FC2ブログ

2019年08月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2019年08月

2019年08月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2019-08-22美少女文庫 「は行」
星のメイドさまと新婚生活 (美少女文庫)posted with amazlet at 19.08.22青橋 由高 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、不動産の売買で財を成した祖父を持つ、少年です。そんな彼には、メイドの「天音」(あまね)がおり、日々からかわれておりました(汗)しかし、祖父が亡くなって1周忌の際に、天音と結婚する事となり、ラブラブな新婚生活...

記事を読む

2019-08-21美少女文庫 「あ行」
鬼っ娘チキちゃんは甘やかしたい! (美少女文庫)posted with amazlet at 19.08.21葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、人生に疲れ果てた青年男性です。そんな彼は、都会を離れて地方へと引っ越したのでした。そこで主人公は、大家の娘である「千季」(ちき)と知り合う事に。身も心も疲れ果てていた主人公は、彼女の優しさに癒されてい...

記事を読む

2019-08-20美少女文庫 「か行」
吸血姫と学ぶ美味しいコーヒー (美少女文庫)posted with amazlet at 19.08.20肥前 文俊 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、コーヒー専門店を営む若き主人です。コーヒーに対しては並々ならぬ情熱を持っており、その腕前は通も唸らせる程。そんな彼の店に現れたのは、美しい女性「クリス」でした。実は、彼女は人ではなく吸血鬼であり、主人公...

記事を読む

2019-08-19新刊
美少女文庫 2019/08/19分の新刊購入しました♪「星のメイドさまと新婚生活」「鬼っ娘チキちゃんは甘やかしたい!」「吸血姫と学ぶ美味しいコーヒー」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2019-08-11ぷちぱら文庫
裏垢女子Vtuber Mカップ爆乳ギャルとHしてえ! (ぷちぱら文庫 327)posted with amazlet at 19.08.11蝦沼ミナミ パラダイム (2019-08-09)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。どうやら原作は、同人作品みたいですね。主人公は、男子校で女性に縁のない男子学生です。そんな彼は、H好きで男性を誘う、とある女性の噂を耳にする事に…。その噂を聞いた主人公は、噂の女性...

記事を読む

2019-08-10ぷちぱら文庫
SSガチャで創り出す、憧れ彼女と学園ハーレム! (ぷちぱら文庫creative 220)posted with amazlet at 19.08.10環方希 パラダイム (2019-08-09)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、スマホゲームが趣味な普通の男子学生です。そんな彼は、ある日ゲームから見知らぬ...

記事を読む

2019-08-09新刊
ぷちぱら文庫 2019/08/09分の新刊購入しました♪「裏垢女子Vtuber Mカップ爆乳ギャルとHしてえ!」「SSガチャで創り出す、憧れ彼女と学園ハーレム!」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2019-08-04二次元ドリームノベルズ 「さ行」
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 19.08.04有機企画 キルタイムコミュニケーション (2019-08-01)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「叶音」(かのん)は、正義のヒロインです。彼女は、変身ヒロイン「セイクリッドカノン」として侵略星団プラネタリーギアと戦っ...

記事を読む

2019-08-03二次元ドリームノベルズ 「さ行」
聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 19.08.03筑摩十幸 キルタイムコミュニケーション (2019-08-01)Amazon.co.jpで詳細を見る2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。ヒロイン兼主人公の「聖奈」(せな)は、人間ではなく元エリート天使です。そんな彼女は、人間界の救世主となる可能性がある青年の警護の任務に。青年を悪魔の手から守り...

記事を読む

2019-08-02新刊
二次元ドリームノベルズ 2019/08/01分の新刊購入しました♪「星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体」「聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄」どっちも催眠物なんですね、流行っているの?(汗)まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

美少女文庫 星のメイドさまと新婚生活 レビュー


星のメイドさまと新婚生活 (美少女文庫)
2019年8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、不動産の売買で財を成した祖父を持つ、少年です。
そんな彼には、メイドの「天音」(あまね)がおり、日々からかわれておりました(汗)
しかし、祖父が亡くなって1周忌の際に、天音と結婚する事となり、ラブラブな新婚生活が始まる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 犀川 天音」(さいかわ あまね)
がいます。

天音は、主人公のメイドの20歳の女性です。
主人公を溺愛しており、様々な言動で主人公をからかう所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がメイドの天音と結婚する流れですね。
…もう話、終わっちゃった?(汗)

元々、天音は祖父の私設秘書としてやって来た存在だったんですね。
しかし、その後に彼女は主人公のメイドとなる事に…。

このきっかけには、とある一件があり、これをきっかけに主人公と天音のふたりはそれぞれ意識する関係へと変化していったんですね。
こうして、天音はメイドとして主人公をお世話したり、からかったりとメイドの仕事をこなす事に(汗)

…からかいは、メイドの仕事なのかと思うけれども、この著者作品のメイドは大体間違っていないかな(汗)

そんな中、祖父が亡くなって、1周忌の時にふたりの関係は大きく動き出す事に…。

詳細は省きますが、主人公は何と天音と結婚する事になったのです。
ここに至る経緯は勿論あるんですが、ここでは省略で(汗)

こうして、主人公は想い人である天音と結婚し、ラブラブ新婚生活を送る事となる流れですね。

展開の早さにビックリですねぇ(汗)
いきなり結婚して新婚生活って流れは、珍しいんじゃないのかな?
恋人状態ではなく、さらに進展した状態に開始早々になるため、以後のパートはずっと新婚生活を描いているので従来のメイドさんとの恋愛とはまた違う展開が楽しめますね。

Hシーン


Hシーンは、天音との行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラなどがありましたね。

従来のメイド作品とかと同じく、この天音も下ネタとかも普通に言ったり、主人公をからかう事に長けている存在ですね(汗)
なので、従来のメイド作品のヒロイン好きならより楽しめるのではないでしょうかね。
まぁ、毒舌って意味では、天音は毒舌ではないですね、ひたすらからかうけれども(汗)

後は、妻であり、メイドでもあるのも天音の特徴でしょうか。
結婚したのだから、メイドである必要性はなくなった様に思うのですが、彼女は変わらずメイドのままという(汗)
彼女にとっては、「坊ちゃま」から「旦那様」に呼び方が変わったくらいで、本質は変わっていませんからねぇ。

そういう意味では新婚感はあまり控えめかなとは感じました。
なので、今作はあくまでもメイド物として考えた方が良いかなとは思いますね、個人的には。

そんなメイドである天音が、大体の主導権を握っての展開が多いですね。
妻でもあり、メイドでもあるため、余計に主人公に対してのご奉仕にはより熱が入りますね♪

その一方で、天音自身も主人公の言動に対して、グラっと来る所も時々垣間見えるのが良いですねぇ。
この手の主人公は、何気なく口にする言葉が結構破壊力ありますからね(汗)
それに、彼女も表面上はあまり変化を見せない様にはしていますが、内心は結構な喜びようで、キュンキュンしちゃっているのが可愛らしいですね♪

基本的には、積極的な姿勢が目立つ彼女ですが、彼女とて恥じらいは当然ありますしね。
まぁ、若干恥じらいのポイントがずれている様な気もしますが(汗)
それでも、そんな所をたまにしか見せないのが、また主人公にとっても余計にグッと心を掴まれちゃうんでしょうね。

主人公命な彼女なので、他の女性が近づくと嫉妬したり、周囲に自身の存在をアピールしてみたりと、乙女?な面も。
それを利用して、主人公に「お仕置き」をせがんだりと、色々企みも…(汗)

時には、彼女視点での描写も一部ありますが、彼女の素が垣間見えるので、良いですねぇ。
…何だかんだ、分かりやすいタイプな気もしますけどね、天音って(汗)

挿絵


挿絵は「きづかかずき」さんが手がけています。
成年コミックなどを手掛けられているみたいですね。

繊細な描線で描かれた天音の姿は、大変魅力的ですね。
個人的には表紙絵の様なカラー絵も良いですが、中の挿絵の方がよりメリハリがあって、好みでしたね♪

しかし、彼女はメイドな訳ですが、服装がメイドのそれとは違うというか、かなり露出が…(汗)
こんな姿でうろつかれたら、何も手につきませんね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、著者作品ならではの、安定したメイド物でしたね。
しかし、天音がメイドであり、妻となった事である意味、もっと頭が上がらなくなりましたな(汗)

相変わらずなヒロインとのズレたやり取りなんかもお馴染みな訳ですが、今作もそれは健在。
あの軽妙な掛け合いが好きならば、より楽しめると思いますね。

そういえば、今作は最近の人外ヒロインではなく、普通の娘でしたね。
そういった要素や、早々に結婚という事もあってか、これといった出来事が起こる話ではないので、まったりしていた印象ですね。
その分、天音とのコミカルなイチャラブ新婚生活を味わえると思えば良いのかな、と思いますね。

きづかかずきさんの作品 DMM 電子書籍


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 鬼っ娘チキちゃんは甘やかしたい! レビュー


鬼っ娘チキちゃんは甘やかしたい! (美少女文庫)
2019年8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、人生に疲れ果てた青年男性です。
そんな彼は、都会を離れて地方へと引っ越したのでした。
そこで主人公は、大家の娘である「千季」(ちき)と知り合う事に。

身も心も疲れ果てていた主人公は、彼女の優しさに癒されていく事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 妙童 千季」(みょうどう ちき)
がいます。

作中では、「チキ」表記なので、今後チキで書いていきます。

チキは、主人公の越してきたアパートの大家の娘です。
素直で人を疑わない優しさと、とにかく強い母性の持ち主でもあります。
実は、鬼の力を持った鬼娘でもあります。

ストーリー展開


展開的には、疲れ果てた主人公がチキに癒される流れですね。
何それ、うらやましい(汗)

元々、主人公は都会で働いていたのですが、いわゆるブラックな職場だった様で、すっかり身も心もボロボロになってしまったという経緯があるんですね。
すっかりメンタルをやられてしまった主人公は、逃げる様に都会を離れて、地方へと移ったのでした。
新しい住まいこそが、チキの親が大家を務めるアパートだった訳ですね。

ブラックな職場から解放された主人公でしたが、今も何かする度に過去の仕打ちがフラッシュバックされ、おかしくなる始末(汗)

大家の娘であるチキが、そんな状態の主人公を発見した事で、それ以降何だかんだと主人公の元を訪れ、面倒を見てくれる様に。
…良い年齢の大人が、こんな少女の世話になっているってのがもうダメ男ですねぇ(汗)
実際、主人公もそんな状況に自己嫌悪するものの、改善はせず、その後も彼女に甘えっぱなしに…。

そんな中、実質無職だった主人公は、チキから仕事を紹介してもらう事に。
…本当にダメな奴ですねぇ(汗)

その仕事は、いわゆる地域振興、町おこしでした。
しかし、主人公を驚かせたのは、町おこしの場所でした。
何と、その場所は人の住む町ではなく、異形の存在たちが暮らす場所だったのです(汗)

更に、チキも鬼の角が生えている、鬼っ娘である事が判明(汗)
まぁ、彼女曰く家族は人間であり、隔世遺伝でチキに鬼の特徴が出ているらしく、力持ちな特徴があるらしいです。

そんな現実味のない町おこしに協力する事になった主人公ですが、スランプに…。

そんな主人公を相変わらず優しく包み込む、チキ。
チキの優しさに触れ、彼女にますます甘えてしまう様になる主人公の行動とチキの甘えさせる行動はエスカレートしていき、遂にHな関係にまで至ってしまう流れですね。

Hシーン


Hシーンは、チキとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありましたね。

タイトルや、ここまでの経緯などで分かると思いますが、とにかく主人公がチキに甘えて、チキも甘えさせる内容です。
なので、こういう展開であったり、主人公のキャラクターが受け付けない人もいるかもしれませんので、そこは注意ですね。

そこそこの大人が「チキちゃん、チキちゃん」と彼女にのめり込む様は、結構傍から見ると引きますしねぇ(汗)
逆に年下ヒロインから、こんな母性で甘えさせてもらえる展開が好みなら凄い破壊力だと思いますね。

…チキが良い娘だから、何か優しさにつけ込んでいる感も(汗)
勿論、さすがに彼女がいくら良い娘でも、誰にでもここまでする訳ではないですけどね、念のため。
たまに主人公の言動に、好意を抱く姿が描かれているので、彼女なりの愛情は持っている、と。

でも、それ以上に慈愛というか母性が強いから、心配になるくらいですね(汗)
初めての際も、主人公に元気出ましたか?と主人公を気遣ったりと、良い娘過ぎるんですよねぇ。
子供の様に主人公に胸を吸わせて、手コキで射精させたりといったプレイも♪


途中には、コスプレHな展開も一部ありましたね。
これは、町おこしの一環として特撮物の映像を作るため、チキが魔法少女的な姿になったり。
そんな姿のまま、そんなシチュエーションプレイでの行為をしたりと、普段の彼女の母性感とは少し毛色の違う展開が楽しめましたね。
主人公演じる悪い奴を、Hな攻撃で倒しちゃう的な奴ですね♪

時には主人公が嫉妬心に駆られて、チキに少し強引な展開をしてみたりも、彼女はそれを恥じらいながらも受け入れてくれますね。
撮影中に精液入りの紅茶を飲ませたりとか、次々Hな責めをして、彼女を困らせる主人公はやはり子供だなぁ(汗)
そんな主人公を、最終的に許してくれるんだから、チキにはかないませんね♪

しかし、相手が相手なだけに、大抵の行為が何とも犯罪チックに見えてしまうのが…(汗)

挿絵


挿絵は「ちると」さんが手がけています。

可愛らしくぷにっとした絵柄が印象的ですね♪
今作のチキの様なキャラクターとも相性ピッタリですね。
可愛らしくも出る所はしっかり出ているってのが、また凄いですねぇ(汗)

チキは鬼娘ではありますが、身体的特徴は額にある角一本だけなので、殆ど普通の少女と変わりないですね。
なので、人外系ヒロインが苦手な人もそんなに気にならないのではないでしょうか。

表紙絵にも描かれていますが、魔法少女姿なチキもまた雰囲気が違って良いですね。
髪色、髪型などが違うだけでも結構印象が違うものなんだなと思いましたね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りな展開が堪能できる内容でしたねぇ。

主人公が基本、自虐的な性格をしており、大体自分で考えすぎて落ち込んでしまうのをチキに慰めてもらう流れが大まかなパターンですね。
これが、受け付けるかどうかで、大分評価は変わるかな?
文章というか、会話などのやり取りも結構ノリが軽くテンション高めなのが多く、気楽に読めるので大丈夫とは思いますけどね。

主人公みたいに現代社会に疲れている人なら余計癒されるのではないでしょうか?(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 吸血姫と学ぶ美味しいコーヒー レビュー


吸血姫と学ぶ美味しいコーヒー (美少女文庫)
2019年8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、コーヒー専門店を営む若き主人です。
コーヒーに対しては並々ならぬ情熱を持っており、その腕前は通も唸らせる程。
そんな彼の店に現れたのは、美しい女性「クリス」でした。

実は、彼女は人ではなく吸血鬼であり、主人公のコーヒーを気に入った彼女は主人公の店で働く事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クリス
がいます。

クリスは、主人公の店を訪ねて来た女性です。
実は、人間ではなくて吸血鬼、真祖と呼ばれる存在です。
とある理由で、美味しいコーヒーを求め、世界各地を巡っています。
尊大な言動をしますが、それが見た目の愛らしさと相まって、ひとつの魅力となっています。

ストーリー展開


展開的には、吸血鬼であるクリスが主人公の店で働く事になる流れですね。
…超展開(汗)

主人公は、コーヒー専門店の主人です。
当然、コーヒーに関しては並々ならぬ情熱を持っている訳ですね。

そんな店に現れたのが、この店には珍しい外国人、しかも美少女でした。
彼女からの注文は、主人公の作る最高の一杯。

ある意味、客からの挑戦状ですよねぇ、これは(汗)

コーヒーに関しては、強い情熱を持つ主人公も、その挑戦に乗り、渾身の一杯を出す事に。
この一杯には、挑戦的だった彼女も驚く程の反応を示したのですが、その後の展開には主人公が驚く事になったのでした。
何と、最終的に彼女…、コーヒーが気に入ったクリスをスタッフとして雇う事になったのです(汗)

まぁ、ここら辺の経緯はちょっとあるんですけどねぇ(汗)

これだけではなく、更に彼女は人間ではなく、吸血鬼だったという、またも驚きの展開が(汗)

何でまた吸血鬼が、コーヒー専門店で働くのか。
それには、彼女の吸血鬼としての体質が関係していました。

当然、吸血鬼なので本来は人などの血を吸う訳ですが、彼女は過去にそれを禁じられた経緯があるんですね。
となると、それに代わる代替品がないかと、色々試した結果、コーヒーが血の代わりになると知った、と。
しかし、コーヒーなら何でも良い訳ではなく、主人公のコーヒーの様な一部の物に限るみたいですね。

それが、主人公の店に転がり込んできた理由だった訳ですね。

こうして、スタッフとなったクリスと一緒に働く中で、主人公とクリスはお互いに惹かれていく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、クリスとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、吸血鬼であるクリスとの関係、行為でしょうか。
まぁ、吸血鬼らしい行為展開は別にないですけどね。

…吸血鬼らしい行為って、何かは分かりませんけれども(汗)
なので、普通の女の娘との行為と、違いはないですね。

ちなみに、クリスはコーヒーの香りで酔うというか、Hな気分に発情しちゃう感じになってしまう模様(汗)
コーヒープレイとかあれば良かったのにねって、…どんなプレイなのか分かりませんが(汗)

この主人公、基本的には物腰控えめなんですが、行為に関しては別と言うか…。
最初は未経験って事もあり、ただ快感に翻弄される面が大きかったですが、行為に慣れて来るにつれて…。

結構、Sっ気があるんですよね、この主人公(汗)
こういうスイッチが入っちゃうと、本来強いはずのクリスも形無し…(汗)
何度も絶頂させられちゃって、酷いはしたない姿をさらけ出したりと、普段とはまた違う姿を見せてくれますね。

主人公が言いつけを守らない彼女をお仕置きしたりと、普段の力関係が逆転している様は微笑ましいですね♪
まぁ、お尻ぺんぺんされたりするクリスからしたら、屈辱的かもしれませんが(汗)
でも、結構それに反応しちゃったり、普段よりも素直になったりするクリスは可愛らしいですねぇ。

クリスは、結構行為時にはメロメロというか、感じ入ってしまう事が多くて、目立つんですよね。
割と反応が普通の女性というか…、長い年月を生きているであろう彼女にしては余裕がないのが彼女にとっても経験のなかった事というのが見えますね。
まぁ、他者とあまり関わらない様な生活してきたんでしょうしねぇ。

コーヒーの件もそうですが、クリスにとって主人公は彼女の正体を知っても態度が変わらない稀有な存在なんですよね。
そういう意味では、色んな意味で手放したくない大事な存在でもあり、それが好意へと昇華した訳ですね。

終盤では、より関係性が深まったふたりの行為が描かれています。
この頃になると、人と吸血鬼と言う互いの大きく違う立場も考える様に…。
それでも愛し合うふたりの関係、行為は見所ですね。

挿絵


挿絵は「Xin」さんが手がけています。

人ではない存在であるクリスを妖しくも魅力的に描いていますね。
ちょっと小悪魔っぽいというか…、悪魔じゃなくて吸血鬼ですが(汗)

ちなみに、主人公の店で働く事になったクリスの衣装は、メイド服なので、メイド服姿のシーンが多いですね。
でも、頭にかぶる?のが、メイドっぽくないデザインのせいか、あんまりメイド感はなかったかな?
あれって何て言うんですかね? ナースさんがかぶっているみたいな奴。

挿絵は、表紙絵みたいなカラーとはまた印象が違いましたねぇ。
クリスの表情も、結構表紙絵とは印象が違う変化を見せていたりと、意外と妖しさは感じなかったですね。
まぁ、行為のシーンが多いから、それどころじゃなかったのかも(汗)

一部では、主人公の顔も描かれていますね。
個人的には、あまり主人公の顔が描かれているのは微妙かなとは思いますが(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、コーヒーを軸として人と吸血鬼との関係を描いた内容でしたねぇ。
私は、コーヒーには全然詳しくないので、あまりピンと来なかった所もありますが、好きな人にはもっと響くのかな?
とりあえず、美味しいコーヒーを飲むまでは色々大変なんだと分かりました(汗)

後は、バトル要素と言える程ではないですが、クリスを狙う敵との戦いも描かれていたり。
まぁ、本当に多少程度の薄いボリュームなんで、アクセント程度な扱いですね。

個人的には、クリスの過去とか明らかになるのかと思ってたんですけれども、そんな事もなく終わりましたね(汗)
まぁ、そこら辺も描くと、話が広がりすぎて収まらないだろうし、仕方ないのかな。

吸血鬼との恋物語を楽しみたい人には、より楽しめる作品だと思いますよ。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

美少女文庫 2019/08/19分 新刊購入

  •  投稿日:2019-08-19
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2019/08/19分の新刊購入しました♪

「星のメイドさまと新婚生活」
星のメイドさまと新婚生活 (美少女文庫)
「鬼っ娘チキちゃんは甘やかしたい!」
鬼っ娘チキちゃんは甘やかしたい! (美少女文庫)
「吸血姫と学ぶ美味しいコーヒー」
吸血姫と学ぶ美味しいコーヒー (美少女文庫)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 裏垢女子Vtuber Mカップ爆乳ギャルとHしてえ レビュー


裏垢女子Vtuber Mカップ爆乳ギャルとHしてえ! (ぷちぱら文庫 327)
2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

どうやら原作は、同人作品みたいですね。

主人公は、男子校で女性に縁のない男子学生です。
そんな彼は、H好きで男性を誘う、とある女性の噂を耳にする事に…。

その噂を聞いた主人公は、噂の女性の出没するとされる路地裏に向かい、噂の女性「サーヤ」と出会う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • サーヤ
がいます。

サーヤは、明るくH大好きなギャルです。
特に女性に縁のない童貞男子が好物です。

ストーリー展開


展開的には、女性に縁のない主人公が噂のサーヤと出会う流れですね。

あんまりよく理解していないかもしれませんが、今作のヒロインであるサーヤは元々は、原作となる同人作品のヒロイン、と。
んで、その娘がまさかのVtuberとしても、ツイッターでも実際に活動している存在らしいですね(汗)
…凄い時代だなぁ(汗)

でも、YouTubeのチャンネルを見たら、今年開設してまだ動画2本しかなかったけれども(汗)
そう考えると、まだ新米Vtuberといった所でしょうか?

まぁ、今作のサーヤに関しては、このVtuberとかの要素は何一つないですけどね。
そりゃ、そうですよね、実体のないVtuberとHなんて出来ないもんね(汗)
あくまでも、今作のノベルの中では現実に存在するHな女の娘ってだけなので、Vtuber云々は無関係です。

話は戻って、主人公は女性とは縁遠いモテない日々だった訳ですが、知り合いからとある噂を聞く事に。
とある路地裏に、童貞男子を食っちゃう女性が出没って内容だったんですね。

そして、後日に噂の路地裏に来た主人公は、そこでサーヤと出会い、念願の童貞卒業する事に♪

こうして、主人公は時間とお金(無料ではない模様)の許す限り、ちょくちょく彼女との時間を過ごす事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、サーヤとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、手コキなどがありますね。

やはり今作の見所と言えば、サーヤとのH三昧な展開でしょう。

サーヤは、上記にもある様に未経験の童貞男子が大好物なんですね(汗)
しかし、人間は慣れる生き物な訳で、いかに童貞でも関係を持って、女性経験を積む事で慣れていく訳ですね。
そのため当然ですが、童貞感が次第に薄れていく事になり、サーヤの興味も同じく薄れていく事に。
同じ相手とは長く関係を持たないんでしょうねぇ。

そんな彼女にとっては、主人公は新たに現れた童貞らしい童貞だった訳ですな♪
そんなサーヤに導かれるままに、童貞卒業する主人公。

これでサーヤとは、お別れって訳ではなく、彼女とはその後もちょくちょく会ってHする関係に(お金はかかるけども)
なので、恋愛関係とかそういう雰囲気ではないですねぇ。

ちなみに、サーヤは主人公みたいに関係を持っている男性は多々おり、所々で他の男性陣との行為も垣間見る事が出来ます。
まぁ、サーヤから見ても主人公の肉棒はかなり立派な物らしく、そういう意味では主人公は現在、彼女のお気に入りでもありますね。

この様に経験豊富な彼女ですので、基本的には彼女が主導権を握る様な感じですね。
ですが、次第に主人公も回数を経る度に、少しづつ持ち前の肉棒と精力、体力を活かして、彼女を絶頂させる事も増えてきますね。

何だかんだ、彼女も結構感じやすい所があるんですよね。
なので、思わぬ主人公の反撃、攻撃にかなりはしたない大声を出して激しく感じ入ってしまう姿も印象的です。
思わず照れ隠しな台詞を言ったりする辺りは、彼女の素が垣間見えて可愛らしいですね♪


中盤以降は、特に主人公の成長が著しくて、サーヤをドンドン感じさせる事も珍しくないくらいに。
挿絵でも彼女の感じ入っている表情が、それを如実に物語っており、より行為の迫力、勢いを感じさせるものになっていますね。
元々、立派な肉棒に有り余っている体力、そして経験を得た事で、かなりゴリゴリ攻め立ててきますしねぇ。

これ、経験豊富なサーヤだから普通に感じるけれども、あまり経験のない娘が相手だったら壊れちゃうんじゃ…?(汗)
そういう意味では、出会うべくして出会ったふたりだったのかもしれませんな。

挿絵


挿絵は、「きろめ」さんが手がけています。
原作版を手掛けているご本人なので、クオリティーはお墨付きですね。

可愛らしくも色気、いやらしさを感じさせる表情などが見所ですね。
後、何と言ってもあの爆乳も目を引きますよね。
タイトルにもある様にMカップという、日常生活に支障が出そうなサイズ感はド迫力ですねぇ(汗)

まぁ、人によってはあんまり大きすぎると逆に興奮しないって人もいるかも?
でも、表紙絵での胸の大きさとMカップのタイトルを見れば一目で分かる事だから問題ないとは思いますけどね。

これだけの胸なので、コスプレ姿も全部凄い事に…。
衣装を着ている姿の方が、逆にいやらしく見える様な気がしますねぇ(汗)
ビキニ姿やチア衣装、ホルスタイン柄の衣装だったりと、これでもかと爆乳を見せつけてくれます。

行為中は、瞳の中にハートマークが入っているのもポイントかな?

挿絵数:21枚

総評


全体的には、色々と変わった作品だなという印象ですかね、作品としての形という意味で。

まぁ、話としてはH三昧なお話だったので、それは目新しさはないですけれども(汗)
その分、分かりやすく明るくH三昧な内容だったので、H目的だったら問題ないクオリティーに仕上がっていますね。

個人的には、結局、サーヤのプライベートな事が見えないままだったのが、少し気になったかな。
彼女は、自分の事は何も語ろうとはしないんですよね、単に聞かないだけかもしれませんが。
もっと彼女のそういった部分などが語られていたら、もっと良かったんじゃないかなとは思いましたね。

肉体関係は持つけれども、そういった部分は誰にも見せないという事なんでしょうかね、これはこれで彼女らしいのもしれませんが。

そんな中で、ラストの展開はちょっとした余韻を感じさせるもので終わっており、中々良い感じ♪
このままの関係が続くのか、また今後、別の何か違う形に変わっていくのか。
そんな想像をさせてくれる締め方だったのではないでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 SSガチャで創り出す、憧れ彼女と学園ハーレム! レビュー


SSガチャで創り出す、憧れ彼女と学園ハーレム! (ぷちぱら文庫creative 220)
2019年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、スマホゲームが趣味な普通の男子学生です。
そんな彼は、ある日ゲームから見知らぬ特典を知らされる事に。
それは、謎の効果があるガチャ権(初回無料)。
そのガチャの効果が何と現実にも反映される事に気づいた主人公は、高嶺の花だった女性陣にその効果を向ける展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 七崎 智紗都」(ななさき ちさと)
  • 竹谷 愛友美」(たけたに あゆみ)
がいます。

智紗都は、学生会会長を務める上級生です。
凛とした雰囲気で男女人気の高い存在でもあります。
真面目な性格で、交際などはまだ早いと抵抗を感じる程、貞操観念の強い所があります。

愛友美は、主人公のクラスメートです。
明るく誰とでも分け隔てなく接する性格で、こちらも男女人気が高い存在でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がスマホゲームで怪しげなガチャ権を得た事で、高嶺の花だった女性陣に近づく流れですね。

主人公は、平均的な男子学生で、これといった目立つ所もない生徒。
そんな彼の密かな趣味は、スマホゲーム。
と言っても、課金をしないで配布される分で地道に楽しむスタイルだった訳ですね。

そんな彼の元に一通のメールが。
内容は、プレミアムガチャへのご招待というものでした。
しかし、結構プレイしているはずの主人公も、そんなガチャがある事は初耳でした。

ネットで調べても、そんな情報は見つからず、詐欺を疑うものの、どうやら初回だけ無料で2回目以降は有料のガチャらしいと判明し、詐欺ではないと判断する事に。
ちなみに2回目以降のガチャは、1回1万円と異常な設定金額(汗)

まぁ、初回は無料だからと利用してみると、ガチャで獲得したカードはこれまでのプレイでは見た事がないものばかりでした。
何か、ゲームの役に立たなそうな効果のカードっぽいものばかり…。
しかし、それは間違いだったのです。

何と、このカードの効果は現実の人間相手に効果を発揮する事ができる代物だったのです(汗)
試しにクラスメートの愛友美に、一緒にランチが出来るカードを選択すると、本当に昼ご飯を一緒に食べれたんですね。
…まぁ、確かに地味なカードですな、有料のカードの効果としては(汗)

こうして、カードの効果が本物だと理解した主人公は、有料ガチャ引きまくって、憧れの存在だった女性陣をモノにしたいと行動する流れですね。


行為への流れの感じは、催眠物に近い感じですかね?
催眠よりもカードがなければ無理だったり制約が催眠よりも多いですので、万能ではないですけどね。
話の都合上、使えないカスカードは出てこないんで、結局の所は都合の良い展開ばかりですが(汗)

まぁ、確かにガチャ爆死でダブりまくったランチカードで女性陣とランチだけしまくる展開とかされても困るんですけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありましたね。
でも、あまりこういった行為は少な目でしたね、登場が。

やはり今作の見所は、ガチャで得たカードによる行為展開ですよね。
様々な効果のカードを利用して、ふたりの女性陣との行為を狙う事になりますね。

ちょっと気になったのは、主人公が思ったより暴走気味だった事かな(汗)

最初から、カードの効果で姿を周りに認識できなくするって効果を使って、いきなり授業中の愛友美の身体を弄るってやり過ぎ(汗)
もっと好かれる様な行動をカードを使ってやっていくのかと思ってただけに、いきなりの暴走にビックリ(汗)
結局、愛友美には当然好かれる事なく、憎まれる始末…。

まぁ、この時は、超レアカードの効果で、当日の記憶を消すって離れ業で、解決してまた一から仕切り直しになった訳ですが…。
消すなら、もっと身体を弄るだけではなくて最後までやっておけば良かったって後悔する辺り、世に放ってはいけない奴の臭いがします(汗)

一応、フォローすると分からなくもないですけどね。
普通の男子生徒がいきなりある程度の制約はあるものの、高嶺の花の女性陣と関係を持てるって事で暴走するってのは。
それでも、中盤辺りの思考が悪人のそれでしたがね(汗)

女性陣も主人公がどういう方法かは分からずとも、何か自分たちにしているのは理解していますが、抗えない状況に変わりなし。
彼女たちからしたら、好きでも何でもない主人公と行為をする事になるのだから、たまりませんわな(汗)
特に、愛友美からは結構な憎まれる事に…。

先輩である智紗都には、割と主人公も丁寧?なんですけどねぇ。
若干、愛友美には雑な気が(汗)

まぁ、途中である出来事が起こった事で、少し状況に変化が。
これで主人公や女性陣にも様々な変化が起こり、関係性にも変化が生じる事になりますね。

何か、ここら辺から主人公への悪感情が若干女性陣も次第に薄らいでいくんですよね。
…正直、これまでの主人公の行為がチャラになるとは思えないけどなぁ、主人公補正?(汗)
確かに、これまでの行為でも快感自体は感じてはいましたからね、全く苦痛だけだった訳ではなく。

ここら辺から関係性が変化し、時には女性陣からの積極的な展開も垣間見える様に。
印象的だったのは、先輩である智紗都がカードの力を使って、大人の姿になっての彼女主導での女教師プレイなんかも♪
カードは、主人公じゃなくても使えるので、こういう展開もある訳ですね。

もっと女性陣が率先して使って主人公を戸惑わせるような展開があっても良かったかもしれませんね。
誰でも使えるんだし(汗)

終盤では、ヒロインふたりを交えてのハーレム展開になりますね。
この頃になると、カードはあまり関係なくなっていきますね。

挿絵


挿絵は「さき千鈴」さんが手がけています。

繊細な描線で、可愛らしい絵柄が特徴的ですね。

どう表現したら良いのか分かりませんが、あまり主線が目立たないんで、独特な印象がありますね。
それも相まって色味も線も淡く、柔らかい仕上がりになっており、また独特な雰囲気を感じられます。

表紙絵よりもモノクロの挿絵で見た方が、何か独特の雰囲気があっていやらしく見えるかな。

一部、上記の行為にも書きましたが、カードの効果で大人に成長した姿の智紗都も描かれていましたね。
スーツ姿で、女教師になりきっての教師プレイは、見所ですね。
欲を言えば、愛友美にもやって欲しかったなぁ…、彼女は特に童顔ですし(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、若干、主人公のキャラが暴走気味のスタートだったので、どうなるかと思いました(汗)
何とか丸く収まって良かった…かな?(汗)

まぁ、何故どこの誰が何のために、こんな事をしたのかって所は何一つ明らかにされないままでしたね。
この手のストーリーでは、いつもの事ですな、納得いく説明できる訳ないし(汗)

そこら辺が気にならなければ、問題なく楽しめるかなと思いますね。
個人的にはもう少し甘さを期待していたけれども、何も接点も発展もあり得ない関係性からだから、こうでもしないとねぇ(汗)
ハーレムだから、もうひとりくらいヒロインいても良かったかなとも思いましたが…。

ちなみに、あとがきで今作がデビュー作ではありませんが、前作を覚えている人はほぼいないと書かれていますが…。
多分、それって、今は亡き「ヴァージン文庫」の事ですかね?
あのレーベルも、フワッと自然消滅したなぁ…(汗)

ヴァージン文庫のレビューは、こちら(8年前のレビューで古いけれども…)
ヴァージン文庫 コスプレ学園生活 生徒会長は着せ替え人形 レビュー

ぷちぱら文庫恒例の誤字脱字の多さも健在でしたね(汗)

「ガチャにつぎ込んでい。」とか、アソコの事を「おままこ」とか書いてあったのは苦笑い(汗)
まぁ、そのままだったら、多分ブログNG食らうので書けないですけども(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 2019/08/09分 新刊購入

  •  投稿日:2019-08-09
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2019/08/09分の新刊購入しました♪

「裏垢女子Vtuber Mカップ爆乳ギャルとHしてえ!」
裏垢女子Vtuber Mカップ爆乳ギャルとHしてえ! (ぷちぱら文庫 327)
「SSガチャで創り出す、憧れ彼女と学園ハーレム!」
SSガチャで創り出す、憧れ彼女と学園ハーレム! (ぷちぱら文庫creative 220)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

二次元ドリームノベルズ 星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 レビュー


星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)
2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「叶音」(かのん)は、正義のヒロインです。
彼女は、変身ヒロイン「セイクリッドカノン」として侵略星団プラネタリーギアと戦っています。

そんな彼女は、敵の罠にかかり、催眠調教を受け、身も心も淫らに変えられていく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 響 叶音」(ひびき かのん)
がいます。

叶音は、変身ヒロイン「セイクリッドカノン」として、悪の侵略者から人々を守る正義のヒロインです。
活発で勝気な性格の持ち主ですが、色恋にはまだ縁遠い初心な面もあります。

ストーリー展開


展開的には、正義のヒロインである叶音こと、セイクリッドカノンが催眠で堕ちちゃう流れですね。

最近、突如としてこの星にやって来た侵略星団プラネタリーギア。
連中は、この星に侵攻し、全人類を支配下に置くべく侵略を開始。
発達した文明、技術で強化された部隊の前には、この星の軍などの戦力では太刀打ちできなかったのです。

そんな危機の中、現れたのが星剣神姫セイクリッドカノンでした。
彼女は、強力な怪人などをものともしない強さで倒していき、その活躍は遂に敵の幹部クラスまで倒す程に。

それは、敵も彼女を無視できない程の存在になったとも言えました。
新たな敵の女幹部「ルリアーナ」は、叶音が正体を隠して通っている学校の中にまで入り込み、叶音に近づいたのでした。

彼女の目的は、セイクリッドカノンの力の源。
しかし、セイクリッドカノンは正義の力によって護られており、ルリアーナも手出しができなかったのです。
そこでルリアーナの考えた策は、叶音を快感で堕としてしまう方法だったんですね。

物理的なダメージを与える様な攻撃には守護の力も効果があるんですが、残念な事に性的な責めには働かない模様(汗)
更に、ルリアーナの催眠による暗示効果も相まって、叶音の性感はみるみる刺激されていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、叶音の行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、自慰、パイズリ、手コキなどがありますね。

見所は、催眠による暗示などの効果ですね。
これまたお約束な味覚の変化などで、肉棒の味を美味と感じる様になり、精液を口内に溜めて飲み下して恍惚の表情を見せるなど変化は明らかですね。
勿論、理性ではこんな事は異常であり、嫌悪感もある一方で、暗示による味の変化や過敏になった性感などの身体から生じる快楽の板挟みに苦しむ事になりますね。

かと思えば、犬や猿、セミの真似をさせられるといった、雑な扱いも(汗)
敵の前で間抜けな姿を晒す、これはこれでかなり屈辱的な行為ではありますけどねぇ。

その後も、様々なシチュエーションを催眠で行い、異様な光景に(汗)
認識を催眠でおかしくされているため、異常な展開も彼女にとってはそれが普通であると認識しているゆえですね。
しかし、もう既に催眠下で支配されていて、叶音自身はそれを自覚できていない状態ですから、もう叶音としては詰んでいる状態ですよね(汗)

おかしい行為を普通の行為と認識しても、いざそれを体験すれば身体は反応してしまう事に。
電車内での行為は普通の事と思ってても、やはりどこかに気恥ずかしさ、羞恥心を抱いたりする訳ですね。
周りの冷ややかな視線に、自分が間違っているのではないかと思ったりと、不安を与える状況になっているのも彼女の精神を削る要因になっていますね。

定番ではありますが、自身が命がけで守ろうとしている存在からの罵倒とか憎しみの声ってのは、正義のヒロインには特に効きますからね(汗)


特に印象的だったのは、馬を自分の恋人と認識させて、初体験させるっていう(汗)
催眠によって、本人は勿論本気も本気なだけに、その光景は異様で滑稽さを感じさせる内容になっていますねぇ。
馬の肉棒って相当大きいって話ですけれども、それが初めてってのはさすがに酷かと。

とは言え、嫌いな相手に無理やりとかじゃなくて、彼女の中では好きな恋人との甘い経験と思えば、まだ救いはあるのかな?(汗)

行為の中には周囲の人間も巻き込む事も。
戦闘中のパワーアップのために、周りの人間たちから精液を頂くという、正義のヒロインらしからぬ行動に出たり(汗)
でも、そういうパワーアップする戦うヒロイン、作品によって結構いるし、ある意味間違いではないのかな(汗)

人間との絡みも、上記の様に一部ありましたが、大抵は敵側の怪人だったりが主ですね。
あんな人間にはできない様なプレイの数々を考えると、人間の男に物足りなくなるかもしれませんが(汗)
もっとも、人外との絡みは個人的には迫力は感じてもあまり興奮しないですな(汗)

敵であるルリアーナは、行為では叶音を手で弄る程度でしたね。
この著者さんの作品は、ふたなりの展開が多い印象だったので、ふたなり化でもして責めるのかなと思ったけれどもなかったですね。
まぁ、このルリアーナの性格上、人類を下等な存在をみなしているタイプなんで、それと絡むなんて野蛮って感じなのかも(汗)

挿絵


挿絵は、「neropaso」さんが手がけています。
イラストや漫画、同人活動などをされているみたいですね。

繊細な描線で描かれているのが特徴ですね。
二次元ドリームノベルズでは、どちらかと言うと作品のカラー上、濃いめの線という印象のが多いですが、こちらはシャープな印象。
より叶音、セイクリッドカノンの華やかさと、そんな彼女が酷い目に遭うギャップを引き立ててくれますね。

割と表情も淡い感じに描かれており、アヘ顔みたいな露骨な表情はないですね。
なので、この手の作品が苦手な人でも見やすい仕上がりになっていると思いますよ。

そのせいか、一部触手だったり怪人だったりの行為が描かれてはいるんですが、思ったより嫌悪感なく見れましたね。
生々しいのが好みな人には物足りないかもしれませんが、個人的にはこれでも十分ですな(汗)

あ、催眠物特有の光の無い瞳みたいな表現はないので、あれが苦手な人も問題ないでしょう。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、同時発売のもう1冊と比べてちゃんと催眠していましたね(汗)
でも、絵柄の淡さなどもあってか、意外と見やすい(読みやすい)仕上がりでした。

話としては、まだ続きそうな感じも若干ある様に感じましたが、どうなるんですかね?
二次元ドリームノベルズは、結構続編も出たりする事あるから可能性はありそうだけれども…。
でも、催眠物の続編だと今回と似た感じを繰り返しそうだし、これで綺麗に?終わる方が良いかもしれませんな(汗)

Amazon版 電子書籍
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ 聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 レビュー

聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)
筑摩十幸
キルタイムコミュニケーション (2019-08-01)

聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)
2019年8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

ヒロイン兼主人公の「聖奈」(せな)は、人間ではなく元エリート天使です。
そんな彼女は、人間界の救世主となる可能性がある青年の警護の任務に。
青年を悪魔の手から守りながら、青年と恋仲になっていくのですが、悪魔の罠にかかり、催眠をかけられてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 御光 聖奈」(みひかり せな)
がいます。

聖奈は、天界から人間界にやって来た元、エリート天使です。
お嬢様の様な口調と、誇り高い性格の持ち主です。
それゆえに、わがままで自分勝手な面もあるものの、根は素直な面も。

ストーリー展開


展開的には、元、エリート天使である聖奈が催眠にかけられてしまう流れですね。

私の勝手なイメージですけれども、天使とか悪魔とかが催眠ってキーワードが結び付かないですね(汗)
天使にも効く催眠…、催眠の可能性は無限大ですなぁ。

それはさておき、聖奈はエリートな天使ではあるんですが、手段を選ばない戦いもしたりと、天使らしくない天使なんですね(汗)
彼女の家は、天使の世界でもかなりの上の存在らしく、それゆえに聖奈の戦い方は名門の家にふさわしくないと判断される事に(汗)

そこで彼女は、とある任務を命じられる事に。
それは、人間界で今後救世主となる可能性のある人間を悪魔の手から警護するというものでした。
聖奈からしたら、人間界など左遷先みたいな認識なので、完全にやる気なし(汗)

とは言え、やらなければ彼女のエリート街道復帰の道はなし。

こうして人間界にやってきた聖奈は、救世主となる可能性のある男子学生の元に転がり込む事に(汗)
まぁ、当然高飛車にいきなりやって来て天使だの悪魔だの救世主だの言われて男子側は困惑する事となりますが、実際に悪魔も襲って来た事で事態を受け入れます。

学校でも、生徒として男子の傍にいる聖奈。
わがままな聖奈の食事の世話をする男子(汗)
おかしなふたりの関係性は、いつしか淡い恋愛感情へと発展するものの、そこに悪魔がつけ込み聖奈を貶めていく展開ですね。

Hシーン


Hシーンは、聖奈の行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、自慰、アナルセックスなどがありますね。
他の要素では、バイブなどの小道具を使用した展開も一部ありましたね。

やはり見所は、催眠要素ですよね。
でも、催眠要素が出て来るのは中盤手前くらいからなので、最初から出て来る訳ではなかったのは少し意外だったかな?
いつの間にか、シレっと使う様になってたり(汗)

後、催眠要素と一緒にタイトルになっているNTR、寝取られ要素ですね。
まぁ、二次元ドリームノベルズで、ヒロイン(主人公)に恋人がいる…って、もう寝取られるためみたいなもんですからね(汗)

聖奈の口調、性格も、如何にもな、お嬢様気質というか…。
こういうプライドの高い堕とし甲斐のありそうなヒロインですよねぇ(汗)

その他では、肉体改造的な要素もいくつか。
定番な要素だと、快感の感度を100倍とかに増幅とかですかね。
精液などの味が美味に感じる様に味覚を変えられたりとか…。
でも、別にこれは催眠による暗示での変化ではないので、あんまり催眠の存在感が無い様な気も(汗)


ちょっと気になったのは、寝取る側、相手役の男ですね。
これはもう人間止めた側ですが、いわゆるキモオタ系な見た目、喋り方をするんですよね。
んで、一目惚れした聖奈に執着する訳ですが、それゆえに言動がちょっと好き嫌いあるかもしれませんね(汗)

「聖奈たん」呼びだったりするんで、あまり行為でも迫力というか緊張感には欠けたかなと感じましたね。
まぁ、あとがきを見るに、あまりこの作品をシリアスでハードみたいな感じにはする気はなかった様ですし。
あえて、こういう感じに描いているって面はあるのかもしれませんね。


一部には、聖奈の行為以外の行為シーンも描かれています。
これは、敵側の悪魔の女性キャラがいるんですが、彼女が男をいたぶる展開ですね。
肉棒を足コキで射精させたり、男用の貞操帯を着けて、射精管理したり、Sっ気たっぷりの行為を見せてくれます(汗)
まぁ、あくまでもメインは聖奈ですから、こちらはオマケみたいなものですね。


終盤では、聖奈がドンドン行為と催眠による暗示で淫らに堕ちていく事になる様を見る事ができますね。
もう見た目も天使らしからぬ姿に変貌していきますね、元々天使っぽくはないけれども(汗)

挿絵


挿絵は、「ちうね」さんが手がけています。

思ったよりも柔らかめで、可愛らしい絵柄が印象的ですね。
敵役であるベリアルのデザインも、可愛らしさが強いですしね、やっている事は悪魔らしいですが(汗)

寝取られとかの割には、ハードな絵柄ではないので、苦手な人でも見やすい仕上がりかなと思いますね。
実際、最後まで可愛らしさは感じる絵柄でしたしね。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、正直あまり催眠物っぽく感じなかったかな(汗)

途中から、催眠を多用してはいるんですが、何か催眠である必要性をあまり感じないストーリーだったので、あまりピンとは…。
それ以前に、肉体の感度を上げたりとか肉体改造できるんだから、別に催眠いらなくない?って(汗)

まぁ、あとがきには寝取られ、寝取り云々については書かれていたものの、全く催眠の文字はなかったので、厳密には催眠物でもなかった模様(汗)
もっとも寝取られとしても、かなり弱めなので、何が売りなのかはよく分からない(汗)

上記でも書いた様に、作品自体が割と緩い雰囲気というか、痛々しさを感じさせない仕上がりなんですよね。
まぁ、天使らしくない戦い方するって聖奈のキャラも、いわゆる二次元ドリームノベルズのヒロイン(主人公)ぽくないですしね(汗)
逆に言えば、寝取られといった要素が苦手な人でも見やすい作品かもしれませんね。


Amazon版 電子書籍
聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ 2019/08/01分 新刊購入

  •  投稿日:2019-08-02
  •  カテゴリ:新刊
二次元ドリームノベルズ 2019/08/01分の新刊購入しました♪

「星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体」
星剣神姫セイクリッドカノン 催眠淫辱に堕ちる心と身体 (二次元ドリームノベルズ)
「聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄」
聖守護天使 御光聖奈 催眠NTR地獄 (二次元ドリームノベルズ)
どっちも催眠物なんですね、流行っているの?(汗)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます