ですね。
そんな格好の主人公は、椿にこんな格好して股間を大きくしている主人公は変態さんよね?と言葉責めされながらの手コキで大量に発射してしまうのはいやらしさがよく出てますね。

更にそこに桜までもが加わっていく事で、姉たちによるHな行動はエスカレートしていく事になります。
桜は主人公の事を溺愛しているだけに、甘さが椿よりも際立っていますね。
それは勿論Hにも反映されています。
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

どっちかと言うと桜が長女キャラっぽいかなと思いますねぇ。
長女はとにかく甘やかすみたいなイメージが私にはあるので、そっちがしっくりするんですよね(汗)

そして、最後に三女の楓も姉たちによって、半ば強引に引き込まれる事に(汗)
まぁ、彼女は他のふたりに比べて素直に好意を出したりできないタイプなのでこういう手段に出たんでしょうけどね。
残念なのは、最後の参入という事もあり、全体的な出番がやはり少なめであった事でしょうか。
いいキャラクターだと思うだけにちょっと勿体なかった感がありますねぇ…。
普段強気に出ている中で垣間見せる可愛い表情が印象的なだけに、個人的には一番好みだったですね♪
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

姉たちと関係を持った事で、様々な所でついHな誘惑にさらされる事になった主人公。
そのために、当然といえば当然ですが勉強などが手に付かなくなる始末(汗)
更に本来そんな関係になってはならない姉を相手に行為を繰り返している事に罪悪感や抵抗を覚える様になっていきます。
それによって、姉たちと距離を置いていく事になるんですが、ハーレム系な作品だと思ってたのでちょっと意外でしたね。
まぁ、それでもやはりハーレム系とは言え、ただ甘くラブラブな展開ばかりだけでもなく、こういうアクセントがあってもいいと思うので私はアリですね。

Hシーンは比較的マイルドな展開が多いですが、中盤以降は複数プレイも多めなので、ある程度補っているかなとは思います。
色気ってよりも可愛さが強く出ている作品なので、あまり露骨にエロいという過激な展開はないですね。
そこは絵柄の印象も大きいのでしょうね、ぽわ~んとした愛らしいキャラクターですので、そうなるのはむしろ当然ですね。
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

残念だったのは、姉以外で登場したヒロインの「小鹿」の存在ですね。
ある程度予想はしてましたが、殆ど最初と最後あたりらへんでしか出番がなく、扱いが…(汗)
Hシーンが1回でもあればとは思いましたが、それもなしと完全に空気に…。
う~ん、正直これなら無理に登場させなくてもよかったのではないのかなとは思いましたけど、一応彼女の存在が姉たちに主人公の彼女!?みたいな勘違いなどで行動を結果的に扇動した影響もほんの少しはあったかもしれないのですけどね(汗)

*これ書いた後に、ちょっと気になって原作の公式HP見てきましたが、小鹿はそもそもHシーンがないのかな?
何か『アネカノ』の初回特典で小鹿と主人公らの母親である「藤花」(とうか)のHシーンが追加できるパッチがあるみたいですね。
…うまい商売だなぁ、初回版を買えと言う(汗)
更に姉妹も加わった6Pパーフェクトハーレムルートなどものまである様で…。
いや、確かにノベルのキャラ紹介ページに藤花の紹介もあって、何で母親の彼女もあるんだろう? Hシーンあるのかな?と思ってたんですが、こういう訳でだったのかな?
藤花はノベル版ではHシーンないですよ、念のため(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】アネカノ

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
アネカノ ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~

DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
アネカノ~お姉ちゃんとえっちであまーいヒミツの関係~ 通常版

原作PC版(アマゾンは初回版あり)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事