FC2ブログ

2018年03月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2018年03月

2018年03月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2018-03-13ぷちぱら文庫
Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果 (ぷちぱら文庫creative 181)posted with amazlet at 18.07.31愛内なの パラダイム (2018-03-09)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、長年冒険者をしている青年男性です。しかし、その年数とは裏腹に冒険...

記事を読む

2018-03-10新刊
ぷちぱら文庫 2018/3/9分の新刊購入しました♪「Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果」異世界転生ってタイトルにないんで、一応購入しましたが…、大差ない予感がひしひしと(汗)まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果 レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願い...

記事を読む

2018-03-06リアルドリーム文庫
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)posted with amazlet at 18.03.06早瀬真人 キルタイムコミュニケーション (2018-03-02)売り上げランキング: 9,546Amazon.co.jpで詳細を見る2018年3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、父親とふたり暮らしの学生です。そんな彼は、父親が再婚した事により、いきなり義理の母、更にその娘であるふたりの姉妹とも家族に。新たな...

記事を読む

2018-03-04ぷちぱら文庫
催眠学園2年生 (ぷちぱら文庫 274)posted with amazlet at 18.03.03布施はるか パラダイム (2018-02-28)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。以前、レビューした作品の続編タイトルみたいですね。▼ぷちぱら文庫 催眠学園3年生 レビュー 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「八部 千夏」(やたべ ちなつ)「明石 ほのか」(あか...

記事を読む

2018-03-03新刊
リアルドリーム文庫 2018/3/2分の新刊購入しました♪「魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹」何かリアルドリーム文庫、久しぶりと思ったら…、前回の作品が、え、去年の9月発売!?(汗)まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞリアルドリーム文庫 魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

2018-03-03ぷちぱら文庫
白衣の天使はお世話好き! 〜ラブラブエッチな入院生活〜 (ぷちぱら文庫 273)posted with amazlet at 18.03.03和知まどか パラダイム (2018-02-28)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、強豪サッカー部でバリバリのレギュラー選手として活躍している男子学生です。そんな彼は、道で車に衝突しそうになっていた女性を咄...

記事を読む

2018-03-01新刊
ぷちぱら文庫 2018/2/28分の新刊購入しました♪「催眠学園2年生」「白衣の天使はお世話好き! ラブラブエッチな入院生活」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 白衣の天使はお世話好き! ラブラブエッチな入院生活 レビューぷちぱら文庫 催眠学園2年生 レビューブログランキング参加中です。よろしければ応援お願いします♪...

記事を読む

ぷちぱら文庫 Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果 レビュー


2018年3月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、長年冒険者をしている青年男性です。
しかし、その年数とは裏腹に冒険者としてのランクはFランクと決して高くない状態…。

そんな中、主人公は頭数が足りない冒険者パーティに参加する中で、偶然に強力なスキルを手に入れる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • クリステラ
  • ライラ
がいます。

クリステラは、女騎士であり、冒険者です。
誇り高く真っすぐな性格の持ち主でもあります。
真面目ゆえか、性的な事などにはかなり初心な面も。

ライラは、魔法使いの少女です。
可愛らしく天真爛漫な性格で、小悪魔的な魅力も持っています。
一言多い面も。

ストーリー展開


展開的には、Fランクの冒険者な主人公が偶然強力なスキルを手にいれる流れですね。

主人公は、元々10年くらい冒険者を続けている、それなりのキャリアのある冒険者。
しかし、その冒険者としてのランクは、Fランクと決して高いものではありませんでした。
この世界では、Aランクが最高みたいなんで、Fってのはかなり冒険者としては底辺な訳ですねぇ。

普通なら、冒険中に命を落とすか、今後の将来を考えて別の生き方を模索するレベルらしいです(汗)

それゆえに周りからは、小馬鹿にされる事も珍しくはない立場な訳ですが、そんな主人公にギルドからお呼びがかかったのです。
まぁ、呼ばれた理由は荷物持ちが必要になったので、急遽荷物持ち要員としてのお呼びだったのですが(汗)

そんな自分の立場を自覚して参加するも、主人公よりも1ランク上の冒険者パーティの連中からは小馬鹿にされる始末。
何とかパーティについていた主人公でしたが、ダンジョン内の落とし穴の罠にかかってしまう事に…。
しかし、主人公の危機を助けてくれたのが、パーティ内で唯一主人公を小馬鹿にしていなかった女性冒険者のクリステラでした。

まぁ、結局はふたりして落とし穴に落っこちてしまうんですが(汗)
ふたりで脱出を目指して行動中に偶然発見したのは、隠し宝箱であり、中にあったのは、スキルオーブなるアイテム。
これを使うと何かしらのスキルを習得できるという代物だそうで。

無事にダンジョンから脱出するためにも、何か習得できるのか未知数でありましたが、試してみると、スキルブーストなるスキルを習得できたのでした。
どうやら、習得済みなスキルの効果をブーストできるらしいのですが、試してみると通常の効果倍増以上の効果が!?

こうして、これまではFランクらしく、低レベルな効果のスキルばかりしか使えなかった主人公でしたが、弱スキルを強スキルへとブーストできる様になった事で、徐々に冒険者としてのランクを上げていく事となる流れですね。


良かったのは、スキルを手に入れた瞬間、即最強ってならなかった事ですね。
この後、一緒に行動してたクリステラと正式にパーティを組む事となり、親密な関係へと発展していく事になっていきますね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰や足コキ、パイズリなどがあります。

スキルブーストのスキルを得た主人公ですが、クリステラとの関係のきっかけも、このスキルによるものなんですね。
彼女は、かつては凄腕の冒険者でもあったのですが、以前受けた大怪我によって全盛期程の強さは発揮できない状態なんですね。
そこで、主人公がマッサージのスキルが使えるので、それをスキルブーストの効果でクリステラの身体をケアする事になった訳ですが、マッサージ…。

マッサージで、何となく想像付きそうな気もしますが、何故かケアにも効果があると同時にマッサージによって、クリステラが発情してしまう結果となり、関係に至る流れになっていったって感じですね(汗)
まぁ、彼女は生真面目な性格ですから、その後も内心主人公との行為を求めつつも、恥ずかしいので、あくまでもマッサージを頼むという形でその後に主人公との行為を暗に期待している様が、彼女らしくて良かったですね♪

でも、逆に言えば、このスキルブーストの効果をHに対して活用する様な場面はこれくらいしかなかったですね。
てっきり、もっとHでもこのスキルをフル活用しまくるのかなって思ってたので、そこはちょっと意外でした。
まぁ、個人的にはそういうスキルとかで、精力アップしたりとかの展開、あまり好きじゃないので、無くても特に問題ないですけどね。

なので、行為に関しては基本普通の展開ですね。
強いて言えば、クリステラとライラ相手で行為の雰囲気、扱いが異なるってくらいかな?

クリステラは、最初から主人公に別に好意的って訳でもなかったですが、窮地を助けたりなど真面目なキャラクター。
そして、例のマッサージを経て、関係を持つに至り、公私ともにパートナーとなっていく事もあり、当然甘い雰囲気が両者の間には流れますよね♪

一方、ライラですが、彼女も実はクリステラと同じパーティメンバーだったんですよね。
…つまり、主人公を低ランク冒険者と小馬鹿にしてたひとりでもある訳です(汗)
まぁ、主に馬鹿にしてた連中が他にいたので、彼女が特別馬鹿にしてたって程ではないのですが、軽くはね(汗)

その時点で、もうクリステラとは好感度のスタート値が違う訳ですよね。
更にライラは、その後に主人公たちとひと悶着の結果、主人公が身柄を預かる事になるのですが、まぁ、小生意気な娘なので…。
そこから主人公に性的な「お仕置き」をされてしまう事になるため、大分クリステラとは雰囲気が違うと(汗)

以降もライラに関しては、基本責める展開の行為が目立った印象ですねぇ。
まぁ、そこまで過激でえげつないレベルではないので、そんなしんどいものではないですので、そこはご安心を。
あくまでもクリステラに比べればって事ですね。

個人的には、正直クリステラだけでライラの存在はいなくても特に問題なかったのではないかと思ったのは内緒(汗)
まぁ、ライラの存在が結果として、クリステラの焼きもちを刺激して、行為をねだったりとか、独占欲を垣間見せる様になったので、まったく無意味な存在でもないですけどね。
基本的に主人公もクリステラも、落ち着いた性格だから、お調子者というか自由なライラはどうしてもオチに使われるなぁ(汗)

終盤では、そんなふたりを交えてのハーレム展開も描かれていますね。
まぁ、ライラもぶつくさ言っていますけれども、何だかんだ満更でもない様子なのが垣間見えて、微笑ましいですね。
一方で、クリステラもライラのからかいに、羞恥で真っ赤になったりと相変わらず初心な面を見せてくれますね♪

挿絵


挿絵は「218」さんが手がけています。

可愛らしくて繊細な色気をたっぷり含んだ絵柄が印象的ですね。
ヒロインたちがふたりとも行為中に顔を上気させて悶える様は、年齢以上に色気を感じますねぇ。

ふたりとも結構な巨乳なので、もう少しパイズリとかの場面があれば良かったかなぁ。

個人的にはライラも行為中は雰囲気が違うなぁと思ったんですが、魔法使いのあの特徴的な帽子していないからかな?
でも、作中の挿絵では一切帽子した姿は描かれていませんがね(汗)
表紙絵とかでは描かれていますけども。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、チートってあったので、身構えていたのですが、思っていたよりも随分まともでしたね。
段階を踏んで、徐々に強くなっていく成長過程があった分、馴染みやすかったです。

まぁ、恐らくそれでも一般冒険者からしたら、異常な成長曲線なのでしょうが、他の愛内作品の万能主人公に比べれば十分普通の主人公ですね(汗)

愛内作品に限らず、よくあるチート系な強さを誇る作品ってその手の主人公特有の主人公像ってあるじゃないですか。
妙に達観してて可愛げのない淡々とした奴みたいな(汗)
あれには、心底ウンザリしていたので、そうじゃなかっただけで個人的には十分ですね。

正直、話としては、何か凄い事をする訳ではないので、スケール感は今一つだったかな?
一応、Aランクでも全滅しそうな強敵が出てきて、それの討伐とかはありましたが、あくまでもダンジョン内の話なので、あんまり…。
なので、終盤は何かまったりスローライフ的な所に落ち着いてしまっている印象があり、冒険者と言ってもあんまりドンパチする様な内容ではないので、ご注意を(汗)

たまに冒険しながらまったりヒロインとイチャラブするのが好みであれば、中々楽しめる作品かと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果 (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

ぷちぱら文庫 2018/3/9分 新刊購入

  •  投稿日:2018-03-10
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2018/3/9分の新刊購入しました♪

「Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果」
Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果 (ぷちぱら文庫creative 181)
異世界転生ってタイトルにないんで、一応購入しましたが…、大差ない予感がひしひしと(汗)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 Fランク冒険者がうっかりチート能力を拾ってしまった結果 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

リアルドリーム文庫 魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 レビュー

魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション (2018-03-02)
売り上げランキング: 9,546

魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)
2018年3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、父親とふたり暮らしの学生です。
そんな彼は、父親が再婚した事により、いきなり義理の母、更にその娘であるふたりの姉妹とも家族に。

新たな女性たちのいる環境に、思春期の主人公はムラムラが止まらない事になる展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 古田 絵里子」(ふるた えりこ)
  • 古田 美貴」(ふるた みき)
  • 古田 萌」(ふるた もえ)
がいます。

絵里子は、主人公の自宅隣に住んでいた未亡人です。
主人公の父親とは、交際しており、最近再婚を決意しました。
色気ムンムンの豊満なボディの持ち主でもあります。

美貴は、絵里子の娘です。
主人公とは昔からの幼なじみの関係であり、主人公に対して常に強気で負けず嫌い。
家族の絆を強く大事にしており、何でも相談できる関係でもあります。

萌も、絵里子の娘で美貴の妹です。
天真爛漫で時に予想しないような行動に出る面も。
主人公に昔から懐いており、慕っています。

ストーリー展開


展開的には、主人公の父親が再婚した事で家族を得たものの、美人、美少女だらけで色々落ち着かない主人公って流れですね。

元々、主人公と絵里子たち親娘の関係は、近しいものがありました。
それは家が隣同士であった事もあり、昔から母親の絵里子をはじめとして、娘の美貴、萌とも幼なじみの関係だった事です。

そして、主人公は実は美貴たちの母親である絵里子に対して、淡い恋心を抱いていたんですね。
主人公は、幼い頃に母親を亡くしており、以来、絵里子を母親の様に感じており、それがいつしか異性への好意に変化していった経緯があるんですね。

そんな中、突如明らかになった父親の再婚話。
その相手が、絵里子だった事で主人公は驚きやらショックやら入り混じった感情を抱く事に。
事前に再婚話はされていなかったので、いきなりそんな話を聞かされては心中穏やかではないのは分からなくもないですが(汗)

こうして、絵里子たち親娘と一緒に同居する事となった訳ですが、主人公としては悩ましい所で…。

何せ、自宅に憧れの存在である絵里子を含め、女性陣がいる…。
性欲で生きている様な年齢な主人公からしたら、もう気が気がじゃないですよね(汗)
当然?ムラムラしちゃう訳ですよ、健康的な男子としては。

そんな中、主人公たち一家は旅行に行く事に。
まぁ、肝心の父親は最近怪我して入院しているので、主人公+母娘という構成ですが。

しかし、旅行前日に欲望に突き動かされてしまい、主人公は絵里子の下着を盗むという行動に…。

しかし、悪い事はできないもの。
何と、その下着をかぶって自慰に耽っている場面を娘の美貴、萌に目撃されてしまう地獄の展開に(汗)
また不幸な事に、実はその下着は絵里子ではなく、美貴のものである事が分かり、美貴から盛大に見下される羽目に(汗)

こうして、最悪の状況、空気の中で旅行に行く事になる流れです。
…死にたくなりますね、こんな状況で旅行って居心地最悪でしょう(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがあります。

やはり見所は、家族となった母娘との行為でしょうか。

特に主人公の憧れの存在である絵里子との行為は見応えがありますね。
まぁ、下着を盗もうとした行為を知って、叱りはしたものの、軽蔑とかはしていないのはさすが大人ですねぇ。
元々、彼女自身も男の子供がいなかったゆえに主人公を息子の様に可愛がってきた経緯がありますからね。

主人公としては、異性ではなく、あくまでもそういう目線で見られている事には少しがっかりではありますが。
まぁ、年齢差を考えれば当然の事かなとは思いますけどね(汗)
なので、そこから主人公の好意を知っての行為が始まる訳ですが、未亡人なだけに行為でのいやらしさは普段とのギャップが感じられますね。

この時点ではフェラなどでの射精で終わり、本番行為はお預けとなりますが、それでも意中の女性からの行為なんてたまりませんよね♪

その後は、娘の美貴、萌とも関係を持っていく事になりますが、美貴との行為が早かったのは意外でした。
大体、こういうツンデレ?系な娘って、主人公と揉めまくって素直になれないだけに最後に回りがちな事が多いんですよね、リアルドリーム文庫では。
でも、最初から行為に至ったってよりかは、会話の流れでそうなった感じで、これまたこじれそうな関係のままなのが(汗)

ちょっと美貴のキャラクターは、好みが分かれそうですね(汗)
冒頭のあんな事があったのが大きいとはいえ、とにかく主人公にツンケンしまくりで、分かりやすいデレがあまりないので…。
個人的には、もう少しデレがあっても良かったかもしれませんねぇ。

萌は、姉の美貴とは対照的に天真爛漫で最初から主人公に好意的で慕っていますね。
妹らしく可愛らしいベタなキャラかと思ったら、意外と小悪魔的な要素も併せ持っているのが印象的でした。
家族で一緒に食事している際に、シレっと主人公の股間を弄りだす大胆な行動に出たり…。
Hを経験して、一気に開花したのかも…(汗)

主人公は、典型的な流されてしまう所があるので、性欲に理性が負ける展開が多く、それが色々ややこしい状況を引き起こすのもリアルドリーム文庫の主人公らしいですねぇ。

終盤では、母娘交えてのハーレム展開になっていきますね。
三者三様な女性陣なので、純粋に恋愛感情って考えると、どうなのかなぁって感じではありますが(汗)
まぁ、嫌ってはないでしょう、美貴は…、うーん?(汗)

絵里子も、本来描いていた家族という形の関係になってきますが、何だかんだこれまで未亡人でご無沙汰だっただけに、若く精力旺盛な主人公との行為を楽しんでいる節も感じられますね。
彼女が一番火が付くと大胆になっている気がしますねぇ、そこはやはり娘たちとの経験の差かな。
絵里子は、一番最初に行為をするものの、上記の通り本番は終盤までなかったので、ここでようやく解禁ですね♪

挿絵


挿絵は「由衣.H」さんが手がけています。
どうやら台湾の方らしいですね、まさかの外国人でビックリ(汗)

独特のタッチで描かれている女性陣の姿は艶めかしい印象がありますね。
表紙絵では、かなり淡い色味なんですが、中の挿絵ではそこまで淡さは感じないですね、モノクロ画のせいかな。

美貴、萌も、中々のスタイルをしていて、あれだけ見るともう少し年上な感じにも見えましたね。
しっとりしたキャラデザインも、相まってそう感じるんでしょうね。

美貴との行為の場面では、彼女の瞳がたまたまなのでしょうが、光が見えないんで、若干怖く見えました(汗)

挿絵数:4枚

総評


全体的には、女性陣との何だかんだ充実した性生活を堪能できた内容でしたね(汗)

主人公的には、結局何だかんだ絵里子が一番気持ちが入っているのが描かれていたのが印象的でしたね。
本命ヒロインって程の何かがある訳ではないんですが、やはり良い所を持って行った感じはあったかな?
ラストも結構、彼女が娘以上に一番主人公との関係にハマってた印象でしたし(汗)

純粋なハーレムとはまた少し違うんですが、また一味違った家族?の在り方を味わえる、かな…(汗)

Amazon版 電子書籍
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 催眠学園2年生 レビュー

催眠学園2年生 (ぷちぱら文庫 274)
布施はるか
パラダイム (2018-02-28)

2018年2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

以前、レビューした作品の続編タイトルみたいですね。
ぷちぱら文庫 催眠学園3年生 レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 八部 千夏」(やたべ ちなつ)
  • 明石 ほのか」(あかし)
  • 塚越 陽子」(つかこし ようこ)
がいます。

千夏は、水泳部のエースと期待されているスポーツ少女です。
健康的な日焼けの肌が印象的であり、明るく素直な性格の持ち主です。
それゆえ、胡散臭い主人公にも唯一、友好的な態度で接する稀有な存在でもあります。
催眠学園2年生

ほのかは、保健委員の少女です。
優しく大人しい引っ込み思案な性格であり、自身の性格で悩んでいます。
主人公に対しても、友好的とまではいきませんが、嫌悪感は感じていない模様。
催眠学園2年生

陽子は、学園理事長の孫娘です。
祖母の推薦で実習生としてやって来ている主人公を不審に思っています。
既婚者でもあります。

ここでは、今作から初登場のヒロインだけの紹介にしています。
前作の催眠学園3年生のキャラは、継続して登場しています。
詳しくは、過去のレビューからどうぞ。

ストーリー展開


展開的には、前作で学園のめぼしい生徒、教師を催眠で支配した主人公は、新たな獲物を物色する流れですね。

完全に前作の続きなので、前作を見ているかで、大分評価は変わりそうかな?
勿論、最低限の前回の説明などはされていますので、全く話が分からないって事はないと思いますが。

まぁ、ザックリ説明すると主人公は、気持ち悪い変態なんですね(汗)
そんな主人公は偶然、謎の光線銃チックな代物を手に入れた事が、運命を大きく動かす事に。
何と、この怪しい光線銃?は、相手に向けて使うと催眠状態に陥らせる事ができる、とんでもない代物だったのです。

こんな強力な効果を持つアイテムを、こんな変態が持ったら…、悪用しない訳はありません(汗)

自身を教育実習生として女子校の理事長に信じ込ませて、無理やり潜り込む事に成功した主人公は、目を付けた女生徒や教師たちに催眠を施し、関係を持ちまくる事になったのでした。
そして、今回更なるターゲットに目を付けた主人公は、また謎の光線銃を悪用して、催眠で悪さをする流れですね。


ちょっと面白かったのは、攻略済みである前作組が常に催眠状況下で、主人公に従っている訳ではない所ですね。
これまでの行為の事の記憶は消しており、常に主人公に対して従順ではない状態にしてあるので、普段は結構辛辣な態度を主人公に見せる訳ですね。
まぁ、この反応が本人の素ですよね(汗)

勿論、状況に応じて再度催眠を使って、新たな展開に持ち込んだりする事になりますが、こんなに消したりかけたり、脳とか大丈夫なのだろうか(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他にも、サブキャラクターとの行為も結構ありますね。

行為的には、手コキやパイズリ、アナルセックス、素股などがありますね。
その他の要素では、小道具を使用する展開も一部ありましたね。

やはり今作の見所も、前作同様に催眠による認識のズレなどで生じる異様なシチュエーション行為ですね。

今作の新規ヒロインたちは、前作組に比べるとだいぶ主人公に対して、友好的とまでは言いませんが、まだまともな方ですね。
前作組は基本、全員が最初から嫌悪感丸出しである事を考えれば、だいぶ柔らかいですね。
まぁ、どんな性格していようが、催眠の前には無力ですから、どっちでもお構いなしですがね(汗)

新ヒロインは、性格も素直ってのもありますし、それぞれに欲や悩みがあるんですね。
千夏であれば、水泳がもっと上手くなりたいという欲、ほのかは引っ込み思案な性格などですね。
主人公は、これらの改善だったり、克服といった名目で彼女たちに近づいていき、催眠への糸口へと仕向けていく事になりますね。

人間、弱みから攻められると余計に相手に縋りたくもなるでしょうし、少なからず受け入れやすい土壌がありますからねぇ。
まぁ、主人公のHな行為がしたいがゆえの適当なエロアドバイスですが(汗)

勿論、いきなり専門外である主人公だけでは説得力が落ちる故、攻略済みな前作の面子を使って、一緒になって行為へと持っていく訳ですね。

時には、前作組のヒロインも改めて辱める展開も。
行為中に催眠時の記憶を思い出させて、怒り狂う様をニヤニヤ見ながらとか、主人公のろくでもなさが発揮されております(汗)
もっとも、記憶を戻しても暗示自体は解除しないので、ヒロインは自分の意思に関係なく行為を続け、歓迎する様な発言をする事に…。
催眠学園2年生

でも、今作の新ヒロインたちに比べると、その出番は次第に減っていき、終盤では殆ど出てこなく(汗)
催眠学園2年生

中盤以降までは、新ヒロインたちは本番行為がありません。
先にアナルセックスとか素股などはありましたが、本番行為は中盤以降ですね。
催眠学園2年生

今作では、上記ヒロインたちだけではなく、その他のサブキャラクターとの行為もありましたね。
彼女たちも当然、催眠下にあり、時には主人公をドリンクサーバーに見立てて、股間の肉棒を咥え込む女性陣の姿は凄い光景ですね。
当然、股間を咥え込んでもドリンクが一向に出ないので、アナルを刺激して出を促進しようとするなど、おかしな光景が繰り広げられる事に(汗)
催眠学園2年生

他にも巻き込まれて、一緒に行為に参加するヒロインの知り合いの女性たちも何人かいますね。
彼女たちは、作中ではフェラとかくらいの出番ではあるんですが、実際は多分本番もあるんでしょうね、原作ではあるのかな?
主人公もそれをうかがわせる発言していましたし…、こいつが見逃すとは思えない(汗)

上記にもありますが、今作の新ヒロインたちは態度が柔らかめなので、割と平和って表現もおかしいですが、明るい感じ?
主人公が彼女たちの悩みを解消した事になっている分、千夏、ほのかの主人公に対する言動は結構慕っている感じが出ているせいもあるんでしょうね。
なので、話が進むとよりヒロイン側の態度に甘さが含まれていくのも特徴でしょうか。

特に千夏は、主人公に告白してきて、好意をかなり表に出して来る姿が印象的でしたね♪
ほのかも、似たような流れを見せますが、千夏の方がかなり気持ちが入ってた様な印象がありましたね。
あ、陽子は作中では他のふたりよりも出番などが少なかったですが、ラストは何気にいいポジションにいたのが意外でした(汗)

ってか、ラストはてっきり前作組も含めて大ハーレム状態とか思ってたんですが、意外とアッサリな締め方でしたね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、前作同様に「大崎シンヤ」さんが手がけています。
まぁ、前作組も出てきますし、当然ですね(汗)

前作組が全体的に気が強い感じのヒロインが多かったですが、今作はどちらかと言うと柔らかめな印象のヒロインたちです。
なので、何となくうっすらと甘い雰囲気を感じさせる様な印象もあるかな?
まぁ、催眠状態だからこそであり、実際の気持ちは甘くも何ともない訳ですが(汗)

サブキャラも絵があって、中々皆、可愛らしくも異様な光景を見せてくれましたね(汗)
これぞ催眠状態ゆえの、異様なシチュエーションですねぇ。

千夏は水泳部なので、競泳水着の姿での行為なども割とありましたね。
彼女は、日焼けした健康的な魅力を持っている娘でもあるんですが、残念ながら挿絵のモノクロで見ると、他の娘との肌色の差はそこまで(汗)
もう少し色が濃くても良かったかなぁ、個人的には。
催眠学園2年生

挿絵数:25枚

総評


全体的には、前作より更に攻略範囲を広げたものの、何故か印象はこじんまりした印象が(汗)
何か幾分、パワーダウンした様な気がするのは、前作の1作目ほどのインパクトを感じなかったせいでしょうか。
まぁ、千夏、ほのかが敵対している感じのキャラでもなかった影響もありますかね。

前作組の扱いは次第にフェードアウトでしたね(汗)
まぁ、新ヒロインたちである、2年生組がメインになるのはタイトルからでも分かっていましたが…。
その点では、前作組のヒロインが好きな人は物足りないかもしれませんね。

後、今度5月くらいに最新作の催眠学園1年生が発売するみたいですね。
じゃあ、これも年内か年明けくらいに文庫化するのかな?(汗)

原作PC版
催眠学園2年生
催眠学園2年生
posted with amazlet at 18.03.03
筆柿そふと (2017-10-27)


DMM 原作PC版ダウンロード
催眠学園2年生

Amazon版 電子書籍
催眠学園2年生 (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
催眠学園2年生

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

リアルドリーム文庫 2018/3/2分 新刊購入

  •  投稿日:2018-03-03
  •  カテゴリ:新刊
リアルドリーム文庫 2018/3/2分の新刊購入しました♪

「魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹」
魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 (リアルドリーム文庫)

何かリアルドリーム文庫、久しぶりと思ったら…、前回の作品が、え、去年の9月発売!?(汗)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
リアルドリーム文庫 魅惑の温泉旅行 爛熟艶母と美姉妹 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 白衣の天使はお世話好き! ラブラブエッチな入院生活 レビュー


2018年2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、強豪サッカー部でバリバリのレギュラー選手として活躍している男子学生です。
そんな彼は、道で車に衝突しそうになっていた女性を咄嗟に助けるものの、女性の代わりに衝突してしまう事に…。
大怪我を負ってしまった主人公は、当然病院での入院生活を送る羽目になる展開ですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 佐倉 ひとみ」(さくら)
  • 成田 きさら」(なりた)
  • 天台 皐月」(てんだい さつき)
  • 美浜 瑞穂」(みはま みずほ)
がいます。

ひとみは、主人公を担当する事となる正看護師です。
自分をかばった事で、主人公に大怪我をさせてしまった責任を感じており、献身的に看護してくれます。
温和で優しい性格の持ち主です。
白衣の天使はお世話好き!

きさらも、主人公を担当する事となる看護師のひとりです。
まだ正看護師ではなく、正看護師の資格を取るために勉強中です。
ギャルっぽい見た目に口調が軽めですが、面倒見が良く、仕事に対しては真面目です。
白衣の天使はお世話好き!

皐月は、主人公の主治医となる女医です。
大人の女性を感じさせる容姿、雰囲気を持っていますが、意外と口調は男っぽくさばさばとしています。
実は、極度の匂いフェチな一面があります。
白衣の天使はお世話好き!

瑞穂は、主人公のリハビリを担当する理学療法士です。
明るく気さくな性格をしており、誰とでも打ち解けるのが得意なキャラクターです。
職業柄?筋肉フェチな面も。
白衣の天使はお世話好き!

ストーリー展開


展開的には、女性を助けたら自分が入院する事になってしまい、病院生活を送る流れですね。

名誉の負傷と言うには、かなりの負傷ですねぇ(汗)
咄嗟に衝突しそうな女性を助けた代わりに自分が大怪我してしまい、入院する事になってしまった訳ですね。
幸い、入院などの費用などは向こう持ちであり、部屋はVIPルームに看護師が1名付きというとんでもない好待遇と言う(汗)

そして、主人公の看護をしてくれる看護師が、何と主人公が助けた相手のひとみだったのです。
彼女は、とにかく主人公の事を案じて、甲斐甲斐しく看護してくれるんですね。
自分を助けた結果、主人公に大怪我させてしまった訳ですから、当然責任を感じるでしょうからね…。

その気持ちが、普段の職務以上に主人公への看護に熱が入る事にも繋がっていますね。
気持ちが空回って肝心の看護をミスしたりするのは、まずいですけども(汗)

看護でお約束な?シチュエーションである、尿瓶を使う際に股間を大きくしてしまって、結果射精をしてしまう事も…。
まぁ、この射精は事故的な暴発?だった訳ですけれども、これがひとみとの関係を大きく動かす結果に。

この射精自体は、暴発事故みたいな結果ではありましたが、射精で気持ち良さそうな主人公を見て、もっと喜んで欲しいと思った様で(汗)
その感情に突き動かされる様に、ひとみは主人公への行為を積極的にしてくれる様になっていく訳ですねぇ。
…もはや、患者と看護師の関係ではなくなっている気がしますが(汗)


それと同時期に、病院内でそれぞれ関わっている、きさら、皐月、瑞穂の3人にも何故か気に入られて、Hな展開になっていく事になる流れですね。

まぁ、ひとみは命の恩人っていう補正がある分、まだ分からなくはないですが、他の3人から何故にそこまで好かれたのやら(汗)
担当する患者全員に惚れてたら仕事にならないだろうなぁ、まぁ、そこはファンタジーって事で(汗)

そういえば、全ヒロイン共に主人公よりも年上のお姉さんばかりなんですね。
瑞穂は、小柄で可愛らしい見た目なので、主人公よりも年下に見えるレベルなんですが、実はひとみと同年代らしいですね(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありますね。

やはり見所としては、ヒロイン全員が病院で働く年上の女性陣って所ですね。
同級生とかとはまた違う、社会人であるのも学生の主人公とはまた違う立場での恋愛も見所と言いたいのですが…。
まぁ、上記でもある様に、いきなり学生の主人公に皆、惚れちゃっているファンタジースタートなので、あんまりリアリティ的な物は期待しない方が良いですね(汗)

ただ病院が舞台ですが、話のノリとしては病院が舞台の学生物みたいなノリと思えば、しっくりくるかと思いますね。
全員、先輩で教師もいたりみたいな。
なので、作品のトーンとしては、まったりと緩めな可愛らしい雰囲気が特徴ですね。

そういう事も含めて、可愛らしくイチャラブな入院生活を描いていますね。

意外だったのは、ヒロイン4人ですが、メインはこの入院の原因となったひとみがメイン格だと思ったのですが、そんなに目立って…(汗)
他の3人とほぼ同格な扱いだったので、そこは意外でしたねぇ、もっとメインで絡むかと思ってたので。
序盤でこそ、リードをしていましたが、その後は他の3人のパートになるため、次第に印象が…(汗)
白衣の天使はお世話好き!

個人的に印象的だったのは、きさらと皐月かな。
きさらは、若干言葉使いが変なんですが(自分を、あ~しと呼ぶなど(汗))、他の女性陣よりも距離が近い感じはありましたね。
ヤンキーとかとはまたちょっと違うんですけどね。
白衣の天使はお世話好き!

主人公を弟的な感じで弄ったりとかする感じは、他の女性陣とは違う魅力を感じましたねぇ。
で、行為には結構初心で照れ隠ししながら恥じらったりする感じも個人的にポイント高いです♪
人前じゃなくてふたりっきりの時は甘えたがるなど、結構一番乙女と思う反応なども魅力ですね。
結構、こういうキャラ好きなんですよねぇ、現実で言葉使い悪い娘はドン引くんですが(汗)

皐月は、女医でちょっとクールってか、マイペースな感じですかね。
それなので、彼女の行為に至る展開の流れは、一番突拍子もない感じになっているのも特徴でしょうか(汗)
んで、彼女は基本主人公をキミ呼び(他の呼び名もありますが)なんですけれども、行為中の際は別の呼び方をする場合も。

彼女との行為は、シチュエーションが特殊なパターンもあり、中には女医である皐月を患者に見立ててのシチュエーションプレイも。
この際は、普段マイペースな感じなのに、ちゃんとそれっぽくなりきるんですよねぇ。
医者役の主人公に敬語で受け答えたりして、結構ノリノリなのが、ちょっとそれまでの印象とギャップがあって、良かったですね♪
白衣の天使はお世話好き!

勿論、ひとみ、瑞穂も可愛らしいですよ、特に印象的だったのが上記のふたりってだけで(汗)

終盤では、ヒロインが複数、全員交えてのハーレム展開が描かれていますね。
原作でも、ハーレムルートってのが個別ルートとは別にあるみたいなので、今作のノベルではハーレムルートに沿っている様ですね。
なので、以降は全員それぞれ一緒になっての行為になったりと、賑やかな雰囲気になっていますねぇ。

ラストの方では、妊娠してお腹が大きくなっている状態での行為も描かれています。
元々、ヒロイン全員柔らかい雰囲気の持ち主なので、母親になっても、そこまでギャップらしいものは感じないですが、よりラブラブ感がありますね、母乳も出しますし(謎)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「平間ひろかず」さん、「綾瀬はづき」さん、「やすゆき」さんが手がけています。

どのヒロインも柔らかく可愛らしい雰囲気を持っていますね。
優しいお姉さん系が好みであれば、気に入るのではないでしょうか。
白衣の天使はお世話好き!

何気に皆、巨乳揃いなのも巨乳好きにはポイントですね。
小柄な瑞穂も結構な巨乳なのが、ギャップがありますねぇ。
それを活かす様に挿絵でも、パイズリシーンが結構多めなのも嬉しい所ですね♪
白衣の天使はお世話好き!

挿絵数:30枚

総評


全体的には、明るめの雰囲気で可愛らしい年上女性たちとのイチャラブが味わえる作品でしたね。
まぁ、ヒロインによっては何故にそんな主人公に惹かれたのが、若干急すぎる印象はありましたが、そこら辺が気にならなければ問題ないと思います。
ハーレムルート寄りにした分、ひとみのメインさが薄れただけに、割り切ってひとみメインの話でやるべきだったか、難しい所ですね(汗)

後は、年上のお姉さん好きや、看護師などが好きな人もお勧めですかね。
優しい年上のお姉さんとイチャイチャする展開が好みであれば、十分楽しめる作品だと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
白衣の天使はお世話好き!~ラブラブエッチな入院生活~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
白衣の天使はお世話好き!〜ラブラブエッチな入院生活〜

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
白衣の天使はお世話好き! 〜ラブラブエッチな入院生活〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 2018/2/28分 新刊購入

  •  投稿日:2018-03-01
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2018/2/28分の新刊購入しました♪

「催眠学園2年生」
催眠学園2年生 (ぷちぱら文庫 274)

「白衣の天使はお世話好き! ラブラブエッチな入院生活」
白衣の天使はお世話好き! ?ラブラブエッチな入院生活? (ぷちぱら文庫 273)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 白衣の天使はお世話好き! ラブラブエッチな入院生活 レビュー
ぷちぱら文庫 催眠学園2年生 レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます