FC2ブログ

2017年09月の記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

月別アーカイブ:2017年09月

2017年09月の記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2017-09-13ごあいさつ
どうも、こんばんわ、管理人のみきりっちです。タイトル通りですが、本日でこのブログ開設からめでたく?8年目に突入となりました。去年、7年目って書いてたのに、もうそんなになるのかとびっくりです(汗)最近は、発売する作品数が以前ほど多くないのもあって、あまりレビューしておらず、すみません(汗)今月、まだ1冊だけですもんね、しかも過去作品だし(汗)現在、手持ちの過去作品のレビュー記事ストックも使い切ってしま...

記事を読む

2017-09-08オトナ文庫
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 (オトナ文庫 75)posted with amazlet at 17.09.08さんきち パラダイム (2017-05-31)売り上げランキング: 213,655Amazon.co.jpで詳細を見る2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「...

記事を読む

2017-09-01二次元ドリーム文庫 「さ行」
性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)posted with amazlet at 17.09.01高岡智空 キルタイムコミュニケーション (2017-08-30)Amazon.co.jpで詳細を見る8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。読み終わったので、レビューです。前作から丸2年ぶりの続編作品ですね。…そんなに経過していたんですねぇ(汗)前作から時間が経過しているので、序盤にこれまでに何があったのか経緯が描かれています。そのた...

記事を読む

ブログ開設から8年目に突入

どうも、こんばんわ、管理人のみきりっちです。

タイトル通りですが、本日でこのブログ開設からめでたく?8年目に突入となりました。
去年、7年目って書いてたのに、もうそんなになるのかとびっくりです(汗)

最近は、発売する作品数が以前ほど多くないのもあって、あまりレビューしておらず、すみません(汗)
今月、まだ1冊だけですもんね、しかも過去作品だし(汗)

現在、手持ちの過去作品のレビュー記事ストックも使い切ってしまっているので、新刊以外はあまりすぐ何か掲載できない日が多いかもしれませんけれども、気長に待って頂ければと思います(汗)

何せ、このブログを始めた2009年以降の各レーベルの新刊はほぼ全部購入して、レビュー書いており、過去作品はその前の作品に限られてくるので、あんまり手に入りにくくなってきましたね(汗)

そんなに前の作品を掲載しても、そんなに需要がないのかなって思っちゃうんですよねぇ。
でも、以前だいぶ昔の作品のレビュー掲載したら、数こそ少ないものの、割りと検索で来られるのもあったりするので、全く需要がない訳ではないんでしょうけどね。

まぁ、何か入手したりしたら、古めの作品も掲載するかもしれませんが、その時は温かい目でなにとぞ…(汗)
たまに古いのを読むと、今の行為描写だったりストーリー展開とかの流行りじゃないけれども、表現とか違いを垣間見れるのは面白いですけどねぇ。


そんな、お寒い更新状況にも関わらず、たまにコメントだったり、拍手、まさかの著者さんからのコメントなどもあったりと、多くの方に見て頂けている様で、大変ありがたい事ですね♪
後は、相互リンクの方々にもお世話になっております、私からは特に何もしていないのが心苦しいですが(汗)

相変わらず、ダラダラと長いだけのレビューで恥ずかしいですが、開き直ってこのスタイルで続けていこうと思います。
今更、このスタイルは変えられませんしねぇ(汗)

この間は、レビュー数2000を超えましたし、今後も地道にレビュー数を増やしていければいいなと思っておりますので、引き続き、このブログをよろしくお願いします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None

オトナ文庫 メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ レビュー


2017年5月発売のオトナ文庫のレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、大学受験に失敗した浪人生です。
今回予備校に通うため、兄の家に居候する事に。

そこで主人公は、兄不在の際に兄の妻である「遥佳」(はるか)と、関係を持ってしまう事に…。
その後も、周りの人妻たちと次々に関係を持ってしまう事となる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 篠田 遥佳」(しのだ はるか)
  • 二階堂 みなみ」(にかいどう)
  • 波多野 菜月」(はたの なつき)
  • 楠見 律子」(くすみ りつこ)
がいます。

遥佳は、主人公が居候する事となる兄の妻です。
しっかり者で面倒見がよい明るい性格の持ち主です。
主人公との関係も、弟の様な感覚に思っており、無防備な姿を晒す事もしばしば。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

みなみは、兄夫婦のご近所さんで、人妻です。
たまに遥佳の家にお邪魔して、談笑しています。
人見知りな性格で、少しそっけないクールな面を見せますが、打ち解けた相手には積極的な面を見せる様になります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

菜月は、遥佳の妹で、彼女も人妻です。
姉同様に美人でスタイル抜群ですが、それ以上に自由奔放な性格をしており、享楽的な所があります。
主人公に迫って、からかう趣味があります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

律子は、主人公の叔母にあたる女性です。
主人公は遥佳の家に居候になるまでは、彼女の家でお世話になっていた経緯があります。
主人公の事を溺愛しており、執着心があるのか、唯一の独身者でもあります。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が人妻と関係を持ちまくる流れですね。
…凄いザックリとし過ぎですね(汗)

元々、主人公は大学受験で失敗してしまい、浪人生の立場となっています。
予備校に通う事となったのですが、叔母の律子の家からは通うのが中々大変な距離だったため、兄夫婦の遥佳たちの家に居候し、そこから通う事となったのです。
内心、主人公としては勉強もですが、憧れの存在である遥佳と一緒の生活って事も嬉しい要素でした。

そんな楽しみな新生活が始まって、しばらくの時間が経過すると、困った悩みも。

遥佳は、昔からお互い知っている関係でもあり、弟の様に思われているせいか、次第に彼女の気が緩んできた所があるんですね。
それこそ、風呂上りにバスタオル一枚で出入りしたりと、主人公の存在を良い意味で気にしなくなっていった訳ですね。
それ自体は、嬉しい事でもありますが、興奮した気持ちを持て余す結果となり、勉強に身が入らなく…(汗)

気軽に自慰も出来ませんしねぇ、居候の身では(汗)

そんな中、遊びに来てた遥佳の妹である菜月に過激なスキンシップをされ、思わず股間が大きく…。
享楽的な彼女は、そんな反応してしまった主人公を構わず、手コキで射精させてしまう事となり、余計に悶々とする羽目に(汗)

その後、更にお酒の入った遥佳とも関係を持ってしまう事に…。
彼女は、お酒が入ると結構性格が大胆になるというか、ギャップがあるんですよね(汗)
その流れから、Hな行為が始まり…、遂には関係までも持ってしまった訳ですね。

これをきっかけにしてという訳ではないのですが、その後も他の女性陣と関係を持ち出す事となっていく流れになっていますね。

…そんなに、この主人公は年上の女性の何かを刺激する何かがあるんですかね? 母性本能?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。

やはり見所は、全ヒロインが主人公よりも年上である所でしょうか。
人妻ってのも挙げようかと思ったんですが、叔母の律子は唯一独身だったので(汗)
でも、大半のヒロインが人妻ってのも大きな特徴ですけどね♪

年上なヒロインたちゆえに、可愛らしくも母性的な包容力のある雰囲気が出ていましたね。
やはり、これは同学年とかのヒロインでは中々出せない味なだけに、印象的ですね。
母性的なんて言うと、甘えさせてもらうとかの甘々な展開をイメージするかもしれませんが、正直そこまでそういうのはないですね。

過剰な甘々さは、控えめになっており、変にクドさはないので、読みやすいかと思います。
逆にそっち方面を期待してた人には、少し物足りないかもしれませんけどね(汗)

年上のヒロインばかりですが、全員が全員経験豊富って訳でもないので、人によっては初々しい反応を見せる人も。
逆に手慣れている感じの人もいたりと、主導権を握ったり、握られたりといった形がそれぞれあるのも個性があって良いですね。
リードしたり、リードされたり…、どっちの女性のタイプもそれぞれ魅力的です♪
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

また相手が大半、人妻って事で、ちょっと寝取り的な要素も考えるかもしれませんが、正直そこもあんまりないですね。
何故かと言うと、女性陣の夫ですけども、遥佳の夫である主人公の兄ですら殆ど登場しない有様で、他のヒロインの夫に至っては一切作中に出てきません。
なので、正直あんまりヒロインたちを人妻って感じる面はかなりなかったと思いますので、寝取る感覚にもならないってのが正直な所ですね。

タイトルにメス堕ちみたいな、ちょっと過激なネーミングしてますが、かなり柔らかい雰囲気で重さは一切ないですので、ご安心を。

作品の構成、展開的に仕方なかったのかもしれませんが、複数ヒロインでの行為は殆どなかったですね。
まぁ、皆に秘密にするもんなぁ、言える訳ないし(汗)
なので、ハーレム的な全員で~みたいな展開は、原作版にはあるのか分かりませんけども、ノベル版に関してはなかったですね。

唯一、遥佳と菜月の姉妹だけ、ふたり一緒での行為がありましたけどね。
性格も正反対な彼女たち姉妹の異なる魅力が垣間見えるやり取りなどは、見所の一つでもありますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われていますね。
原画担当は「相川亜利砂」さん、「薦田ロボ」さん、「リャオ」さんが手がけています。

どの女性も可愛らしさと、年上の女性の色気を併せ持ったキャラデザインが魅力的ですね。

個人的には、結構肉棒の表現とかが存在感あって良かったですね。
肉棒だけではないんですが、結構パキッとした色使いだったりで、女性の身体も肉感的な描写がされているので、健康的なHさを感じられるのが良いですねぇ♪
こういうはっきりとした表現は、よりガツンと視覚的にも刺激があるので、印象が強いですよね。
メス堕ち! 魅惑の人妻ライフ

汁気描写も、結構濃いめな仕上がりで射精されて、全身を精液まみれになっているシーンはいやらしさと色気を感じましたね。
でも、ヒロインによって汁気の描写が違うので、原画担当の方の違いもあるのかな?

担当のひとりである相川亜利砂さんのキャラは、遥佳、菜月らしいですが、このふたりの汁気(精液)描写は結構濃くて自分好みでしたね。
…そのため、このふたりの時だけ、主人公は他のヒロインよりも大量に精液出している様な気がしますねぇ(汗)

挿絵数:26枚

総評


全体的には、タイトルのメス堕ちって表現の印象とは違って、割と穏やかな雰囲気の話でしたねぇ。
まぁ、明るい寝取りハーレムって帯にもありましたしね(汗)

実際、陰鬱とした重さは皆無で穏やかな雰囲気の中で関係を持つので、間違ってはいないですかね。
なので、苦手な人でも読みやすい仕上がりになっているので、年上ヒロインが好みならば十分楽しめると思いますよ♪

Amazon版 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ ~年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活~ (オトナ文庫)

DMM 電子書籍
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜

DMM 原作PC版ダウンロード
メス堕ち!魅惑の人妻ライフ 〜年上妻たちとのいちゃらぶ汁だく性活〜 DL版【電動オナホール対応】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事

二次元ドリーム文庫 性感淫魔エステ2 レビュー

性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション (2017-08-30)

性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)
8月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

前作から丸2年ぶりの続編作品ですね。
…そんなに経過していたんですねぇ(汗)

前作から時間が経過しているので、序盤にこれまでに何があったのか経緯が描かれています。
そのため、前作を知らなくてもある程度、物語などを把握できる様にはなっていますので、ご安心を。

前作のレビューは、こちらから
二次元ドリーム文庫 性感淫魔エステ 搾精コースはじめました レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 佐久馬 カレン」(さくま)
  • 佐久馬 ルミナ」(さくま)
  • ルカ
  • 赤名めぐり」(あかな)
がいます。

カレンは、エステティックサロンに勤めるエステティシャンです。
肉感的な容姿と慈愛に満ちた穏やかな雰囲気を持っています。

ルミナは、同じくエステ店に勤めている、カレンの娘です。
小柄で幼さを感じさせる容姿で、無邪気で子供っぽい性格の持ち主でもあります。

ルカは、主人公が新しく住む事となった屋敷で働くメイドです。
主人公の世話はしっかりやっているものの、ジト目に毒舌三昧で皮肉屋という性格をしています(汗)

めぐりは、名門の家の出のお嬢様です。
現在は、家の方針に反対して、家出中です(汗)
小悪魔的な性格の持ち主でもあります。

その他、キャラ紹介ページには、主人公の幼なじみの「須藤 珠理」(すどう じゅり)もいますが、出てきません(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公がエロい事しまくるって流れですね(汗)
…これじゃ分かりませんね(汗)

そもそも、前作では主人公がとあるエステ店に行った事から数奇な運命になる話でした。
ザックリ説明すると、そこは人間がやっているのではなくて、淫魔によるエステ店経営だったんですね(汗)
淫魔は、人の精がなければ生きていけない存在であり、人と敵対する事を望まず、それゆえにこっそりと精気を頂くためにエステ店をやってたという何とも回りくどい手段を取っていたんですね。

そこで主人公は、珍しく強力な精の持ち主であり、淫魔たちにモテモテに。
まぁ、本命であるはずの幼なじみの珠理には嫌われるという皮肉な結果だった訳ですが(汗)

こうして、主人公は淫魔の女性陣にモテモテでH三昧な日々を送っていた流れですね。


そして、今作ではカレンから依頼を受ける事に。
彼女によると、赤名家のお嬢様であるめぐりが家出をしているので、見つけ出して欲しいというものでした。

彼女の存在が、淫魔たちの危機を救う希望になると言うんですね。
元々、淫魔たちの精不足は危機的な状況だったんですね、それこそ人間界にエステ店経営するくらいですもの(汗)
そして、精不足だけではなく、一番の問題は少子化だったんですね。

細かい説明は省きますが、ただ淫魔に中出しすれば良いって訳ではないんですね、淫魔の場合は。
それゆえに、結構妊娠するまでには人間よりもハードルが高く、深刻な少子化に陥っている現状があったのです。

赤名家のお嬢様を見つける事は、結果としてその問題を解決する一助になる可能性があるという事で、めぐりを捜す事になると。
まぁ、首尾よくあっさりめぐりを見つける事に成功した主人公は、話の流れで彼女とエロエロ行為をしていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、めぐり、ルカ、カレンとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。
その他の要素では、主に触手などによる責めでしょうか。

今作の見所は、やはり人間のヒロインではなく淫魔である点でしょう。
今作の新ヒロインである、めぐり、ルカも当然人間ではなく、淫魔なので、人ではありえない様な行為展開がある訳ですね。

前作のヒロインであるカレンたちも、人間ではなく淫魔な訳ですが、そこまで人外感はなかったんですね。
勿論、全く人間と同じではなく翼だったり尻尾だったりなど身体的にも違いはありましたが、それでもそこまで違和感はなかったと思います。
ですが、今作のヒロインであるめぐり、ルカは触手的な要素を持ち合わせているヒロインなので、溢れる人外感が(汗)

ルカは、触手がある淫魔なんですね。
触手って言っても、よくある?様なつるっとした触手ではなくて、タコとかみたいな吸盤のあるタイプです(汗)
でも下半身は普通なんですよね、どこから触手が生えてくるのかが良く分からないけども…。

めぐりは、正確には触手ではなくて、舌です。
彼女の舌は、凄い長さまで伸びるという特性があり、まるで触手の様に使えるんですね。
ちなみに、彼女の名前は赤名めぐりなんですが、あかなめぐり、あかなめって事なんですね。
だから舌があんなに長い訳ですね、納得(汗)

…どうでもいい事なんですが、個人的に〇太郎のあかなめのデザインが子供の頃は一番怖くてトラウマでした(汗)
めぐりくらい可愛かったら良かったんですけどねぇ…。

話戻って、あかなめって事なので、その長い舌を活かしたプレイが彼女の特徴となっています。
それこそ全身舐めまくりで、アナルまでも綺麗に舐められてしまうという展開は、男としては気持ち良いやら気恥ずかしいやらで複雑ですね(汗)
触手の様に、主人公の全身を舌で拘束したりなどの人間では不可能な行為も行ったりと、人外全開(汗)

なので、見た目のインパクトではルカよりも圧倒的にめぐりですね。
まぁ、ルカも触手を主人公のアナルに突っ込んだりとアナルを刺激したりと活用していましたけどね。

後は、前作でもそうだったのですが、主人公の性癖ですね。
とにかくこの主人公はドMなんですね(汗)
だから、女性陣はそっちの方が主人公が喜ぶと理解して、主人公を責め立ててくるんですね。

その方がより興奮して、濃い精液を放つから焦らして焦らしてくる訳ですよ(汗)

淫魔なので、相手は主人公よりも圧倒的に年上な訳ですけども、ルカなんて一番若く見える容姿なのに、そんな娘から毒舌で「困った早漏ご主人様」などと言葉責めで射精させられる事になるというシチュエーションが多く見られますね。
そんな状況にも主人公は、情けなさや恥ずかしさを感じつつも股間は更に熱をもって、いきり立つ訳ですから…ね(汗)

殆ど、どのヒロイン相手でもこの構図は基本変わらないので、この手の展開、シチュエーションが好みじゃない人はきついかもしれませんね(汗)
まぁ、ルカは終盤になるとデレる様になって、結構印象が変わりますけどね。
彼女も結構分かりやすくて、序盤から他の女性陣の名前を出すと嫉妬したりするなど、可愛らしい所がありましたしね♪

終盤では、ハーレム展開が…と言いたいですが、ないです(汗)
今作はほぼ1対1での行為となっているので、ふたり同時とかはないんですね。

残念だったのは、前作組のヒロインがほぼ出番なしって所ですね。
唯一、カレンがほんの少しあっただけで、カレンの娘のルミナはHどころか顔見せだけの扱いに…。
好きなはずの幼なじみの珠理は、夢の中の妄想だけの登場で、作中には一切出ない有様、本当に好きなの?(汗)

正直、ここまで前作組が出て来ないと思ってなかったので、ビックリでしたねぇ…。

あ、肝心のエステ要素ですが、殆どないです(汗)
もはや舞台はエステ店の中ではなくなってしまっているので、オマケ感が凄いです。
コンセプトがブレブレになってきている気がするのが、気になります。

挿絵


挿絵は「草上明」さんが手がけています。
前作挿絵でもお馴染みですね。
作品によっては時間が経過し過ぎると、たまに担当絵師さんが変わるケースもありますが、今作では大丈夫でしたね(汗)

相変わらず、柔らかく淡い描線ながらいやらしいヒロインたちを描いていますね♪
今作は、触手率の高めな内容でしたが、この絵柄なので、そこまで嫌悪感を感じる事はなく、見る事ができました。
…さすがに舌で全身がんじがらめみたいなシーンは、興奮しなかったですが(汗)

ほぼ新規ヒロインのふたりがメインの構成なので、ルカとめぐりのHな姿を堪能できるのは、嬉しい反面、前作組ももう少し見たかったですねぇ。
まぁ、出番も殆どなかったのだから挿絵が沢山ある訳もないか(汗)

挿絵数:12枚

総評


全体的には、言い方は良くないんでしょうけども、続編物としては色々と残念な出来かな(汗)
単純に前作から時間が経過し過ぎましたかね、やはりどうしても盛り上がった作品の熱は冷めちゃいますよね。

後、作品の方向性が良く分からないというか…。
前作もあんまりエステである必要性は、微妙ではありましたが、今作はより輪をかけてというか。
勿論、全くエステ要素がない訳ではないのですが、何かオマケ程度という印象は否めないかと(汗)

何となくまだ続きそうな感じもするんですが、今後どーなるんですかね?
前作のヒロインたちの存在もかなり薄く、物語も番外編みたいな話を見せられた感じがありましたしね。
幼なじみの珠理に関しても、もはや蚊帳の外の扱いで、もう主人公の心にないでしょう(汗)

それに前作、今作と何も見せ場も進展もなかった彼女を、仮に続編で仲を進展させたとしても、今更感が半端ないしね…。
正直、この作品ってシリーズ化する様な類いの作品ではないと思うんですけどねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
性感淫魔エステ2 種付けリフレはじめました (二次元ドリーム文庫)

DMM 電子書籍
性感淫魔エステ 搾精コースはじめました

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます