FC2ブログ

2018年02月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2018年02月

2018年02月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2018-02-28二次元ドリーム文庫 「か行」
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.02.28Amati キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。今月、二次元ドリーム文庫、こればっかりですねぇ(汗)主人公は、今時?の男子学生です...

記事を読む

no-image

2018-02-27二次元ドリーム文庫 「た行」
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.02.27犬吠ろめゐ キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。増えましたね、人気なネット作品を書籍化する流れ。実は、今作と同時発売のもう1冊も同じ...

記事を読む

no-image

2018-02-24二次元ドリームノベルズ 「英題」
FTB! ~ふたなりちんぽタッグバトル~ (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 18.02.24下山田ナンプラーの助 キルタイムコミュニケーション (2018-02-22)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品はどうやら小説投稿サイトのノクターンノベルズの書籍化作品だそうですね。最近、二次元ドリームノベルズはそっちからの書籍化が増えてきている様...

記事を読む

2018-02-23美少女文庫 「さ行」
純情なサキュバスだっているんです! (美少女文庫)posted with amazlet at 18.02.23雨野 智晴 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、男子学生です。そんな彼の家に、突然謎の美少女が居座る事に(汗)しかし、その彼女は人間ではなく、サキュバスであったという展開です。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「カレン」がいます。カレンは、サキュ...

記事を読む

2018-02-22美少女文庫 「あ行」
エロからかい上手のメイドさん (美少女文庫)posted with amazlet at 18.02.22鷹羽 シン フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、大金持ちの御曹司です。そんな環境なので、彼には専属でメイドである「星奈」(せいな)が仕えています。しかし、毎度の様に主人公は星奈にからかわれ続ける始末…と言う展開です。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「...

記事を読む

2018-02-21美少女文庫 「あ行」
異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 (美少女文庫)posted with amazlet at 18.02.21巽 飛呂彦 フランス書院 Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、各国を転々と回っている少年?です。そんな彼のお供は、謎の喋るカメラ(汗)主人公は、各地で美少女たちのHな姿を収めつつ、Hな関係を持つ流れですね。 登場ヒロイン登場するヒロインは… 「ユリア」...

記事を読む

2018-02-19新刊
美少女文庫 2018/2/19分の新刊購入しました♪「エロからかい上手のメイドさん」「純情なサキュバスだっているんです!」「異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中」まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞ美少女文庫 異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 レビュー美少女文庫 エロからかい上手のメイドさん レビュー美少女文庫 純情なサキュバスだって...

記事を読む

2018-02-18ぷちぱら文庫
せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! (ぷちぱら文庫creative 182)posted with amazlet at 18.02.18愛内なの パラダイム (2018-02-15)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。主人公は、見た目もイケメンとは程遠い顔立ちでオタク趣味な男...

記事を読む

2018-02-16新刊
ぷちぱら文庫 2018/2/15分の新刊購入しました♪「せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう!」異世界じゃないらしいんで、久しぶりに愛内作品購入も、あんまり大差なさそうな気が(汗)まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)レビューは、こちらからどうぞぷちぱら文庫 せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! レビューブログランキング参...

記事を読む

no-image

2018-02-05二次元ドリーム文庫 「ま行」
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 18.02.05竹内けん キルタイムコミュニケーション (2018-01-31)Amazon.co.jpで詳細を見る2018年1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。主人公は、エロライトノベルの読書が趣味の男子学生です。そんな彼は、ある日、魔王として異世界に召喚されてしまう事になる展開です。 登場ヒロイン登場するヒロイ...

記事を読む

二次元ドリーム文庫 義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる レビュー

義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)
Amati
キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)

2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。
今月、二次元ドリーム文庫、こればっかりですねぇ(汗)

主人公は、今時?の男子学生です。
そんな彼は、母親の再婚により、いきなりふたりの姉妹が家族になる事に。

主人公は、そんな姉妹から迫られてしまい、関係を持つ事になる流れですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 一条 恵」(いちじょう めぐみ)
  • 一条 夏海」(いちじょう なつみ)
  • 石川 茜」(いしかわ あかね)
がいます。

恵は、主人公の家族となった姉妹の姉です。
主人公のクラスメートでもあります。
基本的には、しっかり者の美少女なのですが…。

夏海も、主人公の家族となった姉妹の妹です。
恵(主人公)とはひとつ年下なのですが、小柄な体格ゆえ、それ以上に若く見られてしまう事も。
元気でテンション高めな小悪魔的な性格の持ち主です。

茜は、主人公の通う学園の生徒会長です。
主人公に好意を抱いています。

ストーリー展開


展開的には、主人公に家族が増える事になり、家族となった姉妹から迫られてしまう流れですね。
…これだけ見たら、イチャラブ姉妹物な感じなんですけれどもねぇ(汗)

きっかけは、主人公の母親がいきなり再婚を発表した事からでした。
主人公は、それ以前から母親と数年交際している相手の男性とは顔馴染みとなっていたのですが、ある日、主人公が家に戻ると男性と見知らぬ女性…、少女がふたり。

あの美少女たちは、一体どこの誰と色めき立つ主人公でしたが、そこで発表されたのが母親のいきなりの再婚のお知らせ(汗)
そう、見知らぬふたりの美少女は、再婚相手の男性の娘だったのです。

こうして、いきなりふたりの美少女が主人公の身内、家族となったのです。
この年頃の少女たちだといきなり知らない男が家族になるって事に、少なからず戸惑いや、時には嫌悪感すら抱くかもしれないのですが、彼女たちは別でした。
最初から、主人公に対して好意的に接してきて、むしろ主人公の方が距離感に戸惑うくらいだったんですね。

更に、姉の恵は兄が欲しかったという事で主人公をにいさんと呼びたいと言い出す程。
主人公は彼女とは同い年ですが、実際には少しだけ恵の方が早い誕生日なので、正確には姉と弟の関係になるんですけどね(汗)

こんな感じで、ふたりの妹(自称妹も含む)が出来た主人公。
何だか落ち着かない中、少しは兄らしく接しようとする主人公でしたが、次第に妹たちの本性を知る事に…。


妹たちは、主人公の事を実は以前から知っており、異性として好きなんですね。
その想いは今も消えておらず、ある日、迫って来る事に…。
しかし、主人公は実は生徒会長の茜と交際?関係にあり、姉妹も絡んでおかしな関係性に発展していく流れですね。

ってか、茜の存在は意外でした。
表紙絵を見ても、義妹のふたりだけだったので、姉妹物かと思ってたんですよね。
正直、読んだ感じ、茜には悪いけれども、いなくて姉妹だけでも成立しそうな話だと思ったんですけどねぇ(汗)


後は、開始早々に、主人公のキャラが好かなかったのが痛かったです(汗)
まだ高校生なのに、普通に家の中だけとは言え、飲酒をしている言動などはどうなのかな、と。
別に必ずしも主人公が良い子ちゃんな優等生である必要性は全くないですが、こんな不要なキャラ付けいらないと思いますけどねぇ。

凄い不良って訳でもないんですが、その他の言動を見るに、ナチュラルにクズの素質を持っているんじゃないかな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰、フェラ、パイズリなどがありますね。
その他では、バイブ、ローター、電マなどの小道具を使用する展開もありますね。

今作の見所は、登場人物全員、主人公含めて難アリなキャラクターだったという事かな(汗)

主人公と生徒会長の茜が付き合っているのは上記でも書いた通りなのですが、この関係性も何とも…。
当時、茜から告白された主人公は、面倒だと告白を断る際に、ド変態としか付き合えないって断ったんですね(汗)
そのせいで、恋人になるために自ら茜はド変態になる事を望んできたゆえに、変態チックなプレイをする関係が始まってしまったというから、罪作りな男ですねぇ。

まぁ、実際、行為では普通に変態的というか、ドS全開な行為を淡々と茜にさせている辺り、あながち本当の話だったかもしれませんが(汗)

そして、例の姉妹もまた、主人公を好きなのは本当なのですが、よくよく話を聞くと話す内容がネジの外れたぶっ飛んだ話ばかり(汗)
頭のおかしい主人公に惚れた姉妹もまた、頭がおかしかったのです(汗)
まぁ、好きって感情が強すぎるんでしょうけれども、普通にしていれば皆、美少女なのにねぇ(汗)

そのため、普段のやり取りと同様に行為中の描写、やり取りも、同じ様なノリが続きますね。
主人公は、相変わらずに変に冷めているというか…、テンションの起伏があんまりないんですよね(汗)
なので、どこか淡々と行為に応じている感じがあるのが、個人的には好みではなかったですね。

でも、他の投稿サイトの書籍化作品でも似た様な感じの作品もありましたし、こういうナチュラルクズ主人公って流行りなのかな。

ローター+電マで数十分絶頂させまくる展開とかあるんですが、ヒロインがもう人の言葉を発していないですね。
そりゃ、ずっと強烈な刺激を与えられ続けているので、普通ではいられないってのは分かるんですが、全くそそらない(汗)
主人公も淡々とそんな真似できちゃう辺りがね(汗)

まぁ、主人公だけおかしい訳ではなく、ヒロインたちも負けじとどこかおかしいキャラではありますけどね(汗)
主人公も若干引いている時あるし(汗)
でも、何だかんだそれに対応してドSな行動に出れる辺りは、やはり素質十分なのかも…。

個人的には、ヒロインがおかしいってのは、別に良いんですよ。
この程度の残念ヒロインなんて珍しくもないですしねぇ。
でも、こういう主人公は好みじゃないんですよね、感情移入して見れなくなるんで(汗)

所々では、ヒロインたちの視点での心情描写なども一部描かれていましたね。
やはり、彼女たちの視点で描かれていると、主人公側からでは一見意味不明な考えも、一応彼女たちなりの理由、考えがあっての事と分かりますね。
…思いの根底は、純粋なはずなんだけど、何でこうなったんだろう(汗)

終盤では、姉妹一緒になっての行為なども描かれていますね。
姉妹で肉棒を咥え込んだり、玉を含んだりと一緒になって、主人公の股間にむしゃぶりついている姿は姉妹の息ピッタリですね♪
残念?なのは、ここで茜が参戦しなかった事ですね。


本編以外では、お約束の番外編があり、そこでは各ヒロインとのHばかりが描かれています。
まぁ、そこまでボリュームはないんで、詳細は避けますが、挿絵の効果も相まって恵が随分キテます(汗)
そのせいか、印象度は本編以上な気がしました(汗)

意外と本編では、それなりに行為をしているはずなのに、個人的にはあまり印象がなかったんですよねぇ。
ヒロイン3人分なので、行為が分散したりとか、バイブとか小道具を使っている場面も多々あったせいかな?

挿絵


挿絵は「日茶のむ」さんが手がけています。

可愛らしく透明感のある絵柄が印象的ですね。
…だからこそ、作中のヒロインたちの残念感も際立ちますが(汗)

可愛らしく綺麗で繊細な絵柄なので、ある意味では作中の文章を浄化しているかの様な効果も(汗)
行為描写も可愛らしい絵柄で、変に濃くなく生々しさもないため、安心して見られるクオリティーですね♪

印象的だったのは、夏海ですね。
作中でも触れられていますが、姉の恵との身長差が凄い事になっていますね(汗)
とても1歳違いとは思えない身長差なので、妹感はかなり感じますねぇ。

番外編にも挿絵がありましたね。
同時発売の作品の方では、挿絵がありませんでしたが、今作にはありましたね。
上記でも書きましたが、恵の様子が…(汗)

挿絵数:13枚+番外編+1枚

総評


全体的には、調教色もあり、レーベルのカラーとしては二次元ドリーム文庫ではなく、えすかれ美少女文庫寄りな内容に感じましたね。

何も前情報が無いと純粋な妹物に思うかもしれませんので、そこは注意ですかね。
まぁ、基本は姉妹がメインなので、恋人の茜の存在はちょっと薄かったかな?
最初から恋人ポジションの娘って、基本他のヒロインにお株を奪われてしまって、不遇な扱いされるものですからねぇ(汗)

本編とは別で、最後に番外編で全員との絡みがありましたが、あくまでもオマケ程度のボリュームですね。
まぁ、番外編って事でストーリー展開を考えずにHに持ち込める分、ある意味では本編よりも行為の印象は強かった気も(汗)

ちょっとクセのある作品だと思いますが、これがハマれば中々楽しめるのではないでしょうか。
個人的には、ちょっと合わなかったですが(汗)

Amazon版 電子書籍
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる

楽天
義妹達との生活は気持ちいいけど少し疲れる (二次元ドリーム文庫) [ Amati ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! レビュー

種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫)
犬吠ろめゐ
キルタイムコミュニケーション (2018-02-23)

2018年2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は、小説投稿サイトのノクターンノベルズの作品を書籍化したものだそうです。
増えましたね、人気なネット作品を書籍化する流れ。
実は、今作と同時発売のもう1冊も同じくノクターンノベルズの書籍化作品だそうで、実質今月、二次元ドリーム文庫はない事に(汗)

主人公は、26歳の医療機器商社の営業マンです。
そんな彼は、会社に戻る道中で見かけた覚えのない鳥居、その先にある祠に興味本位に立ち寄ってみる事に。
しかし、気づけば帰り道が分からなくなり、途方に暮れる中、古びた旅館に辿り着いたのでした。

そこには、美人、美少女な三姉妹が働いており、そこで熱烈なもてなしを受ける事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 葛葉」(くずは)
  • 燐火」(りんか)
  • 月夜」(つくよ)
がいます。

葛葉は、三姉妹の長女であり、旅館の女将でもあります。
優しく癒し系な性格の持ち主です。
おっとりした物腰ですが、怒ると怖いです。

燐火は、三姉妹の次女です。
可愛らしい容姿ですが、かなり気が強いツンデレ系な性格の持ち主です。
それゆえに旅館を訪れた主人公にもツンツンした態度を取ります。

月夜は、三姉妹の三女です。
人見知りな所があり、オドオドとした言動をする所があります。
一方で、打ち解けると主人公をお兄様と呼び、かなり甘えてくる、甘えっこな面も。

ストーリー展開


展開的には、主人公が興味本位で立ち寄った先で迷い込んだ旅館で三姉妹から熱烈なもてなしを受ける流れですね。

そもそも、主人公が営業マンって設定が珍しいですねぇ。
大抵学生主人公で、あまりこういう主人公像はいないですし、ちょっと新鮮。

そんな主人公は、営業の仕事の帰りに見かけた覚えのない、鳥居があるのに気づく事に。
興味本位で何となく立ち寄る事にした主人公は、そのまま奥へ向かい、その先にある祠にまでたどり着き、帰ろうと思うのですが、何故か帰り道が無くなっていたのです(汗)
どうして、そんな事になっているのか分からないまま、どうにかしようと帰り道を探す中で道に迷ってしまった主人公は、最終的にこんな場所には似つかわしくない旅館に辿り着く事に。

そこで主人公を迎えたのは、いずれも美しい美人(美少女)な三姉妹でした。
日も暮れ始め、このまま引き返すのは危険と、そのまま旅館に泊まる事になるのですが、そこで主人公は三姉妹から熱烈なもてなしを受ける事となる流れですね。
熱烈なもてなし…、Hなもてなしも含まれている訳ですねぇ。

この三姉妹、実は人間ではなく、狐であり、皆、女性ばかりで自分たちだけでは子は出来ないんですね。
なので、昔から人間の男性をさらって、子種をもらい、子作りをしてきた歴史があるとの事で、その相手に主人公は選ばれたという訳ですね。
狐娘な美女、美少女相手に中出し三昧をできる状況に主人公も何だかんだ乗り気で、宿に滞在して、Hしまくる流れですね。

読んで思ったのは、意外と主人公のノリ?が若めだったかな。
この手の作品では珍しい主人公設定だったので、もっと学生じゃない感があるかと思えば、大差なかった(汗)
正直、学生主人公でも別に問題ないレベルかなとは思いましたが、多少言葉に説得力を持たせるために年齢を上げた感じかな?

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがありますね。

結構、主人公は経験豊富なのか、少なくても童貞ではない様で随分こなれた印象。
そのせいか、結構ガツガツとしたスケベな肉食系な感じでしたねぇ。
序盤に浴場でいやらしく身体を洗ってもらって、股間がギンギンになってしまって、たまらず肉棒をいきなり握らせるとかね(汗)

まぁ、向こう側は大歓迎なだけに嫌われる事はないんですが(汗)

三姉妹では、三女の月夜の出番がかなり多かったのが印象的でしたね。
彼女も、他の姉妹同様に関係を持とうとしてくるのですが、実年齢は立派な年齢ですが、身体はまだ主人公を受け入れるにはちょっと不安なくらいなんですね。
なので、主人公は時間をかけて何度も少しづつ愛撫で彼女の身体を開発していき、受け入れられる様に仕上げていく事になる訳ですね。
そのため、他の女性陣よりもかなり本番行為に至るまでの過程はじっくり描かれていますね。

…次女の燐火の初体験の雑さが際立ちますな(汗)
彼女はツンツン系なツンデレ娘なので、素直になれないで言動がアレだったので、主人公も結構最初から乱暴って訳ではないですが…。
同じ未経験な月夜比べると遥かに扱いは手厳しいものがありましたね(汗)

まぁ、終盤にかけては燐火がメインっぽい扱いになっているので、序盤の扱いは帳消しでしょうか。
ツンデレらしく、終盤では主人公に甘えてデレる様を楽しむ事ができますね。

一方で、長女の葛葉が一番存在感なかったのは意外でした。
序盤も序盤に主人公との初行為に至っていたので、かなり出番があるかと思いきや…。
その後は、妹たちの影になってしまい、行為こそその後もあるのですが、他のふたりに比べるとそんなに深く関わってこなかった印象が残りましたね。
妹思いな彼女なので、自分を抑えた結果でしょうか(汗)

ラストでは、三姉妹一緒になってのハーレム展開が描かれています。
ですが、これは番外編という扱いのパートなので、今作の特典的な要素の中での展開ですね。
本編は、燐火のパートでフワッと終わっているので、3人一緒の展開はなかったです(汗)

一応、本編内では、葛葉、月夜のふたり一緒になっての行為はありましたけどね。
すっかりHに目覚めた月夜のアシストを含めて、葛葉がじっくり愛撫で責められてメロメロになってしまうのが印象的でしたね。

挿絵


挿絵は「みあ」さんが手がけています。

可愛らしく、柔らかいキャラクターが印象的な絵柄ですね。
それぞれ個性的な狐娘ら三姉妹を魅力的に描いていますね♪

姉妹の内、葛葉、月夜が控えめで可愛らしいキャラクターなだけに、燐火のツンデレ具合が良いアクセントになっていますね。
お互いの存在が、互いを引き立てて、魅力を更に強く強調しているので、良いバランスですねぇ。

主人公の顔も描かれている挿絵もありますね。
個人的には顔を出さない方が好きですので、無くても良かったですが、これは好みですね(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、もっとH寄りかと思いきや、意外とストーリー性もある内容でしたね。

話の内容としては中々ページも多く、読み応えがありましたね。
どうしても、ネット作品はある意味制限がないから詰め込み続けられるという利点がある分、このボリュームなのでしょうが、同時に文字サイズが小さい事に…。
無理にページに詰め込んだ結果でしょうねぇ(汗)

その割には、途中で話が終わり、ラストまで描かれていないままでフワッと終わったりと、相変わらずすっきりしない書籍化になっているのは残念。
何で毎回半端にした状態で販売するのか、疑問ですね、最初から続編を考えての事なのかもしれませんが…。

なのに、毎回お約束で付いてくる番外編の存在は必ずいれないといけないんですかね(汗)
まぁ、書籍化の特典って事なんでしょうけれども、しょせんは番外編、そこまでのボリュームでもないですし、むしろ最後まで本編を入れるべきだと思うんですけどねぇ。

1冊で入りきらない文量ならば、そもそも書籍化が向いていないだろうし、どういう基準で選んでいるんですかね(汗)
あとがきでも続きに言及していないので、続編は出ないという事かな?
美少女文庫よりも二次元ドリーム文庫は続編出している事も多いので、無くはないですが、印象は良くないですね。

ちなみに、同作品がオシリス文庫というレーベルで1~3巻発売中みたいですね(汗)
元々は、ノクターンノベルズ⇒オシリス文庫で発売された作品が、二次元ドリーム文庫でも出たって事ですか?
もう何でもありですねぇ(汗)

オシリス文庫の1巻、2巻の表紙絵が、今作の口絵でまんま再利用されていますね。
オシリス文庫の説明を見るに、この二次元版は1巻と2巻の内容がまとまった物っぽい?
3巻で完結しているらしいのですが、3巻の内容をあらすじで見ると、その部分は二次元ドリーム文庫版で描かれていないので、多分そうなのかなと。

内容は、普通に楽しめる仕上がりなのに、売り方が残念なのが勿体ないなと思ってしまいました(汗)

Amazon版 電子書籍
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!

楽天
種乞い狐のスケベなお宿へようこそ! (二次元ドリーム文庫) [ 犬吠ろめゐ ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリームノベルズ FTB!ふたなりちんぽタッグバトル レビュー

FTB!  ~ふたなりちんぽタッグバトル~ (二次元ドリームノベルズ)
下山田ナンプラーの助
キルタイムコミュニケーション (2018-02-22)

2018年2月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品はどうやら小説投稿サイトのノクターンノベルズの書籍化作品だそうですね。
最近、二次元ドリームノベルズはそっちからの書籍化が増えてきている様なってか、そもそもノベルズが出なくなってきていますな(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 天音 美結」(あまね みゆ)
  • 室戸 冴香」(むろと さえか)
がいます。

美結は、聖珠学園に転入してきたばかりの女子学生です。
ある事にコンプレックスを感じています。
明るい活発な性格の持ち主で、たまにお調子者の熱血系。

冴香は、FTB四大流派の血を引く少女です。
クールな性格で、他者と関わりを持つ事を嫌っている節があります。

ストーリー展開


展開的には、ある理由が原因で聖珠学園へ転入してきた美結は、FTBという謎の競技の存在を知り、それにのめり込んでいく流れですね。

この聖珠学園というのは、普通の学園ではないんですね。
何と、ここの学園は両性具有…、ふたなりの少女だけが通える学園なんですね(汗)

つまり、美結はふたなり少女であり、同時にこの学園の女生徒は全員ふたなりである事を意味するんですね。
更に女性教師も、同じ様にふたなりという環境なんですね。

元々、美結は周りの人間とは違う身体に対して、強いコンプレックスを感じており、どこか周りとは馴染み切れない生活を送ってた経緯がありました。
そこで、この学園の事を知り、同じ身体を持つ生徒らばかりの環境ならばと転入を決めた訳ですね。

その環境はこれまでのふたなりをひた隠しにしてきた彼女にとってはカルチャーショックの連続でした。
皆、このふたなりばかりの環境にいるせいか、当たり前の事なんですね。
だから、ふたなりに関しての会話も直接肉棒を扱いてきたりなどの過激なスキンシップ的な展開もあり、美結も最初は困惑する羽目に(汗)

そんな環境に少しづつ慣れてきた頃に、美結は任意で部活に入るかを選ばされることに。
別に帰宅部でも良いかと思った時、彼女の目に留まったのは、これまでの学校では見た事のない部活動の名前でした。

FTB部。
見た事も聞いた事のない部活名を不思議がる美結は、クラスメートからそれがお互いのふたなりを絶頂させて先に射精させる競技だと聞かされる事に(汗)
これが、タイトルになっているあのネーミングな訳ですね(汗)

タイトルだけだと馬鹿っぽいネーミングなんですが、競技としては真っ当なものらしく、誇り高い競技らしいです(汗)
人生で初めて知った競技に対して、淡い興味を抱く美結。

彼女にとって、このFTBは大きなインパクトを与えたのでした。
これまで彼女にとってはコンプレックスのみの存在だった、ふたなりを誇示して戦う競技という、新たな価値観に惹かれたのです。
…うーん、何か真面目に書いているけれども、突っ込み所が凄い気がする(汗)

そんな訳で、美結は自らFTBの世界へと一歩を踏み出したのですが、FTBの先輩でもある冴香の指導(手コキ)の前に、ビュービュー精液を噴き出す羽目になってしまう流れですね。

私はてっきりふたなりに関しては、自前(こういう表現でいいのか分かりませんが)ではなくて、何かしらの原因によって生ずるものかと思ってたので、このふたなり世界観は予想していなかったですね(汗)
そして、FTBというぶっとんだふたなりバトルという、若干スポ根テイストなノリ(汗)
従来の二次元ドリームノベルズとは、ちょっと毛色の違う雰囲気は、やはりノクターンノベルズからの物なのかなと思いましたね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。
その他にもサブキャラたちとの行為なども描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、足コキ、自慰などがあります。

やはり、この作品ではふたなり要素が全てですね(汗)

後は、この手の作品でバトルで負けちゃったら辱めを受けるってのはお約束ですよね。
このFTBは、最初から敗者への扱いも含まれているらしいので、避けられませんね(汗)
当然、女性器もある訳ですから、そのまま相手のふたなりを突き立てられてしまう訳ですねぇ。

逆に自分たちが勝てば、相手にダメ押しのふたなり挿入もある訳ですね。
まぁ、力を尽くして戦った相手には辱めるつもりが美結らはないのですが、姑息な相手だったりすると、挿入する展開も一部。

試合中も挿入はありなんですよね、これも攻撃のひとつでもある訳です。
まぁ、半端な経験では先に射精してしまうリスクもある、諸刃の剣でもありますが。

美結はこれまでFTBの存在も知らない素人も素人な訳です。
そんな彼女が、いきなり臨むFTBの世界…。
まぁ、全てが彼女の知らない世界であり、彼女の立派なふたなりも、初めての感覚、快楽に射精しまくりです(汗)

そりゃ、未経験者がプロに挑んだら、そうなるわな(汗)
過剰なくらいに自分で感じている様を実況しているかの様に歓喜の叫びを出しつつ、濃厚な射精をする事に…。
冴香の手コキレッスンでも、悶え、我慢できずに短時間でビュービュー発射して、呆れられる始末(汗)
また冴香の態度が涼しい顔して冷静なのが、美結の喘ぎ声とのギャップを感じさせますね。

まぁ、実際は冴香も含めてふたなり女性陣、皆絶頂して射精する際は、大体同じ反応していますけどね(汗)
冴香も普段のクールな感じからは想像できない激しい口調で悶絶射精してしまいますし、それだけ射精の快感が凄いのでしょうねぇ。

基本は美結が責められて絶頂しまくる、Mっ気の強い展開が多いでしょうか。
作品のノリがスポ根物テイストなので、最初はまるで歯が立たない主人公が次第に急成長を遂げて、より強者へ立ち向かっていく感じを考えると、序盤はこんなはしたなく絶頂しまくるのもアリかなと思いますけどね。
…しかし、敵の繰り出すふたなり攻撃の技があんまり気持ち良さそうに見えないのは何故だろう(汗)


思った以上に、その下手な男性以上に立派な肉棒ですが、挿入をしないし、されなかったのは意外でしたね。
それ以前に、全体的に行為の頻度にかなり偏りがあるんですよね。
まぁ、この辺りはFTBと言っても格闘技の延長でもあるゆえに、パイズリやフェラなどの行為に至りにくいんですね。
どうしても必然的に相手を打撃や拘束しての手コキ抜きみたいな手コキでの射精頻度がかなり高い傾向があります。

それゆえか、個人的には試合よりも、冴香との練習の方が良かった印象がありましたね。
冴香とは、話が進む中で徐々に当初の関係性からより親密なものへと変化していく過程も描かれており、どことなく百合的な甘さも含んだ感じになっているのも影響しているかもしれませんね。
でも、そんなに彼女とのそういう意味での行為はあまりなかったですけどね、あくまでも恋仲ではなくパートナーなので。

挿絵


挿絵は「シロクマA」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では、「僕のエッチなしでは学園最強のヒロインが最弱になる件」がありますね。

二次元ドリーム文庫 僕のエッチなしでは学園最強のヒロインが最弱になる件 レビュー

印象としては、かなり可愛らしい絵柄でしたね。
作品がスポ根テイストなのもあり、変に濃くない、生々しすぎない塩梅で可愛らしさを感じさせる絵柄で良かったのかもしれませんね。

敵も挿絵で顔も描かれているんですが、意外と絵を見ると可愛らしい顔立ちしているんですね。
台詞とか描写を見ていると、どんな顔しているんだと思えば(汗)
ラスボス的な存在も、もっとごつい奴想像していましたが、意外と可愛らしいし、身体はごついけど(汗)

挿絵数:12枚(番外編0枚)

総評


全体的には、タイトル通りにふたなりを前面に出している内容なので、完全に人を選ぶ内容ですね(汗)
まぁ、それはタイトルを見れば分かるので、今更な話ですかね、苦手な人はそもそも読まないだろうし(汗)
ノリが完全にスポ根物のそれなので、このノリが好みであれば十分楽しめるかと思います。

真面目な顔して読む内容じゃないですね、試合の描写とか真面目に書いているけれども、ギャグに近いし(汗)
これが普通の世界だから、誰も突っ込まないある意味、狂気の世界です(汗)
勿論、戦っている美結らは大真面目ですけどね。

後、書き下ろし短編2作収録されていますね。
番外編は、本来とは異なる別の展開だったりもあったりで、興味深い展開も。
ボリュームはさほどないので、あくまでもオマケですけどね。

内容自体は不満はないんですが、やはりノクターンノベルズ書籍化するとノベルズの価格が上がるのがちょっと残念かな。
ノベルズとして発売するならば、通常のノベルズの価格で出して欲しいかなってのは個人的な気持ちですね。
さすがに、1000円超えは手を出しづらいのが本音でして…(汗)

Amazon版 電子書籍
FTB! ~ふたなりちんぽタッグバトル~ (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
FTB! 〜ふたなりちんぽタッグバトル〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

美少女文庫 純情なサキュバスだっているんです!  レビュー


純情なサキュバスだっているんです! (美少女文庫)
2018年2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、男子学生です。
そんな彼の家に、突然謎の美少女が居座る事に(汗)
しかし、その彼女は人間ではなく、サキュバスであったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • カレン
がいます。

カレンは、サキュバスの少女です。
サキュバスながら、純粋で乙女な性格の持ち主でもあります。
主人公に興味を持ち、家にやって来る事に。

ストーリー展開


展開的には、主人公の家にサキュバスのカレンが居座る事となる流れですね。
…居座るってのは言葉が悪いかなぁ、同居?(汗)

この世界では他所の異世界が存在し、更にそれらの異世界の人ら?と、交流をしている世界観らしいんですね。
なので、主人公の学校のクラスメートも人間以外の妖怪的な存在がいたりと、それがある意味で当たり前の状況になっている、と。

そんな中、帰宅した主人公の家には、普通に部屋にあがりこんでいる、美少女の姿が(汗)
それがカレンな訳ですが、何と主人公を頼ってやって来たというのです。

この世界では、異世界からやって来た存在(亜人)と交渉し、管理する亜人交渉管理人なる職業が存在し、主人公の両親がこれなんですね。
彼らは異世界からやって来た亜人と交渉し、その種族に応じた管理などをする専門職であり、カレンは最近までそこにいたのですが、主人公の家にやって来たという経緯がありました。

何故か、彼女は写真で見た主人公の事を気に入ってしまい、主人公の元にやって来た訳ですね。
ここら辺があんまり詳しく描かれていなかった様な気がしましたが、結局一目惚れしたってだけ?(汗)

確かに主人公は、他の亜人のクラスメートの女子にも結構モテてた(本人に自覚なし)だけに、何か亜人を惹きつける様な魅力があるんですかね? 好みの顔立ちとか匂いとか。
あーでも、カレンは写真でしか見ていない主人公に興味抱いたんだから、匂いじゃないのかな。
まぁ、ともかくモテるっぽいですな、全く出て来ないだけに人間の女子には…みたいですが(汗)

こんな経緯があって、主人公はカレンを保護管理する管理人として彼女を受け入れる事に。
そして、そこで主人公は彼女がサキュバスであると知る事になる訳ですね。

どうも、この世界では様々な種類の亜人が来ているものの、まだカレンの様なサキュバスは初めてのケースらしいんですね。
なので、主人公は彼女の正体を世間に隠しながら、彼女との生活を送る事になるのですが、色々騒動が起こる事となり、それを解決する中でふたりの関係が大きく進展する流れにも繋がっていますね。

Hシーン


Hシーンは、カレンとの行為が描かれています。

行為的には、自慰やフェラ、アナルセックス、手コキなどがあります。

見所としては、サキュバスであるカレンとの行為でしょうか。
実際、カレンがサキュバスなので、Hシーン自体は早いかと思いきや…。
カレンは、性に奔放なサキュバスの中でも、真面目な性格で身持ちが堅いんですね。

それこそ、誰でも見境なしなサキュバスもいる中で、彼女としてはこういう行為は愛する人と…という純情な考え方をしていたのです。
そんな彼女が主人公を気に入って、結果、押しかけているのですから、相当な入れ込みようですよね。
しかし、その結果、本番行為に関してはかなり遅かったですね(汗)

それまでには、フェラとか本番行為よりも先にアナルセックスなどはあるんですけどねぇ(汗)
終盤近くまでお預けなのは、評価が分かれる所でしょうかね、純情だから仕方ない所でしょうか。
まぁ、それまでにはフェラとか他の行為での描写がありますので、全く何もない訳ではないので、本番行為に固執しなければ大丈夫かな?

真面目なサキュバスなカレンですが、やはりサキュバスであるゆえに、サキュバスとしての本能で主人公の精を欲する事も。
この状態だと、普段よりも言動が艶っぽくなるなどの変化が見られ、ねっとりと主人公に迫る場面も垣間見れますね。
まぁ、それが別人に向けば問題でしょうが、相手は主人公な訳ですし、何も問題ないですな♪

…あまりにも性欲を抑えられてしまうと、Hな展開になりませんしね(汗)

勿論、平常時の純情なままでの行為もありますので、ご安心を。
何だかんだ言い訳しつつ、主人公の精を求めちゃったりするカレンの姿は、愛らしいですね♪
意外と、他の娘に対して主人公を取られまいと嫉妬して、焼きもちを焼いてしまう様な面もあったりする面も魅力的ですな。

上記にある様に、終盤近くになってようやく恋仲になって、念願の本番行為に至りますね。
これまでの紆余曲折があった事で、お互いの気持ちがかなり高まっている中での行為なので、甘さがしっかり出ていますね。
まぁ、正直とは言え、もう少し早くても良かったかなぁとは思いましたが(汗)

挿絵


挿絵は「たにはらなつき」さんが手がけています。
美少女文庫だと、結構久しぶりになるのかな?

可愛らしく繊細な絵柄が印象的なだけに、今作のカレンの様なキャラとの相性はピッタリではないでしょうか。
純情な普段の初々しい表情も可愛らしさがありますし、サキュバスの本能が色濃く出ている際の艶っぽい表情もまた普段とのギャップを感じられて良いですね♪

繊細な分、どうしても行為中の描写としては幾分H度は低めかなとは思いますが、独特の美しさを感じるのは、彼女が人外のサキュバスゆえでしょうか。
結構淡い色味なのに、何か印象に残るんですよねぇ。
特に、一番最初のまだ誰にも心開いていない時のカレンの表情は、瞳に光がなく愛らしさが抜けて、透明感のある人形の様で、結構印象に残っています。

そういや、表紙絵に主人公もいますが、普通にイケメンですな。
…結局、亜人もイケメンには弱いのかしら(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、純情なサキュバスとのイチャラブ展開なお話でしたね。
純情ゆえに展開が遅いのは仕方ない事でしょうか(汗)

まぁ、じっくりと関係を深めていく過程も描かれているので、そんなに展開の遅さは気にならないかと思いますけどね。
話のインパクトこそあまりないかもしれませんが、その分丁寧にふたりの関係を描いているので、今時美少女文庫にしては正統派で読みやすく安定したクオリティーで万人向けな作品だと思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
純情なサキュバスだっているんです! (美少女文庫)

DMM 電子書籍
純情なサキュバスだっているんです!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 エロからかい上手のメイドさん レビュー


エロからかい上手のメイドさん (美少女文庫)
2018年2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、大金持ちの御曹司です。
そんな環境なので、彼には専属でメイドである「星奈」(せいな)が仕えています。
しかし、毎度の様に主人公は星奈にからかわれ続ける始末…と言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 一条 星奈」(いちじょう せいな)
がいます。

星奈は、主人公に専属で仕える、ふたつ年上のメイドです。
主人公には敬語で接してくるものの、その言動は主人である主人公をからかってくるなど、小悪魔的な所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が専属メイドの星奈からからかわれる流れですね。

ってか、この間、美少女文庫で似たようなタイトルの作品出ませんでしたっけ?(汗)
書いている人は違うんですね、あれは「ほんじょう 山羊」さんですね。

美少女文庫 オカされ上手の河合さん レビュー

しかし、何故似たようなタイトル、作品を短期間で出してきたんだろうか…。
前のが結構好評だったんですかね? でも、そうだったら同じ人が書く様な気もするけど(汗)

それはさておき、主人公はお金持ちの御曹司なので、専属メイドなんて存在がいる訳ですね。
そんな専属メイドの星奈は、主人公が幼い頃からの付き合いとなり、ある意味姉弟の様な所もある程、近い距離にいる存在なんですね。
まぁ、主人公は本来メイドであるはずの星奈に対して、頭が上がらず、メイドと主人の関係とは思えないからかわれ方をしている訳ですが(汗)

そして、主人公は星奈を単なるメイドではなく、異性としても意識している訳ですね。
それがまた彼女にからかわれる事になった際に、過剰な反応を示してしまい、余計にからかわれる結果に繋がっていく事になるという(汗)

一方で、星奈もまた主人公に好意を抱いているのですが、それと同時に過剰な反応を見せる主人公の姿が好きでもあり、ついそういうからかいをしてしまうという面もあったのです。
そんな中、星奈は主人公が自分を異性として認識し、性の対象として見ている事を知り、ますます大胆な行動でからかってくる事に…(汗)

これまで以上に過剰な行為で積極的にからかってくる星奈。
その行為は、これまでの様な軽いボディタッチの様なおふざけでは済まない、手コキだったりと直接的に。
星奈の変化に戸惑いを感じつつも、何だかんだ好意を抱いている相手からの行為に、結局流されて射精してしまう主人公でした(汗)

その後も、ドンドンHで大胆なからかいを見せて来る星奈に振り回されてしまう流れですね。


この主人公、結構若くて子供っぽさが残る、僕呼びなキャラクターなので、人によっては好みが分かれるかもしれませんね。
こういうキャラクターなので、余計に子供扱いでからかわれたり、Hな言動に顔を赤らめたりなど初心な反応を見せる訳ですが。
星奈の方がふたつ年上なのも相まって、余計にでしょうねぇ(汗)

度々、からかい終わって、主人公の前から立ち去る際に彼女の心情が描かれているのも良いですね。
これで彼女の心情、真意が良く分かるんですが、何とも難儀な性格をしていますよねぇ、本人も面倒な性格と自覚はしていますが(汗)
まぁ、心情描写がある分、読み手側には彼女の難儀な性格も分かるので、微笑ましく感じられますけどね。

Hシーン


Hシーンは、星奈との行為が描かれています。

行為的には、手コキや自慰、足コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

汁気表現、フェチな描写に定評があるだけに、今作でもねちょねちょな描写も健在ですね。
序盤から、主人公の精液を味わってみたりなど、精液描写も安定ですな。
定番のキス描写も、相変わらず台詞でちゅぱちゅぱ言いつつ、舌を動かし、相手の口内をまさぐっていますね♪

星奈は、精液の臭いに興奮してしまう所があり、序盤からも事あるごとに主人公の射精で汚してしまった下着を持ち出しては、その下着にべっとりと付着した濃厚な精液の臭い、味にウットリして、自慰に至ってしまう姿が度々描かれています。
まぁ、単に精液が好きってよりかは「主人公の」って所が最も重要なんでしょうけどね♪

からかいに関しても、彼女的には主人公がからかいに怒って、お仕置きしてくる展開もどこかで望んでいるんですよね。
主人公が可愛らしくからかわれる様も好きだし、男らしく自分からガツガツ迫ってくる様も好きで、両方SとMの気質を合わせ持っている所がありますね。

実際、初体験の際にも主人公との行為に初めてにも関わらず、はしたなく絶頂して惚ける始末でしたしね♪
残念な事に、主人公はそんな彼女の姿を気にしている状態ではなくて、これまたこちらも初めての快感に無我夢中だったので、反撃のチャンスをふいにした訳ですが(汗)

全体的には、やはりどうしても主人公が星奈のペースに巻き込まれてしまい、半べそで射精みたいなノリが多いかな(汗)
勿論、主人公とてやられっぱなしではなく、時には男らしく主導権を握ろうと奮闘しますが、基本はそれすらも彼女の手の上という感じでしょうか。
でも、それでも星奈なりに結構内心は主人公の行動にドキドキしちゃったりとかもあるんですけどね、それを悟らせないだけで。

まぁ、話が進むにつれて徐々に素直?になっていきますね。
…素直? うーん、最初よりはってレベルかもしれませんが、冗談交じりに本音を含ませたりとかね(汗)

主人公も、最初に比べればまだ主導権を握ろうと奮闘する面も幾分多くなりますね。
星奈にとっては、主人公がより男らしくなって欲しいという気持ちもあるだけに、それはそれで彼女には嬉しい反応なんですよね。
とは言え、やはり星奈優位な立ち位置は変わりませんが(汗)

終盤では、想いが通じて、恋仲となったふたりの姿が描かれていますね。
まぁ、両者の関係を対等なのかは、若干疑問が残りますが、これもふたりの形なのでしょう(汗)

ラストでは、星奈が妊娠して、ドレス姿でお腹が大きくなっている状態での行為も少しだけ描かれています。
挿絵の効果も相まって、何とも淫靡な姿になっていますね、ドレス姿と膨らんだお腹のギャップが(汗)

挿絵


挿絵は「有末つかさ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね♪

この方の絵柄+メイドって事で、一瞬別の方の作品かと思ったのは内緒(汗)
それくらいにイメージが出来上がってしまっているんでしょうねぇ。

からかいまくる星奈のデザインも、元々こういった小悪魔的なキャラクターはお得意なはずなので、相性も良いですよね。
今作でも何とも言えない悪い笑みを見せてくれますね(汗)

行為描写では、精液など汁気表現、描写の多めな作品ですが、絵柄としては綺麗で生々しさを感じさせない可愛らしい絵柄ですので、絵柄との差は感じるかもしれませんね。
でも、主人公があの通り、若い少年なだけに生々しさよりも可愛らしいので、この方が作品に合っていて良いでしょうね。

アヘ顔とか描写ではありますが、挿絵ではいつも通りの綺麗なお顔になっているので、やはり変にぶっ飛んでいる様な物にはなっていませんね。
…あの絵柄、表情でアヘ顔とか、想像付きませんな(汗)

上記でも書いた様にラストではドレス姿が描かれているんですが、行為で精液を顔面に浴びているんですけれども、挿絵の精液量は相当少ないですね(汗)
まぁ、この人の絵柄だと、ちょっとそういうフェチ的な意味合いでは印象が弱いのは否めないかな。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りの内容という感じでしたね、そのまんまです(汗)
なので、大体イメージは読む前から想像できるでしょうし、多分内容もそのままだと思うので、違和感はあまりないかと。

まぁ、主人公が基本からかわれてしまう、主人公が子供っぽいという設定が気になる人は厳しいかもしれませんが(汗)
逆にちょっと年上のお姉ちゃんから、からかい、いじられる様なノリが好みな人にはピッタリかな?

…冷静に考えるとメイド物としては、ちょっと微妙な内容だったかもしれませんね。
あんまり星奈がメイドっぽく感じなかったので、メイド風ってニュアンスが合っている様な気がしますね(汗)
メイドってよりかは、幼なじみのお姉ちゃんって印象かな。

Amazon版 電子書籍
エロからかい上手のメイドさん (美少女文庫)

DMM 電子書籍
エロからかい上手のメイドさん

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 レビュー


異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 (美少女文庫)
2018年2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、各国を転々と回っている少年?です。
そんな彼のお供は、謎の喋るカメラ(汗)

主人公は、各地で美少女たちのHな姿を収めつつ、Hな関係を持つ流れですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ユリア
  • イングリッド
  • シャール
  • ソミュア
  • レイチェル
  • エイル
がいます。

ユリアは、生徒会長を務める娘です。
ちょっとプライドの高そうなお嬢様っぽさを感じさせる面がある一方で、意外と押しに弱い面も。

イングリッドは、戦乱の国の姫騎士です。
騎士らしく誇り高い性格ですが、容姿を褒められると弱い一面が。

シャールは、メイドの少女で、ソミュアの姉です。
姉らしくメイドらしいしっかり者な言動をしています。

ソミュアも、メイドの少女でシャールの妹です。
彼女も姉同様にメイドですが、明るく子供っぽい性格のためか、メイドらしさはあまり感じません。

レイチェルは、金髪やルーズソックスなど、ギャルの様な外見の娘です。
男勝りな口調な一方で意外と性的な事には真っ赤になったりと耐性がない可愛らしい面も。

エイルは、主人から雑な扱いを受けていた奴隷の少女です。
当初は、心を閉ざしていたものの主人公に次第に心を開くように。

ストーリー展開


展開的には、何故か各地を放浪している主人公が、そこの土地で出会う女性陣と関係を持つ流れですね。
…疑問だらけだ(汗)

何せ、何故この主人公が各地を放浪しているのかとかの理由が何も分からないんですよね(汗)
これまた何故か、意志を持って喋るカメラをお供に、各地を放浪しているんですね。
そこで出会う女性たちと、何だかんだちょっかい出して、関係を持ちまくっていく流れですね。

…基本、これだけです、この作品(汗)

結局、何が目的なのかも分からないまま、各地でHな事をしている主人公ってしか見えてこないので、何も感情移入が…(汗)


各章で各国の女性と関係を持って、国を離れ、また別の国で~って構成なので、短編チックな印象もありますね。
だからこそ、各章の展開はかなりテンポが早いですね。

んで、何故か、行く国行く国、出て来る女性陣が皆、猫耳や尻尾の生えた猫娘みたいなんですよね(汗)
主人公は、普通の人間だと思うんですが、そこら辺も何も分からない…。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、手コキ、パイズリなどがあります。

やはり見所は、各国で出会う猫娘たちとの行為ですね。
私は、全く猫の種類に詳しくないですが、全員猫といっても、それぞれ種類が違うのも猫好きにはたまらないのかな?

各章で出会うヒロインたちとの行為なので、それぞれヒロインとの行為が全体的に展開が早いのが特徴ですね。
なので、何かフワッとHに至るケースが多い気がしますね、ちょっと強引なだったり(汗)

また、この主人公は何かシレっと女性陣に近づいて、関係を持ち込むのが上手いというか、うやむやにしちゃう感じのキャラクターをしているんですよね(汗)
大体、ヒロインはこの主人公のペースに巻き込まれてしまって、Hな展開に至る事が多いですね。
基本のノリはコミカルなものが多いですが、エイルの様な境遇なヒロイン相手だとちょっとシリアスさも含んだ展開もありますね。
…その落差よ(汗)

ヒロインは、6人もの人数が登場しますが、各章での登場なので、同時に出て来る事はありません。
双子なヒロインであるシャールとソミュアのふたりだけですな、例外としては。
なので、全ヒロイン揃ってのハーレムみたいな展開はありませんね。

…あったら、修羅場になりそうな気もするけど(汗)

挿絵


挿絵は「ぎうにう」さんが手がけています。

各ヒロイン、可愛らしい魅力的な猫娘を描いていますね。
同じ獣っ娘と言っても、耳の形も全然違いますし、それぞれの個性が分かりやすく見えますね。
ピンと長かったり、垂れ耳だったりとか、これも猫の種類によるのを反映しているんですかね?

一応、猫の種類もヒロイン毎に記載されているので、軽く画像検索してみたら、それぞれ耳の感じなどは似てましたね。
種類を記載している以上、当然それに準ずるキャラデザインにはなりますわな(汗)

行為中では、可愛らしさもありつつも、ちゃんと色気を感じる雰囲気を感じさせますね。
ドキッとさせる様な表情を見せたりとギャップがありますね。
猫耳があるせいか、可愛らしい印象から始まる分、余計にそう感じるんでしょうねぇ。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、何がしたかったのか分からないまま終わった作品でしたね(汗)
私の理解力が著しく足りないのだろうか…、私は単純なので分かりやすい内容の方が好きなのは確かですが(汗)
目に見えた目的が提示されていないと、レビューしにくくて困るなぁ(汗)

各章が短く、それぞれのヒロイン登場&行為の展開を入れているため、個々の描写はどうしても物足りなさが残りましたね。
やはり、これではあまり主人公含め、ヒロインたちにもそこまで感情移入がしにくいため、何とも言えない中途半端さを感じてしまったのは否めないかな、と。

例外としては最後に出会うエイルが他のヒロインに比べると、出会いやその後も含めて、比較的扱いが優遇されていたかなとは思いますが、彼女以外の扱いは…(汗)

個人的には、あまり面白さが分からない、好みなタイプの作品ではなかったですが、独特な雰囲気はあるだけに、こういうのが好きな人もいるんでしょうね、きっと(汗)
猫耳ヒロインが好きな人にはより楽しめるのかな?

Amazon版 電子書籍
異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 (美少女文庫)

DMM 電子書籍
異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

美少女文庫 2018/2/19分 新刊購入

  •  投稿日:2018-02-19
  •  カテゴリ:新刊
美少女文庫 2018/2/19分の新刊購入しました♪

「エロからかい上手のメイドさん」
エロからかい上手のメイドさん (美少女文庫)
「純情なサキュバスだっているんです!」
純情なサキュバスだっているんです! (美少女文庫)
「異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中」
異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 (美少女文庫)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
美少女文庫 異世界ネコ歩き BS(美少女)プレミアムにて放浪中 レビュー
美少女文庫 エロからかい上手のメイドさん レビュー
美少女文庫 純情なサキュバスだっているんです!  レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

ぷちぱら文庫 せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! レビュー


せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! (ぷちぱら文庫creative 182)
2018年2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、見た目もイケメンとは程遠い顔立ちでオタク趣味な男子学生です。
そんな彼は、ある理由で学園中の女生徒から嫌われている状況が続いていたのでした。
しかし、ある日を境にその状況に変化が生じる事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 杉浦 詩穂」(すぎうら しほ)
  • 平沢 瑞希」(ひらさわ みずき)
  • 諏訪原 理沙」(すわはら りさ)
がいます。

詩穂は、主人公のクラスメートです。
ある理由で学園中の女生徒たちから嫌われている主人公にも普通に接してくれる稀有な存在です。
当然、学園でも男女から好かれています。

瑞希は、主人公の従妹です。
幼い頃から主人公に懐いていた存在で、現在は数年程会っていませんでした。
主人公の学園に進学を希望しており、主人公の家にしばらく滞在する事に。

理沙は、主人公の学園の教師です。
厳しく真面目な印象で、特に異性関係には厳しいお堅い所があります。
何故か人名をフルネームで呼びます(汗)

ストーリー展開


展開的には、何故か女生徒から嫌われている男子学生の主人公の日々が、ある日を境に変わる流れですね。

そもそも何故に主人公が学園中の女生徒から嫌われているのか。
それは、主人公の趣味にありました。

主人公は、いわゆるハーレム物な作品が好きであり、エロラノベ的なハーレム物が大好物なんですね。
中でもハマった作品を学園に持ち込んでしまい、運悪く抜き打ち検査に引っかかり没収となってしまったのです。
没収も痛いですが、何よりもそんな本を読んでいると周りに知られてしまった事の方が痛いですよね(汗)

こうして、元々男前でもない自称キモめな外見だけでも女生徒の受けは良くないのに、この出来事が響き、女生徒たちから気持ち悪がられる事に。
…小馬鹿にはされるかもしれませんけれども、そこまでですかねぇ、余程それまでの好感度がないんだな(汗)

2000冊以上レビューしている自分は、どうなるのかしら…(汗)

話を戻して、こんな女生徒たちから向けられる嫌悪の視線の中、唯一主人公にそれ以前から変わらずに声をかけてくれる女性がいたのです。
それが、クラスメートの詩穂でした。

勿論、話しかけてくれるって言っても、たわいのない挨拶程度なレベルなのですが、それでも主人公にとっては救われた訳ですね。
まぁ、その後は毎日女子たちからの敵意をビクビク避けながらの生活を送っていたのです。

そして、この日、いつも通りの朝を迎えた主人公は登校する訳ですが、何か様子が変な事に気づきます。
いつも通りに女生徒たちが自分を遠巻きに何やら言っているのは、同じなはずなのに、そこから向けられる視線はいつもとは何か違ったのです。

何と、何故か自分以外の人たちの価値観がおかしい事になっているんですね(汗)
つまり、主人公の認識もHなノベルばかり読んでいる気持ち悪い奴から、Hに詳しい凄いモテ男みたいな感じに見られているらしいのです(汗)

当初は、女生徒たちが悪ふざけでやっているのかと不審がるものの、それが本当にそうらしいと次第に認識していく中で、主人公はクラスメートの詩穂をはじめとして女性陣と関係を持っていく流れになっていますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一部だけ、他の名も無き女性との行為もちょっとだけありますが、あくまでもメインは上記3人となります。

行為的には、フェラやパイズリなどがありますね。

やはり見所は、価値観が変化した事で起こる女性陣との関係でしょうか。
全体的に、かなり女性の方が積極的に迫って来る感じの印象が強かったですね。

こういう状況下においても、主人公自身の価値観は変わらないので、どうしてもこの状況に抵抗を感じている所があるんですよね。
それがまた一層、女性陣からのアクションに繋がっている面はありますね。
女性陣に迫られたら、結局優柔不断でHな主人公は流されてしまう訳ですが、ある意味、それも含めてハーレムっぽいか(汗)

でも、自分から勢いで詩穂に告白したりで、関係が始まってもいますので、全く流されるって訳でもなかったですけどね。

それに終盤近くになれば、ようやく主人公もハーレムというものに前向きに受け入れる様になりますけどね。
それで調子に乗って、途中では他の名も無き女性と絡む展開も一部ありましたが(汗)


印象的だったのは、従妹の瑞希ですね。
彼女は、元々主人公に懐いていたりで数年ぶりの再会時でも変わらずの積極的な接し方でくる存在なのですが、価値観変化してこれなのか、前からなのか…?
数年、思春期の頃に会っていなかったみたいだから、本来はその間に主人公を気持ち悪く感じるようになってた可能性もあるのかなぁ(汗)
彼女の登場の場面が、既に価値観が変わった後なので、分からないんですよね、素の状態を見れないんで。

同じ様に教師の理沙も、価値観の変化前から出てきてはいるんですが、そんなに描写もなくて、主人公に凄い厳しく言ってきたみたいな場面も事前にはないためか、あんまり価値観の変わった印象は控えめなんですよね。
なので、もっと序盤は結構ツンデレではないですけれども、それくらいにツンツンしているキャラがひとりくらいいた方が変化の大きさやギャップを感じさせてくれたのではないかなとは思いましたね。

終盤では、タイトル通りのハーレム状態ですね。
まぁ、それまでにも複数人数での行為はありましたが、やはり全員揃ってとなると迫力がありますねぇ。
積極的に主人公への愛情を示して来る女性陣の姿は、微笑ましくもHですね♪

挿絵


挿絵は「オガデンモン」さんが手がけています。
同人作品やラノベの挿絵だったりなどを手掛けているみたいですね。

シャープでスッキリした描線が特徴的ですね。
なので、スッキリ軽い仕上がりで変に濃すぎない塩梅の絵柄に仕上がっています。

最初、表紙絵見た時は一瞬ファンタジーの異世界物かと思う様な制服なんですよね(汗)
これに限らず、スタイルのいい娘しか着れないような制服ですな(汗)
そのせいか、ちょっとコスプレっぽさも感じましたねぇ。

何故か瑞希は、毎回行為中でも頭に帽子をかぶったままなんですよね、お気に入りなのかな?
まぁ、それが彼女のキャラに良く似合っているから別に気になりませんけどね♪

一部、瞳の中にハートマーク入ってましたね、ちょっと病んでいる様で怖い(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、価値観に関しては、行為に至るまでの過程、最中が一番盛り上がる場面だったかなという印象でしょうか。
関係を持ってしまうと、そこまでズレが弱く感じる様になるので、あんまり目立たないかなと。

勿論、普通に考えれば複数人とHしてラブラブみたいな話は十分凄いんですが、この手の作品ではそれは当たり前じゃないですか。
それこそハーレム物が多い愛内作品とかでも。
あんまり話が進んで複数人のヒロインと絡んでいったりする事自体は、別に珍しいものではないですよね(汗)
なので、話が進むたびに普通の良くある話に近づいてしまう様な気がしますね。

まぁ、行為を知っても大歓迎な家族や周りの反応とか、他の作品とは違う違和感はなくはないんですけどね。

そういや、タイトルにあるスローライフってのは、あんまり描かれていない様な(汗)
今作の舞台は異世界ではなく、主人公も学生ですから、あんまりスローライフってのとは何か結び付かない印象がありますよね。
一応、何か学業など放っておいてハーレムに勤しめという周囲の応援(支援)があるらしいので、そういう意味で何もしなくても良い環境ではあるみたいですが(汗)
でも、これってスローライフなんかって言うと何か違う様な…、援助してもらってって(汗)

まぁ、それも価値観が~ってのがあるからこその流れという事ですかね、普通の感覚ではこれはスローライフではないですし。

相変わらず誤字脱字が多々目立ったのも残念ですね。
この人の作品はとにかく発売のスパンが早いだけに、人一倍ミスが多いのがねぇ。

結果、普通のハーレムとの明確な差は、それ程ないかもしれませんね。
ですが、普通にハーレム物としても読めるので、十分楽しめる作品になっているとは思いますので、そこはご安心を。

Amazon版 電子書籍
せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

ぷちぱら文庫 2018/2/15分 新刊購入

  •  投稿日:2018-02-16
  •  カテゴリ:新刊
ぷちぱら文庫 2018/2/15分の新刊購入しました♪

「せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう!」
せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! (ぷちぱら文庫creative 182)
異世界じゃないらしいんで、久しぶりに愛内作品購入も、あんまり大差なさそうな気が(汗)

まだ読んでいないので、レビューはしばらくお待ちください(汗)

レビューは、こちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 せっかく価値観が逆転したんだからハーレムつくってスローライフを送ろう! レビュー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

二次元ドリーム文庫 魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ レビュー

魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション (2018-01-31)

2018年1月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、エロライトノベルの読書が趣味の男子学生です。
そんな彼は、ある日、魔王として異世界に召喚されてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エターナル
  • レーバテイン
  • マリィ
  • アレキサンドライト
がいます。

エターナルは、女勇者です。
誇り高き性格の持ち主です。
主人公を討伐すべき悪として認識しています。

レーバテインは、伝説の女魔王です。
炎の女帝の二つ名を持っており、豪快な性格の女傑です。

マリィは、魔女です。
主人公を異世界へと召喚した張本人でもあります。
ちょっとズレた残念な思考の持ち主です。

アレキサンドライトは、神出鬼没な謎の少女です。
容姿は少女ながらも、その年齢は200を超えており、世界の調停者と自称しています。
ボクっ娘でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が異世界に魔王として召喚されてしまう流れですね。
最近は、レーベル問わず転生ばかりしている気がするなぁ(汗)

主人公は、ごく普通の男子学生な訳ですが、それがまさかの異世界に飛ばされてしまった訳です(汗)

そこで、主人公は自身を召還したマリィから魔王として、この世界に召還された存在であると知らされる事に…。
しかし、魔王と言っても、先ほどまで普通の男子な人生だった訳で、魔王らしい所は皆無。
とても剣と魔法の世界で戦う術など持ち合わせておりません(汗)

この手の話では、異世界だと何かしらの能力を有するものと相場が決まっている訳ですが、主人公は何と女性とHすると強くなるらしいのです(汗)
半信半疑の主人公を無視して、乗り気なマリィと思わぬ形で初体験を経験する主人公は、本当にその行為により、魔王としての力を得る事に成功。

こうして、主人公はマリィを始めとした女性陣と次々にHしていき、魔王の力を高めていく事となる流れですね。

ちょっと気になったのは、二次元ドリーム文庫って度々出て来る事かな(汗)
タイトルでもある様にエロラノベで得た知識~って事で、それを引き合いに出して来るのは分かるんですけどねぇ。
まぁ、ある程度Hに慣れてくれば、もう引き合いにあまり出て来なくなるので、それまでの辛抱でしょうか(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他にも名前の無い様なキャラたちとの行為も一部ありましたね。

行為的には、フェラやパイズリ、アナルセックスなどがあります。
マニアックな要素では、ウナギ責め?もありますね(汗)

主人公は女性とHする事でその力を高める事ができるのは、前述した通り。
なので、マリィを始めとして、他の女性陣にも手を出していく訳ですね。

そして、基本的にどのヒロインも主人公と行為ですぐ堕ちます(汗)
エターナルみたいに、例外もいますが、大体は早いですね、拍子抜けするくらいに。
まぁ、それは魔王としてのスキルも影響しており、ドンドン女性と経験する事で成長し、結果、それが女性たちの身体の感度や近くにいるだけで発情を刺激するなどの影響を与える様にもなるんですね。
Hするのが強くなるための方法な訳ですから、周りをドンドン発情させるってのは、成長のために理にかなった能力ではありますけどね。

結果として、攻略を容易にする一方で、攻略に味気なさも感じる結果に繋がっているのかな(汗)
まぁ、メインだけで4人で、その他大勢なヒロインたちも含めると、これくらいじゃないとこなせないのかな。


上記にもありますが、メインキャラ達の他にもその他大勢の女性たちとも関係を持っていきますね。
まぁ、その他大勢って書くのも失礼ではありますが、名前も出て来ない様な扱いなので(汗)
種族も多岐にわたり、ダークエルフを始め、サキュバス、女錬金術師、ドワーフ、獣人、雪女、人魚、女吸血鬼などなど…。

まぁ、数行とかで行為まで至っているだけに、内容はお察しのレベルですね(汗)
肉棒を突き立てられて、すぐさま歓喜の声をあげ、絶頂してメロメロっていう反応の連続を見せつけられます。
ただ単に次々と女性陣と関係を持って、主人公の力が成長しているだけのためのパートですね。

正直、これらのサブキャラに使うページをメインのヒロインたちの方に回して欲しかったかなぁ…。
名前もなく、剣士だの職業や種族名だけで称される様な女性陣といくらHしても、読んでいて何も感じる物がないんで(汗)
メイン所だけでも4人いる訳ですし、これでも成長要素含めて人数は十分だと思うんですけどね。

上記にあるウナギ責めですが、多くのウナギがヒロインの身体を責め立てる展開ですね(汗)
ウナギですから、あんな所にまで入り込んでいく訳ですね♪
挿絵を見ると、若干触手責めにも見えなくもないかな、でも触手とはまた一味違った嫌悪感があるなぁ(汗)

エターナルは、結構序盤から出て来る割には本格的に行為になるのは結構遅めでしたね。
てっきりメイン格のヒロインだと思ってたので、ちょっとイメージと違う役回りの存在になってしまい、あまり印象に残らなくなってしまったのが残念でした(汗)
最後の堕ち方も凄いアッサリとした幕引きに終わってしまって、裏があるのではと思う程でした(汗)

むしろ、最初から出ていたマリィの方がヒロインとしては一番印象に残る結果に(汗)
元々、こういう少し?抜けたキャラは嫌いではないですし、年上だけれども主人公にだけは甲斐甲斐しく尽くす感じが何とも微笑ましかったですね。
まぁ、服装のセンスはアレですが(汗)

アレキサンドライトとも行為になるんですが、こちらも更に遅かったですねぇ、ほぼラスト(汗)
こういう感じのキャラは、大体こんな感じになる予想通りな展開になる彼女でしたが、出番が遅すぎて印象が…。
ボクっ娘だったり、容姿が若すぎるなど、人を選ぶキャラだったかな、ハマる人はハマるんでしょうけどもね(汗)

挿絵


挿絵は「A.S.ヘルメス」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズやあとみっく文庫とかの挿絵もされていますね。
…あとみっく文庫ってもう終わったんですかねぇ、何年も動き無いけども(汗)

それはさて置いて、繊細で淡い色調(トーン)で描き込まれた絵柄は独特の雰囲気を感じさせますね。

…しかし、最初見た時は淡っ!?って思ってしまったくらいに淡い色味でしたね(汗)
どう表現すればいいのかなぁ…、鉛筆で濃淡で人物を描いた感じって言えば、何となくイメージできますかね(汗)

そんな感じで描かれているので、他ではあまり見ない独特な雰囲気なんですよね、全体的に靄がかかっているというか。
それゆえに、激しいH行為をしていてもどこかそう感じさせない所がありますねぇ。
ウナギを使う特殊なプレイもあるんですが、ぱっと見触手にしか見えない(汗)

ねっとりとした艶っぽい表情がたまらない一方で、ちょっとクセがある表情かなって思う面も。
ここら辺は好みですかねぇ、ちょっと個人的には挿絵のページによっては微妙に感じますが(汗)
特に主人公の顔はいらなかったかな、この人の男性の絵はあんまり自分の好みじゃないんで(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、いかにも異世界転生らしい話だったかな?(汗)

ハーレムシリーズをずっと描いてこられた方なので、こういう転生物でファンタジー世界。
どうなるかと思ってたのですが、予想よりも全体的にサラッと軽くライトな読みやすさを重視した感じに仕上がっていた印象ですね。
まぁ、これだけの人数+サブも出ている分、展開や行為もかなりテンポが良くないと話が回らないというのもあるのかもしれませんね。

これといった話の展開はなく、気軽に女性陣とのHを楽しめる作品になっているので、構えずに読みやすいと思いますよ。

Amazon版 電子書籍
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ

楽天
魔王転生 エロラノベで得た知識で異世界ライフ (二次元ドリーム文庫) [ 竹内けん ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます