FC2ブログ

2018年07月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2018年07月

2018年07月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-07-31二次元ドリーム文庫 「か行」
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.07.31ウナル キルタイムコミュニケーション (2018-07-26)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、若いながらも最近、アイドルグループのプロデューサーを任されている青年です。そんな彼の家に、ある理由で担当するアイドルのひとり、「莉々奈」(...

記事を読む

2018-07-30リアルドリーム文庫
淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 18.07.30島津六 キルタイムコミュニケーション (2018-07-24)売り上げランキング: 2,682Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公兼ヒロインの「静海」(しずみ)は、潜入専門の捜査官です。しかし、任務中にその正体を知られてしまう事に。当然、正体を知られた捜査官の待ち...

記事を読む

2018-07-29ぷちぱら文庫
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫creative 194)posted with amazlet at 18.07.29ヤスダナコ パラダイム (2018-07-20)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、冒険者育成の学校に通う男子生徒です。そんな彼の妹の「アイリ」がダンジ...

記事を読む

2018-07-27新刊
2018/7/20~26日の新刊、購入しました♪ ぷちぱら文庫「幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム」 リアルドリーム文庫「淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海」 二次元ドリーム文庫「ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM」各発売日の度には都合が合って買いに行けなかったので、まとめて購入(汗)まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫...

記事を読む

2018-07-25美少女文庫 「ら行」
竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り (美少女文庫)posted with amazlet at 18.07.25葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男性…ではなく、実は凄い存在である竜王です。そんな彼は、道で襲われていた少女「リリィ」を助ける事に。助けられたリリィから、弟子入りを志願される事になる展開です。 登場ヒロイン登場するヒ...

記事を読む

2018-07-24美少女文庫 「は行」
吸血姫は弟に恋してる (美少女文庫)posted with amazlet at 18.07.24嵩夜 あや フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男子学生です。そんな彼には、溺愛してくる姉の「真理夜」(まりや)がいます。しかし、実は彼女は人間ではなく、吸血姫だったという展開です。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「真理夜」(まりや)がいます。真...

記事を読む

2018-07-22美少女文庫 「か行」
吸血鬼メイドさんは甘やかしたい (美少女文庫)posted with amazlet at 18.07.22ちょきんぎょ。 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、ごく普通の男性です。そんな彼は、放浪癖のある母親からの手紙をもらい、そこに指定された場所へ向かう事に。人里離れた山奥の中に、その目的地の洋館はありました。恐る恐る洋館に入った主人公を出迎えたのは...

記事を読む

2018-07-20新刊
美少女文庫 2018/7/20分の新刊購入しました♪「吸血鬼メイドさんは甘やかしたい」「竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り」「吸血姫は弟に恋してる」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)タイトルだけだと全部人外ヒロインなのかな?レビューは、こちらからどうぞ美少女文庫 吸血鬼メイドさんは甘やかしたい レビュー美少女文庫 吸血姫は弟に恋してる レビュー美少女文庫 竜王の汚れ仕事! 女子...

記事を読む

2018-07-17オトナ文庫
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁! ~ドSな女社長ママをドMオナホにしてやった♪~ (オトナ文庫 118)posted with amazlet at 18.07.17春風栞 パラダイム (2018-05-30)売り上げランキング: 197,727Amazon.co.jpで詳細を見る2018年5月発売のオトナ文庫の不定期レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、普通の男子学生です。そんな彼は学校で同級生からいじめを受けていました。しかし、いじめっ子から結果的に怪...

記事を読む

2018-07-14ぷちぱら文庫
俺の彼女がガチ変態すぎる (ぷちぱら文庫 285)posted with amazlet at 18.07.14宮村優 パラダイム (2018-07-11)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、普通の男子学生?です。そんな彼は、憧れの先輩だった「マナ」が家族の再婚によって家族、姉となる事態に。そんな中、主人公はマナの入浴中に脱衣所で使用済みのパン...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM レビュー


ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫)
2018年7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、若いながらも最近、アイドルグループのプロデューサーを任されている青年です。
そんな彼の家に、ある理由で担当するアイドルのひとり、「莉々奈」(りりな)が住む事になり、同居する事に。

何とか上手くいっていた同居生活でしたが、ある事件をきっかけに莉々奈から躾けられる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 姫宮 莉々奈」(ひめみや りりな)
  • 姫宮 愛莉」(ひめみや あいり)
がいます。

莉々奈は、主人公の担当するアイドルグループのひとりです。
明るく活発な性格の持ち主です。
少しギャルっぽい見た目をしていますが、仕事などに強い責任感を持っています。

愛莉は、莉々奈の妹で、同じアイドルグループのひとりです。
明るく無邪気な性格の持ち主ですが、それゆえにトラブルを引き起こす事もしばしば…。
小悪魔的な所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公がアイドルの莉々奈から躾けられる流れですね。
…どうしてこうなった(汗)

そうなるきっかけに至るまでに、実は色々あったんですね。
まず、最初のきっかけは、莉々奈、愛莉の姉妹が住んでいたマンションが火事になった事がありました。
幸い、姉妹も無事でしたが、当然、そのまま住める様な状況ではないと。

そこで上司から命じられたのが、莉々奈を主人公の所にとりあえず住まわせる様にという内容だったのです(汗)
ちなみに、妹の愛莉は一部屋だけ確保できた寮に住む事に。

こうして、半ば強制的に莉々奈と同居する事になる訳ですねぇ。

当初は、莉々奈も主人公をプロデューサーとして慕っており、何だかんだ良い雰囲気。
主人公も元々、莉々奈にはアイドルとして惹かれていた所もあるので、この状況は満更ではない様子♪
しかし、この和やかな雰囲気が一変する事態が起こる事に…。

それは、お約束的な風呂場で鉢合わせから始まります(汗)
まぁ、この時はそこまで莉々奈もわざとじゃないからと思った以上に寛容な反応をもらったのですが、問題はこの後でした。
莉々奈との同居生活を始めて以来、主人公は自慰をする事ができず、悶々としていたんですね(汗)

そして、この莉々奈との出来事から久しぶりの自慰をしてしまう事になるんですが、これを目撃されてしまったのです(汗)

さすがに立て続けての事態に、莉々奈の不信感、嫌悪感が爆発。
そして、主人公に対して、変態などとなじりまくる事に…(汗)

莉々奈の豹変はそれだけにとどまらず、主人公の股間を足で踏みにじる、まさかの行動に!?
しかし、こんな行為を受けたにも関わらず、主人公の股間はますますギンギンに張り詰める事になってしまい、更に莉々奈の怒りを増す事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、足コキや手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

やはり見所としては、莉々奈のSっ気と主人公のMっ気でしょうか(汗)

上記にもある様に、信頼していた主人公が勃起して、自慰してた事に怒り爆発の莉々奈。
そんな彼女から、主人公は足コキを始めとして、様々な弄りをされる事になる訳ですね(汗)

また莉々奈が結構それまでの態度とは一変した、結構なS気味の言動で責め立ててくるんですよね。
そこには信頼を裏切られた感情などもあって、最初から嫌いって訳ではない所からの憎さってのもあるから余計に強い感情になっているんでしょうね。
そんな自分よりも年下な莉々奈に責められて、主人公は情けないけれども、股間を大きくさせてしまう事に…(汗)

主人公自身は、自分がMだと認識はなかったみたいですが、莉々奈の責めに痛み、辛さの中に興奮、快感を認識する結果に。
まぁ、やられているシチュエーションこそアレですが、仮にも美少女な本物のアイドルにHな言動で責められているのだから、興奮してしまうのも分からなくはないですが(汗)
そんな主人公の満更でもない反応を見て、莉々奈は更に変態だのとなじってくる訳ですね(汗)

こういう流れですから、基本的に莉々奈が主導権を握る事になりますね。
まぁ、こうなったいきさつを考えれば、立場の弱い主人公に抗う術はないですからねぇ…。

なので、莉々奈は結構序盤からグイグイ積極的に弄って来る事になりますね。
一方的に主人公の肉棒を踏んだり、手コキなどで刺激して、悶絶する様を小馬鹿にして、射精させるなど、Sっ気たっぷりに責めてきます。
かと思えば、同じグループのアイドルを主人公が見てたら、ご機嫌斜めになって、他の娘に手を出そうとする前にとかって言い分で射精させてきたりと、主人公を意識している姿を垣間見せる事も。
まぁ、そういう感情があるからこその責めもあるでしょうねぇ。


一方で、莉々奈の妹である愛莉ですが、これもまた種類の違う厄介な存在で(汗)
まだ精神的に子供で、怖いものなしでグイグイ来るので、また違う恐ろしさが…。
ちなみに、彼女との行為ではフェラなどはありますが、本番行為はありません。

あくまでも、引っ掻き回すサブヒロインという立ち位置ですね、その役目は十二分にこなしてくれていますが(汗)

莉々奈との本番行為もかなり後になってからですね。
まぁ、莉々奈との行為が主人公へのお仕置き、躾けの様な意味合いを含むので、彼女から一方的に責められて射精する流れが多いんですよね、全体的に。
なので、終盤になって彼女との関係性に進展がみられるまでは、主人公も読み手もお預けです(汗)

この頃には、行為に甘さも含まれてまた違った雰囲気を味わえますね♪

挿絵


挿絵は「ぽみみ子」さんが手がけています。

可愛らしさと色気を含んだデザインが特徴ですね。
今作はアイドル物なので、こういう可愛らしさと色気を含んだデザインとの相性もピッタリですね♪

Sっ気の目立つ莉々奈ですが、挿絵では表情はそんなに嫌悪丸出しの厳しいものではなくて、小悪魔的な表情という印象ですね。
可愛らしさの目立つ表情なので、エグさは全くないので、ご安心を。

愛莉は、より可愛らしいですが、時に見せる女の顔よ…(汗)

そういや莉々奈ってタイトルにある様にギャルドルって扱いなんですが、私にはギャル要素が分からなかった(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、主人公のMさを堪能する作品だったかな?(汗)
まぁ、莉々奈もそんなにドSで痛々しい事をして来る訳ではないので(時に潰そうとしますが…)、こういう展開があまり好みでなくても読みやすい塩梅には仕上がっていると思います。

本番が終盤までお預けだったりが気にならなければ、莉々奈の責めを十分に堪能できます。
ほぼ主人公が、莉々奈(たまに愛莉)に弄られてしまう展開なだけに、そういう展開が好みな人にはより楽しめますね。
根底に甘さ(好意)がある分、入りやすいと思います。

…妹の愛莉が好き嫌い分かれるかもなぁ、とは感じましたが(汗)

Amazon版 電子書籍
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM

楽天
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫) [ ウナル ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 レビュー

淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 (リアルドリーム文庫)
島津六
キルタイムコミュニケーション (2018-07-24)
売り上げランキング: 2,682

淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 (リアルドリーム文庫)
2018年7月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「静海」(しずみ)は、潜入専門の捜査官です。
しかし、任務中にその正体を知られてしまう事に。

当然、正体を知られた捜査官の待ち受ける運命は…。
逃げ場のない中で、男たちの凌辱を受ける事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 芹澤 静海」(せりざわ しずみ)
がいます。

静海は、潜入専門の捜査官です。
強い正義感の持ち主で、犯罪を根絶するためには自己犠牲も厭わない覚悟を持っています。

ストーリー展開


展開的には、潜入捜査官の静海が正体をばれてしまい、卑猥な仕打ちを受ける流れですね。

私の第一印象としては、何かリアルドリーム文庫っぽくないかなって(汗)
何だろ「コスプレ捜査官」って所が、そう思ったのかな?
どちらかと言うと、そういうイメージって、リアルドリーム文庫ってより、二次元ドリームノベルズかなって。

話は戻って…。
静海は、捜査官は捜査官でもより危険な敵の真っただ中に潜入する存在なんですね。

潜入と言っても、自ら敵の仲間として内部に入ってみたいなのとは違って、従業員とかホステスだったりという感じで、取引中のターゲットに近づき、情報を得るという手段ですね。
彼女は、美人で立派な巨乳を持っている存在なので、男たちは警戒する事なく、鼻の下を伸ばす訳ですねぇ。
この日も、彼女の潜入捜査によって、国会議員の違法取引の現場の証拠を掴む事に無事成功。

その後も、様々な衣装、姿に身を変えて、潜入捜査を続ける静海。
しかし、ある捜査中に、偶然、静海の正体が知られてしまう事に…。

そんな事になっているとは知らない静海は、また新たな潜入捜査に赴く事になるのですが、それは静海を狙った敵の罠だったのです。
そして、最悪な事にその潜入捜査の場所は、豪華クルーズ客船でした。

逃げ場のないクルーズ船の中で、静海は様々な辱めを受ける事となる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、静海の行為が描かれています。

行為的には、パイズリや素股、アナルセックス、フェラなどがありますね。

序盤は、正体がバレる前の潜入捜査なので、危険な事態にはなりつつも、この時点では本番まではありません。
パイズリさせられて射精されるとか、酒を口移しとかで済んでいますが、よく考えればこれだけでも結構ヘビーだ(汗)

中盤で、例の豪華客船に潜入するんですが、この時点ではもう彼女の正体はバレバレ。
ですが、そんな事を知らないので、身体を張って一生懸命情報を得ようと奮闘する辺りが、何とも不憫ですね…(汗)
敵からしたら、凄い茶番なのに、奮闘する静海の姿はさぞ愉快でたまらないでしょうね(汗)

でも、意外ともっと引っ張るのかなと思ってたんですが、割とすぐバラしましたね。
まぁ、あんまり長くバレバレってのを知られていないまま、奮闘するのも彼女には酷ですからねぇ、これでいいのかも(汗)

更に彼女を襲うのは、媚薬というかもっと常習性ありそうな危険な代物を使われてしまう事に。
この手の悪役はこういう代物を使うってのは良くある事ではありますね(汗)
まぁ、普通の女性じゃなくて、相手は捜査官な静海ですから、こういうのを使わないとってのは分からなくはないですけどね。

さすがの静海も、こういうのを使われてしまっては身体に強烈な疼きを感じる様になる事に…。
お約束で敵のボスは、結構な年齢の老人なので、そのねちっこい熟練の手腕と合わせて、彼女は追い詰められてしまいますね。
更に、ボスの馬鹿息子まで参戦して、親子ふたりで迫る事に(汗)

息子が静海と本番中に、アナルに肉棒を強引に突き立てて、親子で静海を追い込んでくる場面も。
そもそもアナルセックスというのが、捜査官として生きて来た真面目な彼女の頭にはない行為なだけに、アナルセックスの異様さ、嫌悪感は相当な物がありますね。
それも、本番行為の中でいかれた父子による同時の行為をする辺りが、普通じゃない連中なのを改めて感じさせますね。

…もともと、静海は性的に潔癖っぽい印象があるから余計でしょうねぇ(汗)
それゆえに未知の行為での感覚に戸惑い、翻弄される事になり、精神的にも肉体的にも追い込まれていきますね。

まぁ、父子の出番は、その後は減り、他の男に相手を命じたりでそれを観察する程度で、以後、直接的な関与はなかったのは意外だったかな。
てっきり、こいつらにひたすら慰み者にされるのかと思ってたので。

その中で印象的だったのは、何も知らない客船のスタッフなどに静海から慰問として迫る流れですね。
向こうからしたら、痴女みたいなのが来たみたいに思われてしまうのが、静海にとったら屈辱でしょうね(汗)
勿論、静海も自分からやりたい訳ではなく、命じられている以上、そう振る舞うしかないために、自ら積極的に男性を誘惑し、その気にさせて、関係を持つ事になる訳ですね。

挿絵


挿絵は「らら8」さんが手がけています。

可愛らしい表情なのに、身体は凄いボディってのが凄いですねぇ♪
結構、表紙絵でも分かると思いますが、静海は結構顔が童顔というか、可愛らしさの強い表情なんですよね。
コスプレの関係もあって、よりそれが強調されている印象がありましたね。

捜査官の任務のために、時にはコスプレする事も。
潜入する際に普段とは違う姿に扮するため、ウイッグなどを着用して、雰囲気も一変した姿も一部ありましたね。

表紙絵の様なバニーガール姿だったり、チャイナドレス姿だったりと、様々な姿を披露してくれますね。
まぁ、残念なのは、リアルドリーム文庫なので挿絵が少ないので、せっかくのコスプレがあまり見れない事かな(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、潜入捜査官って事で印象通りな展開だったかな。
潜入捜査官がバレたら、こうなりますよねっていう(汗)

まぁ、個人的にはもっと重く後味の悪い作品になるかなと思いきや、割とサラッとした印象でしたね。
コスプレとか、敵がそんなに迫力(凄み)がなかったせいもあってか、意外と重苦しさは感じなかったですね。
だからと言って、別にハッピーなお話ではないですけれども(汗)

後、リアルドリーム文庫では、珍しい誤字も…。
「自首」が「自主」になっていた箇所がありましたね、これでは意味が変わっちゃう(汗)

Amazon版 電子書籍
淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ

ぷちぱら文庫 幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム レビュー


幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫creative 194)
2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、冒険者育成の学校に通う男子生徒です。
そんな彼の妹の「アイリ」がダンジョンに連れ去られてしまう事態が発生!
幼なじみの剣士である「スフィア」たちと共にアイリを救うためにダンジョンに潜る一行を待ち受けていたのは、卑猥な指令の数々だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アイリ
  • スフィア
  • レナティクス
  • ルナマリア
がいます。

アイリは、主人公の妹です。
とにかく兄である主人公が大好きでたまらなく、隙があればすぐ迫って来るぶっ飛んだ所があります。

スフィアは、主人公の幼なじみの少女です。
剣の腕に秀でた剣士でもあります。
少し古風な性格でお堅い言動を使う所があります。

レナティクスは、スフィアの仲間の少女です。
格闘と回復の両方が使える存在です。
基本、あまり表情が変わらないのですが、意外とシレっととんでもない発言をする事も。

ルナマリアは、人間ではなく、魔王に仕えているモンスター娘です。
強大な力を持っているのですが、頭が緩めなお馬鹿系なためか、迫力に欠ける所があります(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公一行がダンジョンに連れ去らわれた妹のアイリを助けるためにダンジョンに向かう流れですね。

連れ去られる前に、妹のアイリと主人公は少しケンカになっていたんですね。
それは、アイリが夜這いにやって来たから(汗)

この妹のアイリは、とにかく主人公が大好きでたまらないんですねぇ。
どうも、こういう迫り方は、割と珍しくもないみたいですが…(汗)

まぁ、主人公は、そういう妹を大事には思いつつも、こういう事はダメだと言うのですが…。
そこから言い合いってか向こうが機嫌を損ねる事になった訳ですね。

しかし、その後にアイリが何者かに捕まり、ダンジョンへと連れ去らわれた事を知ったのでした。
あの後だけに、主人公としても妹が気がかり…。

アイリを助けるために、ダンジョンに向かおうとする際に、幼なじみであるスフィアも協力してくれる事に。
彼女の仲間でもあるレナティクスも加え、ダンジョンに向かったのでした。


ダンジョンに入ると、いつものダンジョンとは少し様相が違う様で…。
何とか、仲間の力も借りつつ、先に進む中で、謎の石版を発見。
主人公がそれを解読すると、そこに書かれていた内容は、目を疑う内容だったのです。

そこには、女が仲間に見られながら自慰をしろという、謎の指示が(汗)
どうも、これは魔王様ゲームなる(主人公の意訳)、指令らしいんですね、これをしないと先に進めない様で…。
…王様ゲームみたいなノリなんですかね、要求するレベルが高いですが(汗)

先に進むには、指令をクリアするしかないため、女性陣がそれに応えていく中で、関係を持つ事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰などがありますね。
その他の要素では、アナルバイブなどの小道具を使う展開も一部ありましたね。

やはり見所としては、魔王様ゲームでの女性陣とのHな指令でしょうか。
指定されたHな行為をしないと、先には進めないから、せざるを得ませんしねぇ(汗)

各階層でHな指令がなされていき、それはドンドンエスカレートしていく事に…。
最初から自慰をするって中々の内容でしたが、次第にひとりではこなす事ができない、他人を巻き込むものになっていくんですね。
もっとも、自慰の指令も仲間に見せるって内容なんで、厳密にはひとりではクリアできない条件ではありますが。

実は、この時点では、主人公は基本見ているだけで行為自体に関与していません。
レナティクスは、先に向かいたいという気持ちが強く、意外に自分から立候補するのですが、対してスフィアは及び腰(汗)
まぁ、彼女はかなり古風な性格というか、性的な事に関してはかなり初心な面があるんですよね。

そして、見ててバレバレなんですが、スフィアは主人公に好意を抱いているんですね。
なので、レナティクスの相手をさせたりとか、淫らな姿を主人公に見せたくないという乙女心も相まって、参加させてもらえないと(汗)
結果的に、スフィア自身が身体を張る結果になって、真っ赤で羞恥に身悶えする羽目になるのは、難儀な事ですねぇ(汗)

その後、スフィアの想いが通じて、関係を持つ事に(ついでにレナティクスも)
この行為は、ゲームの指令とは無関係な中で結ばれたので、良かったです♪
何故か、オマケでレナティクスとも関係を持って、こちらもHありきで満更でもない関係になる辺り、主人公も結構良い性格していますねぇ(汗)

割と思った以上に性欲強めな奴でしたし、あの妹の兄なだけあるか(汗)

本番も解禁した事で、指令もエスカレート…なんですが、真相も描かれており、一気に茶番感が…。
まぁ、あんな指令ばかりなので、最初から緊迫感など無く、コミカルなノリなのは分かってた話ですけどね(汗)

アイリ、ルナマリアのHに関しては、終盤まで出番なしです(汗)
まぁ、アイリは連れ去らわれていたり、敵側のルナマリアなので、どうしてもそうなりますよね。
しばらく最初は、アイリがメインヒロインかと思ってたんですが、よく考えたらタイトルを見れば、メインはスフィアですしね(汗)

終盤では、そんなアイリたちも含めたハーレム展開ですね。
まぁ、アイリに関してはちょっと理由あって、そこでもしばらく本番お預け状態でしたが(汗)

挿絵


挿絵は「うにあはと」さんが手がけています。

可愛らしくムチっと肉感のあるデザインが印象的ですね♪
…巨乳とそれ以外のメンバーの胸格差が凄いですね(汗)

やはり印象的なのは、メインヒロインであるスフィアですね。
表紙絵も分かるんですが、あの衣装よ、乳輪周りが透けているし(汗)
こんな格好してて、性的には結構初心なのだから、良く分からない感覚だなぁ(汗)

普段、無表情なレナティクスも、行為中では結構表情をはっきりと見せていたりと、印象的でしたね。
普通に可愛らしい表情を見せて、行為へのハマりっぷりを見せてくれますしね♪
意外とH好きなのもポイント高いですねぇ。

…まぁ、こういう作品でH好きじゃないヒロインって普通無いか(汗)

挿絵では、しっかりとした描線で描かれていて、女性陣のド迫力なボディを堪能できますね。
あ、巨乳じゃない娘も、堪能できますよ、うん(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトルと内容が若干違ったような気がしないでもないかな(汗)

妹を助け出すっていう、シンプルな目的で始まる訳ですが、二転三転というか、展開が変わるんですよね。
まぁ、それ自体はそんなに込み入ったものではないんですが、そこに主人公が基本関与していないんですね。
結果、どうしても蚊帳の外になってしまうんですよね(汗)

結局、最後まで主人公は真実を知らないままですからね(汗)
そういう意味では、あまり主人公らしさはない主人公かもしれませんねぇ。
もう少し見せ場があると良かったかもしれませんねぇ、Hシーンでの精力っぷりしか印象に…(汗)

緩めでノリの軽い展開が好みであれば、より楽しめると思いますよ。

Amazon版 電子書籍
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

2018/7/20~26 新刊購入

  •  投稿日:2018-07-27
  •  カテゴリ:新刊
2018/7/20~26日の新刊、購入しました♪

ぷちぱら文庫


「幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム」
幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム (ぷちぱら文庫creative 194)

リアルドリーム文庫


「淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海」
淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 (リアルドリーム文庫)

二次元ドリーム文庫


「ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM」
ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM (二次元ドリーム文庫)

各発売日の度には都合が合って買いに行けなかったので、まとめて購入(汗)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 幼馴染の美少女剣士が俺にデレ堕ちする魔王様ゲーム レビュー
リアルドリーム文庫 淫夜航路 女捜査官コスプレ処女航海 レビュー
二次元ドリーム文庫 ギャルドル莉々奈のドSプロデュース 担当Pは愚直でドM レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

美少女文庫 竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り レビュー


竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り (美少女文庫)
2018年7月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男性…ではなく、実は凄い存在である竜王です。
そんな彼は、道で襲われていた少女「リリィ」を助ける事に。

助けられたリリィから、弟子入りを志願される事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 朔場リリィ」(さくば)
  • ヒメナ
がいます。

リリィは、主人公に弟子入り志願をする少女です。
人間ではなく、サキュバスです。
真面目で物腰丁寧な性格の持ち主ですが、怒ると怖いです(汗)

ヒメナも、人間ではなく、獣耳のある豹少女です。
好戦的な性格の持ち主であり、勝気で小生意気な言動が目立つ所があります。

ストーリー展開


展開的には、竜王の主人公にリリィが弟子入り志願する流れですね。
…ん?(汗)

この世界は、何か人間以外の存在も普通にいる世界みたいなんですね。
んで、主人公自身も人間ではなく、伝説的な存在でもある竜王という存在がその正体でした。
現状は正体隠して、清掃業者として日々働く毎日と、およそ竜王らしくない生活を過ごしているんですね。

そんな彼が、ある日、たまたま道で男たちに追われている少女を見つけ、保護する事に。
ぱっと見では、主人公が少女を捕まえている様な構図にも見えなくないのがアレですが(汗)

その数日後、主人公の家に現れたのは、あの時助けた少女、リリィでした。
彼女は、主人公に助けてもらった事を大変感謝しており、その目的は主人公に弟子入りを志願しにやって来たのでした。

弟子入りってのも、何かおかしい感じですけどねぇ(汗)

実は、リリィも人間ではありません。
JSとかいう、太古に人と交わった魔物の遺伝子を持った存在で、容姿、体格が子供のままで固定化される体質を持った存在と。
まぁ、このJSってだけならば、そんなにレアな存在ではないみたいですけどね、割と見かける程度の数はいるみたいで。

しかし、彼女はサキュバスでもある事で、その存在は一気に貴重性を増す結果になっている様ですが。
外見は、少女のままで固定化されたサキュバス…、その手の趣味の連中には激レアの激レアという事ですな(汗)
彼女も、そんな連中に狙われていたという訳ですねぇ。

そこを主人公が助けた訳ですから、彼女からしたら大恩人ですよねぇ。
そして、主人公が竜王である事も後で知った事で、彼女は主人公に弟子入りを志願してきたと。

彼女の様な、JSは身体の成長が止まる一方で、自身の力を制御するのが難しいという問題があるんですね。
まぁ、身体が子供なゆえに、その力を抑え込む事が困難であり、彼女はサキュバスというのも問題でした。

サキュバスゆえの周囲に無自覚にフェロモンをまき散らす事は、周囲の人間だけでなく、子供な身体の彼女にも危険を招きかねない訳ですね。
興奮して我を忘れた連中に襲われる事もあるかもしれませんしね。
お金があれば、色々な手段でどうにかできるらしいですが、彼女の環境ではそれもかなわず、主人公を頼ったという訳ですね。

主人公は、彼女に自分にその力を使ってみせろと要求し、試す事に。
こんな子供の力など通用しないと高を括ったものの、しっかり勃起してしまい、結果関係を持つに至り、なし崩し的に弟子入りする流れですね(汗)

色々、ノリが緩いですねぇ(汗)
かと思えば、たまにシリアスだったり、バトル展開があったりとか、色々盛り沢山(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラなどがあります。

やはり見所としては、小柄な女性陣との行為展開でしょうか。
…表現に気を使う(汗)

それゆえに、そういうヒロインたちしか出て来ないので、それが好みじゃないとしんどいかもしれませんね。
もっと大人びた容姿だったり、年上系ヒロインが好みな人には向かないかも知れませんけれども、表紙絵見たら大体分かるか(汗)

主人公は、普段は何かノリの軽いよく居る様な男性なキャラなんですが、仮にも竜王でもある訳で。
スイッチが入るというか、そうなると雰囲気が一変。
竜王らしい、尊大というかSっ気のある言動を見せ、行為もそういうSな強引さのある感じになりますね。

まぁ、女性陣もそんな主人公の強引な感じも良いと満更ではない模様なので、別に問題ないのかな(汗)
個人的な好みで言えば、こういう主人公はチート物の主人公的な雰囲気があって、あまりいけ好かないですが(汗)


場面によっては、ヒロイン側の視点での描写も。
彼女たちが何を思っているのか、分かるのは、より一層、感情移入を高めますね。

リリィも容姿こそ完全にアレですが、その正体はサキュバスな訳ですから、行為でも垣間見せる淫靡な姿は間違いなくサキュバスのそれですね。
初回の行為からでも、主人公の肉棒を受け入れて悶え感じ入るくらいですからね、素質は十分ですな♪
体格差のある主人公との行為にも、何だかんだ順応し、すぐに快感を覚えるくらいにすぐに馴染み、ノリノリになっているのだから、末恐ろしい(汗)

ちょっと意外だったのは、ヒメナですね。
登場した時が、小生意気な言動だったので、Hシーンではどうなるのかと思いきや…。

初回の行為では、意外にしおらしいというか、大人しい印象でしたねぇ。
結果として、ちょっとMっ気というか、お仕置き願望的な物があるんですよねぇ。

あまり、ここでは詳細は書きませんが、彼女もそれなりに苦労していたんだなぁって事でしょうか(汗)

そういう意味では、個人的にはヒメナの方が普段の姿とのギャップがあって、良かったかな。
サキュバスのリリィがHなのは、別に当たり前ですしね。
別にそれが嫌って訳じゃないですよ、念のため(汗)

まぁ、ヒメナはあくまでもサブヒロイン的な立ち位置のキャラなので、あまりHでもリリィ程の存在感はなかったですね。
メインはあくまでもリリィですから、どうしても彼女が優先されるのは仕方ない所ですね。

終盤では、ヒロインふたり一緒になっての動画撮影しながらの行為展開が描かれていますね。
女性陣ふたり相手に好き勝手に暴走する主人公と、それを何だかんだ嬉々として受け入れる女性陣の姿が印象的ですね。
…当人たちは、良いんでしょうけれども、傍から見ると犯罪臭が(汗)

挿絵


挿絵は「米白粕」さんが手がけています。

可愛らしい少女たちが印象的な絵柄ですねぇ。
好きな人にはたまらないキャラデザインではないでしょうかね。

個人的には、可愛らしいんだけども…、興奮とは別って感じかな(汗)
可愛らしいのは分かるんですが、もう少し年が上の方が良いかなぁ(汗)

ストーリー的に、あくまでもメインはリリィなので、彼女メインの挿絵が多かったですね。
体系的には似ているふたりではありますが、表情の違いだったりもあって、それぞれの個性が感じられたのが良かったですね。
まぁ、仕方ないんですが、ヒメナの挿絵数は結構少な目だったのは残念かな(汗)

ラストでは、主人公の顔も描かれていましたね。
もっと冴えない顔かと思ったら、普通にガッツリ男前で期待外れ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、何かチート物な主人公の作品みたいだなぁってのが第一印象かな(汗)
まぁ、竜王ですし、実際強いですからね、良い所はしっかり持っていくし。
こういうノリが好みなら、より楽しめると思いますね。

個人的には、今一つ、主人公や話に入り込めなかったのもあって、何とも半端な印象に。
リリィたちのバトル展開に関しては、「?」な展開でこんなに尺取る必要があったのかなと思う程でした(汗)
正直、戦う動機がそんなに強くなかったですし、これらの要素が入った事で何かごちゃごちゃしてしまった感がありましたね。

何より、ヒロインや主人公の設定などで、人を選ぶ作品かな、と。
逆にそれらの要素の好みが合えば、より一層楽しめる作品だと思いますね。

Amazon版 電子書籍
竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り (美少女文庫)

DMM 電子書籍
竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 吸血姫は弟に恋してる レビュー

吸血姫は弟に恋してる (美少女文庫)
嵩夜 あや
フランス書院

吸血姫は弟に恋してる (美少女文庫)
2018年7月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼には、溺愛してくる姉の「真理夜」(まりや)がいます。
しかし、実は彼女は人間ではなく、吸血姫だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 真理夜」(まりや)
がいます。

真理夜は、主人公の姉です。
学校では生徒会長としての顔を持っています。
実は、人間でもない吸血姫という存在でもあります。
主人公の事は溺愛しているものの、その他の存在には興味がありません。

ストーリー展開


展開的には、主人公の姉である真理夜が実は吸血姫だったという流れですね。
…この間、吸血鬼なヒロインを見たばかりの様な? 今、流行っているの?(汗)

でも、今作の真理夜は、吸血鬼じゃなくて吸血姫(ヴァンパイレス)なんですね。
ってか、私は吸血姫ってあんまり馴染みなかったんですけれども、変換で吸血って入れたら姫も候補に出て来たから結構メジャーなのかしら(汗)

どうやら、吸血鬼よりも凄い上位の存在的な感じみたいですね。

問題は、何故そんな真理夜が主人公の姉なのかという事ですよね。
実は、彼女とは元々、家族ではなく、隣の家のお姉さんだったんですね。
しかし、過去に起きた飛行機事故によって、主人公の両親は亡くなり、結果、真理夜が主人公の姉としてふたりで暮らす事になった経緯があるんですね。

それ以来、本当の家族以上の関係を過ごしてきたふたり。
その中で、主人公は真理夜から自身の事を告白しているので、主人公は既に彼女の正体を理解しています。
時は流れ、主人公も成長し、この日、初の夢精&精通を経験。

この日(精通)を待ちわびていた真理夜は、主人公に迫る流れですね。

まぁ、大筋はそんな感じで、以降は主人公に溺愛な真理夜が主人公に迫って、イチャラブ射精させまくる展開でしょうか。
でも、ただ甘々って訳でもなく、色々終盤に近付くにつれて、重めなシリアスな所が出てきたり、時にはバトルもあったり!?(汗)

Hシーン


Hシーンは、真理夜との行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

見所としては、真理夜との行為全般でしょうかね。
主人公を溺愛している真理夜なので、主人公が精通したって事で、Hも解禁な訳ですよ(汗)
元々、彼女は吸血姫であり、本来は血液が一番良いのだけれども、精気でもOKって事で、精通を待っていた経緯があるんですね。
勿論、それは主人公も同意の上ではありますけどね。

なので、主人公の精通以降はもう時と場所を問わず、Hな展開が起こる事に。
そんな展開もあって、個人的には吸血姫ってよりもサキュバス的な存在の印象がありましたねぇ。
まぁ、どっちもそんなに変わらないかな? Hに関しては(汗)

サキュバスではないですが、彼女も性に関しては相当な強者。
なので、精通したばかりの主人公など、挿入してすぐ発射ってのも序盤は多いですね。
まぁ、すぐに勃起して何度も交わる事になるのが、いつもの展開なので1回の射精では終わりませんね

主人公も真理夜に呼応するかの様に、かなりの精力で文字通りの精魂尽きるくらいまで応じていきますし(汗)

今作の特徴の一つとしては、この年齢差というか、関係性もありますね。
主人公は、少年って程若くもないんですが、身体の発育が今一つで実年齢よりも幼さがある見た目なんですね。
まぁ、長い年月を生きて来た真理夜から比べたら年相応な容姿でも、大差ない年齢差ではありますが(汗)

そんな少し少年っぽさの残る主人公(僕呼びだったり)が、年上の美人である真理夜に甘える様は、挿絵を含めて、実年齢以上に主人公のあどけなさなどを感じさせるものになっていますね。
なので、こういった関係性の表現が好みな人にはより楽しめるのではないかなと思いますね。
一方で、逆にこういう幼い印象の主人公が苦手な人には、ちょっとしんどいかもしれませんが(汗)

まぁ、タイトルや表紙絵などの雰囲気で何となく分かると思うので、大丈夫かなとは思いますが…。

常に主導権を握る完璧な存在である真理夜ですが、たまに見せる弱さも見所のひとつでしょうか。
アナルがちょっと弱いという、意外な弱点も。
それを恥ずかしがっているのが、完璧な存在である彼女とのギャップがありますね。
アナルセックスでは、主人公の肉棒を突き立てられて、はしたない下品な声をあげる姿も。

終盤では、ストーリー展開に色々起こった結果、通常のとは別物の行為描写もありますが、ここはちょっと興奮しないかなぁ(汗)
あんまり説明できないんですが、雰囲気、世界観が違うというか…、これを、いやらしい目で見て良いものなのか(汗)

挿絵


挿絵は「のり太」さんが手がけています。

帯にもあるんですが、「おとボク」コンビなんですよね。
…まぁ、美少女文庫っぽく、それっぽいタイトル付けしていますしねぇ、意識しているのは明らか(汗)

しっとりとした美麗な描線で描かれた主人公、真理夜の姿は印象的ですね。
主人公も男子とは思えない様な可愛らしさで描かれているので、余計に真理夜との絡みは倒錯した雰囲気を感じられる仕上がりですね♪

可愛らしいだけではない、今作独特のダークな雰囲気なども感じられるのも見所ですね。
開幕早々の見開きの挿絵なんかがそれを象徴している一枚になっていますよね、重くシリアスで。

勿論、Hシーンでは淫らで主人公への愛情、大爆発な真理夜の姿を堪能でき、そのギャップ、ふり幅の大きさも楽しめますね。
吸血姫の姿も描かれているんですが、こういう姿恰好だとコスプレにしか見えないなぁ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、当初、普通に甘々な話なのかなと思ってたんですが、それだけではなかったですね。

ただ単に主人公を溺愛、イチャラブ~な話ではないので、好みは分かれるかもしれませんね。
確実に溺愛は溺愛なんですけどね、それ以外の要素も色々含むってだけで。

まぁ、個人的には終盤近くの展開は、ちょっと急展開で、若干、置いていかれた感もありましたが…。
でも、あれの展開ありきな吸血姫って所もあるんで、あれがないと、ヒロインが吸血姫である必要性なくなっちゃうしなぁ(汗)

吸血姫という設定もあって、色々ファンタジーというか伝奇物みたいな雰囲気もあって、独特な作品に仕上がっているので、若干好みが分かれるかなとも思いましたね。
個人的には、読む前に期待してたものとは何か違った毛色の作品だったので、何か変な読後感になってしまった所はありましたね(汗)

人外ヒロイン、若い主人公、シリアスめな展開などの要素が好みであれば、よりこの作品を楽しめるかなと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
吸血姫は弟に恋してる (美少女文庫)

DMM 電子書籍
吸血姫は弟に恋してる

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 吸血鬼メイドさんは甘やかしたい レビュー


吸血鬼メイドさんは甘やかしたい (美少女文庫)
2018年7月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男性です。
そんな彼は、放浪癖のある母親からの手紙をもらい、そこに指定された場所へ向かう事に。
人里離れた山奥の中に、その目的地の洋館はありました。

恐る恐る洋館に入った主人公を出迎えたのは、人間離れした美しさをもったメイド「シルヴァ」だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • シルヴァ
がいます。

シルヴァは、洋館のメイドです。
優しく穏やかな物腰をしており、主人公をお世話する事に燃えています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が母親の手紙に書かれた場所に向かうと、そこにはメイドのシルヴァがいたという流れですね。

元々、主人公の母親は主人公を置いて、度々放浪する癖があるんですね(汗)
一応、癖ってか、理由はあるんですよ、念のため(汗)

まぁ、定期的に生活費が振り込まれ、近況を知らせる手紙が来るので、全く放置している訳ではないんですが。
そして、この日も主人公の元には母親からの手紙が…。

しかし、その手紙ではこれまでの内容とは少し雰囲気が違うものだったのです。

そこには、主人公にある場所に向かってほしいとの内容が。
そして、本と銀色が導いてくれるという、謎の文面も。

何だかよく分からないものの、主人公は同封された地図に記載された場所を目指す事に。
人里離れた山奥に、目的の場所はありました。
それは、立派な洋館でした。

恐る恐る、洋館の中に入る主人公。
そこで主人公を出迎えたのは、銀色の髪が印象的な美人なメイド服姿の女性「シルヴァ」でした。
そして、彼女は何と主人公が自分の主である事や、自身が人間ではなく吸血鬼であると口にする流れですね。

…超展開!(汗)

こうして、主人公はなし崩し的に、シルヴァのご主人様として、この洋館に滞在する事になる流れですね。

序盤は、これといった目的、理由が弱いんですよね。
この時点では、例の母親からの手紙で招かれた理由も分からないままですしね。
なので、その間は、メイドさんなシルヴァとのまったりでHな雰囲気の展開が長く続く事になりますね。

Hシーン


Hシーンは、シルヴァとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや手コキ、パイズリなどがあります。

やはり見所としては、主人公がメイドのシルヴァから様々なご奉仕を受ける展開でしょうか。

序盤に彼女から、何故かご主人様として歓迎される事になる主人公。
彼女は、長い事、主を失ったままメイドとして存在していた訳ですが、ここにきて主人公という主人を見つける事になる訳ですね。
それゆえに、彼女としては念願の主を得たのですから、当然メイドとして力が入るのは分かりますよねぇ。

そんな彼女なので、主人公に対して最初から全開で接してくる事になる訳ですが、当然主人公には耐性がありません(汗)
美人でメイドでナイスボディな彼女が積極的に来るんだから、そりゃタジタジになるのも分かりますねぇ。
主人公も健康な男性なので、純粋に甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるシルヴァに対して、悪いとは思いつつも性的な興奮をしてしまうのは自然な反応ですね。

お約束で、シルヴァはそういった男性の性に関して疎いです(汗)
そもそも、男性以前にこれまで長い年月ひとりで過ごしてきた彼女ゆえに、人間、男性に関して疎いのは仕方ないんですけどね。
一応、書物とかで概念的な男性の性に関する知識はあるにはありますけどね。

これまたお約束でHな気持ちなど一切なかった身体を洗ってもらう流れから、当然勃起してしまった肉棒を知らず知らずの内に射精に導かれてしまったり(汗)

普段のやり取りなどの中で、最初から好意的だったシルヴァがより一層好意的になっていく様が描かれていますね。
主人公との生活で人となりを知り、より主人としての敬愛を深める中で、Hなご奉仕にも熱が入っていく姿は魅力的ですね。
また、所々で彼女の視点の心情描写なども入っており、彼女の主人公への気持ちの変化も垣間見える様になっています。

彼女と関係を持つ様に至り、余計にご奉仕も熱を帯びていますね。
近年では、メイドとは名ばかりなメイドらしからぬメイドも珍しくはないですが、彼女は正統派♪
そんな彼女が、タイトルの通りにご奉仕を含めて、甘やかしてくれる事になりますね。

甘やかすというと、彼女の年齢もあって、お姉さん的な感じかと思うかもしれませんが、彼女の物腰やメイドとご主人様って関係性もあって、そういう感じではないですね。
あくまでもメイドとして、主人に尽くすっていうスタンスはあるかな。
とは言え、それが義務的な感じには感じないので、問題はないでしょう。

それに話が進むにつれて、ご主人様であり、恋人という関係性にも発展する事になり、より行為は甘さを含んだ物になります。
シルヴァも、これまでの人生で恋愛経験などなく、初めての恋に若干我を忘れている感もあるくらいに、舞い上がったりする姿は印象的でしたね、ギャップがあって。

そういえば、吸血鬼云々の要素はHに関しては、あまり関係なかったかな?
一応、主人公の血液を摂取する事で、発情状態に近い感じになったりとかの要素はありますが、それくらいかな。
まぁ、吸血鬼らしいプレイって何だって話ではありますが(汗)

挿絵


挿絵は「47AgDragon」さんが手がけています。
ラノベなどを手掛けている方みたいですね。

ってか、調べたら、今作の著者さんである「ちょきんぎょ。」さんとのコンビでラノベも手掛けているんですねぇ。

そのラノベのタイトルが「転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい」…(汗)
あー、美少女文庫らしく、それありきの今作のタイトル付けなんですねぇ、きっと。
まぁ、本人たちが手掛けているんだから、別にパクリでもないから良いのか(汗)

淡く繊細で可愛らしい絵柄が特徴的ですね。
彼女の人外的な美しさと柔らかい雰囲気を感じられるデザインになっていますね。

一部、ページ1枚の挿絵ではなくて、ページの半分は文章でもう半分が挿絵になっている、面白い試みも。
また、こういう表現方法だと新鮮さと、このシーンで受ける印象も少し変わってきますよね。

少し気になったのは、似た様な表情が多めだった事かな。
欲を言えば、もう少し色々な表情とかも見てみたかったかなって。
まぁ、シルヴァが常に穏やかだから、結果、似た様な表情とかに感じたのかもしれませんが(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、思った以上にまったりとした内容だったかな。
何せ、母親の手紙から洋館に行って、目的を理解するまで、結構かかるんですよね(汗)
なので、それまではシルヴァとのご奉仕を楽しみながら、仲を深める感じに終始するので、話が大きく動き出すのが遅いんですね。

そのため、ページ数の割には内容がないと感じるかもしれませんね。
まぁ、その分、シルヴァとのイチャラブな生活を堪能できるとも言えますけどね。

最近の美少女文庫の様な、ぶっ飛んだ展開、ぶっ飛んだヒロインみたいな、インパクト重視な作品ではないので、それと比べるとどうしてもパンチのなさは感じます。
でも、こういうメイドさんとイチャラブな穏やかな雰囲気が好みであれば、十分楽しめる仕上がりになっているとは思いますよ。

Amazon版 電子書籍
吸血鬼メイドさんは甘やかしたい (美少女文庫)

DMM 電子書籍
吸血鬼メイドさんは甘やかしたい

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 2018/7/20分 新刊購入

  •  投稿日:2018-07-20
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2018/7/20分の新刊購入しました♪

「吸血鬼メイドさんは甘やかしたい」
吸血鬼メイドさんは甘やかしたい (美少女文庫)
「竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り」
竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り (美少女文庫)
「吸血姫は弟に恋してる」
吸血姫は弟に恋してる (美少女文庫)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)
タイトルだけだと全部人外ヒロインなのかな?

レビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 吸血鬼メイドさんは甘やかしたい レビュー
美少女文庫 吸血姫は弟に恋してる レビュー
美少女文庫 竜王の汚れ仕事! 女子サキュバスの弟子入り レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

オトナ文庫 いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁! レビュー


2018年5月発売のオトナ文庫の不定期レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼は学校で同級生からいじめを受けていました。
しかし、いじめっ子から結果的に怪我を負わされてしまう事に…。

後日、主人公の前にいじめっ子の母親「久美子」(くみこ)が現れる事に。
謝罪かと思いきや、お金の力でこの件をもみ消しに来た事で、主人公の怒りが爆発し、久美子に金銭ではなく、身体を要求する展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 芹沢 久美子」(せりざわ くみこ)
がいます。

久美子は、主人公をいじめた生徒の母親です。
企業の社長でもあり、エリート気質な面も垣間見えます。
母子家庭で息子を溺愛しています。
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁!

ストーリー展開


展開的には、いじめで怪我を負った主人公が、いじめっ子の母親に身体を要求する流れですね。
これだけ見たら、どっちが悪なのか…(汗)

主人公は、元々以前から久美子の息子にいじめられていたんですね。
金持ちの家なのに、主人公からお金を巻き上げ、暴力を振るわれてきたのです。
そして、この日、階段で突き落とされた主人公は骨折する大怪我を負う事に…。

普通に事件じゃないか、これ(汗)
しかし、入院している期間、張本人はおろか、その家族も誰一人として見舞いに来る事はありませんでした。

そして、ようやく退院した主人公の元にやって来たのが、いじめっ子の母親である久美子でした。
ようやく謝罪に来たのかと思いきや、彼女から聞かされたのは、彼女側の都合でした。

息子がこんな事をしでかしたとなれば、今後進路にも影響があると。
そこで普通よりもお金を出すから、あれは事故だったという事にして欲しいと言う訳ですねぇ。

久美子の勝手な言い分に、主人公は怒り心頭。
そこで主人公は、お金ではなく、同い年の息子がいるとは思えない身体をしている久美子の身体を要求する流れですね(汗)

…何だかんだ主人公もいい性格しているよね(汗)
どうも、そういうSな面が覚醒したのか、以降、主人公は久美子と関係を持って、自分の物としていく事になりますね。
いつも通りな、ここの主人公像だな(汗)

Hシーン


Hシーンは、久美子との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキ、アナルセックスなどがありますね。
その他の要素では、小道具などを使用する展開も一部ありましたね。

やはり、ここのメーカー作品なだけあって、ヒロインである久美子は即行、堕ちます(汗)
元々、久美子は夫とは離婚し、仕事一筋で来ているだけに、そういう相手も機会ももう何年もなかった訳ですが、主人公との行為で絶頂させられる事に。
この時は、主人公は童貞で初めてだったというから、末恐ろしい…(汗)
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁!

Sな主人公に対して、久美子は実はMっ気が強い所が明らかになっていきますね。
普段、社長で高圧的にしているプライドの高い女性な彼女が、自分の息子と同い年の子供に命令されて、行為を強要されるってのは、かなりの屈辱である衝撃的なものですよね。
そんなはずなのに、身体は確実に過敏に反応してしまい、強い快感を得てしまうという、次第にMっ気が開花していく事に。

この時点では、全て主人公に許す程に染まり切ってはいないですが、身体は確実に進行していますね。
元々、以前の夫との行為ではそんな快感を覚える事もなかったそうなので、それが主人公相手で知るってのが(汗)
まぁ、こうなると久美子と主人公の年齢差による、経験のアドバンテージは殆どないって事ですね。

なので、常に主人公がリード、主導権を握り続ける事に。
そもそも、あの事件があるのだから、絶対的に久美子の立場は弱いものな訳ですが…。

ドンドンエスカレートしていく、主人公の行為。
自宅だけではなく、彼女の職場まで行って行為をさせるなど、結構大胆な面も(汗)
こんな度胸があるなら、いじめに遭わなそうなものですが、この件で覚醒したんでしょうかね(汗)
まぁ、実際久美子を自分のものとした後は、息子であるいじめっ子相手にも余裕が出ており、表向きは従うフリして、馬鹿な奴だと内心憐れんでいますしねぇ。

回を増す毎に、ドンドン淫らに従順になっていく久美子。
ある程度まで進行しちゃうと、もはやこれまで溺愛していた息子に何も愛情を抱かなくなったりと、すっかり主人公に心酔。
毎回、章が変わる際に久美子の心情が描かれているんですが、最初は主人公を悪魔の子だとか思ってたのに、ご主人様なしの人生など考えられないとまで(汗)

まぁ、ここの作品では当たり前ではあるんですが、かなりキャラの言動がアレになるのがね(汗)
主人公もですし、自分自身もマゾババアなど連呼したり、♪マーク乱舞だったりと、中々読んでいてしんどい様に(汗)
ほぼ、全部そんな感じなので、中盤から終盤あたりは逆に入り込みにくいかもしれませんねぇ。

…そもそも、久美子は確かに主人公と同い年の息子のいる女性ですが、それでもババア呼ばわりがちょっとねぇ(汗)
そりゃ、学生である主人公からしたら、年齢差はありますが、美人ですし、自他共にババア呼ばわりは個人的には違和感を覚えたんですよね。
まぁ、そういう罵倒というか、呼ばわりするのが、他作品含めて、ここの特徴でもあるので今更感ありますが。

せっかく母親でもある訳ですから、実の子供よりも甘えさせるとか、母性感を利用する様な展開があっても良かったかなと思いましたね。
どうしても、ここの作品はヒロインとは対等な関係ではなく、主従関係になってしまうからねぇ(汗)
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁!

終盤では、妊娠してお腹が大きくなった久美子との行為も描かれていますね。
彼ららしい卑猥な結婚式などを披露してくれておりますぞ(汗)

ここだけではなく、今作ではちょいちょい他の人間に見られる状態での行為も目立ちましたね。
まぁ、そんな周りの目など大して気にせずやりたい放題で痴態を見せつける始末ですが(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「T-28」さんが手がけています。
ここの作品では、多くを手掛けているので、お馴染みですね。

気の強いプライドの高い久美子を従わせる訳ですので、最初は気が強い表情な久美子が見れますね、最初だけ(汗)
即行、行為で追い込まれていき、すぐにメロメロになってしまうので、あまり勝気さなどは見えなくなってしまうのはちょっと残念かな。

終盤では、上記でもある様に妊娠して大きくなったお腹での行為を見せつけてくれます。
全く、妊娠しているのに母性感の欠片もない、ただただ下品な姿(一応、誉め言葉)は見所でもあります(汗)

一部では、アヘ顔的な表情もありましたので、苦手な人は一応注意を。

挿絵数:32枚

総評


全体的には、いつものノリだったなという感じでしょうか(汗)
ここの作品らしい暴走っぷりは、ある意味安定していますねぇ。

そういう意味では、新鮮味はありませんが、このいじめっ子の親を~ってシチュエーションは個人的に好みなので中々良かったですね。
まぁ、行為の内容に関してはドンドン好みの範疇からは外れていきましたがね(汗)

いつも通り、即行堕ちたりの内容が問題なければ、それなりに楽しめるかなとは思いますが…。
このメーカーのいつものノリが苦手だと今一つかもしれませんね、良くも悪くもな短絡的で力押しなノリだから(汗)


Amazon版 電子書籍
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁!~ドSな女社長ママをドMオナホにしてやった♪~ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁!〜ドSな女社長ママをドMオナホにしてやった♪〜

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
いじめっ子の爆乳母ガチ孕ませ制裁! 〜ドSな女社長ママをエロ酷いことで悦ぶドMオナホにしてやった♪〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 俺の彼女がガチ変態すぎる レビュー


2018年7月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、普通の男子学生?です。
そんな彼は、憧れの先輩だった「マナ」が家族の再婚によって家族、姉となる事態に。
そんな中、主人公はマナの入浴中に脱衣所で使用済みのパンストを発見してしまい、自慰をしている所を本人にバレる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 相川 マナ」(あいかわ)
  • 水無瀬 かなで」(みなせ)
  • 高槻 みお」(たかつき)
  • 長岡 ここね」(ながおか)
がいます。

マナは、主人公の義理の姉です。
最近、両親の再婚により、家族となった経緯があります。
優しく母性的な雰囲気を持つ一方、ある秘密を持っています。
俺の彼女がガチ変態すぎる

かなでは、お嬢様育ちで、上品な物腰で学校でも人気の美少女です。
しかし、その一方、ある秘密を持っています。
俺の彼女がガチ変態すぎる

みおは、主人公のクラスメートです。
沈着冷静な雰囲気で、表情を基本変えない所があります。
彼女もある秘密を持っています。
俺の彼女がガチ変態すぎる

ここねは、主人公の義姉の親友です。
個性向上部という謎の部の部長も務めています。
実は売れっ子漫画家としての顔も持っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が義理の姉となったマナに自慰を目撃される流れですね。
…終わった(汗)

それも、彼女の使用済みのパンストで自慰してたのだからねぇ(汗)

まぁ、これにはある理由がありました。
この主人公、ごく普通の男子学生な訳ですが、その性癖は少しマニアックだったのです。
ザックリ言うと、パンストに関する要素がないと興奮というか、勃起しないという難儀な性癖を持っていたのです(汗)

ただ未使用パンストではダメで、使用済みか着用中の姿などじゃないとダメとか、色々細かい(汗)

それゆえに、中々射精する機会がなかったのです。
パンスト女子とか見るだけでは勃起しますが、その場で自慰は出来ませんからねぇ…。
自慰が出来る状況下では、パンスト女子や使用済みパンストはないために、自慰をする事ができないというモヤモヤを抱えてきたんですね。

しかし、この日、脱衣所で義姉であるマナの使用済みパンストを見つけてしまったのです。
ここは、自宅な訳ですから、自慰をする環境は整っている…!
まぁ、脱衣所でそのまま自慰したから、パンストの持ち主であるマナにはバレた訳ですが(汗)

完全にアウトな現場を見られてしまった主人公。
しかし、マナの反応は主人公の思っていたものとは少し様子が異なったのです。

そして、彼女から語られた内容は、主人公に衝撃を与えるものでした。
何と、彼女はHな玩具、オモチャを使っての自慰が大好きだという、優しく母性的な彼女の印象とはかけ離れたものだったのです(汗)
そんな彼女なので、主人公が自慰をしてた事など、怒る訳もなく、むしろ積極的にしろと言わんばかりの反応。

そのまま、お互いに自慰の見せ合う事態に…(汗)

その後、主人公は彼女から、彼女も所属している、とある部活動に招かれる事に。
部室に行くと、そこは学校でも有名な美少女たちばかり。
この部活は、どうやら「個性向上部」という何だか良く分からない部…。

何と、ここにいる娘らは、マナ同様に何らかの性癖を抱え込んでいる女子たちの集まりだというのです。
今までは女子ばかりだった部に主人公が、なし崩し的に仮入部扱いで所属する事になった事で、女子たちとのおかしな関係が始まる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、マナ、かなで、みおとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやアナルセックス、自慰、足コキなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具を使用する展開などがありましたね。

やはり、今作の見所は、どのヒロインたちも色々性癖を持っているって所でしょうか。

義姉のマナは、三度の飯よりも自慰(アナルはバイブなど)が大好きに始まり…(汗)

かなでは、お嬢様なのにドSで、男を支配したい。
みおは、自撮りでの露出趣味。
ここねは、妄想癖が強く、ドスケベな事を日々考えている、などなどです。

…うーん、確かにそれなりに性癖こじらせている感はあるものの、何か肩透かしな気もする(汗)
あんまりどぎつい性癖だと、ハマれない可能性もあるし、このくらいが丁度良いかもしれませんね。
主人公は、そんな性癖の女性陣に応える様な形で関係を持っていく事に。

まぁ、自分からは中々いけませんよねぇ、唯一の男子だし、立場は弱いよね(汗)
後、関係を持つと書きましたが、これは、本番行為って意味ではありません。

性癖をこじらせている彼女たちですが、だからと言って、誰とでもHする訳ではないですよね。
なので、序盤は、お互いに自慰しあったり、手コキ、足コキだったりで射精させられるという形が主になっているんですね。
アナルセックスはアナルなので、純粋に本番行為ではないという事で(汗)

まぁ、中盤過ぎになって、ようやく本番行為が解禁になりますけどね。


正直言って、例の主人公の性癖、パンストじゃないと興奮できないって奴ですが、あんまり期待しない方がよろしいかと(汗)
予想通りというか、言う程パンスト要素は割と薄くて、本物のパンスト好きには物足りないんじゃないかなぁ。
単に女性陣が、毎回Hシーンでパンスト着けてくれているって程度の要素と思って良いかと思います。
俺の彼女がガチ変態すぎる 俺の彼女がガチ変態すぎる

タイトル的にもパンストメインな作品ではなく、あくまでも女性陣の性癖の方が主な内容ですからね。

中盤を過ぎた辺りから、物語は大きく動き出す事に。
ここから、物語はメインヒロイン寄りの話の展開になっていく事になりますね。
ちなみに、今作のメインヒロインは、義姉のマナです。

マナを異性と意識していく中で、主人公の中でパンストがなくてもマナにだけは勃起する様になる事に。
…パンスト好き設定が消えてしまった(汗)
まぁ、パンストがなくても勃起できるヒロインが現れたっていう事を強調付けたいための要素って感じですかねぇ。
他のヒロイン相手の行為には、パンストが必須なので、マナが特別な存在という分かりやすい証ですね。

マナは、自慰が好きでこれまでは処女だったので、バイブはアナルに使ってた訳ですが、本番解禁した事でバイブも解禁(汗)
バイブとかを扱う事もあってか、SM色のある行為展開も一部描かれていましたね。
マナの性癖的にどうしても、小道具系が登場しやすいのは分かるんですが、個人的には小道具系に興奮しないので、ちょっと微妙だったかな(汗)


中盤以降は、マナメインになるゆえに他のヒロインはHはおろか、出番自体が(汗)
みおは、結構個人的に好みだったのですが、かなでがちょっと…。
多分、彼女ももっと彼女寄りな展開だったら、色々内面とかも描かれていったんでしょうが、これだけだとただのSキャラだったなぁ(汗)
可愛さが発揮される前に出番が終わった感が勿体ないな、と。

一応、このふたりも初回の本番行為までは描かれているので、最低限の扱いはされていますね。


あ、それと部長である、ここねに関しては一切Hないです(汗)
彼女は、他の部員というか、主人公とヒロインたちの行為を見て、作品に活かす事にだけ集中するので、全く行為ないです。
原作版のサイトでもHシーンのサンプル画像もなかったんですが、どうやら彼女はルート自体も存在しない、サブキャラみたいですね(汗)
確かにあとがきにも、マナ、みお、かなでの3ルートが楽しめますってありましたね、そういえば。

原作版のサイトには、更にもう一人のヒロインもいるみたいですが、3ルートって考えると、この娘もHはなさそう?
…ぱっと見、一番好みなデザインだったので、ちょっと残念(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しています。
原画担当は、「水上凛香」さんが手がけています。

可愛らしく綺麗な絵柄で、生々しさは感じない仕上がりが印象的ですね。
変態たちである女性陣も、この絵柄だから普通に可愛らしく見えますね♪
俺の彼女がガチ変態すぎる 俺の彼女がガチ変態すぎる

主人公のパンスト好き設定があるため、大半の行為シーンには女性陣がパンストを着用しているのも特徴でしょうか。
まぁ、そこまでフェチ感を感じさせる様なものは特にないと思いますが、アクセントにはなっているかなと思いますね。
俺の彼女がガチ変態すぎる

挿絵数:26枚

総評


全体的には、言う程、変態感は感じなかったかな(汗)
もっとぶっ飛んだ作品も多いだけに、それ程強烈なインパクトはなかったのは事実かな。
まぁ、現実でもそうですが「~すぎる」ってのは、実際、~過ぎた試しがないですな(汗)

実質ヒロイン3人で、中盤からひとりに絞る流れなので、他のふたりがどうしても薄い印象止まりで終わったのは仕方ないんですが、ちょっと勿体ないですね(汗)
まぁ、そちらは原作版で個別のルートをやってもらうしかないのかな(汗)

後、意外とミスがありましたね。
「とりあえず2週間」ってのが、「とりあず2週間」だったり。

一瞬意味が分からなかったのが「そのほど度なら構わない」で、多分「その程度」って言いたかったのかな(汗)
でも、「ほどど」で変換しないよね…、何でこんな事に(汗)

この「ほど度」、その後も何度か登場しており、気になってしょうがない(汗)

原作PC版
俺の彼女がガチ変態すぎる
スタジオ桃華 (2018-03-23)


DMM 原作PC版ダウンロード
俺の彼女がガチ変態すぎる

Amazon版 電子書籍
俺の彼女がガチ変態すぎる (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
俺の彼女がガチ変態すぎる

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます