FC2ブログ

2018年08月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2018年08月

2018年08月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-08-24美少女文庫 「か行」
恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり (美少女文庫)posted with amazlet at 18.08.24巽 飛呂彦 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、海軍の士官候補生です。そんな彼は、留学に来た「ユーディト・東郷・ビスマルク」(とうごう)の担当に。彼女とは昔からの幼なじみの様な関係であり、行動派な彼女のサポートをする事になるも、ある事故で主人...

記事を読む

2018-08-23美少女文庫 「ら行」
我が家のリリアナさんと冬休み! (美少女文庫)posted with amazlet at 18.08.23山口 陽 葵 渚 フランス書院 売り上げランキング: 4,100Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。2017年の12月に1作目が発売されたんですが、まさかの続編が(汗)前作のレビューは、こちらからどうぞ▼美少女文庫 我が家のリリアナさんと夏休み! レビュー 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「...

記事を読む

2018-08-22美少女文庫 「あ行」
妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と (美少女文庫)posted with amazlet at 18.08.22橘 ぱん フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、スケベな男子学生です。そんな彼は、ネットオークションで曰く付きのオナホを手に入れる事に(汗)しかし、そのオナホを使用した途端、現れた女の子「カナ」にそそのかされ、淫魔の血を引く姫、「緋...

記事を読む

2018-08-20新刊
美少女文庫 2018/8/20分の新刊購入しました♪「我が家のリリアナさんと冬休み!」「妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と」「恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ美少女文庫 恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり レビュー美少女文庫 我が家のリリアナさんと冬休み! レビュー美少女文庫 妖かし姫の愛しかた オナホ...

記事を読む

2018-08-15ぷちぱら文庫
催眠学園1年生(ぷちぱら文庫 290)posted with amazlet at 18.08.15布施はるか パラダイム (2018-08-08)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。以前、レビューした作品の続編タイトルです。1作目▼ぷちぱら文庫 催眠学園3年生 レビュー2作目▼ぷちぱら文庫 催眠学園2年生 レビュー 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「篠宮 アイ...

記事を読む

2018-08-14ぷちぱら文庫
受精してよ千鶴さん! ~人妻と恋するひと夏~(ぷちぱら文庫 287)posted with amazlet at 18.08.14夜空野ねこ パラダイム (2018-08-08)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、全く女っ気のない男子学生です。そんな主人公は、子供の頃に可愛がってもらってた、ご近所のお姉さん「千鶴」(ちづる)と10年ぶりに再会。10年...

記事を読む

2018-08-12ぷちぱら文庫
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿(ぷちぱら文庫 286)posted with amazlet at 18.08.11くちびる蜜 パラダイム (2018-08-08)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、学校で体育を教えている体育教師兼陸上部の顧問でもあります。そんな中、主人公は今度の大会に出場する女子生徒の3人を呼び、合宿を提案する事に。主人公が合宿の...

記事を読む

2018-08-10新刊
ぷちぱら文庫 2018/8/8分の新刊購入しました♪「催眠学園1年生」「受精してよ千鶴さん! 人妻と恋するひと夏」「りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿 レビューぷちぱら文庫 受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏 レビューぷちぱら文庫 催眠学園1年生 レビューブログランキング参加中です。よろ...

記事を読む

2018-08-04ぷちぱら文庫
モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト! (ぷちぱら文庫creative 192)posted with amazlet at 18.08.04東人 パラダイム (2018-07-28)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、村に住む、平凡な村人です。近々、そんなこの村に魔王を倒した女ゆうし...

記事を読む

2018-08-03ぷちぱら文庫
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活(ぷちぱら文庫 284)posted with amazlet at 18.08.03北原みのる パラダイム (2018-07-28)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、ごく普通の平凡な男子学生です。そんな彼は、幼なじみの「凪沙」(なぎさ)に好意を持っているものの、生徒会長もしている優秀な彼女に気後...

記事を読む

美少女文庫 恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり レビュー


恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり (美少女文庫)
2018年8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、海軍の士官候補生です。
そんな彼は、留学に来た「ユーディト・東郷・ビスマルク」(とうごう)の担当に。
彼女とは昔からの幼なじみの様な関係であり、行動派な彼女のサポートをする事になるも、ある事故で主人公が負傷。

責任を感じる彼女に、主人公は看護を要求して、Hな行為をさせる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ユーディト・東郷・ビスマルク」(とうごう)
がいます。

ユーディトは、留学に来た士官候補生です。
優秀な人間であり、誇り高い性格の持ち主でもあります。
一方で、意外とムキになる子供っぽい面もあります。
主人公とはかなりの遠縁兼幼なじみの様な関係で、主人公からは「ルー子」と呼ばれています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が負傷した事で、看病をユーディトにさせる流れですね。

こういう流れになったのは、ユーディトが引き起こした事故がきっかけでした。
主人公もユーディトも、共に国が違うものの、海軍の士官候補生なんですね。
そして、今回ユーディトが留学でこちらにやって来た訳ですが、演習による模擬戦を行ったのですが、そこでユーディトの慢心によって、事故が発生。

その事故でユーディトが負傷する所だった所を、主人公が身代わりになって助けたのです。
結果、ユーディトは無傷で無事だった訳ですが、主人公は骨折などの怪我をする事に。

この事態に、普段は主人公に先輩風を吹かすユーディトも反省しきり。
そんな彼女に対して、主人公はユーディトに自分の看護をする様に要求したのでした(汗)
ちゃっかり、既に彼女側の海軍の承諾書まで手に入れているのだから、ユーディトには断る理由がなくなってしまう事に。

こうして、主人公のお世話をさせられる事になったユーディトですが、主人公はH方面ばかり要求する流れですね。


作中では、ユーディトの事を主人公は「ルー子」と呼び続けるので、以後はルー子表記で(汗)

Hシーン


Hシーンは、ユーディト(ルー子)との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、自慰、アナルセックスなどがあります。

見所は、看病という名目で行われるHな行為ですね(汗)
まぁ、ルー子としたら、自分のせいで怪我したんだから、強い負い目がありますからねぇ(汗)

それに実は、主人公に対して淡い好意を抱いているんですね、彼女は。
主人公とは幼少期から知り合いってか、遠縁の関係でもあるんですね。
なので、子供の頃は一緒に遊んでたりする過去があって、その頃から結構主人公を意識してた節は見えましたねぇ。

そんな中、ふたりとも年齢も重ね、成長した中での再会&この看病というシチュエーション。

お約束な身体を綺麗にする中で、主人公の股間が大きくなっているのを手コキさせられる、ルー子(汗)
これまたお約束で、彼女はまだ男性経験もない初心な娘なので、勃起という知識もないんですね。
そんな無知な彼女に手コキをさせて、射精する主人公は良い性格をしていますが、全く主人公側に感情が見えないのが気になりますねぇ。

最初、読んだ時には主人公は、ルー子だと思ってたくらいに男側に存在感がなかったんですよね(汗)
一応、男が主人公だと思って、レビューしていますが、違うのかしら…。

それはさておき、この手コキによる射精を受けて、ルー子に異変が…。
射精で飛び散った精液が彼女の顔に浴びせられてしまった事で、精液の匂いを思い切り吸い込んでしまうんですね。
これまでの人生で感じた事のない匂いであるけれども、それが精液の匂いだと理解した彼女の身体はスイッチが入ってしまう事に。

どんなに顔を洗っても、彼女の脳裏にはあの匂いがこびりついて離れなかったのです。

その後も、日が変わっても主人公の要求は続き、手コキだけに留まらず、フェラまで要求(汗)

このフェラが、ルー子にとって決定打なトドメとなりました。
恐る恐る肉棒に顔を寄せる中で、彼女の鼻腔を刺激する、あの強烈な匂い…。
この強烈な刺激に、彼女の性感のスイッチが全開に(汗)

いきなり肉棒に食らいつき、肉棒に舌を這わせ、咥え込む姿を見せる様に(汗)

頭の中では、こんな行為を自分がしている事を認めたくない感情もある一方で、肉棒から生じる匂いを味わい尽くそうとする面も。
何だかんだ最終的には、この匂いにメロメロに…。

この匂いで分かる様に、フェチ的な要素、描写が多めだった印象かな?
そのためか、フェラなど肉棒にむしゃぶりつく行為、描写が多めだった気がしますね。
ディープなキスとかもハマっちゃいますし、ルー子はそういうのが好みなのかも♪

以後、ルー子は主人公への要求を何だかんだと文句言いながらも、実行してしまう様に(汗)
まぁ、そこには惚れた弱みがありますからねぇ、怪我させた負い目もあるんだろうけれども。
初体験となる本番も、その後に至るんですが、ここで主人公と恋人?になって事もあり、もはや看病っていうのが彼女の大義名分的な言い訳と化しましたね(汗)

その後は、こうなったらルー子は、もう浮かれまくりですよね♪(汗)
主人公とのやり取りで一喜一憂したり、ツンデレみたいに素直じゃないんだけれども、Hには至るという。
ルー子側の行為中などの心情描写も相まって、ラブラブで幸せの真っただ中にいるのが垣間見えますね♪

一方で、主人公側はこれといった描写もないので、ルー子がひとりで舞い上がっている感も感じますが…。
騙されている訳じゃないんだよね?(汗)

この主人公、結構地味にSっ気があるというか、いじめるのが好きな所がある模様なので、ルー子も行為を経て、少しづつMっ気を膨らませていく事になりますね。
そこまで躾ける的な要素はないので、そこまで得意じゃない人でも問題なく読めるレベルかと思いますけどね。
せいぜい、野外露出や剃毛とか程度かな。

挿絵


挿絵は「日吉ハナ」さんが手がけています。
美少女文庫では「JKエルフと君の先生。」以来ですね。

成年コミックなどを手掛けている方なので、やはりクオリティ高いですね♪
ムチっとした肉感的なルー子を魅力的に描いていますね。
綺麗な描線で描かれた清潔感のある絵柄は、見やすくて好みです。

ルー子は、海軍の士官候補生って事で制帽や制服を着用しているんですが、似合いますねぇ。
まぁ、大半は行為のシーンなので、制服はなく、制帽だけって姿ばかりなんですが(汗)
どのシーンでも、必ず制帽を着用しているのは、ちょっと面白いですね。
(一部、主人公の指示で水兵帽になっているものもありますが)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ただルー子をメロメロにしまくるお話でしたねぇ。

まぁ、正直、士官候補生云々の設定は最初と最後くらいしかないです(汗)
そういうキャラとHさせるためだけの設定程度なもので、作中何かをする訳でもないので、そっち方面には期待しない様に。

後は、上記にも書きましたが、最初読んだときは主人公はルー子かと思ったんですよね。
それくらい、彼女の方が心情描写とかもあって、話を回して動かすのは彼女でしたから、てっきりそうかと(汗)

実際、この主人公?は、一切と言っていいくらいに殆ど描写がなく、感情移入度は、酷く希薄です。
一応、各章のタイトルを見ると男寄りだから、多分男の方が主人公だと思うんですが…。

ルー子のキャラクターが魅力的な分、勿体ないなぁというのが、個人的な印象ですね。
まぁ、この手の作品でヒロインを越える魅力のある男なんて、早々いないでしょうけれども(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 我が家のリリアナさんと冬休み! レビュー

我が家のリリアナさんと冬休み! (美少女文庫)
山口 陽 葵 渚
フランス書院
売り上げランキング: 4,100

我が家のリリアナさんと冬休み! (美少女文庫)
2018年8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

2017年の12月に1作目が発売されたんですが、まさかの続編が(汗)

前作のレビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 我が家のリリアナさんと夏休み! レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • リリアナ
がいます。

リリアナは、主人公と同居しており、主人公のために誠心誠意尽くしてくれる存在です。
控えめで、丁寧な物腰の持ち主ですが、Hでは貪欲な面も。

ストーリー展開


展開的には、冬休み期間中に主人公は愛しのリリアナさんとひたすらイチャラブH三昧な生活を過ごす流れです。
…あれ、前作と変わんない様な?(汗)

前作は、冬の時期に夏休みの話で…。
今作は、夏の時期に冬休みの話で…、真逆の時期に出るんですね(汗)

前作を読んでいなくても、問題ないという珍しい続編でもありますね(汗)
何故かと言うと、説明らしい説明が何もなされていないので、話らしい話がないためです。

前作のレビューでも再三触れているんですが、このヒロインであるリリアナさんが何者なのかがさっぱり分からない!(汗)
そんな謎の美女のリリアナさんに何故か惚れられている主人公が、イチャラブHしまくるという内容に終始した作品だったのが前作なので、何も起きません。

結果、前作知らなくても何も問題なく楽しめる内容になっているんですね。
だって、前作が何もストーリーなかったんだから、知っておくべき情報が何もないし(汗)

Hシーン


Hシーンは、リリアナさんとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。

大体、リリアナさんとイチャイチャ触れあっている内に股間を硬くさせてしまい、それを察した出来る女性リリアナさんとそのままHしまくるってパターンですね(汗)
…本当に大体そんな感じの展開なんですよねぇ♪

本当に甘くイチャイチャしているふたりなので、普段の会話のやり取りに始まり、行為中の会話も甘い甘い(汗)
それだけに行為中のやり取りで、リリアナさんの気持ちがより盛り上がっていき、行為にもより熱が入る事にもなりますね♪

リリアナさんは、様々なコスプレも披露してくれますね。
クリスマスでは露出度の高いサンタコスだったり、裸エプロン姿だったり、マイクロビキニに何故か犬耳、ウェディングドレス姿など、Hな姿で主人公を興奮させてきます。
主人公にそんな姿を見せれば、必ずHになるってのは、彼女も完全に分かっていますよねぇ(汗)

彼女はそれでなくてもナイスボディなのだから、素っ裸でも十分に魅力的なのに、コスプレされたらね♪(汗)

特に犬耳のコスプレでは、犬らしく?「わん」が語尾に付いたりと、かなりの破壊力。
個人的には、コスプレを通じて、ちょっとキャラが違うリリアナさんも見てみたかった気もしますが、結局、いつものリリアナさんなんですよね(汗)
でも、彼女らしいかな、こういう所が(汗)

手コキのシーンで、手コキが「手キコ」ってなっている場面がありました(汗)

挿絵


挿絵は、前回同様に「葵渚」さんが手がけています。
原作コミックを手掛けているご本人なので、もうクオリティは保証されていますね♪

ムチムチボディに褐色の肌…、こんな美人が上記の様なコスチューム姿になって、ご奉仕するんだから、そりゃたまりませんよね♪
個人的にはあのパツっとした肌感というか…、あの張りが好みですねぇ。

綺麗でクオリティの高い挿絵ばかりなんですが、挿絵的に肉棒含め、股間周りが見えない様な構図ばかりなのは、少し残念ですけどね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、舞台が夏から冬になったくらいで、前作との違いはなかったかな?
なので、前作が楽しめたら、問題なく楽しめる内容と言えますね。
逆に言えば、前作がダメなら今作もダメだと思います(汗)

別にふたりに何か危機が起こる訳でもなく、ただ幸せで甘いふたりの時間を楽しむだけです!
そもそも、バカップルなふたりのイチャラブHを堪能する作品ですからね、それで十分ですね♪

…次は、春休みとかですかね?(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

美少女文庫 妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と レビュー


妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と (美少女文庫)
2018年8月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、スケベな男子学生です。
そんな彼は、ネットオークションで曰く付きのオナホを手に入れる事に(汗)
しかし、そのオナホを使用した途端、現れた女の子「カナ」にそそのかされ、淫魔の血を引く姫、「緋英莉」(ひえり)の封印を解く事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 久尾 カナ」(きゅうび)
  • 玉藻 緋英莉」(たまも ひえり)
  • 安倍 恵
がいます。

カナは、オナホです(汗)
正確には、ある理由からオナホに宿る事になった存在です。
見た目は、若いのですが話し方は古めかしい言葉使いをします。

緋英莉は、ある理由から封印されていた姫です。
おっとり天然な性格の持ち主であり、カナの言葉に誘導される事もしばしば。

恵は、主人公の学校に転入してきた女子生徒です。
ポニーテールが似合う、活発な性格の持ち主です。
残念なお馬鹿でもあります(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が曰く付きのオナホを手に入れた事で、えらい事になる流れですね。
…ザックリし過ぎかな(汗)

そもそも、そのオナホは、オークションサイトで入手した一品なのですが、どうやら主人公曰く伝説のオナホらしいです。
…オナホをオークションで手に入れるって、ちょっと抵抗あるなぁ(汗)

どう伝説なのかと言うと、それがとんでもない快感をもたらすらしいんですね。
それこそ、当時の歴史上の人物が愛用したとか、凄い歴史を持つオナホとの触れ込み…。
…そんな昔からの使用済みオナホって、病気になりそう(汗)

まぁ、性欲が凄いスケベな主人公は、そんな事お構いなしで股間にセット!

確かにそのオナホは、ローションも使わずに何故か湿り気を帯び、ねっとりとした感触を感じさせたのでした。
期待に股間を膨らます主人公でしたが、オナホに挿入しようとすると、何故か阻まれる感覚が。
どうやら伝説のオナホは、選ばれた者しか使えないという話もある様で、それを思い出す事に。

しかし、穴があったら突っ込みたい年頃の主人公は、自分の妄想力をフル活用し、これはオナホではなく女の娘だと妄想し、挿入!

その途端、オナホに異変が。
何と主人公の肉棒を突っ込まれていたはずのオナホが、少女の姿に!?
でも、主人公は一切気にせず、少女に肉棒を突き立て続けるという…(汗)

結局、少女をお構いなしで3回射精するまで行為は続いたのでした(汗)

ようやく一息ついた主人公は、謎のオナホ少女とのやり取りで、色々知る事に。
ザックリ言うと、このオナホの少女はカナという名前で、オナホに宿り、年月を経て付喪神になった存在らしいんですね。

そんな事になったのは、彼女たちに起きたある事件がきっかけでした。
500年ほど前にカナたちの一族は、あの有名な九尾の血を引く存在だったのですが、退魔師たちによって滅ぼされる事に。
その際に、カナは一族の姫である緋英莉を封印し、眠りにつかせる事にし、自身はオナホに宿ったと(汗)

主人公がオナホを使えたってのは、眠っている緋英莉の封印を解く事が出来る存在でもあるので、主人公に緋英莉を目覚めさせようと話を持ち掛けた訳ですね。
そして、色々あって、緋英莉の封印を解く事に成功。
でも、それに加え、彼女の力を戻すためには主人公の精液が必要という事で、関係を持つ展開に至る流れですね。

かなり力押しで強引な展開ですね(汗)


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、アナルセックスや自慰、フェラなどがあります。
他の要素では、ふたなり?要素も一部ありましたね。

上記でもありますが、緋英莉には主人公の精液が必要っていう設定があるので、行為のきっかけがあり、展開も早いですね。
まぁ、カナ(オナホ)との行為も開幕、即行でしたしねぇ(汗)
この時点では、主人公は童貞らしいですが、正直そんな感じは薄かったかな、キャラ的に。

でも、意外や意外、緋英莉との本番行為に関しては少し遅いです。
それまでは、緋英莉とはアナルセックスがメインになり、解禁は中盤辺りからですね。

緋英莉は、結構天然で素直な性格をしているので、一度行動に入ったら一直線な感じで、主人公への想いを抱いたら、かなりグイグイ来る所がありましたね。
それは、行為にも表れており、時に主人公を慌てさせる事も。
…この主人公のどこに惹かれたのかは、皆目見当がつかず、謎ですが(汗)

行為が大胆なのは、彼女が九尾の血を引き、淫魔的な側面も持っているのもあるかな。
でも、一番はやはり好きな相手には大胆にHになるってのが何よりも大きいでしょうね♪

ちなみに、そんな緋英莉が今作のメインヒロインなので、彼女との行為が中心になります。
他のふたりは、あくまでもサブヒロイン的な立ち位置になっており、H要員に近い扱いですね(汗)


終盤は、ヒロイン全員交えてのハーレム展開…と言いたい所ですが、少し異なる構図になっています。
基本的には、主人公は緋英莉とばかりで、他のあぶれたふたりが絡むって感じですね(汗)

ここで、上記のふたなり展開が絡んできます。
術で、主人公の肉棒を再現したカナによって、恵がその肉棒を突っ込まれる事に(汗)

…本当に、恵の扱いが残念な事になっており、結構キャラとしては好きなんだけどねぇ(汗)

挿絵


挿絵は「みさくらなんこつ」さんが手がけています。
もはや説明の必要もない、有名な方ですね。

今作では、イチャラブな展開の内容なので、素直に可愛らしさを味わえますね。
緋英莉以外のヒロインは、割と胸は控えめで、緋英莉は巨乳とタイプ別になっていますね。
特にカナは、獣耳もあったりと中々マニアックなキャラですよね(汗)
あまり挿絵での出番がなかったのは残念かな、それだけに。

一部だけ、少しアヘ顔的な表情を浮かべている娘がいますが、別に気にならないと思います。
(アヘよりも上目って感じですし)
…むしろ、アヘ顔が無くて物足りない人もいるかも?(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、オナホから始まる様な展開を含め、ぶっ飛んだストーリー展開は好みが分かれる作品かなと思います(汗)
テンションが高めで、勢いで進める展開に加え、登場ヒロインも少しクセのあるキャラなので、ハマればかなりの破壊力かなと思うものの、ハマらない人には全くハマらないかも…。

よく考えると、この主人公は結局何もしていなかった様な…(汗)
行動と言えば、オナホをオークションで入手したくらいなもので、以降はヒロインの言動に乗っかってHしてただけだったし。
個人的には、これといった何も印象に残らない主人公、性格だったのが残念ですね。

その分、H方面には結構力が入っているとは思いますので、H重視であれば問題なく楽しめるかと思います。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 2018/8/20分 新刊購入

  •  投稿日:2018-08-20
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2018/8/20分の新刊購入しました♪

「我が家のリリアナさんと冬休み!」
我が家のリリアナさんと冬休み! (美少女文庫)
「妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と」
妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と (美少女文庫)
「恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり」
恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり (美少女文庫)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 恋するビスマルクは提督(仮)の言いなり レビュー
美少女文庫 我が家のリリアナさんと冬休み! レビュー
美少女文庫 妖かし姫の愛しかた オナホの付喪神と乱入退魔師と レビュー


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 催眠学園1年生 レビュー

催眠学園1年生(ぷちぱら文庫 290)
布施はるか
パラダイム (2018-08-08)

2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

以前、レビューした作品の続編タイトルです。

1作目
ぷちぱら文庫 催眠学園3年生 レビュー
2作目
ぷちぱら文庫 催眠学園2年生 レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 篠宮 アイリ」(しのみや)
  • 星野 灯」(ほしの ともり)
がいます。

アイリは、1年生の女子生徒です。
外国人と日本人とのハーフでもあります。
催眠学園1年生

灯も、1年生の女子生徒です。
成績トップで入学した秀才少女です。
控えめで大人しい文学少女でもあります。
本の世界に没頭する所があります。
催眠学園1年生

ここでは、今作から初登場のヒロインだけの紹介にしています。
前作までのキャラは、継続して登場しています。
詳しくは、過去のレビューからどうぞ。

ストーリー展開


展開的には、前々作で学園のめぼしい生徒、教師を催眠で支配した主人公は、またも新たな獲物を物色する流れですね。

完全にこれまでの続きなので、過去作を見ているかで、大分評価は変わりそうかな?
勿論、最低限の前回の説明などはされていますので、全く話が分からないって事はないと思いますけども。

まぁ、ザックリ説明すると主人公は、気持ち悪い変態です(汗)
そんな主人公は偶然、謎の光線銃チックな代物を手に入れた事が、運命を大きく動かす事に。
何と、この怪しい光線銃?は、相手に向けて使うと催眠状態に陥らせる事ができる、とんでもない代物だったのです。

こんな強力な効果を持つアイテムを、こんな変態が持ったら…、悪用しない訳はありません(汗)

自身を教育実習生として女子校の理事長に信じ込ませて、無理やり潜り込む事に成功した主人公は、目を付けた女生徒や教師たちに催眠を施し、関係を持ちまくる事になったのでした。
そして、今回更なるターゲットに目を付けた主人公は、また謎の光線銃を悪用して、催眠で悪さをする流れですね。


んで、今作はタイトル通りに1年生の女子生徒をターゲットに行動を開始する事になる訳ですね。
それが、1年生のアイリと灯のふたりでした。

ちなみに、もう開幕時点で、既にこのふたりは催眠下に落ちています(汗)
既に主人公に目を付けられた彼女たちは、他の既に支配下にある、過去作のヒロインたちを利用しつつ、既に接触を果たしている訳ですね。
そして、既にいやらしい事をしている状態なので、ある程度もう攻略済みみたいなもんですね(汗)

まぁ、主人公は実質、無敵みたいなもんですから、今に始まった話ではないですが…。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他のサブヒロインとの行為も一部あります。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使う展開も一部ありましたね。

やはり今作の見所も、前作同様に催眠による認識のズレなどで生じる異様なシチュエーション行為ですね。
過去作のヒロインたちも含め、数多くの人間が支配下にいるため、学校内で様々な異様な展開を疑問を持たずに周りの人間を含めてヒロインたちが淫らな姿を晒すのは、やはり見応えがありますね。

今作の新規ヒロインたちは、これまでの過去のヒロインたちに比べると、大人しい普通の娘という印象でしょうか。
彼女たちは1年生ですから、これまでのヒロインたちよりも大人しいのは確かかな。
それに、最初から主人公によって悪印象を抱かないなどの暗示を植え付けているらしいので、反応も普通で、目に見える抵抗もないのでしょう。

とは言え、全く抵抗が無い訳でもないですけどね。
アイリの場合は、あえて主人公が意識を戻してからの行為に至る展開もありますね。
勿論、逃げだしたりなど抵抗できない様に仕立ててからですけどね(汗)

言葉だけしか抵抗、反応できないアイリの困惑、恐怖の感情は主人公にとってはたまらない好物でしょうねぇ(汗)
意識だけ残る彼女の反応を楽しみつつ、周りを巻き込んでHな行為に耽る事になる訳ですね。

一方で、灯に対しては記憶の操作をし、一切何が起きたのかを理解させない様に仕向けるなど、それぞれのヒロインで違うやり方をしているのも特徴ですね。
灯に関しては、彼女が文学少女で本の世界に入り込みやすいというのを利用した、これまたファンタジー仕立てな展開を用意。
具体的には、変身ヒロインな展開を催眠を駆使して再現する事に…(汗)
催眠学園1年生

まぁ、確かに催眠で意識ない内にコスチュームに着替えさせられて、意識が戻った時に変身コスチュームになってたら、変身したって勘違いしそうですね(汗)
体感的には、それこそ一瞬で変身したと思うでしょうし。
そんな変身ヒロインは、Hな手段で解決になるってのは、お約束ですな♪

また多少ではありますが、過去シリーズのヒロインたちとの行為もそれぞれ描かれていますね。
彼女たちの反応は様々ですが、やはり従順になっているよりも、個人的には本音の見える状態が好みかな。
まぁ、主人公に罵声を浴びせる事もヒロインによってはありますが、あくまでも口だけしか出せない様に暗示をかけているので、あくまでも行為を盛り上げるためのスパイス程度のものですけどね(汗)
催眠学園1年生 催眠学園1年生 催眠学園1年生

終盤は、すっかり出来上がった、今作組のふたりを含めて、他のヒロインたちとの行為がありますね。
ハーレム展開ってのとはまた違いますし、同時に全員って訳でもないので、意外とこじんまりした印象が(汗)

まぁ、催眠物ってのは、過程の方が盛り上がると思いますしね。
端折り気味な事も影響して、ラストにしてはトーンダウンかなとは感じましたね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、これまで通り「大崎シンヤ」さんが手がけています。
もうクオリティーは、保証されていますね♪

今作の可愛らしい女生徒を魅力的に描いていますね。
今作のメインヒロインであるふたりは、当然1年生なので、可愛らしさの方が強い印象でしょうか。
まぁ、他の上級生や教師陣も、言う程の年の差感はないですけれども…(汗)

個人的には、やはり灯の変身ヒロイン展開が印象的だったので、ヒロインのコスチューム姿が印象に残りますね。
魔法少女っぽい衣装に着替えた彼女が、なりきっているってのが何ともシュールで(汗)
こういうコスプレが好きな人には、より楽しめるかな?
催眠学園1年生

ラストもラストの挿絵では、まさかのアイリと灯の母親まで登場していましたね。
…実は、母親たちにまで手を出しているんですよね、この主人公は(汗)
残念ながら、その描写、過程は一切ないんですが、原作にはあるのかな?

挿絵数:26枚

総評


全体的には、過去の2作品の一応完結編的な作品だったかな?
でも、ラストに相応しい内容だったかと聞かれると…、正直微妙かな(汗)

原作版ならボリュームも気にならないのでしょうが、ノベルという制約の中では今作は厳しい作品だったかもしれません。
ヒロインは増えても、ページは過去作と変わらないのであれば、個々のヒロインの描写が減るのは必然ですしね(汗)

正直、3年生、2年生、1年生ってなる度に、ドンドンヒロイン(作品)としての印象は薄くなっている気も(汗)
まぁ、最初の3年生の面子が癖が強かった感がありますけどね、ほぼ全員主人公への嫌悪感全開だったし(汗)
そういう意味では、ある意味最初が作品としてのピークだった気もしますねぇ…。

ちなみに、あとがきによると、「砥峰祭」というこの学校の一大行事はあえて書いていないとの事で、何か別の形で出すみたいな事を語っていましたね。
実際、作中では砥峰祭は、かなり端折った描写だけでしたしね(Hしまくった的な)
別の機会に書く算段を~ってあるので、別売りでここのを発売するんですかね?

うーん、それだとしたら別に、それは買わなくていいかなぁ(汗)

原作PC版
催眠学園1年生
催眠学園1年生
posted with amazlet at 18.08.15
筆柿そふと (2018-05-25)


DMM 原作PC版ダウンロード
催眠学園1年生

Amazon版 電子書籍
催眠学園1年生 (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
催眠学園1年生

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏 レビュー


2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、全く女っ気のない男子学生です。
そんな主人公は、子供の頃に可愛がってもらってた、ご近所のお姉さん「千鶴」(ちづる)と10年ぶりに再会。
10年経過して、より大人っぽく綺麗になっていた千鶴。

相変わらずの優しい態度に、幼少期の憧れの感情が再燃するも、彼女は既に人の妻になっており、いきなり終了(汗)
しかし、彼女がアルコールに弱いと知った主人公は、彼女を酔わせて、無理やり関係を持とうとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 栗原 千鶴」(くりはら ちづる)
がいます。

千鶴は、ご近所だった、主人公の憧れだったお姉さんです。
現在、結婚しており人妻でもあります。
明るく面倒見の良い性格の持ち主です。
お酒にとにかく弱いです。
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

ストーリー展開


展開的には、主人公が憧れの千鶴を酔わせて、無理やり関係を持とうとする流れですね。
…完全に犯罪じゃないですか、アウト(汗)

そもそものきっかけは、主人公が10年ぶりくらいにご近所さんだった、千鶴と偶然に再会した事でした。

当時、主人公はご近所だった千鶴にだいぶ可愛がってもらってたんですね。
当然、主人公は彼女に対して淡い好意を抱いていた訳ですが、10年前に彼女の引っ越しによって、あえなく終了…。

それから10年。
主人公は、立派に?女子とも縁のない、女っ気のないモテない男子学生に成長(汗)

そんな中、見知らぬ美人な女性に声をかけられる事に。
それが、かつてご近所だった千鶴だった訳ですね。
10年経過して、大人っぽく成長した千鶴を前に、主人公の淡い好意が再燃。

どうやら彼女は、またこの地域に戻って来たらしく、また会える様になった事で主人公はテンションアップ♪
もしかしたら、恋人になれるのではないのかと淡い期待も含め…。
しかし、その期待は千鶴が家にやって来た際に砕け散る事に。

彼女と一緒にやって来たのは、男前な男性。
そう、千鶴は既婚者であり、男性の妻だったのです(汗)

まぁ、仮に千鶴がフリーでも、そもそも男子学生が社会人の女性と付き合うってのは、かなりハードルが高いでしょう(汗)
逆パターンは、まだありそうなんだけどねぇ…。

学生である自分とは違い、男前で仕事の出来そうな夫にへこむ主人公。
まだ未成年な主人公をよそに、酒も入って盛り上がる大人達…。

そんな時でした、千鶴の様子がおかしい事に主人公が気づいたのは。
何故か、元々優しい彼女が、いつもよりも大胆に過激にスキンシップをしてくる様になっていたのです。
お酒のせいかと思いきや、彼女は飲んでいなかったはず…?
しかし、彼女がその前に口にしていた洋菓子には洋酒が使われていたのです。

…洋菓子の洋酒で、そんなに酔うのかって突っ込みはなしで(汗)

この経験が主人公にある考えを抱かせる事に…。
お酒の力を借りれば、彼女との距離が縮まるのではないかと思う流れですね。

Hシーン


Hシーンは、千鶴との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、ローターなどの小道具を使用する展開も一部ありましたね。

やはり見所としては、お酒が入るとかなり積極的に大胆な表情を見せる様になる千鶴の姿ですね。
しかし、かなり大胆になりますよねぇ、心配になるくらい(汗)
…旦那も、これを利用して結婚までこぎつけたとかじゃないよね?と思うレベルですな(汗)

元々、千鶴は主人公を元から可愛がっているという下地があります。
結構、素面でも甘い態度で接してくれているんですよね、弟として、男の子としてというレベルの認識での可愛がり方ですけども。
さすがにこの年齢の主人公に対して、頭ナデナデってのは、完全に異性としては脈はないレベルでしょうが(汗)

そこにお酒の力が加わると、一気に性の香りが…♪
主人公が告白して、気持ちを知って、キスをしたいという要望にも普通に応えてくれて、更にディープなキスまでしてくる程ですからねぇ。
これは、主人公ならずも、最後までいけるのではと期待するのは分かりますね(汗)
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

その後も、機会がある度に千鶴の食べ物などに酒を盛る混入事件が発生(汗)
何だかんだ、千鶴も、思ったよりも強く拒まないというか、抵抗が控えめなんですよね。
そういう事もあって、主人公も正攻法ではないと理解しつつも、してしまうという感じなんでしょうけどねぇ。

まぁ、そんな強引な勢いもあって、遂に関係を持ってしまうふたり。
彼女も、お約束で夫との営みに関しては、問題を抱えており、主人公の尽きぬ性欲に溺れる事に。
これだと性欲に溺れた関係になる訳ですが…。

しかし、この関係が、この後ある出来事をきっかけに大きく動き出す事になるんですね。
かなりご都合展開ではありますが、これをきっかけにふたりというか、主に千鶴側の心情が大きく動く事になり、主人公にかなりお熱に♪
なので、ここからは彼女も自分からかなり積極的に求めてくる様になったのが大きいですね。

もう、こうなると当初のお酒に頼る必要もなくなり、完全に自分の意思で主人公を求める様になる千鶴が印象的です。
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

タイトルでも分かる様に、中出しも多かったですね、途中からは。
最初は遠慮して、避妊してたけれども、途中からはもはや気にせずですね(汗)

千鶴も、元々主人公に甘い所が強い性格だったのが、より主人公に甘々のHなお姉さんになっているので、基本主人公の要求には恥じらいながらも応じてくれますね♪
Hシーンでも、時にはかなり激しい声をあげ、身体全身で行為に耽っているのが伝わりますね。

終盤では、妊娠した千鶴との行為もあるんですが、まぁ、端折られてあって無い様なレベルなので、期待しない様に(汗)
タイトル的にも、もう少しここのシーンはページを使って欲しかったですねぇ…。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「のぶしと」さんが手がけています。

ちょっと独特な絵柄が印象的ですねぇ。
千鶴って少しトロンとした顔というか、艶っぽい表情が印象的なんですよね。
別にずっと酔っぱらっている訳ではないですよ(汗)
なので、どこかうっとりじゃないですけれども、ふんわりした雰囲気が絵柄からも伝わりますね。
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

時には、主人公の完全なる趣味で、学校の制服や体操服を着せてのコスプレHも。
…学生じゃない大人な千鶴が、こういう恰好すると一気にいやらしく見えますねぇ♪
受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏

結構、汁気の描写も濃厚ですね。
まぁ、主人公の精液描写がかなり出過ぎな気もしますが(汗)

挿絵数:27枚

総評


全体的には、言ってしまえば寝取りですよね、これ(汗)
まぁ、良くも悪くも作中の雰囲気は、重いものではないので、読みやすい仕上がりだと思います。

千鶴の夫もあまり千鶴を構ってやれていないキャラみたいな方向に仕向けているので、罪悪感は感じにくいかなと。
…夫側からしたら、年下の学生に嫁寝取られるとか、悪夢だろうなぁ(汗)

夫はさておき、主人公たちは甘くH三昧を楽しむ流れなので、そういう展開が好みであればより楽しめますね。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
受精してよ千鶴さん!〜人妻と恋するひと夏〜

Amazon版 電子書籍
受精してよ千鶴さん!~人妻と恋するひと夏~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
受精してよ千鶴さん!〜人妻と恋するひと夏〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿 レビュー

りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿(ぷちぱら文庫 286)
くちびる蜜
パラダイム (2018-08-08)

2018年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、学校で体育を教えている体育教師兼陸上部の顧問でもあります。
そんな中、主人公は今度の大会に出場する女子生徒の3人を呼び、合宿を提案する事に。

主人公が合宿の準備に入る中、女子生徒たちもある目的のために動き出す事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 斉藤 千秋」(さいとう ちあき)
  • 田中 沙希」(たなか さき)
  • 佐藤 早苗」(さとう さなえ)
がいます。

千秋は、陸上部の部員です。
明るく活発な性格の持ち主ですが、それゆえに少し子供っぽさも抜け切れていません。
意外にもHな事には奥手な一方で、興味は強いです。
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

沙希も、陸上部の部員です。
顧問である主人公に対しては、少し反抗的な所があるものの、部活動には真面目に取り組んでいます。
自慰が大好きな一面も(汗)
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

早苗も、陸上部の部員兼マネージャーでもあります。
上級生で他のふたりの良いまとめ役でもあります。
物腰はお淑やかで包容力があるのですが、実は性欲が強い欲求不満な面が(汗)
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

ストーリー展開


展開的には、合宿にやって来た主人公たち一行ですが、女子生徒たちは合宿とは別の目的がある流れですね。

合宿をする事になった理由は、陸上部の顧問である主人公が言い出した事からでした。
部員である千秋、沙希、早苗の3人は地区大会に出る事に決まり、全国を目指せる様にと、主人公が合宿を提案したんですね。
3人の反応は、多少差はあれども、とりあえず参加する事に。

合宿の準備を進める主人公の裏で、女子生徒らも集まった中で、ある話し合いが…。

まぁ、それは合宿の話ではあるんですが、その内容が…。
何と、彼女たちはこの合宿を利用して、合宿中に顧問である主人公を誘惑して、関係を持とうと考えるものでした(汗)
それを言い出しているのが、一番まとめ役である上級生の早苗ってのがね(汗)

どうも、彼女は結構性欲が強くて、欲求不満らしいんですね(汗)
前々から主人公の事は狙ってたみたいですねぇ、度々部活中の主人公が股間を膨らませていたのにも気づいてたみたいですしね。
まぁ、この陸上部の女子のコスチュームがかなり露出があるので、つい反応する気持ちは分からなくはない(汗)

そんな早苗の発言に、他のふたりも結果乗っかってしまう事になり、合宿の日を迎える事に…。

そして、合宿中に女性陣が主人公へのアプローチを開始し、結果的に主人公も彼女たちのペースに流されてしまい、関係を持つ流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックス、自慰などがあります。

上記のストーリーもある様に、主人公が女子生徒たちからアプローチをかけられてしまい、流れで関係を持つ展開ですね。
そのため、全体的に主人公が女性陣から迫られ、流されて関係を持つパターンがメインなんですね。
なので、そういう展開が好みかどうかで、評価は分かれるかもしれませんね。

全般的に、そんな展開をヒロインが代わる代わる行われるので、展開はワンパターンなのは否めないかな(汗)
主人公が流される側だから、自分から動かないですしねぇ…。
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿 りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

そんな中、この面子では、沙希が少しテイストが異なるヒロインかな?
彼女は、元々少し主人公に対して反抗的…って言うと、印象悪いですが(汗)
それは、行為に至ってもそんな所があり、ちょっと素直じゃない訳ですね。

それゆえに少し彼女に対しては、主人公も他のふたりよりも流されずに、主人公が主導権を握る様な所が見られますね。
…まぁ、彼女との行為に至っている時点で、流されてはいるんですけどね(汗)
特に沙希は、唯一のアナルセックス担当?なので、余計に目立ちましたねぇ。

終盤では、全ヒロインを交えたハーレム?展開になりますね。
…まぁ、この関係性をハーレムと称するのは微妙かなぁ、恋愛色は殆ど見えないですし(汗)
なので、甘さよりもH重視な関係性ですね。
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「蔓木鋼音」さんが手がけています。
PCゲームの原画を多数手がけていますね。

可愛らしい中に色気を感じさせる絵柄が特徴的ですね。
そんな彼女たちがHに迫ってくる様は、可愛らしくも淫らで小悪魔的な印象を与えますね。

本番の場面では、シーンによっては膣内の画像も。
エロゲーとかアニメとかの断面図的なアレです(汗)
正直、あれは個人的には全く興奮しないので、邪魔なくらいなんですが、原作からあるのだから挿絵で外せないですしねぇ…。

一部、アヘ顔っぽい表情もありましたね、そこまでエグくはないでしょうが。
早苗だけアヘ顔だった様な(汗)

挿絵枚数がかなりのボリュームでしたねぇ(汗)
まぁ、一部だけ変化の差分なども含むとは言え、凄い数です…。

挿絵数:56枚(差分なども含む)

総評


全体的には、ひたすら主人公が肉食系な女子生徒らから迫られて、搾られる展開でしたねぇ(汗)
それ以上でもそれ以下でもない内容で、ストーリー性は皆無なので、Hメインな内容ですね。

その分、気軽に読める内容とも言えるので、肉食系な女性陣に迫られるノリが好みであれば、より楽しめるかと思いますよ。

原作PC版
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿
クレージュエース (2018-02-28)


DMM 原作PC版ダウンロード
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

Amazon版 電子書籍
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿 (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ

ぷちぱら文庫 2018/8/8分 新刊購入

  •  投稿日:2018-08-10
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2018/8/8分の新刊購入しました♪

「催眠学園1年生」
催眠学園1年生(ぷちぱら文庫 290)
「受精してよ千鶴さん! 人妻と恋するひと夏」
受精してよ千鶴さん! ~人妻と恋するひと夏~(ぷちぱら文庫 287)
「りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿」
りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿(ぷちぱら文庫 286)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 りくじょぶ☆ズコバコ夏合宿 レビュー
ぷちぱら文庫 受精してよ千鶴さん!人妻と恋するひと夏 レビュー
ぷちぱら文庫 催眠学園1年生 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト! レビュー


モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト! (ぷちぱら文庫creative 192)
2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、村に住む、平凡な村人です。
近々、そんなこの村に魔王を倒した女ゆうしゃである「レフル」が来る事に。
実は、過去に知り合いだった主人公は、帰って来たレフルに告白され、恋人関係に至るものの、ゆうしゃと村人であるふたりの恋路は前途多難という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • レフル
  • ポッカル
  • 魔王
がいます。

レフルは、魔王を倒した女ゆうしゃです。
主人公とは、昔からの知り合いでもあります。

ポッカルは、レフルの仲間の魔法使い(ゆうしゃ)です。
レフルのお目付け役的な存在でもあります。
レフルに対して、仲間以上の感情も…?

魔王は、レフルに倒された魔王です。
倒された後に復活したので、体型などが少女と変わらない姿になっています。
子供っぽく、喜怒哀楽の激しい性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、村人の主人公がゆうしゃであるレフルと付き合うものの、色々身分違いの恋は障害だらけという流れですね。
…変に現実的だ!(汗)

そもそも、主人公とレフルは昔の知り合いなんですね。
幼い頃に知り合っており、主人公はその頃から彼女に好意を抱いていたんですね。
まぁ、当時、告白して玉砕していましたが(汗)

そして、月日は流れ、村を出た彼女は、女ゆうしゃとして、魔王を倒し、英雄になっていたのです。
対する主人公は、村の中でも下の存在で、いわゆる「モブ」的な存在であり、レフルとの格差は広がるばかり(汗)

そんな中、村にレフルが凱旋する事が決まり、村は大盛り上がり。
しかし、この時も主人公は雑用を任されてしまい、レフルを出迎える事も許されない扱いを受ける羽目に。

結局会う機会のなかった主人公でしたが、何と主人公の家で待っていたのはレフル本人。
彼女は、かつての主人公の告白を覚えており、会いに来てくれたのでした。
そして、彼女から告白される、まさかの事態に。

当時の告白の際のレフルの反応は、決して拒絶とか、そういう感じではなかったんですよね、実際。
でも、この世界では、ゆうしゃは一般人との結婚とかは許されていないみたいなルールがある様で、気持ちは嬉しいけれども…みたいな断り方だったんですね。
しかし、そんなルールを無視して、主人公への想いを告白してきたレフルから誘導されるままに、関係を持つ事に。

幸せな一方で、本来は結ばれない一般人とゆうしゃの関係ゆえに、様々な障害が待ち受ける事となる流れですね。
どこの世界でも、身分違いの恋というのは大変だなぁ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、パイズリ、腋コキなどがあります。

序盤は、普通にレフルとの行為が描かれていますね。
どちらかと言えば、彼女の方から積極的に迫って来る事が多いのも特徴ですね。
でも、一方で中盤辺りまでは、Hしている以外には、これといった展開がないんですよね(汗)

中盤辺りで、ポッカル、魔王が登場し、色々な事が明らかになっていく事となり、展開も進みますね。
それと同時に、彼女たちとも結果的に関係を持つ事にも(汗)
まぁ、あくまでも主人公の意中の相手は、レフルなので、扱いはH要員に近いものでしたねぇ。

ポッカルも魔王も、結局当初はレフルありきな理由からの関係なんですよね、そこに主人公への好意は別で。
まぁ、最終的には何だかんだ主人公とのHにハマったみたいですけども(汗)

あまり詳細は書けませんが、実はレフル自身も主人公との関係に至ったには、ある理由があるんですよね。
ですが、結果として主人公と恋仲になって、タイトル通りにイチャラブH三昧になるので、そこら辺は気にならないかなとは思います。

そこまで頻繁じゃないんですが、主人公は結構腋とか好きみたいで、度々腋を舐めたりします(汗)
レフルもそんな主人公の肉棒を腋コキして射精させるなど、マニアックな行為に出る事も。
結構、彼女側も性癖って程ではないかもしれませんが、割と色んな行為で興奮を高めたりと中々Hな面も垣間見せますね。
ザックリ言うと、ちょっとMっ気があるかな?

終盤では、全ヒロインを交えたハーレム展開が描かれていますね。
まぁ、あくまでも本命はレフルだけなので、相変わらずにぎやかしというかH要員というか…(汗)

挿絵


挿絵は「たかとうすずのすけ」さんが手がけています。

顔立ちは可愛らしいんですが、身体付きは艶めかしい肉付きでギャップがある絵柄が印象的ですね。
少し気になったのは、挿絵によって若干ヒロインらの表情に差がある所でしょうか(汗)

魔王の姿も、作中の印象だともっと子供っぽいのかと思ったら、思ったよりかは大人びた少女だったかな。
…表情が一番好みだったのは内緒(汗)

行為中の主人公の姿も描かれていましたが、もっとモブっていうから華奢と思ったら結構がっちりしているんですね(汗)
何かイメージと全然違いましたねぇ、髪型だけはモブっぽいけれども(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトルの様な違う様なと言う感じの内容だったかな(汗)
まぁ、攻略された様な始まりでしたが、結果としては主人公が攻略した感もありましたしね。

それゆえに、上記にも書きましたが、そんなに主人公がモブっぽくなかったかな、と。
そこまで主人公してた印象もないんですが、モブって程に無個性でもない、微妙な印象だったかな(汗)

何と言うか…、これってのが乏しい内容だったかな(汗)
主人公含め、ヒロインもストーリーも何かが足りない印象があって、何か惜しい作品だったなってのが正直な感想ですね。
ある意味、本当にモブみたいな作品でした、印象に残らない(汗)

Amazon版 電子書籍
モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
モブ村人の俺が女ゆうしゃに攻略されるイチャラブクエスト!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活 レビュー


2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の平凡な男子学生です。
そんな彼は、幼なじみの「凪沙」(なぎさ)に好意を持っているものの、生徒会長もしている優秀な彼女に気後れも…。
そんな中、主人公の誕生日に彼女からお祝いすると呼び出される事に。

そこで告げられたのは、愛の告白とまさかのMな性癖だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 葉山 凪沙」(はやま なぎさ)
がいます。

凪沙は、主人公の幼なじみで年上の生徒会長です。
真面目で困っている人を放っておけない面があります。
その一方で、強い被虐願望を持っています。
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

ストーリー展開


展開的には、幼なじみの凪沙から告白されるものの、Mな性癖を明かされる事になる流れです。
…告白に、いらない性癖が付いてきた(汗)

元々、主人公は幼なじみであり、上級生の凪沙に対して、好意を抱いていましたが、一方で気後れもしていました。
それは、ごくごく平凡な自分に対して、彼女は生徒会長も任せられる程にしっかり者で誰からも好かれる存在だったから。

凪沙は普段から主人公に優しく接してくれるので、別に嫌われている訳ではないですけどね。
しかし、一緒にいると周りの生徒から微妙な反応をされる事もある様で…。
まぁ、主人公自身が釣り合わないと思っているくらいだからなぁ、仕方ないかも(汗)

そんな中、主人公は凪沙から呼び出される事に。
そこで主人公は、彼女から誕生日プレゼントをもらう事になるのですが、それが彼女自身だったという流れですね(汗)
更に彼女は、主人公の事を好きであり、そんな主人公に自分のご主人様になってもらって、いやらしい事、恥ずかしい事、痛い事をしてもらいたいと告げて来たのだから、もはや理解を越える超展開に(汗)

こうして、主人公は凪沙の求めるご主人様としての関係を始める事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、凪沙との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり今作の見所は、Mっ気をさらけ出した凪沙との行為ですね。

彼女は、昔からM願望があった訳で、遂に主人公をご主人様になって欲しいと告白してきた訳ですね。
主人公的には、別にご主人様という立ち位置に困惑を隠せないものの、好きな相手である凪沙がそう願っているならば、できるだけ応えたいという気持ちはあるんですね。
なので、当初は見よう見まねで始めたご主人様プレイですが、次第に板に…。

凪沙も、結構自分から主人公にお仕置きされたいので、そっちに話を持っていこうとする事もしばしば(汗)
自ら、お尻やおっぱいを叩いて欲しいとおねだりして、その刺激にうっとりしちゃう(汗)
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

当然、凪沙の行動はどんどん大胆になっていき、学校内での行為も普通に行う様に。
校門の前だったり、机の中に隠れて、主人公にご奉仕してきたりと大胆過ぎる行動も(汗)
でも、主人公も何だかんだ、そんな特殊な環境下での行為に思ったよりも冷静に対応してて、場慣れしてきた感がありましたねぇ(汗)
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

一方で、ちょっと個人的に残念だったのは、ご主人様と彼女曰く奴隷の関係性になった事で、幼なじみ感は薄れてしまった事ですね。
元々、幼なじみでも凪沙の方が年上で優しいお姉さん的存在だったのですが、これがご主人様への口調になってしまい、何かそこら辺の雰囲気が消えてしまったのは勿体ないかなって。
主人公の呼び方もそれまでは、君呼びだったのが、ご主人様になってしまい、近くなったんだか遠くなったんだか(汗)

終盤では、妊娠してお腹が大きくなった状態での行為もありますね。
まぁ、挿絵ではあまりお腹が見にくい状態になっているので、あんまり妊娠している感は薄かったですが(汗)

挿絵


挿絵は「saxasa」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫とかでも挿絵されていましたよね、名前久しぶりに見た気がする(汗)

目が大きくパッチリとした意志の強い表情が印象的ですね。
…そのせいか、あんまりクールっぽい印象とは少し違う様な気がしますが(汗)

ご主人様である主人公に事あるごとにお仕置きをせがむ彼女ですが、行為では嫌悪感を抱く様などぎついのはないと思います。
痛々しい様な表情もないのも、そういう印象を与えるかな?

Mって事で、ボンテージっぽい衣装姿だったり、体操服姿や首輪に犬耳、尻尾姿だったりのコスチューム?展開も多めでしたね。
まぁ、大半はボンテージっぽい恰好がメインでしたが。
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活 クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

挿絵数:22枚

総評


全体的には、今思うとタイトルみたいに凪沙ってクールだったっけかな?とは思いました(汗)
結構、ノリが良い感じに見えたけどなぁ、主人公にだけはって事なのかな。
もっと前半にクールな面を強調しても良かったかもしれませんが、そもそも即行、性癖明かしててそんな暇が…(汗)

凪沙曰く、ご主人様と奴隷という関係性なんですが、タイトルにもある通り、甘イチャな雰囲気がありましたね。
なので、変に重苦しい真面目な描写はなく、比較的ライトな描かれ方をしているので、苦手な人でも読みやすい仕上がりだと思います。

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍2018/08/17配信予定
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

Amazon版 電子書籍
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活 (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
クールでMな会長と過激な甘イチャ子作り学園性活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます